九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
天野 浩文(あまの ひろふみ) データ更新日:2018.06.08



主な研究テーマ
汎用的な計算環境のための拡張公平性スレッドスケジューリングの研究
キーワード:スレッド,スケジューリング,マルチコアCPU,仮想計算機
2016.04~2017.03.
オーバーレイクラウド上で複数の並列プログラムを結合するための並列ストリーム型データ分配機構の研究
キーワード:オーバーレイクラウド,インタークラウド
2015.10.
次世代NVRAMに対応したシングルレベルストレージサブシステムの研究
キーワード:シングルレベルストレージ
2015.09.
電子認証基盤と計算機センター業務フローの融合に関する研究
キーワード:電子認証技術,計算機センター利用者支援業務
2011.04.
ストレージ仮想化技術を応用した安全な遠隔バックアップ方式の研究
キーワード:ストレージ仮想化,遠隔バックアップ
2010.04.
グリッドコンピューティングのためのジョブ投入フロントエンド
キーワード:並列処理,グリッドコンピューティング
2000.04~2010.03.
分散並列コンピューティングのための遠隔並列パイプ機構
キーワード:並列処理,グリッドコンピューティング
1998.04~2010.03.
並列スーパーコンピュータのためのジョブスケジューリング
キーワード:並列処理,ジョブスケジューリング
1997.04~2002.03.
複数のディスクを活用するための並列入出力システム
キーワード:並列処理,並列ファイルシステム
1994.04~1996.03.
データベースアプリケーションのための並列データベースプログラミング言語
キーワード:並列処理,並列プログラミング言語,データベース,データベースプログラミング言語
1991.04~2003.03.
リレーショナルデータベースのための擬自然言語インタフェースの研究
キーワード:リレーショナルデータベース,利用者インタフェース
1986.04~1993.03.
研究業績
主要原著論文
1. Samih M. Mostafa, Hirofumi Amano, Shigeru Kusakabe, Fairness and High Performance for Tasks in General Purpose Multicore Systems, International Journal of Research and Reviews in Applied Sciences, Volume 29, Issue 3, 74-86, 2016.12.
2. Samih Mohammed Mostafa, Shigeru Kusakabe, Hirofumi Amano, Fairness Scheduler for Multithreaded Programs in Virtual Machine Environment, The Fourth International Japan-Egypt Conference on Electronics, Communications and Computers, 2016.05.
3. Hirofumi Amano, Yuki Dohi, Hiromune Ikeda, A Safe and Versatile Storage Server for Off-Site Backup, International Journal of Computer & Information Science (IJCIS), Volume 16, No. 1, 1-11, 2015.03, [URL], This paper makes a proposal for a safe and versatile storage server for off-site backup based on secret sharing scheme and storage virtualization. This approach can save important data even after a disaster which destroys the primary data and some of its backup copies. It also prevents a secret from leaking to others. The design of the prototype utilizing the (3, 5)-threshold secret sharing scheme and iSCSI is described, and preliminary experiment is reported. Future enhancement plans are also discussed..
4. Hirofumi Amano, Yuki Dohi, Hiromune Ikeda, An Approach to Safe Off-Site Backup Utilizing Secret Sharing Scheme and Storage Virtualization, Proceedings of the IIAI International Conference on Advanced Information Technologies 2013 (IIAI AIT 2013), 2013.11, This paper makes a proposal for a safe and versatile off-site backup system based on secret sharing scheme and storage virtualization. This approach can save important data even after a disaster which destroys the primary data and some of its backup data. It also prevents a secret from leaking to others. The design of the prototype based on the (3, 5)-threshold secret sharing scheme and iSCSI is described, and preliminary experiment is reported..
5. 合田憲人,東田学,坂根栄作,天野浩文,小林克志,棟朝雅晴,江川隆輔,建部修見,鴨志田良和,滝澤真一朗,永井亨,岩下武史,石川裕, 高性能分散計算環境のための認証基盤の設計, 情報処理学会論文誌 コンピューティングシステム, Vol. 5, No. 5, 90-102, 2012.10.
6. Eisaku Sakane, Kento Aida, Manabu Higashida, Taizo Kobayashi, Hirofumi Amano, Mutsumi Aoyagi, Grid Operational Supports for Middleware Deployment and User Administration, The International Symposium on Grids and Clouds and the Open Grid Forum - ISGC2011, 2011.03.
7. 小林 泰三, 天野 浩文, 青柳 睦, 合田 憲人, 大学間連携グリッド基盤の運用, 情報処理学会誌, 51, 2, 134-143, Vol.51, No.2, pp.134-143, 2010.02.
8. 木村 健一郎,天野 浩文, 安否確認機能を備えた統合型災害情報配信システムの開発, 日本災害情報学会誌「災害情報」, No5, pp. 58-65, 2007.03.
9. A. Makinouchi, H. Amano, T. Tsuji, K. Kaneko, Issues on Parallel Processing of Object Databases, Nontraditional Database Systems, pp. 231-248, published by Taylor & Francis, Inc., New York, 2002.08.
主要学会発表等
1. 成林 晃, 南里 豪志, 天野 浩文, Progress threadを用いた非ブロッキング集団通信の性能調査, 2016年並列/分散/協調処理に関する『松本』サマー・ワークショップ (SWoPP2016), 2016.08.
2. Hirofumi Amano, Yuki Dohi, Hiromune Ikeda, An Approach to Safe Off-Site Backup Utilizing Secret Sharing Scheme and Storage Virtualization, IIAI International Conference on Advanced Information Technologies 2013 (IIAI AIT 2013), 2013.11, This paper makes a proposal for a safe and versatile off-site backup system based on secret sharing scheme and storage virtualization. This approach can save important data even after a disaster which destroys the primary data and some of its backup data. It also prevents a secret from leaking to others. The design of the prototype based on the (3, 5)-threshold secret sharing scheme and iSCSI is described, and preliminary experiment is reported..
学会活動
所属学会名
情報処理学会
電子情報通信学会
IEEE (The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc.)
学協会役員等への就任
2015.01~2016.12, IEEE Computer Society, Fukuoka Chapter, Secretary.
2015.06~2017.05, 電子情報通信学会, 会誌編集委員会委員(地方委員).
2015.04~2017.03, 電子情報通信学会, 九州支部庶務幹事.
2008.04~2009.03, 電気関係学会九州支部連合会, プログラム編集委員長.
2007.04~2008.03, 電気関係学会九州支部連合会, プログラム編集副委員長.
2005.04~2007.03, 情報処理学会, 九州支部幹事.
2006.04~2007.03, 電気関係学会九州支部連合会, 幹事.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2013年度      
2012年度      
2010年度      
2007年度
2006年度 10 
2005年度 10 
2004年度
2003年度
2002年度 10  14 
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 安全かつ迅速なデータ復旧を可能にする遠隔バックアップ相互保持システムの開発.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, 自己都合による廃止権を持つ組織間連携分散ファイル管理システムの研究開発.
2011年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, ストレージとネットワークの仮想化による電子情報の遠隔バックアップ技術の開発.
2005年度~2007年度, 基盤研究(C), 代表, 遠隔地にある計算資源を同時利用する広域分散連成シミュレーション技法の開発.
2003年度~2004年度, 基盤研究(C), 代表, 広域分散メタコンピューティングのための遠隔並列パイプ機構の研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2015年度~2016年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 分担, インタークラウドを活用したアプリケーション中心型オーバーレイクラウド技術に関する研究.

九大関連コンテンツ