九州大学 研究者情報
キーワード検索結果
基本情報
全部で7件ヒットしました。

坂井 猛 キャンパス計画室
[活動概要]   ドバイザー、福岡市都市景観賞審査委員会会長、糸島市都市計画審議会会長、筑紫野市都市計画審議会会長、アイランドシティ・アーバンデザインセンター長、WeLove天神協議会理事、博多まちづくり推進協議会理事...

池谷 直樹 総合理工学研究院
環境理工学部門
[活動概要]   イランド現象や汚染物質の都市空間内拡散などの都市特有の環境問題が生じている.このような背景から,都市内部の風環境・温熱環境の都市幾何形状に対する依存性を定量的に評価するために,風洞実験,数値流体解析を...

谷本 潤 総合理工学研究院
環境理工学部門
[活動概要]   イランドの言葉で認識されてきた都市高温化に関しては、近年の地球規模での環境問題とも複層的に関わるため、社会的にもその有効な技術的対応策が求められている。都市高温化の主な原因としては、都市内の人工地被増...

笠間 清伸 工学研究院
[活動概要]   きる実用化技術へと展開している。特に,昨年より博多湾の浚渫土砂を用いて防災ブロックを製造し,福岡市アイランドシティ内において現場暴露実験を行うなど,地域貢献型リサイクル技術として実用化研究を進めている。

豊田 一弘 九州大学病院
グローバル感染症センター
[活動概要]   感染をきたした患者さんへの抗菌薬適正使用を指導したり、MRSAや緑膿菌など感染対策上重要な菌のサーベイランスを行い、アウトブレ

研究活動
全部で69件ヒットしました。

坂井 猛 キャンパス計画室
[総説等]   坂井猛, 尾辻信宣,アイランドシティ・アーバンデザインセンターUDCICの取り組み

中村 雅史 医学研究院
臨床医学部門
[総説等]   宮坂義浩, 大塚隆生, 伊達健治朗, 森泰寿, 仲田興平, 中村雅史,IPMN術後のサーベイランス方法―主膵管型,分枝型の臨床・病理学的特徴に基づいてー

佐々木 茂貴 薬学研究院
創薬科学部門
[学会発表等]   qir_handle_link楊 昊,谷口 陽祐,岡村 秀紀,Lei WANG,佐々木 茂貴, CpGアイランドを認識する人工ペプチド核酸の設計と合成, 日本薬学会大138年会, 2018.03.

益尾 知佐子 比較社会文化研究院
社会情報部門
[総説等]   イラン ――ポスト帝国主義世界における古代からのパートナー』(John W. Garver, China and Iran: Ancient Partners in a Post-Imperial W...

谷口 倫一郎 システム情報科学研究院
情報知能工学部門
[作品等]   島田 敬士, 谷口 倫一郎, 移動物体検出評価用GroundTruth, 2008.03映像サーベイランスにおいて,カメラに写った移動体を画像処理でどれだけ的確に抽出できるかを評価するためのGrou...

教育活動
全部で5件ヒットしました。

知足 美加子 芸術工学研究院
コンテンツ・クリエーティブデザイン部門
[その他の特筆すべき教育実績]   design.kyushu-u.ac.jp/180701_tour.html.2010.08, 「アイランドシティ こどもっと! だいがく」におけるワークショップ【内容】「こどもっと! きゅうしゅう」...

鮎澤 純子 医学研究院
基礎医学部門
[ファカルティディベロップメントへの参加状況]   について」.2014.11, 学科, 参加, 専門職大学院ファカルティデベロップメント「感染症サーベイランスシステムについて」.

岡田 重人 先導物質化学研究所
先端素子材料部門
[国際教育イベント等への参加状況等]   岡参加国:セルビア、ウルグアイ、インドネシア、タイ、中国、トルコ、アルジェリア、コソヴォ、イラン、フィリピン、イラク、サウジアラビア, JICA, KITA, 17.

西山 浩司 工学研究院
環境社会部門
[教育活動概要]   境の科学A(春学期), B(夏学期):学内の複数の専門家(エネルギー,気候変動,地球温暖化,ヒートアイランド,廃棄物,森林環境,河川環境,生態系,水環境,水循環,土壌汚染,水質汚濁)によるオムニバス講...

末廣 香織 人間環境学研究院
都市・建築学部門
[その他の特筆すべき教育実績]   運営。熊本県立大、九州大、佐賀大の学生計40名が参加して熊本県立大学にて実施。.2009.03, アイランドシティ・フォリー・ワークショップ2006の成果であるフォリーの実作を公開する見学会を企画運営.

社会活動
全部で43件ヒットしました。

坂井 猛 キャンパス計画室
[社会貢献_国際連携活動概要]   2015年度日本建築学会大会(関東)都市計画部門PD資料, pp.31-32                  2015年9月95. アイランドシティ・アーバンデザインセンターUDCICの取り組み

清水 邦義 農学研究院
環境農学部門
[社会産業界等を対象とした活動]   香り)の不思議に迫る!~カラダと自然の関係を探ってみよう~, こどもっとだいがく, グリングリン アイランドシティ.

佐々木 久郎 工学研究院
地球資源システム工学部門
[社会貢献_国際連携活動概要]   生の現地測定と日本での実験的研究を推進している。また,ベトナム,パブアニューギニア,イントセネシア,イラン。中国からの博士課程学生の受け容れを行っている。

知足 美加子 芸術工学研究院
コンテンツ・クリエーティブデザイン部門
[社会産業界等を対象とした活動]   2011.08, 西日本新聞主催、こどもっと大学での講座小学生を対象に大理石によるワークショップを行った。, 西日本新聞, アイランドシティ、体験学習施設ぐりんぐりん.

萩島 理 総合理工学研究院
IFC部門
[政策等への寄与]   2011.06~2012.03, 福岡市道路整備懇談会 委員, 福岡市.2011.09~2012.03, 平成23年度福岡市ヒートアイランド対策調査検討委員, 福岡市.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」