九州大学 大学評価
九州大学トップ 大学評価情報室 サイトマップ リンク お問い合わせ
サイト検索
九州大学 大学評価トップ九大の自己点検・評価システムによる支援 > 教員活動進捗・報告システム
九大の自己点検・評価
評価体制
基本方針
改善サイクルの機能化
改善サイクルを踏まえたスケジュール
改善サイクルを踏まえた取組
システムによる支援
教員活動進捗・報告システム
中期目標・中期計画進捗管理システム
大学評価ウェアハウス
教員活動進捗・報告システム

 教員活動進捗・報告システム(Q-RADeRS : Kyushu University Researcher's Activity Developments & Reports System)は九州大学の教員データベースです。
 このシステムは、(1)大学経営や将来計画に関する基礎資料を収集、(2)自己点検・評価および第三者評価への基礎資料、(3)教員が教員活動評価のために毎年度提出する報告書への活用、(4)国際交流や社会貢献推進のための情報公開への活用、(5)学内外からの教育研究活動に関する調査への対応、の5つの目的を掲げ運用されています。
 教員活動進捗・報告システムに入力されている情報は、教員ごとのウェブページに装丁し「研究者情報」として、情報公開しています。この研究者情報は、月平均14万人以上のアクセスがあり、国内のみならず海外からも多くアクセスされています。
 このように、教員活動進捗・報告システムは、評価を見据えたデータ蓄積のためだけでなく、各教員の研究成果の発信においても効果的なシステムとして活用されています。
情報公開の基本的考え方についてBasic Policy of Information DisclosurePDF(127KB)

九州大学「教員活動進捗・報告システム」についてConcerning the Kyushu University Information System for University EvaluationPDF(88KB)

 

【学内限定】

「教員活動進捗・報告システム」の管理・運営に関する事項Related Matters with Management and Administration of Information System for University Evaluation

                            PDF(93KB)

【教員活動進捗・報告システム】データ利用申請書Application Form for Data Utilization

                         [Excel](34KB)

教員活動進捗・報告システムのデータ管理体制図Management System Diagram of the Kyushu University Information System for University EvaluationPDF(136KB)
入力項目一覧Imput Item ListPDF(215KB)
大学の評価のだけでなく、教員個人にとっても、メリットのあるシステムになっているんだね!

ページの先頭へ戻る