九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
岡田 義広(おかだ よしひろ) データ更新日:2019.04.24



教育活動概要
大学院システム情報科学府:「3次元コンピュータグラフィックス論」
理学部物理学科情報理学コース:「マルチメディア情報処理」,「画像解析」
理学部, 文学部:「博物館情報・メディア論」(分担)
担当授業科目
2019年度・後期, 3次元コンピュータグラフィックス論.

2019年度・後期, マルチメディア情報処理.

2019年度・前期, 博物館情報・メディア論.

2019年度・前期, 画像解析.

2019年度・通年, 情報学講究.

2019年度・通年, 情報学演習.

2019年度・後期, 情報学演示.

2019年度・前期, 情報学読解.

2019年度・後期, 情報学論述Ⅱ.

2019年度・前期, 情報学論述Ⅰ.

2019年度・後期, 情報学論議Ⅱ.

2019年度・前期, 情報学論議Ⅰ.

2019年度・通年, 情報学特別研究.

2019年度・前期, システム情報科学特別講究.

2019年度・後期, 国際演示技法.

2019年度・後期, 知的財産技法.

2019年度・後期, ティーチング演習.

2019年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2019年度・後期, 情報学特別講究第一.

2019年度・前期, 情報学特別講究第一.

2019年度・後期, 情報学特別講究第二.

2019年度・前期, 情報学特別講究第二.

2019年度・後期, 情報学特別演習.

2019年度・前期, 情報学特別演習.

2019年度・後期, 発見科学特別講究.

2019年度・前期, 発見科学特別講究.

2018年度・後期, 3次元コンピュータグラフィックス論.

2018年度・後期, マルチメディア情報処理.

2018年度・前期, 博物館情報・メディア論.

2018年度・前期, 画像解析.

2018年度・春学期, Basics of Information Processing.

2018年度・通年, 情報学講究.

2018年度・通年, 情報学演習.

2018年度・後期, 情報学演示.

2018年度・前期, 情報学読解.

2018年度・後期, 情報学論述Ⅱ.

2018年度・前期, 情報学論述Ⅰ.

2018年度・後期, 情報学論議Ⅱ.

2018年度・前期, 情報学論議Ⅰ.

2018年度・通年, 情報学特別研究.

2018年度・前期, システム情報科学特別講究.

2018年度・後期, 国際演示技法.

2018年度・後期, 知的財産技法.

2018年度・後期, ティーチング演習.

2018年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2018年度・後期, 情報学特別講究第一.

2018年度・前期, 情報学特別講究第一.

2018年度・後期, 情報学特別講究第二.

2018年度・前期, 情報学特別講究第二.

2018年度・後期, 情報学特別演習.

2018年度・前期, 情報学特別演習.

2018年度・後期, 発見科学特別講究.

2018年度・前期, 発見科学特別講究.

2017年度・後期, 3次元コンピュータグラフィックス論.

2017年度・後期, マルチメディア情報処理.

2017年度・前期, 博物館情報・メディア論.

2017年度・前期, 画像解析.

2017年度・前期, Basic of Information Processing.

2017年度・通年, 情報学演習.

2017年度・通年, 情報学講究.

2017年度・後期, 情報学演示.

2017年度・前期, 情報学読解.

2017年度・後期, 情報学論述Ⅱ.

2017年度・前期, 情報学論述Ⅰ.

2017年度・後期, 情報学論議Ⅱ.

2017年度・前期, 情報学論議Ⅰ.

2017年度・通年, 情報学特別研究.

2017年度・前期, システム情報科学特別講究.

2017年度・後期, 国際演示技法.

2017年度・後期, 知的財産技法.

2017年度・後期, ティーチング演習.

2017年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2017年度・後期, 情報学特別講究第一.

2017年度・前期, 情報学特別講究第一.

2017年度・後期, 情報学特別講究第二.

2017年度・前期, 情報学特別講究第二.

2017年度・後期, 情報学特別演習.

2017年度・前期, 情報学特別演習.

2017年度・後期, 発見科学特別講究.

2017年度・前期, 発見科学特別講究.

2016年度・前期, 画像解析.

2016年度・前期, Basic of Information Processing.

2016年度・後期, マルチメディア情報処理.

2016年度・後期, 3次元コンピュータグラフィックス論.

2016年度・通年, 情報学演習.

2016年度・通年, 情報学講究.

2016年度・後期, 情報学演示.

2016年度・前期, 情報学読解.

2016年度・後期, 情報学論述Ⅱ.

2016年度・前期, 情報学論述Ⅰ.

2016年度・後期, 情報学論議Ⅱ.

2016年度・前期, 情報学論議Ⅰ.

2016年度・通年, 情報学特別研究.

2016年度・前期, システム情報科学特別講究.

2016年度・後期, 国際演示技法.

2016年度・後期, 知的財産技法.

2016年度・後期, ティーチング演習.

2016年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2016年度・後期, 情報学特別講究第一.

2016年度・前期, 情報学特別講究第一.

2016年度・後期, 情報学特別講究第二.

2016年度・前期, 情報学特別講究第二.

2016年度・後期, 情報学特別演習.

2016年度・前期, 情報学特別演習.

2016年度・後期, 発見科学特別講究.

2016年度・前期, 発見科学特別講究.

2016年度・前期, 博物館情報・メディア論.

2016年度・前期, サイバーセキュリティ基礎論.

2015年度・後期, 画像解析.

2015年度・後期, マルチメディア情報処理.

2015年度・前期, Basic of Information Processing.

2015年度・後期, 3次元コンピュータグラフィックス論.

2015年度・通年, 情報学演習.

2015年度・通年, 情報学講究.

2015年度・後期, 情報学演示.

2015年度・前期, 情報学読解.

2015年度・後期, 情報学論述Ⅱ.

2015年度・前期, 情報学論述Ⅰ.

2015年度・後期, 情報学論議Ⅱ.

2015年度・前期, 情報学論議Ⅰ.

2015年度・通年, 情報学特別研究.

2015年度・前期, システム情報科学特別講究.

2015年度・後期, 国際演示技法.

2015年度・後期, 知的財産技法.

2015年度・後期, ティーチング演習.

2015年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2015年度・後期, 情報学特別講究第一.

2015年度・前期, 情報学特別講究第一.

2015年度・後期, 情報学特別講究第二.

2015年度・前期, 情報学特別講究第二.

2015年度・後期, 情報学特別演習.

2015年度・前期, 情報学特別演習.

2015年度・後期, 発見科学特別講究.

2015年度・前期, 発見科学特別講究.

2015年度・前期, 博物館情報・メディア論.

2015年度・後期, サイバーセキュリティ基礎論.

2015年度・前期, サイバーセキュリティ基礎論.

2014年度・後期, 画像解析.

2014年度・後期, マルチメディア情報処理.

2014年度・前期, Basic of Information Processing.

2014年度・後期, 3次元コンピュータグラフィックス論.

2014年度・通年, 情報学演習.

2014年度・通年, 情報学講究.

2014年度・後期, 情報学演示.

2014年度・前期, 情報学読解.

2014年度・後期, 情報学論述Ⅱ.

2014年度・前期, 情報学論述Ⅰ.

2014年度・後期, 情報学論議Ⅱ.

2014年度・前期, 情報学論議Ⅰ.

2014年度・通年, 情報学特別研究.

2014年度・前期, システム情報科学特別講究.

2014年度・後期, 国際演示技法.

2014年度・後期, 知的財産技法.

2014年度・後期, ティーチング演習.

2014年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2014年度・後期, 情報学特別講究第一.

2014年度・前期, 情報学特別講究第一.

2014年度・後期, 情報学特別講究第二.

2014年度・前期, 情報学特別講究第二.

2014年度・後期, 情報学特別演習.

2014年度・前期, 情報学特別演習.

2014年度・後期, 発見科学特別講究.

2014年度・前期, 発見科学特別講究.

2014年度・前期, 博物館情報・メディア論.

2014年度・後期, サイバーセキュリティ基礎.

2013年度・後期, 画像解析.

2013年度・後期, マルチメディア情報処理.

2013年度・前期, Basic of Information Processing.

2013年度・後期, 3次元コンピュータグラフィックス論.

2013年度・通年, 情報学演習.

2013年度・通年, 情報学講究.

2013年度・後期, 情報学演示.

2013年度・前期, 情報学読解.

2013年度・後期, 情報学論述Ⅱ.

2013年度・前期, 情報学論述Ⅰ.

2013年度・後期, 情報学論議Ⅱ.

2013年度・前期, 情報学論議Ⅰ.

2013年度・通年, 情報学特別研究.

2013年度・前期, システム情報科学特別講究.

2013年度・後期, 国際演示技法.

2013年度・後期, 知的財産技法.

2013年度・後期, ティーチング演習.

2013年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2013年度・後期, 情報学特別講究第一.

2013年度・前期, 情報学特別講究第一.

2013年度・後期, 情報学特別講究第二.

2013年度・前期, 情報学特別講究第二.

2013年度・後期, 情報学特別演習.

2013年度・前期, 情報学特別演習.

2013年度・後期, 発見科学特別講究.

2013年度・前期, 発見科学特別講究.

2013年度・後期, 情報科学講究.

2013年度・前期, 博物館情報・メディア論.

2012年度・後期, 画像解析.

2012年度・後期, マルチメディア情報処理.

2012年度・前期, Basic of Information Processing.

2012年度・後期, 3次元コンピュータグラフィックス論.

2012年度・通年, 情報学演習.

2012年度・通年, 情報学講究.

2012年度・後期, 情報学演示.

2012年度・前期, 情報学読解.

2012年度・後期, 情報学論述Ⅱ.

2012年度・前期, 情報学論述Ⅰ.

2012年度・後期, 情報学論議Ⅱ.

2012年度・前期, 情報学論議Ⅰ.

2012年度・通年, 情報学特別研究.

2012年度・前期, システム情報科学特別講究.

2012年度・後期, 国際演示技法.

2012年度・後期, 知的財産技法.

2012年度・後期, ティーチング演習.

2012年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2012年度・後期, 情報学特別講究第一.

2012年度・前期, 情報学特別講究第一.

2012年度・後期, 情報学特別講究第二.

2012年度・前期, 情報学特別講究第二.

2012年度・後期, 情報学特別演習.

2012年度・前期, 情報学特別演習.

2012年度・後期, 発見科学特別講究.

2012年度・前期, 発見科学特別講究.

2012年度・後期, 情報科学講究.

2012年度・前期, 博物館情報・メディア論.

2012年度・前期, コアセミナー.

2011年度・後期, 画像解析.

2011年度・後期, マルチメディア情報処理.

2011年度・前期, Basic of Information Processing.

2011年度・後期, 3次元コンピュータグラフィックス論.

2011年度・通年, 情報学演習.

2011年度・通年, 情報学講究.

2011年度・後期, 情報学演示.

2011年度・前期, 情報学読解.

2011年度・後期, 情報学論述Ⅱ.

2011年度・前期, 情報学論述Ⅰ.

2011年度・後期, 情報学論議Ⅱ.

2011年度・前期, 情報学論議Ⅰ.

2011年度・通年, 情報学特別研究.

2011年度・前期, システム情報科学特別講究.

2011年度・後期, 国際演示技法.

2011年度・後期, 知的財産技法.

2011年度・後期, ティーチング演習.

2011年度・後期, 先端プロジェクト管理技法.

2011年度・後期, 情報学特別講究第一.

2011年度・前期, 情報学特別講究第一.

2011年度・後期, 情報学特別講究第二.

2011年度・前期, 情報学特別講究第二.

2011年度・後期, 情報学特別演習.

2011年度・前期, 情報学特別演習.

2011年度・後期, 発見科学特別講究.

2011年度・前期, 発見科学特別講究.

2011年度・後期, 情報科学講究.

2011年度・前期, コアセミナー.

2006年度・通年, 情報科学特別研究.

2006年度・後期, 情報科学講究.

2006年度・通年, 発見科学特別演習.

2006年度・通年, 発見科学特別講究.

2006年度・通年, 情報理学特別演習第二.

2006年度・通年, 情報理学特別講究第二.

2006年度・通年, 情報理学特別研究.

2006年度・通年, 情報理学講究第二.

2006年度・通年, 情報理学講究第一.

2006年度・通年, 情報理学演習第一.

2006年度・後期, プログラミング.

2006年度・後期, プログラミング演習.

2006年度・前期, 情報量解析.

2006年度・後期, 知識科学特論.

2005年度・通年, 情報科学特別研究.

2005年度・後期, 情報科学講究.

2005年度・通年, 発見科学特別演習.

2005年度・通年, 発見科学特別講究.

2005年度・通年, 情報理学特別演習第二.

2005年度・通年, 情報理学特別講究第二.

2005年度・通年, 情報理学特別研究.

2005年度・通年, 情報理学講究第二.

2005年度・通年, 情報理学講究第一.

2005年度・通年, 情報理学演習第一.

2005年度・後期, プログラミング.

2005年度・後期, プログラミング演習.

2005年度・前期, 情報量解析.

2005年度・後期, 知識科学特論.

2004年度・通年, 情報科学特別研究.

2004年度・後期, 情報科学講究.

2004年度・通年, 発見科学特別演習.

2004年度・通年, 発見科学特別講究.

2004年度・通年, 情報理学特別演習第二.

2004年度・通年, 情報理学特別講究第二.

2004年度・通年, 情報理学特別研究.

2004年度・通年, 情報理学講究第二.

2004年度・通年, 情報理学講究第一.

2004年度・通年, 情報理学演習第一.

2004年度・後期, プログラミング演習.

2004年度・後期, プログラミング.

2004年度・前期, 情報量解析.

2004年度・後期, 知識科学特論.

2003年度・通年, 情報科学特別研究.

2003年度・後期, 情報科学講究.

2003年度・通年, 発見科学特別演習.

2003年度・通年, 発見科学特別講究.

2003年度・通年, 情報理学特別演習第二.

2003年度・通年, 情報理学特別講究第二.

2003年度・通年, 情報理学特別研究.

2003年度・通年, 情報理学講究第二.

2003年度・通年, 情報理学講究第一.

2003年度・通年, 情報理学演習第一.

2003年度・後期, プログラミング演習.

2003年度・後期, プログラミング.

2003年度・前期, 情報量解析.

2003年度・後期, 知識科学特論.

2002年度・通年, 情報科学特別研究.

2002年度・後期, 情報科学講究.

2002年度・通年, 発見科学特別演習.

2002年度・通年, 発見科学特別講究.

2002年度・通年, 情報理学特別演習第二.

2002年度・通年, 情報理学特別講究第二.

2002年度・通年, 情報理学特別研究.

2002年度・通年, 発見科学特別演習第二.

2002年度・通年, 発見科学特別演習第一.

2002年度・通年, 情報理学講究第一.

2002年度・後期, プログラミング演習.

2002年度・後期, プログラミング.

2002年度・前期, データ科学.

2002年度・前期, 情報量解析.

2002年度・後期, 知識科学特論.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.12, 全学, 講演, 電子教材開発者向け講習会.

2018.12, 全学, 講演, 電子教材著作権講習会.

2018.05, 全学, 講演, 電子教材著作権講習会.

2017.12, 全学, 講演, 電子教材著作権講習会.

2017.05, 全学, 講演, 電子教材著作権講習会.

2016.12, 全学, 講演, 電子教材著作権講習会.

2016.12, 部局, 講演, 文学部FD電子教材著作権セミナー.

2016.05, 全学, 講演, 電子教材著作権講習会.

2015.03, 部局, 講演, 電子教材開発セミナー.

2014.07, 部局, 参加, 第6回文学部FD.

2011.08, 全学, 参加, Meeting of International Undergraduate Program in English.

2009.03, 部局, 参加, 第9回ファカルティ・ディベロップメント.

2008.03, 部局, 参加, 第7回ファカルティ・ディベロップメント.

2007.02, 部局, 参加, 第6回ファカルティ・ディベロップメント.

2005.02, 部局, 参加, 第4回ファカルティ・ディベロップメント.

2004.09, 全学, 参加, 平成16年度第2回全学FD.

2004.02, 部局, 参加, 第3回ファカルティ・ディベロップメント.

2003.02, 部局, 参加, 第2回ファカルティ・ディベロップメント.

学生のクラス指導等
2018年度, 学部, 理学部物理学科1年生アドバイザ教員(継続).

2017年度, 学部, 理学部物理学科1年生アドバイザ教員.

2013年度, 学部, 理学部物理学科情報理学コース平成22年度入学生担当教員.

2012年度, 学部, 理学部物理学科情報理学コース平成22年度入学生担当教員.

2011年度, 学部, 理学部物理学科情報理学コース平成22年度入学生担当教員.

2010年度, 学部, 理学部物理学科情報理学コース平成22年度入学生担当教員.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2019年度, 大学ICT推進協議会・所属研究者, 国内.

2019年度, 国立歴史民族博物館, 国内.

2019年度, 国立情報学研究所・学術ネットワーク運営・連携本部委員, 国内.

2018年度, 大学ICT推進協議会・所属研究者, 国内.

2018年度, 国立歴史民族博物館, 国内.

2018年度, 国立情報学研究所・学術ネットワーク運営・連携本部委員, 国内.

2017年度, 大学ICT推進協議会・所属研究者, 国内.

2017年度, 国立歴史民族博物館, 国内.

2017年度, 国立情報学研究所・学術ネットワーク運営・連携本部委員, 国内.

2016年度, 大学ICT推進協議会・所属研究者, 国内.

2016年度, 国立歴史民族博物館, 国内.

2016年度, 国立情報学研究所・学術ネットワーク運営・連携本部委員.

2015年度, 国立歴史民族博物館, 国内.

2015年度, 国立情報学研究所・学術ネットワーク運営・連携本部委員.

2015年度, 九州先端科学技術研究所, 国内.

2014年度, 九州先端科学技術研究所, 国内.

2013年度, 九州先端科学技術研究所, 国内.

2012年度, 九州先端科学技術研究所, 国内.

2011年度, 九州先端科学技術研究所, 国内.

2009年度, 大分大学, 集中講義, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 独立行政法人科学技術振興機構, 国内.

2004年度, 独立行政法人科学技術振興機構, 国内.

2003年度, 独立行政法人科学技術振興機構, 国内.

2002年度, 科学技術振興事業団, 国内.

2000年度, 九州芸術工科大学, 前後学期, 非常勤講師, 国内.

1999年度, 九州芸術工科大学, 前後学期, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2018.10, EDUCAUSE Annual Conference, Denver, USA, EDUCAUSE, 8000.

2017.10, EDUCAUSE Annual Conference, Philadelphia, USA, EDUCAUSE, 8000.

2016.10, EDUCAUSE Annual Conference, Anaheim, USA, EDUCAUSE, 4000.

2013.10, EDUCAUSE Annual Conference, Anaheim, USA, EDUCAUSE, 4000.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」