九州大学 研究者情報
発表一覧
天野 浩文(あまの ひろふみ) データ更新日:2019.12.20

准教授 /  情報基盤研究開発センター 学際計算科学研究部門


学会発表等
1. 大島 聡史,南里 豪志,渡部 善隆,天野 浩文,小野 謙二, スーパーコンピュータシステムITOの性能評価 , 情報処理学会ハイパフォーマンスコンピューティング研究会(2017-HPC-162), 2017.12, 九州大学情報基盤研究開発センターではスーパーコンピュータシステム “ITO” を導入し,2017 年 10 月より一部システムによる試験運用を開始,2018 年 1 月より全システムによるサービス提供を予定している.本システムは最新の CPU や GPU を搭載していることに加えて,オープンデータの活用やパブリッククラウドサービスとの連携を考慮した挑戦的なシステムである.本稿では ITO の設計を紹介し,既に試験運用を開始しているバックエンドサブシステム B を用いて測定した性能評価の結果を示す. .
2. 成林 晃, 南里 豪志, 天野 浩文, Progress threadを用いた非ブロッキング集団通信の性能調査, 2016年並列/分散/協調処理に関する『松本』サマー・ワークショップ (SWoPP2016), 2016.08.
3. Hirofumi Amano, Yuki Dohi, Hiromune Ikeda, An Approach to Safe Off-Site Backup Utilizing Secret Sharing Scheme and Storage Virtualization, IIAI International Conference on Advanced Information Technologies 2013 (IIAI AIT 2013), 2013.11, This paper makes a proposal for a safe and versatile off-site backup system based on secret sharing scheme and storage virtualization. This approach can save important data even after a disaster which destroys the primary data and some of its backup data. It also prevents a secret from leaking to others. The design of the prototype based on the (3, 5)-threshold secret sharing scheme and iSCSI is described, and preliminary experiment is reported..
4. 天野浩文, 秘密分散法とストレージ仮想化技術に基づく遠隔バックアップ相互保持方式, アカデミッククラウドワークショップ2012@広島, 2012.02.
5. 天野浩文, 九州大学情報基盤研究開発センターにおける電力消費の現状と課題, 日本アイ・ビー・エム科学技術ソリューションセミナー, 2011.12.
6. 伊藤弘宗, 土肥祐樹, 天野浩文, 秘密分散機能を有する遠隔バックアップシステムの開発, 平成23年度(第64回)電気関係学会九州支部連合大会, 2011.09.
7. 平島智将,上田将嗣, 戸川忠嗣, 小野真, 天野浩文, 自動負荷分散機能を有する大規模仮想化ストレージ装置の性能評価, 全国共同利用情報基盤センター研究開発論文集, 2010.11.
8. 上田 政嗣, 戸川 忠嗣, 小林 泰三, 天野 浩文, 九州大学におけるNAREGIミドルウェアの導入と運用, 全国共同利用情報基盤センター研究開発論文集, 2009.11.
9. 伊東栄典, 天野浩文, 青柳睦, 九州大学情報基盤研究開発センターにおけるクラウド型システムの適用性, 九州大学クラウドコンピューティングシンポジウム, 2009.09.
10. 壬生亮太,小林泰三,大庭淳一,高見利也,上田将嗣,山元祐介,増原裕之,天野浩文,青柳 睦, グリッドミドルウェアの階層的管理機構によるNAREGIインストーラの設計と実装, 情報処理学会第118回 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会, 2008.12.
11. 本多展幸,天野浩文, グリッド環境での利用者プログラムの実行を支援する計算グリッドポータルの開発, 第61回電気関係学会九州支部連合大会, 2008.09.
12. 天野浩文, 自作プログラムの実行を支援するためのグリッドポータルの研究, RIIT フォーラム 2007, 2007.12.
13. 木村健一郎, 牧之内顕文,天野浩文,安田実男, 安否確認機能を備えた統合型災害情報配信システムの設計と開発, 平成17年度電気関係学会九州支部連合大会, 2005.09.
14. 松下信太郎,天野浩文, 実行計算機を自動選択するグリッドポータルの設計, 平成17年度電気関係学会九州支部連合大会, 2005.09.
15. Yuzuru Kaneko, Hirofumi Amano, Remote Parallel Pipe System for Wide-area Distributed Computing, International Symposium on Information Science and Electrical Engineering 2003 (ISEE 2003), 2003.11.
16. 天野 浩文, 広域分散メタコンピューティングのための遠隔並列パイプ機構, 九州大学大学院システム情報科学研究院研究活動説明会, 2002.09.
17. 天野 浩文, MPIプログラムのための並列ストリーム入出力関数と並列パイプ機構, 九州大学システム情報科学研究院第4回研究活動説明会, 2001.09.
18. 天野 浩文, 九州大学情報基盤センターにおける GP7000F の運用と利用状況について, サイエンティフィック・システム研究会科学技術計算分科会, 2000.11.
19. 天野 浩文,木村 健一郎,堀渕 高照,小野 剛,牧之内 顕文, 特定領域研究「高度データベース」平成10年度公開シンポジウム, 1999.01.
20. 天野浩文,木村健一郎,堀渕高照,牧之内顕文, 超並列データベースプログラミング言語のための動的負荷分散機構の改良, 情報処理学会データベースシステム研究会, 1998.07.
21. 天野浩文, チュートリアル:並列データベース技術, 並列処理シンポジウム JSPP'98, 1998.06.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」