九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
静永 健(しずなが たけし) データ更新日:2019.04.20

教授 /  人文科学研究院 文学部門 中国文学講座


教育活動概要
【大学院(人文科学府)】
*〔中国古代中世文学作品研究〕……『詩経』『書経』にはじまる上古の古典的作品から、漢魏六朝期の『文選』『玉台新詠』、そして唐宋の詩文(李白・杜甫・王維・韓愈・柳宗元・白居易・蘇軾・陸游など)までを対象とし、作品の丹念な読解を目的とした演習形式の授業。
*〔中国文学特論〕……上記授業での対象作品を、文学史もしくは文化史・思想史の流れの中で改めてとらえ直し、従来の研究を参考にしつつ、更に新しい視点からの研究方法の模索を目的とした講義形式の授業。毎学期、異なった時代の異なったジャンルの文学作品を取り上げてゆく。
*〔中国文学批評研究〕……中国から招聘した外国人教師とのコラボレーション授業。日本のトップレベルの中国文学研究の研究論文を、中国語で要約・分析し、出席者全員で討論する。すべて中国語で進行される。中国語による討論の練習であるほか、研究の方法についてのディスカッションに重点がある。

【文学部】
*〔中国文学演習〕……外国の文学、特にその古典文学は、原典を正確に読解し、言外の思想や感情までをしっかりと把握するよう味読精読することが研究の最も基本であり、このような基盤に立ってこそ、はじめて新しい学説を打ち立てることができる。一語一句をおろそかにせず、常に真摯な姿勢を忘れずに読書に取り組むことが、本演習の目的であり、その醍醐味である。何気ない「読む」という行為が、我々の人生に豊かな光明を与えるものであることを、受講生諸君に実感してもらいたい。
*〔中国文学講義〕……中国古代から中世に至る各時代各ジャンルの文学作品を取り上げ、現在わたくしが研究を続けている以下の諸問題について講義するものである。受講生諸君に対しさまざまな「研究のヒント」を提供したい。
(1)『詩経』『楚辞』等を通して見たる人類における文藝の起源と、その原初の諸形態。
(2)『論語』『荘子』『史記』等を通して見たる古代中国の人間観察と、中国文語文の確立。
(3)曹植・阮籍・陶淵明を中心とする〈人生模索の文学〉の成立とその展開。
(4)『文選』『杜工部集』およびその諸注釈群を通して見たる文学と科挙との関係。
(5)『韓昌黎集』『白氏文集』を中心とする転換期の文学とその動向。
(6)蘇軾・陸游を中心とする宋代文学の特性——その円熟と発展。
(7)『水滸伝』『三国志演義』を中心とする近世口語文(白話)の成立とその後の文藝の展開。
(8)その他。
*〔文系ディシプリン科目【文学・言語学入門】・人文学基礎・人文学など〕……本学1・2年次生を対象とした入門講座である。単独で行うもののほか、他の複数の教員と輪番で講義を担当する。わたしが主として講義する内容は、中国古代中世の文学の特徴とそれを読むことの現代的意義について、わたくしなりの見解を提示するものである。

【研究会】
*〔中国文藝座談会〕……隔月開催。本学の中国文学・中国語学に関する教官と学生、および卒業生や近隣の研究者を主な構成メンバーとして運営されている。その設立は、本学中国文学講座の初代主任教授である目加田誠文学博士の発案によるもので、すでに第300回が開かれ、機関学術雑誌『中国文学論集』も第46号が刊行された。

【教科書】
*『中国古典文学選』(共著)中国書店1996.3
*『わかりやすくおもしろい 中国文学講義』(共著・編集者)九州大学中国文学会/中国書店2002
担当授業科目
2018年度・前期, 中国文学演習Ⅲ.

2018年度・前期, 中国文学講義Ⅴ.

2018年度・後期, 中国文学演習Ⅳ.

2017年度・前期, 中国文学演習Ⅰ.

2017年度・後期, 中国文学演習Ⅱ.

2017年度・前期, 中国文学講義Ⅰ.

2017年度・前期, 文学・言語学入門.

2017年度・後期, 卒業論文.

2018年度・前期, 文学・言語学入門.

2016年度・後期, 中国文学特論Ⅳ.

2016年度・後期, 中国古代中世文学研究Ⅱ.

2016年度・前期, 中国古代中世文学研究Ⅰ.

2016年度・後期, 博士演習.

2016年度・前期, 博士演習.

2016年度・後期, 論文指導.

2016年度・前期, 論文指導.

2016年度・後期, 文学・言語学入門.

2016年度・前期, 基幹教育セミナー.

2016年度・後期, 中国文学演習Ⅹ.

2016年度・前期, 中国文学演習Ⅸ.

2016年度・前期, 中国語科指導法Ⅱ.

2016年度・後期, 中国文学講義Ⅵ.

2016年度・前期, 中国文学講義Ⅸ.

2015年度・前期, 中国文学演習Ⅰ.

2015年度・前期, 博士演習.

2015年度・前期, 文学言語学入門.

2015年度・前期, 中国近世近代文学研究Ⅲ.

2015年度・前期, 中国文学講義Ⅳ.

2015年度・前期, 中国文学特論Ⅰ.

2015年度・前期, 中国古代中世文学研究Ⅲ.

2015年度・前期, 論文指導.

2015年度・後期, 中国文学演習Ⅱ.

2015年度・後期, 博士演習.

2015年度・後期, 中国文学講義Ⅹ.

2015年度・後期, 中国近世近代文学研究Ⅳ.

2015年度・後期, 中国文学特論Ⅱ.

2015年度・後期, 中国古代中世文学研究Ⅳ.

2015年度・後期, 論文指導.

2015年度・後期, 中国語科指導法Ⅰ.

2014年度・後期, 中国文学講義Ⅵ.

2014年度・前期, 中国文学講義Ⅶ.

2014年度・前期, 文学言語学入門.

2014年度・前期, 中国文学演習Ⅶ.

2014年度・後期, 中国文学演習Ⅷ.

2014年度・前期, 博士演習.

2014年度・後期, 博士演習.

2014年度・前期, 中国近世近代文学研究Ⅰ.

2014年度・後期, 中国近世近代文学研究Ⅱ.

2014年度・前期, 中国文学講義Ⅶ.

2014年度・前期, 中国文学特論Ⅲ.

2014年度・前期, 中国古代中世文学研究Ⅰ.

2014年度・前期, 論文指導.

2014年度・後期, 中国文学講義Ⅷ.

2014年度・後期, 中国文学特論Ⅳ.

2014年度・後期, 中国古代中世文学研究Ⅱ.

2014年度・後期, 論文指導.

2013年度・前期, 中国文学講義Ⅴ.

2013年度・後期, 中国文学講義Ⅵ.

2011年度・後期, 論文指導.

2011年度・前期, 論文指導.

2011年度・後期, 中国古代中世作品研究Ⅳ.

2011年度・前期, 中国古代中世作品研究Ⅲ.

2011年度・後期, 中国文学特論Ⅳ.

2011年度・前期, 中国文学特論Ⅲ.

2011年度・後期, 中国文学演習Ⅵ.

2011年度・前期, 中国文学演習Ⅴ.

2011年度・後期, 中国文学批評研究Ⅳ.

2011年度・前期, 中国文学批評研究Ⅲ.

2011年度・後期, 中国文学批評演習Ⅱ.

2011年度・前期, 中国文学批評演習Ⅰ.

2011年度・前期, 古典の世界:東洋のこころ:論語講読.

2011年度・後期, 中国語Ⅱ.

2011年度・前期, 中国語Ⅰ.

2011年度・後期, 中国文学講義Ⅵ.

2011年度・前期, 中国文学講義Ⅴ.

2011年度・後期, 論文指導.

2011年度・前期, 論文指導.

2010年度・後期, 論文指導.

2010年度・前期, 論文指導.

2010年度・前期, 古典の世界.

2010年度・前期, 中国語Ⅰ.

2010年度・後期, 中国語Ⅱ.

2009年度・後期, 論文指導.

2009年度・前期, 論文指導.

2009年度・前期, 古典の世界.

2009年度・後期, 中国語Ⅱ.

2009年度・前期, 中国語Ⅰ.

2008年度・後期, 論文指導.

2008年度・前期, 論文指導.

2008年度・前期, 古典の世界.

2008年度・後期, 中国語Ⅱ.

2008年度・前期, 中国語Ⅰ.

2008年度・後期, 人文学Ⅲ.

2008年度・後期, 中国語Ⅱ.

2008年度・前期, 中国語Ⅰ.

2008年度・前期, 古典の世界:東洋のこころ―論語講読.

2008年度・後期, 中国文学講義Ⅱ.

2008年度・前期, 中国文学講義Ⅰ.

2008年度・後期, 中国文学批評研究Ⅳ.

2008年度・前期, 中国文学批評研究Ⅲ.

2008年度・前期, 中国文学演習Ⅴ.

2008年度・後期, 中国文学演習Ⅰ.

2008年度・前期, 論文指導.

2008年度・後期, 論文指導.

2008年度・前期, 中国古代中世文学作品研究Ⅰ.

2008年度・後期, 中国古代中世文学作品研究Ⅱ.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・前期, 中国文学特論Ⅰ.

2008年度・後期, 中国文学特論Ⅱ.

2007年度・前期, コアセミナー.

2007年度・前期, 中国文学演習Ⅴ.

2007年度・前期, 中国文学批評研究Ⅲ.

2007年度・前期, 中国文学批評演習Ⅰ.

2007年度・前期, 中国文学講義Ⅴ.

2007年度・前期, 古典の世界:日本と中国の言葉と文学.

2007年度・前期, 古典の世界:東洋のこころ―論語講読.

2007年度・前期, 中国語Ⅰ.

2006年度・前期, 中国古代中世文学作品研究Ⅰ.

2006年度・前期, 中国文学特論Ⅰ.

2006年度・前期, 論文指導.

2006年度・前期, 中国文学演習Ⅷ.

2006年度・前期, 中国文学講義Ⅷ.

2006年度・前期, 少人数セミナー.

2006年度・前期, 中国語Ⅰ.

2003年度・前期, 中国古典学入門.

2003年度・後期, 中国文学講義Ⅵ.

2003年度・前期, 中国文学演習Ⅴ.

2003年度・後期, 中国文学演習Ⅵ.

2003年度・前期, 中国文学特論Ⅲ.

2003年度・後期, 中国文学特論Ⅵ.

2003年度・前期, 中国古代中世文学作品研究Ⅲ.

2003年度・前期, 中国文学講義Ⅴ.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2012.07, 全学, 参加, 全学FD.

2007.09, 部局, 企画, 文学部FD.

2006.08, 部局, 企画, 文学部FD.

学生のクラス指導等
2016年度, 学部, 副学務委員長.

2011年度, 学部, 文学部.

2003年度, 学部, 2003年度文学部入学生のクラス担任.

学生課外活動指導等
2016年度, 邦楽部, 顧問.

2000年度, 邦楽部, 顧問(2000年度より現在に至る).

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2011年度, 国立歴史民俗博物館, 2011年度から3年間, 客員教員, 国内.

2002年度, 久留米大学大学院, 前期・後期(火曜日二限), 非常勤講師, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」