九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
坂上 康俊(さかうえ やすとし) データ更新日:2018.05.22

教授 /  人文科学研究院 歴史学部門 日本史学


大学院(学府)担当

学部担当

その他の教育研究施設名

役職名

附属図書館記録資料館長


ホームページ
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/his_jap/premodernpaleography/
前近代東アジア文書学関係文献目録 .
就職実績-他大学
就職実績有, 東京大学文学部 1983年4月ー1985年3月
取得学位
文学修士
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
奈良平安時代史
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年09ヶ月
活動概要
研究面では、律令国家の成立・展開と中世国家への変容過程を、主として制度史的な側面から追究している。より具体的には中国法典の継受と固有法ないし慣習との緊張関係を基軸に据えて、日本古代の官僚制や収取制度の歴史的位置づけをめざしている。
教育面では、上記の研究成果をもとに、基幹教育においては歴史学入門、文学部人文学科歴史学コースにおいては、講義と演習・実習を担当し、大学院人文科学府歴史空間論専攻日本史学分野においては、特論と演習・博士演習、および領域横断ゼミ、論文指導を担当している。
社会活動としては、文化財等に関する多数の学外委員会において、委員として研究・指導・助言にあたり、また、教科書その他の執筆等を通じて、研究成果を広く一般に公開している。更に日本学術振興会学術研究センターの専門研究員として、主として歴史学・考古学・博物館学等の分野での学術の進展に寄与している。

九大関連コンテンツ