九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
永島 英夫(ながしま ひでお) データ更新日:2019.07.05



社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
産学連携研究:2006年度:九大の組織対応型連携研究2件、共同研究1件、受託研究1件を実施。2007年度:九大の組織対応型連携研究2件、共同研究1件を実施。2008年度:九大の組織対応型連携研究2件、共同研究2件、2009~2010年度:九大の組織対応型連携研究1件を実施。2007、2008、2010年度、企業の技術アドバイザー1件、2009年度2件
九大TLO取締役(2007~2012)
(財)生産科学奨励会理事(2007~2012)
経済産業省・経済産業省 平成19~21年度中小企業産学連携製造中核人材育成事業・プロジェクトコーディネータ
文部科学省・化学系研究設備有効利用ネットワーク・地域委員長(2009-2009), 大学連携設備ネットワーク(2010~)
国際連携研究:ウィーン工科大学1件、中国科学院化学研究所1件,台湾中山大学1件、タイマヒドン大学1件、韓国亜州大学1件
新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2016.02, 科学新聞, 白金を用いないヒドロシリル化触媒の開発に成功.

2013.05, 科学新聞, 世界最大のパラジウムナノクラスターの合成に成功.

2008.02, NHK, 炭素資源国際教育研究センターの設置.

2008.02, 朝日新聞、日本経済新聞、西日本新聞, 炭素資源国際教育センターの設置(九大発表)。.

2007.12, 化学工業日報, 九大組織対応型連携の成果である、DIC社との共同研究成果。鉄触媒によるリサイクル可能なリビング重合プロセスの開発。実用化技術が確立。.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2015.11, エネルギー基盤技術国際教育研究センターで福岡サイエンスマンスで公開実験, 福岡サイエンスマンス実行委員会(福岡県), クローバープラザ.

2014.11, エネルギー基盤技術国際教育研究センターで福岡サイエンスマンスで公開実験, 福岡サイエンスマンス実行委員会(福岡県), クローバープラザ.

2013.11, グローバルCOE「新炭素資源学」事業において、市民向けの環境講座を実施。, 九州大学グローバルCOEプログラム「新炭素資源学」、九州大学炭素資源国際教育研究センター, アクロス福岡.

2012.11, グローバルCOE「新炭素資源学」事業において、市民向けの環境講座を実施。, 九州大学グローバルCOEプログラム「新炭素資源学」、九州大学、福岡女子大学、国公私立大学コンソーシアム福岡、九州低炭素システム研究会, アクロス福岡.

2011.11, グローバルCOE「新炭素資源学」事業において、市民向けの環境講座を実施。, 九州大学グローバルCOEプログラム「新炭素資源学」、九州大学、福岡女子大学、国公私立大学コンソーシアム福岡、九州低炭素システム研究会, 福岡女子大キャンパス.

2010.11, グローバルCOE「新炭素資源学」事業において、市民向けの環境講座を実施。, 九州大学グローバルCOEプログラム「新炭素資源学」、九州大学、福岡女子大学、国公私立大学コンソーシアム福岡、九州低炭素システム研究会, 福岡女子大キャンパス.

2010.05, グローバルCOE「新炭素資源学」事業において、市民向けの環境講座を実施。, 九州大学グローバルCOEプログラム「新炭素資源学」、九州大学、福岡女子大学、国公私立大学コンソーシアム福岡、九州低炭素システム研究会, 伊都キャンパス.

2009.11, グローバルCOE「新炭素資源学」事業において、市民向けの環境講座を実施。, 九州大学グローバルCOEプログラム「新炭素資源学」、九州大学、福岡女子大学、国公私立大学コンソーシアム福岡、九州低炭素システム研究会, 筑紫キャンパス.

2009.03, グローバルCOE「新炭素資源学」事業において、市民向けの環境講座を実施。, 九州大学グローバルCOEプログラム「新炭素資源学」、九州大学、福岡女子大学、国公私立大学コンソーシアム福岡、九州低炭素システム研究会, アクロス福岡.

その他の優れた社会貢献活動
2009年度, 経済産業省 平成19年度中小企業産学連携製造中核人材育成事業・アジアで活躍できる地球環境・資源制約に対応する石炭等化石資源高度利用中核人材育成・プロジェクトコーディネーター・49,999千円.

2008年度, 経済産業省 平成19年度中小企業産学連携製造中核人材育成事業・アジアで活躍できる地球環境・資源制約に対応する石炭等化石資源高度利用中核人材育成・プロジェクトコーディネーター・49,999千円.

2007年度, 経済産業省 平成19年度中小企業産学連携製造中核人材育成事業・アジアで活躍できる地球環境・資源制約に対応する石炭等化石資源高度利用中核人材育成・プロジェクトコーディネーター・49,999千円.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2017.04~2018.09, 副学長.

2013.04~2017.03, エネルギー基盤技術国際教育研究センター長.

2007.04~2013.03, 先導物質化学研究所長.

2010.04~2013.03, 副学長.

2007.04~2012.03, 研究戦略委員会委員.

2007.04~2011.03, 企画専門委員会委員.

2008.04~2009.05, 炭素資源国際教育研究センター長.

2007.10~2008.09, 総長特別補佐.

2006.04~2007.03, 中央分析センター長.

2003.04~2007.03, 分子集積化学部門長.

2002.10~2006.03, 研究戦略企画室員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」