九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
静永 健(しずなが たけし) データ更新日:2019.04.20

教授 /  人文科学研究院 文学部門 中国文学講座


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
これまでに行った公開講座・講演の題目:
「古写本《白氏文集》与日本平安文人」(中国語。2008.11.20:北京・清華大学にて)
「螢の光、窓の雪―近代日本を支えた中国古典」(2008.10.4)
「白楽天、仏教徒になれなかった詩人」(2008.7.6)
「光源氏の書斎と中国書籍」(2007.9.1)
「日本に残った唐詩の佳句―白楽天青年期の逸詩発見」(2006.10.14)
「漢籍入門—その定義と特徴—」(2002.11.25)
「日本に残存する白氏文集—平安古筆資料管見—」(2002.07.03)
「平仄式より見た唐詩の研究」(2000.5)
「孔子は〈愛〉を語ったか」(1999.10)
「〈キッ〉ても〈キレ〉ない日本の漢詩」(1998.10)など。
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2013.10~2013.10, 日本中国学会理事となり、「次世代シンポジウム」の代表をつとめた。, 日本中国学会.

2008.04~2009.03, 評議員, 日本中国学会.

2008.04~2009.03, 理事(総務担当), 九州中国学会.

2004.04, 学会総務(主任), 九州中国学会.

2003.04~2004.03, 学会会計業務, 九州中国学会.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2006.09, KBC九州朝日放送, 新宮悠仁(ひさひと)さまの命名の儀(2006/9/12)のニュースで、そのお名前についての専門家としての解説。.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2017.05, 朝日カルチャーセンター・九州大学文学部提携講座「今、私が語りたい文学の世界」:5月の担当(静永)「もういちど、杜甫の詩を」, 九州大学文学部・朝日カルチャーセンター, 朝日カルチャーセンター福岡教室.

2016.06, 大野城市民講演会:目加田誠と唐詩の世界, 大野城市目加田家寄贈図書整理活用事業の一環として開催, 大野城まどかぴあ.

2016.05, 大野城市市民講座:目加田誠先生『北平日記』読書会, 大野城市歴史をつなぐ事業推進室, 大野城まどかぴあ会議室.

2012.11, 歴博国際シンポジウム「東アジアをむすぶ漢籍文化-敦煌から正倉院、そして金沢文庫へ-」を企画・座長をつとめた。, 国立歴史民俗博物館, 国立歴史民俗博物館.

2013.11, 第269回中国文芸座談会・公開講演会「心をつなぐ目加田誠と漢籍-大野城市所蔵の目加田文庫について-」を開催, 九州大学中国文学会と大野城市企画政策部歴史をつなぐ事業推進室の連携開催, 大野城まどかぴあ.

2008.10, 講演, 九州大学公開講座, 西新プラザ.

2006.10, 九州大学文学部社会連携セミナーⅡ「言語と文芸―和漢古典の世界―」:第二回「日本に残った唐詩の佳句―白楽天青年期の逸詩発見―」, 九州大学人文科学研究院, 九州大学西新ブラザ.

2004.06, 唐の四大詩人, 放送大学.

初等・中等教育への貢献状況
2010.07, 日本学術振興会ひらめきときめきサイエンス.

2004.12, 学術雑誌『中国文学論集』第33号の編集。
小特集:高校国語科における漢文教育の現状と課題, 九州大学中国文学会.

その他の優れた社会貢献活動
2014年度, 目加田誠『北平日記』読書会の開催.

2003年度, 公開シンポジウム「高校国語科における漢文教育の現状と課題」を開催。コーディネーターをつとめる。.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2015.03, 基幹教育文系ディシプリン科目実施班長.

2013.04, 文系ディシプリン科目班会議代表委員.

2008.04~2009.03, 学生委員.

2004.04~2005.03, 広報専門委員(主幹).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」