九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
江口 厚仁(えぐち あつひと) データ更新日:2018.05.22

教授 /  法学研究院 基礎法学部門 法文化学


大学院(学府)担当

学部担当

法学部 基礎法学 法社会学


就職実績-民間機関等
就職実績有, 1982-84 私立高等学校社会科教諭
取得学位
法学修士
専門分野
法社会学
活動概要
1.研究活動
 主要テーマは現代法システムの記述/分析に向けた新たな「方法論」や「基礎理論」的枠組みの考察である。いわゆる「社会的現実」への実践的応答には力不足も残るが、社会科学の方法論全般が「ゆらぎ」をみせ、従来の方法論や概念がそのままでは通用しなくなりつつある現在、法理論・法社会学理論の方法論的再検討を抜きには先には進めないこともまた事実であり、引き続き理論・実証の両面から一切の「自明性の構造」を徹底的に洗い直し、法現象のリアルな分析に向けて取り組んでゆきたいと考えている。最近の関心は、法システムと隣接諸領域(市場・倫理・科学技術・教育・福祉医療など)との構造的カップリングの実態と代替的なカップリング形式の模索、およびその際のリスク・マネジメントとして、いかなる技法・制度を構想できるか、という点に向いている。
2.教育活動
 学士課程教育は「法社会学講義」「法社会学演習」「教職科目」等を担当している。法社会学講義では法社会学説史と法学方法論争を縦糸に、現代社会学理論の新た理論動向を横糸に、現代日本のさまざまな法現象を解読することをつうじて、法の「社会学的観察」の醍醐味を伝えたいと心掛けているつもりだが、実定法解釈学とはアプローチを異にする学問分野であるため、そうした方法になじみが薄い学生諸君への配慮は十分であったか、彼/彼女らがより親近感を持てる生資料やヴィジュアル情報を加味した講義の組み立てはできないかなど、学生諸君のニーズ・要望をふまえつつ今後とも継続的に点検・改善を進めてゆきたい。また法社会学演習については、例年、元気のよい学生諸君の参加を得て、議論も大いに盛り上がっている。ここ数年は「法と応用倫理学」という共通テーマの下に、生命倫理・脳死(臓器移植)・生殖医療・死刑・ジェンダー(セクシュアリティ)・情報倫理・環境倫理・戦争責任・ユースカルチャーなど多彩なテーマをめぐって議論が進行中である。
 修士・博士課程教育では、研究者コース向けには「法社会学研究」、専修コース向けには「現代法理論特講」を開講している。前者は金曜日の午後全てを使って外国語テクストを講読、後者では社会人学生等も交えて、法政策学・法と経済学・公共選択論・集合行動論・現代組織論などの基礎文献を適宜取り上げて検討している。
3.学内活動・学外活動
 学内委員等については、学部教務/全学教育関係の仕事(過去10年以上にわたって法学部学務委員長を拝命してきた)に加え、本年度(26年度)から法学研究院副院長を担うこととなり、多忙な日々を送っている。学外活動については、もっぱら草の根レベルであれこれと「参与観察」もどきを行っているが、全体にまとまった時間がとれないのが悩みの種である。何事も計画性を持ってあたるべし、という当たり前の(しかし最も苦手とする)生活作法の修得が望まれるところだ。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」