九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
多川 孝央(たがわ たかひろ) データ更新日:2018.06.26



主な研究テーマ
学習支援および学習改善のための学習データ分析
キーワード:学習データ分析, 学習履歴情報
2006.05.
大学生を主要な対象とする情報倫理教育に関する研究
キーワード:情報倫理教育
2004.07.
大学等高等教育機関におけるeラーニングの実施・システム運用・支援に関する研究
キーワード:e-learning
2002.04.
従事しているプロジェクト研究
ビッグデータ時代における異なる学習履歴データを共通の視点で分析する方法論の構築
2016.04~2020.03, 代表者:山川修, 福井県立大学.
ネットワーク科学と社会物理学を基盤とするネオ・ラーニング・アナリティクスの展開
2016.04~2018.03, 代表者:安武公一, 広島大学.
学習コミュニティの知識生成能力による学習支援効果の評価指標構築の実証的研究
2017.04~2020.03, 代表者:多川孝央, 九州大学
科学研究費補助金によるもの.
学習コミュニティを知識生成の総体として評価する指標に関する実証的研究
2014.04~2018.03, 代表者:多川孝央, 九州大学
科学研究費補助金によるもの(基盤c).
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Takahiro Tagawa, Osamu Yamakawa, An Analysis of Characteristics of Learning Community Using Accelerometer Sensor Data with High Sampling Rate, Proceedings of Society for Information Technology & Teacher Education International Conference, 1119-1123, 2018.03.
2. TAKAHIRO TAGAWA, Osamu Yamakawa, Koichi Yasutake, Takahiro Sumiya, Hitoshi Inoue, Combining Network Visualizations of Online Interactions and Real-world Collaborations in a Learning Community for Effective Interventions, AACE World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education (e-learn 2017), 856-861, 2017.10.
3. 多川 孝央, 田中 洋一, 山川 修, 加速度計データに基づく協調関係の推測の実験的検討, 教育システム情報学会, 34, 2, 98-106, 2017.04, 本研究論文は協調学習環境下の学習者に着用させた加速度センサのデータを、学習者間の協調関係を推測または評価するために利用する方法について記述している。身体の動きの周波数を学習者の活動状態を推測するのに用い、二人の学習者の間の活動の類似性をその周波数の値の差、言い換えるならば同調や同期を用いて判断することができる。著者らはここから学習者間のつながりの強さを計測する指標を提案し、教育実践の場で収集したデータを用いてこの手法の妥当性について検証し、当該事例において実際に共同で作業を行った同一グループ内の学習者のつながりは、グループをまたぐ学習者間のつながりよりも有意に強いという結果を得た。.
4. Takahiro Tagawa, Yoichi Tanaka, Osamu Yamakawa, Analysis of Learning Activities Using Simple Accelerometer Sensor Data, AACE Society for Information Technology & Teacher Education, 1834-1838, 2017.03, [URL].
5. Takahiro Tagawa, Osamu Yamakawa, Yoichi Tanaka, Detection of Collaboration Relations in a Group Learning Situation Using Wireless Accelerometer Sensor, AACE Society for Information Technology & Teacher Education(SITE) International Conference 2016, 1310-1315, 2016.03.
6. Takahiro Tagawa, Osamu Yamakawa, Yoichi Tanaka, An Experimental Use of Wearable Sensors for the Analysis of Learning Community, AACE Society for Information Technology & Teacher Education(SITE) International Conference 2015, 1794-1799, 2015.03.
7. Takahiro Tagawa, Osamu Yamakawa, Koichi Yasutake, Takahiro Sumiya, Hitoshi Inoue, Network Visualization of Connection inside Social Network Service for the Evaluation and Assessment of the Learning Community, AACE Society for Information Technology & Teacher Education (SITE) International Conference, 1054-1059, 2013.03.
8. Takahiro Tagawa, Osamu Yamakawa, Koichi Yasutake, Takahiro Sumiya, Hitoshi Inoue, INTRODUCING NETWORK MEASURES OF SOCIAL CAPITAL TO THE ANALYSIS OF LEARING COMMUNITY
, IADIS Internet Technologies & Society 2012 Conference, 317-319, 2012.12.
9. Takahiro Tagawa, Osamu Yamakawa, Koichi Yasutake, Takahiro Sumiya, Hitoshi Inoue, COMBINING COMMUNITY DETECTION METHOD AND TEXT MINING TO INVESTIGATE THE INTERACTION INSIDE SNS AS LEARNING COMMUNITY, IADIS International Conference e-Society, 539-542,
, 2012.03.
10. 多川孝央, 山之上卓, 布施泉, 岡部成玄, 中村純, 辰己丈夫, 中西道雄, 深田昭三, 村田育也, 上原哲太郎, 山田恒夫, 情報倫理教材に関する日本国外の状況調査


, 2010日・韓情報倫理国際セミナー, 9-15, 2010.11.
11. Takahiro Tagawa, Osamu Yamakawa, Koichi Yasutake, Takahiro Sumiya, Hitoshi Inoue, An Analysis of Communication Network Structures In a University Social Network Service
, World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education (ELEARN) 2010
, 2726-2733, 2010.10.
12. Takahiro TAGAWA, Jingde CHENG, "Deontic Relevant Logic: A Strong Relevant Logic Approach to Removing Paradoxes from Deontic Logic", PRICAI 2002 7th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence, in Mitsuru Ishizuka and Abdul Sattar (Eds.),
"PRICAI 2002: Trends in Artificial Intelligence"
Proceedings 7th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence
#LNAI 2417 Springer
pp.39--48, August 2002., 2002.08.
13. 多川孝央、大堀順也、程京徳、牛島和夫, 「相関論理における強相関性原理」, 人工知能学会誌, 第13巻第13号、pp.51-58, 1998.05.
主要学会発表等
1. Takahiro Tagawa, Osamu Yamakawa, An Analysis of Characteristics of Learning Community Using Accelerometer Sensor Data with High Sampling Rate, Society for Information Technology & Teacher Education International Conference(SITE) 2018, 2018.03.
2. Takahiro Tagawa, Osamu Yamakawa, Koichi Yasutake, Takahiro Sumiya, Hitoshi Inoue, Combining Network Visualizations of Online Interactions and Real-world Collaborations in a Learning Community for Effective Interventions, AACE World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education (e-learn 2017), 2017.10.
3. Takahiro Tagawa, Yoichi Tanaka, Osamu Yamakawa, Analysis of Learning Activities in Learning Community Using Simple Accelerometer Sensor Data, Society for Information Technology & Teacher Education(SITE) International Conference 2017, pp. 1834–1838, 2017.03.
4. Takahiro Tagawa, Yoichi Tanaka, Osamu Yamakawa, Detection of Collaboration Relations in a Group Learning Situation Using Wireless Accelerometer Sensor, Proceedings of Society for Information Technology & Teacher Education International Conference 2016 (pp. 1310-1315). Chesapeake, VA: Association for the Advancement of Computing in Education (AACE)., 2016.03.
5. Takahiro Tagawa, 田中洋一, 山川修, 加速度計データを用いた学習者間の協調関係の推測について, 教育システム情報学会特集論文研究会, 教育システム情報学会研究報告,vol 30, no.7, pp. 43-48,2016., 2016.03.
6. Takahiro Tagawa, 加速度計を用いた学習コミュニティにおける学習者行動の計測について, 第6回SNSネットワーク分析研究会, 2015.12.
7. Takahiro Tagawa, Osamu Yamakawa, Yoichi Tanaka, An Experimental Use of Wearable Sensors for the Analysis of Learning Community, Proceedings of Society for Information Technology & Teacher Education International Conference 2015 (pp. 1794-1799). Chesapeake, VA: Association for the Advancement of Computing in Education (AACE). , 2015.03.
8. 多川孝央, 山川修, 田中洋一, 学習コミュニティ分析へのウェアラブルセンサの試用, 日本教育工学会, 研究報告集 JSET 15-1, pp.43-50, 2015.02.
9. 多川孝央, 山川修, 田中洋一, Learning Analyticsにおけるウェアラブルセンサ活用の可能性, AXIES-CSD部会、JMOOC学習ログ・ポートフォリオ部会、情報処理学会CLE研究会共催「教育におけるビッグデータ・学習資源共有流通基盤」研究会, 2015.02.
10. 多川 孝央, 山川修, 安武公一, 隅谷孝洋, 井上 仁, 複数のデータに基づく多面的な学習履歴情報分析について, 第29回日本教育工学会全国大会 (講演論文集 pp.71-73), 2013.09.
11. 多川 孝央, ソーシャルキャピタル概念の学習コミュニティ分析への導入, 第4回「SNSネットワーク分析研究会」, 2013.06.
12. Takahiro Tagawa, Koichi Yasutake, Osamu Yamakawa, Takahiro Sumiya, Hitoshi Inoue, Network Visualization of Connection inside Social Network Service for the Evaluation and Assessment of the Learning Community, Proceedings of Society for Information Technology & Teacher Education International Conference 2013,1054-1059,2013., 2013.03.
13. Takahiro Tagawa, Koichi Yasutake, Osamu Yamakawa, Takahiro Sumiya, Hitoshi Inoue, INTRODUCING NETWORK MEASURES OF SOCIAL CAPITAL TO THE ANALYSIS OF LEARING COMMUNITY, Proceedings of The IADIS Internet Technologies & Society 2012 Conference(ITS2012),317-319,2012., 2012.11.
14. 多川孝央、安武公一、山川修、隅谷孝洋、井上仁, ソーシャル・キャピタルの尺度を適用した学習コミュニティ分析手法について, 情報処理学会第12回教育学習支援情報システム研究会, Vol.2012-CLE-8 No.10, 2012.11.
15. 多川孝央, 安武公一 ,山川修, 隅谷孝洋, 井上仁, ソーシャルキャピタル概念を用いた学習コミュニティ分析の検討
, 日本教育工学会第28回全国大会 講演論文集 pp.487-488, 2012.09.
16. 多川孝央, 山川修, 安武公一 ,隅谷孝洋, 井上仁, 大学SNS における学習コミュニティの分析手法の研究
, 第37回教育システム情報学会全国大会講演論文集pp.24-25, 2012.08.
17. 多川孝央,山川修,安武公一,隅谷孝洋,井上仁, 大学SNSにおける学習コミュニティ分析手法の検討, 第3回SNSネットワーク分析研究会, 2012.06.
18. Tagawa, T., Yamakawa, O., Yasutake, K., Sumiya, T. & Inoue, H., COMBINING COMMUNITY DETECTION METHOD AND TEXT MINING TO INVESTIGATE THE INTERACTION INSIDE SNS AS LEARNING COMMUNITY, Proceedings of IADIS. International Conference e-Society 2012, pp.539-542, 2012.03.
19. Tagawa, T., Yamakawa, O., Yasutake, K., Sumiya, T. & Inoue, H, Finding Characteristic Part of Interaction inside SNS As the Learning Community, Proceedings of Society for Information Technology & Teacher Education International Conference 2012 (pp. 3791-3795), 2012.03.
20. 多川孝央, 学習コミュニティの可視化について, 学習科学におけるLearning Analyticsアプローチ  ~学習履歴データから学習モデルを構築する~, 2011.12.
21. 多川孝央,山川修,安武公一,隅谷孝洋,井上仁, 大学SNS内のコミュニケーションのネットワークの分析, 第2回SNSネットワーク分析研究会, 2010.11.
22. Takahiro Tagawa,Osamu Yamakawa,Koichi Yasutake, Takahiro Sumiya, Hitoshi Inoue , An Analysis of Communication Network Structures In a University Social Network Service, World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education (ELEARN) 2010:1 E-Learn 2010--World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education, pp.pp. 2726-2733 , 2010.10.
23. 多川孝央, 山川修, 安武公一, 隅谷孝洋, 井上仁, 大学SNS におけるコミュニケーションのネットワーク構造の分析, 日本教育工学会第26回全国大会 講演論文集 pp.271-272, 2010.09.
24. 多川孝央, 橋倉聡, 入江啓一, 藤村直美, 学内連携によるテレビ会議システム活用支援体制について, 2010 PC Conference, pp. 109-112., 2010.08.
25. 多川孝央, 山之上卓, 布施泉, 岡部成玄, 中村純, 辰己丈夫, 中西道雄, 深田昭三, 村田育也, 上原哲太郎, 山田恒夫, 情報倫理教材に関する日本国外の状況調査, 2010 International Seminar on Information Ethics (Korea-Japan) 2010日・韓情報倫理国際セミナー pp. 9-15., 2010.11.
26. 多川孝央, インターネット大学の履歴情報に基づく成人学習者の行動特性の実証的分析, 第1回SNSネットワーク分析研究会, 2010.05.
27. Tagawa, T., Sumiya, T., Yamakawa, O., Inoue, H. & Yasutake, K., Improvement of Course Visualization Platform VisP, Proceedings of World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education 2009 (pp. 3710-3715). , 2009.10.
28. Takahiro Tagawa, Satoshi Hasikura, Naomi Fujimura, Hitoshi Inoue, Introduction and Management of Inter-Campus Learning Assistant System for Distributed Campus, Proceedings of the 37th annual ACM SIGUCCS conference on User services conference, pp.253-256, 2009.10.
29. 多川孝央, 山川修, 隅谷孝洋, 安武公一, 井上仁, 学習コミュニケーションの可視化手法について, 教育システム情報学会(JSiSE2009, 第34回全国大会講演論文集, pp4-5), 2009.08.
30. 多川孝央, 橋倉聡, 藤村直美, 分散キャンパス環境のためのテレビ会議装置による教育支援について, 2009 PCカンファレンス 論文集, pp.47-50, 2009.08.
31. 多川孝央・布施 泉・岡部成玄・隅谷孝洋・中村 純・山之上 卓・辰己丈夫・中西通雄・深田昭三・村田育也・上原哲太郎・山田恒夫 , 情報倫理教育に関する国外の状況調査 ~ 教材の国際的共同開発のために ~, 情報処理学会インターネットと運用技術研究会 (IOT)、電子情報通信学会インターネットアーキテクチャ研究会 (IA)、電子情報通信学会技術と社会・倫理研究会 (SITE) 合同研究会 電子情報通信学会技術研究報告SITE2008-44~96 pp.277-281., 2009.03.
32. 多川孝央, 橋倉聡, 工藤和彦, 岡本秀穗, 藤村直美, 分散キャンパス環境に対応した遠隔講義支援について , 第20回情報教育研究集会講演論文集 Page pp. 551 - 552, 2008.12.
33. 多川孝央, 山川修, インターネット大学の学習履歴情報からの学生行動の分析の試み, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集 pp.795-796, 2008.10.
34. Takahiro Tagawa, Koichi Yasutake, Osamu Yamakawa, Hitoshi Inoue, Takahiro Sumiya, An Analysis of a Keyword Network Structure in Online-Discussion in E-Learning Courses, E-Learn 2007 World Conference on E-learning in Cooperate, Government, Healthcare and Higher Education, 2007.10.
35. 多川孝央, 安武公一, 山川修, 井上仁, eラーニング授業での議論において形成される二種類のネットワークの構造的特徴について, 日本教育工学会第23回全国大会, 2007.09.
36. 多川孝央,安武公一,山川修,井上仁, 「電子掲示板上の投稿者間に形成されるネットワーク構造と有効な執筆方針の質的分析の比較」, 情報教育研究集会, 2006.11.
37. 多川孝央,安武公一,山川修,井上仁, 「e-Learning において有効なコミュニケーションを特徴づけるネットワーク構造の分析」, WebCTユーザカンファレンス, 2006.08.
38. 多川孝央,安武公一,山川修,井上仁, 「電子掲示板上のコミュニケーションにおけるトピックのネットワーク構造分析の試み」, 第3回WebCT研究会, 2005.11.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 中村純(広島大学)、布施泉(北海道大学)、岡部成玄(北海道大学)、辰己丈夫(放送大学)、上田浩(京都大学)、上原哲太郎(立命館大学)、中西通雄(大阪工業大学)、多川孝央(九州大学)、村田育也(福岡教育大学)、和田智仁(鹿屋体育大学)
山田恒夫(放送大学)、深田昭三(愛媛大学)、山之上卓(鹿児島大学), 情報倫理デジタルビデオ小品集6, 2016.11
ネットワーク社会の中で、学生が安全かつ有効にインターネットを利用していくための基礎知識を、身近な問題をテーマに学習することができるビデオクリップ形式の教材。全22話。
大学ICT推進協議会(AXIES)の事業による教材製作プロジェクトの成果であり、作成者らは同協議会の情報教育部会配下のタスクフォースメンバーとして参加、原案および監修を行なった。(平成28年11月完成、平成29年3月発売), 「情報倫理デジタルビデオ小品集6」は、ネットワーク社会の中で、学生が安全かつ有効にインターネットを利用していくための基礎知識を、身近な問題をテーマに学習することができるビデオクリップ集です(パッケージ版販売元Webページより抜粋).
2. 中村純(広島大学)、岡部成玄(北海道大学)、布施泉(北海道大学)、山田恒夫(放送大学)、辰己丈夫(放送大学)、上原哲太郎(立命館大学)、上田浩(京都大学)、中西通雄(大阪工業大学)、深田昭三(愛媛大学)、多川孝央(九州大学)、村田育也(福岡教育大学)、山之上卓(鹿児島大学)、和田智仁(鹿屋体育大学), 情報倫理デジタルビデオ小品集5, 2014.11
ネットワーク社会の中で、学生が安全かつ有効にインターネットを利用していくための基礎知識を、身近な問題をテーマに学習することができるビデオクリップ形式の教材。収録内容は全19話。
大学ICT推進協議会(AXIES)の事業による教材製作プロジェクトの成果であり、作成者らは同協議会の情報教育部会配下のタスクフォースメンバーとして参加、原案および監修を行なった。, [URL], 学生の日常生活におけるICTとの関わりにおいて、情報倫理および情報セキュリティに関して随時最新の問題をとりあげ、また近い未来に現実の問題となると予想される事柄を取り込み、幅広い範囲の学生に提供している。.
3. 中村純、岡部成玄、布施泉、村田育也、山田恒夫、辰己丈夫、上田浩、中西通雄、深田昭三、多川孝央、山之上卓、上原哲太郎, 情報倫理デジタルビデオ小品集4, 2012.11
大学ICT推進協議会(AXIES)の事業による教材製作プロジェクトの成果であり、作成者らは同協議会の情報教育部会配下のタスクフォースメンバーとして参加、原案および監修を行なった。
(平成24年11月完成, 平成25年3月発売).
4. 中村純,岡部成玄,村田育也,山之上卓.深田昭三,中西通雄,辰己丈夫,布施泉,上原哲太郎,多川孝央, 情報倫理デジタルビデオ小品集3, 2008.04
国立大学情報処理センター協議会とメディア教育センターの共同事業による教材製作プロジェクトの成果であり、作成者らは原案および監修者として参加した。.
5. 中村純,岡部成玄,村田育也,山之上卓.深田昭三,中西通雄,辰己丈夫,布施泉.多川孝央, 情報倫理デジタルビデオ小品集2, 2005.11
大学生3人が学内ネットワークやインターネット、携帯電話などのデジタル機器を利用する中で、様々なトラブルに遭遇しながら、自ら問題を考え、解決するための手がかりを見つけていくドラマです。

このビデオクリップ集は、授業での使いやすさを考慮し、各クリップ3〜4分と短く、
「物語編」「解決編」の2部構成にしてあります。「物語編」を見た後で学生に考えさせ、「解決編」で確認できるようになっています。

オープニング 登場人物紹介
第1章 ネットワーク上でのセキュリティ
1.ワーム型ウィルス
2.スパイウェア
3.HTMLメールの危険性
4.悪意のあるウェブページ
第2章 ネットワーク上でのコミュニケーション
5.メールでのマナー
6.メールでのプライバシー
7.掲示板管理者としての心構え
8.掲示板での匿名性とマナー
第3章 ネットワーク上での情報発信
9.著作物の私的利用
10.P2Pと公衆送信権
11.著作物の引用と利用
12.肖像権
13.ウェブアクセシビリティ
14.情報発信の責任
第4章 情報化社会に生きる
15.パソコンの廃棄と情報の管理
16.ネズミ講
17.フィッシング
18.架空請求「振り込め詐欺」
19.デジタル『万引き』
20.個人情報の収集と利用.
学会活動
所属学会名
日本教育工学会
情報処理学会
人工知能学会
日本情報科教育学会
ACM
学協会役員等への就任
2017.06~2019.05, 電子情報通信学会 技術と社会・倫理研究会(SITE), 運営委員.
2015.05~2017.05, 電子情報通信学会 技術と社会・倫理研究会(SITE), 幹事.
2011.04~2015.03, 大学ICT推進協議会(AXIES), 情報教育部会・情報倫理ビデオ教材制作タスクフォース メンバー.
2012.05~2015.03, 大学ICT推進協議会(AXIES), 情報教育部会・部会員.
2013.07~2015.07, 日本教育工学会, 研究会委員.
2013.05~2015.05, 電子情報通信学会 技術と社会・倫理研究会(SITE), 幹事補佐.
2010.05~2012.04, 情報処理学会教育学習支援情報システム研究会, 運営委員.
2005.11~2010.03, 情報処理学会教育学習支援情報システム研究グループ 運営委員(2005年~), 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.03.16~2016.03.16, 電子情報通信学会全国大会, 座長(Chairmanship).
2016.03.03~2016.03.04, 電子情報通信学会技術と社会・倫理研究会(SITE)、インターネットアーキテクチャ研究会(IA)、情報処理学会インターネットと運用技術研究会(IOT)合同研究会, 座長(Chairmanship).
2015.12.04~2015.12.06, 電子情報通信学会技術と社会・倫理研究会(SITE)、教育工学研究会(ET)、情報処理学会コンピュータと教育研究会(CE) 教育学習支援情報システム研究会(CLE)合同研究会, 座長(Chairmanship).
2015.03.17~2015.05.19, 情報処理学会全国大会, 座長(Chairmanship).
2013.09.17~2013.09.20, 2013年電子情報通信学会ソサエティ大会, 座長(Chairmanship).
2010.12.09~2010.12.09, 第3回教育学習支援情報システム研究会(CLE研究会), 座長(Chairmanship).
2010.09.18~2010.09.20, 日本教育工学会第26回全国大会, 座長(Chairmanship).
2010.05.13~2010.05.14, 第1回情報処理学会教育学習支援情報システム研究会, 座長(Chairmanship).
2004.09.23~2004.09.25, 日本教育工学会第20回全国大会, 座長(Chairmanship).
2015.02.28~2015.02.28, 日本教育工学会 2014年度第5回研究会, 開催担当委員.
2012.09.15~2012.09.17, 日本教育工学会 第28回全国大会, 大会実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度    
2018年度      
2015年度      
2013年度      
2012年度      
受賞
情報教育研究集会2008 優秀ポスター賞 , 情報教育研究集会プログラム委員会, 2009.11.
ACM SIGUCCS Competitions for Higher Ed Publications 2008 Award, ommunication Awards 2008 Category 5b: Promotional Video/Audio, Award of Excellence , ACM SIGUCCS, 2008.10.
SSS2005デモンストレーション賞, 情報処理学会コンピュータと教育研究会情報教育シンポジウム, 2005.08.
ACM SIGUCCS Communication Awards 2005 Promotional Video/Audio 2nd place, ACM SIGUCCS, 2005.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 学習コミュニティの知識生成能力による学習支援効果の評価指標構築の実証的研究.
2016年度~2019年度, 特別推進研究, 連携, 学びを促進する学生用ダッシュボードの開発~学習状況の可視化を軸として.
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, ネットワーク科学と社会物理学を基盤とするネオ・ラーニング・アナリティクスの展開.
2016年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, ビッグデータ時代における異なる学習履歴データを共通の視点で分析する方法論の構築.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 社会物理学的アプローチによるラーニング・アナリティクスの方法論的基礎に関する研究.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 学習コミュニティを知識生成の総体として評価する指標に関する実証的研究.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, 自律分散的コミュニティ形成のダイナミクスと学習効果に関する研究.
2013年度~2016年度, 基盤研究(B), 分担, 「多重ネットワーク場」における学習の相互作用力学を分析するための理論的基盤の構築.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 分担, 学習に寄与するLMSログ可視化の研究.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, 情報メディアの新展開をふまえた情報倫理教育のコンテンツと学習に関する総合的研究.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 代表, 学習コミュニティのソーシャル・キャピタルに関する実証的研究.
2010年度~2013年度, 基盤研究(B), 分担, 学習コミュニティ形成のダイナミクスと学習効果の実証的研究.
2009年度~2010年度, 若手研究(B), 代表, インターネット大学の履歴情報に基づく成人学習者の行動特性の実証的分析.
2009年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, アクティブ・ラーニングの鍵を握る学習空間の複雑系ダイナミクスと知識創発現象の解析.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 分担, 授業可視化プラットフォームの構築.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 分担, 学習支援システムの履歴情報による教育改善のための客観的評価手法.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 分担, エージェントベースのモデル分析によるe ラーニング協調学習の数理構造の解明(代表:安武公一)
.
2006年度~2007年度, 基盤研究(C), 分担, フレキシブルなeラーニング教材の開発と共有・再利用を促進する動的環境の構築(代表:井上仁).
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, e ラーニングを利用した授業可視化方法論の実証研究(代表:山川修).
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 携帯電話を用いた妊産婦のための健康情報コンテンツの構築と評価に関する研究(代表:平野(小原)裕子).
2005年度~2006年度, 萌芽研究, 代表, eラーニング高等教育の学習プロセスにおけるネットワーク・グラフ構造の数理モデル化.

九大関連コンテンツ