九州大学 研究者情報
総説一覧
坂上 康俊(さかうえ やすとし) データ更新日:2019.05.27

教授 /  人文科学研究院 歴史学部門 日本史学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 坂上康俊, 事典執筆
古代山城・金田城・大野城・水城・基肄城・鬼ノ城・鞠智城・筑後国府
     
, 伊藤毅・佐藤信・北村優季他編『日本都市史・建築史事典』丸善出版, 2018.03.
2. 坂上 康俊, これからの歴史学習に期待すること, 『社会科・地図 NEWS LETTER』第5号、東京書籍, 2018.03.
3. 坂上 康俊, 岡野誠「唐玄宗期の県令誡励二碑と公文書書式について」(『明大アジア史論集』18、2014年), 『法制史研究』65, 2016.03.
4. 坂上 康俊, 細井浩志『日本史を学ぶための〈古代の暦〉入門』(吉川弘文館、2014年), 九州史学172号, 2016.03.
5. 坂上 康俊, 服部一隆著『班田収授法の復原的研究』
      
, 『史学雑誌』, 2013.11.
6. 坂上康俊, 2008年の歴史学会(日本古代・総説)
     
, 『史学雑誌』118編5号, 2009.05.
7. 坂上康俊, 榎本淳一著『唐王朝と古代日本』
     
,  『法制史研究』59号, 2010.03.
8. 坂上康俊, 鎌田元一著『律令国家史の研究』(塙書房、2008年2月), 『日本歴史』729号, 2009.02.
9. 坂上康俊, 新刊の情報と紹介:平川南著『全集日本の歴史二 日本の原像』(小学館、2008年1月), 『歴史と地理615号(日本史の研究221号)』, 2008.06.
10. 坂上康俊, 鎌田元一先生を偲ぶ, 鎌田元一先生追悼事業会『蝶から古代史へ』, 2008.02.
11. 坂上康俊, 川添昭二監修・重松敏彦編『大宰府古代史年表』(吉川弘文館), 『週刊読書人』, 2007.03.
12. 坂上康俊, 朱健淵著・高木智見訳『中国出土文献の世界』(創文社), 『創文』492号, 2006.11.
13. 坂上康俊, 『ミュージアム九州』編集会議, 『文明のクロスロード Museum Kyushu』81号, 2006.06.
14. 坂上康俊, 名と名田, 『日本史の研究』, 211号、23-25頁, 2005.12.
15. 池田温・坂上康俊・大津透・丸山裕美子・石上英一・東野治之・藤原克己, 『類聚三代格』、漢文史料と工具書, 池田温編『日本古代史を学ぶ人のための漢文入門』吉川弘文館, 72-99、183-189頁, 2005.12.
16. 坂上康俊, 北康宏・佐藤全敏両報告を聴いて, 『日本史研究』, 502号、53-57頁, 2004.06.
17. 坂上康俊, 榎本淳一「唐日戸令当色為婚条について」, 『法制史研究』, 53号、220-222頁, 2004.03.
18. 坂上康俊, 皆川完一・山本信吉編『国史大系書目解題』下, 『日本歴史』, 670号
96-98頁, 2004.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」