九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
倉爪 亮(くらづめ りよう) データ更新日:2019.04.06

教授 /  システム情報科学研究院 情報知能工学部門 実世界ロボティクス


主な研究テーマ
3次元画像処理
キーワード:コンピュータビジョン,レーザレンジファインダ,ステレオ計測
2002.04.
知能移動ロボットの開発
キーワード:歩行ロボット,移動ロボット,群ロボット
2002.04.
従事しているプロジェクト研究
NEDO 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/フィジカル空間デジタルデータ処理基盤・My-IoT開発プラットフォームの研究開発
2018.10~2023.03, 代表者:井上 弘士, 九州大学, NEDO 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/フィジカル空間デジタルデータ処理基盤
My-IoT開発プラットフォームの研究開発.
戦略的創造研究推進事業 CREST, 研究領域 人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開, 「優しい介護」インタラクションの計算的・脳科学的解明
2017.10~2023.03, 代表者:中澤 篤志, 京都大学, 科学技術振興機構
「優しい介護」インタラクションの計算的・脳科学的解明.
戦略的創造研究推進事業 CREST, 研究領域 イノベーション創発に資する人工知能基盤技術の創出と統合化, 3D画像認識AIによる革新的癌診断支援システムの構築
2017.10~2020.03, 代表者:諸岡 健一, 九州大学, 科学技術振興機構
3D画像認識AIによる革新的癌診断支援システムの構築.
共進化社会システム創成拠点:ヒト/モノ・エネルギー・ 情報のモビリティによる多様で持続的な社会の構築
2013.04~2021.03, 代表者:安浦 寛人, 九州大学, 文部科学省 革新的イノベーション創成プログラム(COI STREAM) .
監視におけるプライバシー問題の根本的解決と病院内実証実験
2012.10~2015.03, 代表者:谷口 倫一郎, 九州大学, 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE).
JST研究成果最適展開支援事業フィージビリティスタディステージ探索タイプ レーザ搭載群ロボットによるトンネル出来型管理システム
2010.08~2011.03, 代表者:倉爪 亮, 九州大学, 科学技術振興機構
レーザ搭載群ロボットによるトンネル出来型管理システム.
国土交通省 平成21,22年度建設技術研究開発助成制度 構造物現況形状データと設計データを用いた品質確保と施工支援に関する技術の開発
2009.08~2011.03, 代表者:遠藤 建, 東急建設, 国土交通省
構造物現況形状データと設計データを用いた品質確保と施工支援に関する技術の開発.
JSTシーズ発掘試験 ロボット群による大規模建造物の自動レーザ計測システムの開発
2008.08~2009.03, 代表者:倉爪 亮, 九州大学, 科学技術振興機構
ロボット群による大規模建造物の自動レーザ計測システムの開発.
NEDO 次世代ロボット知能化プロジェクト 作業知能(社会・生活分野)の開発 施設内生活支援ロボット知能の研究開発
2007.12~2012.03, 代表者:長谷川 勉, 九州大学, 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
施設内生活支援ロボット知能の研究開発.
NEDO インテリジェント手術機器研究開発プロジェクト
2007.04~2010.03, 代表者:橋爪 誠, 九州大学, 経済産業省,NEDO
センサデータと内視鏡画像とのリアルタイムデータ統合技術の開発.
5感センサネットワークによる被災建造物内RTシステムの開発
2007.04~2010.03, 代表者:倉爪 亮, 九州大学, 文部科学省
地震や爆発など大規模災害において、地下街、高層ビルなどの被災建造物内で要救助者を早期に発見するための視覚、触覚、聴覚、存在感、さらに予感を有する5感センサポッドと移動可能な5感センサロボット群からなる5感センサネットワークによる被災建造物内RT(Robot Technology)システムを開発する。.
戦略的先端ロボット要素技術開発プロジェクト
2006.08~2009.03, 代表者:広瀬茂男, 東京工業大学, 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構.
文部科学省 科学技術振興調整費「科学技術連携施策群の効果的・効率的な推進 」 ロボットタウンの実証的研究
2005.10~2007.03, 代表者:長谷川勉, 九州大学, 文部科学省.
戦略的基盤技術力強化事業 超小型軽量アクチュエータ/サーボアンプの開発
2004.10~2006.03, 代表者:長谷川勉, 九州大学, 中小企業庁
超小型アクチュエータおよびアンプの開発.
総務省戦略的情報通信研究開発推進制度 実体に基づいたプロアクティブ・ヒューマンインターフェイスに関する研究開発
2003.10~2006.03, 代表者:長谷川勉, 九州大学, 総務省
人間とコンピュータ間の次世代型ヒューマンインターフェースとして,実体に基づくプロアクティブヒューマンインターフェースの開発.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  11件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本ロボット学会
日本機械学会
計測自動制御学会
電子情報通信学会
情報処理学会
IEEE
日本生体工学会
学協会役員等への就任
2019.04~2020.03, 日本機械学会, 運営委員.
2018.04~2019.03, 日本機械学会, 運営委員.
2015.04~2018.03, 日本機械学会, アソシエイトエディタ.
2015.04~2018.03, 計測自動制御学会, 論文集委員会Si部門エディタ.
2013.04~2015.03, 計測自動制御学会, IT委員会委員長.
2013.04~2015.03, 計測自動制御学会, 理事.
2013.04~2015.03, 日本ロボット学会, 理事.
2012.04~2013.03, 計測自動制御学会, IT委員会副委員長.
2012.04~2014.03, 計測自動制御学会, 論文集編集委員会委員.
2011.04~2014.03, 日本ロボット学会, 代議員.
2009.04~2011.03, 日本ロボット学会, 理事.
2007.04~2009.03, 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門, 運営委員.
2007.04~2009.03, 日本ロボット学会, 評議員.
2006.04~2008.03, 計測自動制御学会SI部門, 運営委員.
2005.04~2011.03, 日本ロボット学会, 電子化委員会委員.
2004.04~2008.03, 情報処理学会CVIM研究会, 運営委員.
2003.04~2011.03, 日本ロボット学会, 欧文誌電子化WG委員.
2003.04~2011.03, 日本ロボット学会, 欧文誌委員会委員.
2003.04~2005.03, 日本ロボット学会, 評議員.
2000.04~2002.03, 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門, 運営委員.
1993.04~1995.03, 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門, 技術委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.03.17~2016.03.18, ロボティクスシンポジア, 座長(Chairmanship).
2015.03.15~2015.03.16, ロボティクスシンポジア, 座長(Chairmanship).
2014.09.04~2014.09.06, 第32回日本ロボット学会, 座長(Chairmanship).
2013.09.25~2013.09.26, FANシンポジウム, 座長(Chairmanship).
2013.09.04~2013.09.06, 第31回日本ロボット学会, 座長(Chairmanship).
2012.03.14~2012.03.16, ロボティクスシンポジア, 座長(Chairmanship).
2011.03.14~2011.03.15, ロボティクスシンポジア, 座長(Chairmanship).
2010.03.16~2010.03.17, ロボティクスシンポジア, 座長(Chairmanship).
2010.12.14~2010.12.18, 2010 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2010), 座長(Chairmanship).
2009.03.16~2009.03.17, ロボティクスシンポジア, 座長(Chairmanship).
2008.07.29~2008.07.31, MIRU2008 画像の認識・理解シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2008.03.16~2008.03.17, ロボティクスシンポジア, 座長(Chairmanship).
2007.12.20~2007.12.22, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 座長(Chairmanship).
2007.11.18~2007.11.22, ACCV'07 Workshop on Multi-dimensional and Multi-view Image Processing, プログラム委員長.
2007.11.16~2007.11.17, The Third Joint Workshop on Machine Perception and Robotics, 座長(Chairmanship).
2007.07.30~2007.08.01, 画像の認識理解シンポジウム (MIRU2007), 座長(Chairmanship).
2007.05.10~2007.05.12, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会, コーディネーター.
2007.05.10~2007.05.14, IEEE International Conference on Robotics and Automation, 座長(Chairmanship).
2006.09.05~2006.09.07, 情報処理学会 第5回情報科学技術フォーラム FIT2006, 座長(Chairmanship).
2006.09.08~2006.09.09, 情報処理学会CVIM研究会, 座長(Chairmanship).
2006.07.19~2006.07.21, 画像の認識理解シンポジウム (MIRU2006), 座長(Chairmanship).
2006.05.26~2006.05.28, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会, コーディネーター.
2006.03.16~2006.03.17, 第9回ロボティクスシンポジア, 座長(Chairmanship).
2005.10.01~2005.10.01, 情報処理学会, 座長(Chairmanship).
2005.06.09~2005.06.11, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会, オーガナイザー.
2004.09.15~2004.09.17, 日本ロボット学会学術講演会, 座長(Chairmanship).
2004.06.18~2004.06.20, 日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会, オーガナイザー.
2017.09.24~2017.09.28, 2017 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2017), Senior Editor.
2014.09.04~2014.09.06, 第32回日本ロボット学会学術講演会, 実行委員長.
2012.12.16~2012.12.18, IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2012), 実行委員.
2012.12.18~2012.12.20, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 実行委員.
2012.03.14~2012.03.15, ロボティクスシンポジア, 実行委員.
2011.08.07~2011.08.10, IEEE International Conference on Mechatronics and Automation 2011, プログラム委員.
2010.11.01~2010.11.03, 10th International Symposium on Distributed Autonomous Robotic Systems , プログラム委員.
2011.05.09~2011.05.13, IEEE International Conference on Robotics and Automation, プログラム委員.
2011.03.14~2011.03.15, ロボティクスシンポジア, プログラム委員.
2010.05.03~2010.05.08, IEEE International Conference on Robotics and Automation, プログラム委員.
2010.03.15~2010.03.16, ロボティクスシンポジア, プログラム委員.
2009.05.24~2009.05.26, 日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 運営委員幹事.
2009.05.12~2009.05.17, IEEE International Conference on Robotics and Automation, プログラム委員.
2009.03.16~2009.03.17, ロボティクスシンポジア, プログラム委員.
2008.05.19~2008.05.23, IEEE International Conference on Robotics and Automation, プログラム委員.
2008.03.16~2008.03.17, ロボティクスシンポジア, プログラム委員.
2007.11.18~2007.11.22, ACCV'07 Workshop on Multi-dimensional and Multi-view Image Processing, プログラム委員長.
2007.10.29~2007.11.02, 2007 IEEE⁄RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS), プログラム委員.
2006.08.23~2006.08.26, IEEE International Conference on Information Acquisition 2006, プログラム委員.
2006.12.17~2006.12.20, 2006 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2006), プログラム委員.
2006.11.19~2006.11.21, 2nd Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (PKMPR2006), プログラム委員.
2005.09.25~2005.09.27, 1st Joint Workshop on Machine Perception and Robotics (PKMPR2005), プログラム委員.
2005.08.02~2005.08.06, 2005 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS), プログラム委員.
2004.09.28~2004.10.02, 2004 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS), プログラム委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.04~2018.03, 日本機械学会論文誌, 国内, 編集委員.
2015.04~2018.03, 計測自動制御学会論文誌, 国内, 編集委員.
2012.04~2015.03, 計測自動制御学会論文誌, 国内, 編集委員.
2008.04~2009.03, 電子情報通信学会論文誌D MIRU特集号, 国内, 編集委員.
2006.04~2008.03, 計測自動制御学会論文誌, 国内, 編集委員.
2006.04~2008.03, 日本ロボット学会論文誌, 国内, 編集委員.
2004.04~2008.03, 情報処理学会CVIM論文誌, 国内, 編集委員.
2003.04~2012.03, 日本ロボット学会欧文誌 Advanced Robotics, 国際, 編集委員.
2000.04~2002.03, 日本機械学会 J. of Robotics and Mechatronics, 国際, 編集委員.
1995.04~1997.03, 日本ロボット学会論文誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度 10  10  20  10  50 
2016年度 10  10  20  10  50 
2015年度 10  10  20  10  50 
2014年度 10  10  20  10  50 
2013年度 10  10  20  10  50 
2012年度 10  10  20  10  50 
2011年度 10  10  20  10  50 
2010年度 10  10  20  10  50 
2009年度 10  10  20  10  50 
2008年度 10  10  20  10  50 
2007年度 10  10  20  10  50 
2006年度 20  10  40 
2005年度 10  10  30  10  60 
2004年度 20  30 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
スタンフォード大学, UnitedStatesofAmerica, 2000.07~2000.09.
外国人研究者等の受入れ状況
2018.05~2018.06, 2週間以上1ヶ月未満, Technical University of Cartagena, Spain, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.03~2015.04, 2週間以上1ヶ月未満, Lincoln University, UnitedKingdom, 学内資金.
2010.02~2010.05, 1ヶ月以上, Osnabrueck University, Germany, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2008.06~2008.09, 1ヶ月以上, ENSEIRB, France, 学内資金.
2008.06~2008.09, 1ヶ月以上, ENSEIRB, France, 学内資金.
2008.04~2008.07, 1ヶ月以上, Ecole Polytechnique, France, 学内資金.
2007.06~2007.10, 1ヶ月以上, Supelec, France, 学内資金.
受賞
日本機械学会 フェロー, 日本機械学会, 2018.02.
計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 学術業績賞, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門, 2017.12.
日本ロボット学会 フェロー, 日本ロボット学会, 2016.09.
2015年度 計測自動制御学会 SI部門研究奨励賞, 計測自動制御学会SI部門, 2015.12.
第13回計測自動制御学会SI部門講演会 SI2014 優秀講演賞, 計測自動制御学会SI部門, 2014.12.
第4回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム優秀論文賞 , 2014.11.
Best Paper in the Machine Vision Workshop, Fifth International Conference on Emerging Security Technologies, 2014.10.
第28回日本ロボット学会論文賞, 日本ロボット学会, 2014.09.
第14回建設ロボットシンポジウム優秀論文賞, 2014.08.
第31回SICE九州支部学術講演会支部奨励賞, 計測自動制御学会九州支部学術講演会支部, 2012.12.
日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門学術業績賞, 日本機械学会, 2012.05.
第16回ロボティクスシンポジア優秀論文賞, 第16回ロボティクスシンポジア実行委員会, 2011.03.
T. J. Tarn Best Paper in Robotics, IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO2010), 2010.12.
Best Oral Presentation Award, Int. Conf. on Emerging Security Technologies, 2010.09.
日本機械学会 ロボメック表彰, 日本機械学会, 2009.05.
日本ロボット学会 功労賞, 日本ロボット学会, 2008.09.
SI2006優秀講演賞, 計測自動制御学会, 2006.12.
SI2005ベストセッション講演賞, 計測自動制御学会, 2005.12.
日本ロボット学会論文賞, 日本ロボット学会, 1993.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, Previewed Reality -未来の可視化システムの構築-.
2014年度~2017年度, 基盤研究(A), 代表, 高密度レーザスキャナを搭載した群ロボットによるジオメトリビッグデータの取得と活用.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 知能化空間とウェアラブルセンサによる第4人称センシング.
2012年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 2次元リフレクタンス画像を用いたロボット用地図構築のための3次元形状識別.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, 多次元環境地図の自動構築を行う群移動ロボットシステムの開発.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 人間・ロボット共生環境における日用小物品の情報構造化.
2007年度~2009年度, 基盤研究(B), 代表, 5感センサネットワークによる被災建造物内RTシステムの開発.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, ロボット群と環境固定センサ群の相互支援による人間・ロボット共生環境の情報構造化.
2005年度~2008年度, 基盤研究(A), 分担, 超低侵襲消化器癌治療を実現する内視鏡ロボットシステムの開発.
2004年度~2005年度, 若手研究(B), 代表, 複数物体同時計測が可能なモーションキャプチャシステムの構築と民族神楽の計測と保存.
1998年度~1999年度, 奨励研究(A), 代表, 群ロボットによる協調的位置同定技術のための屋外実証システムの構築.
1996年度~1996年度, 奨励研究(A), 代表, 協調的位置同定を行なう群ロボットシステムの開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2022年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 分担, 「優しい介護」インタラクションの計算的・脳科学的解明.
2017年度~2019年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 分担, 3D画像認識AIによる革新的癌診断支援システムの構築.
2013年度~2021年度, 文部科学省 革新的イノベーション創成プログラム(COI STREAM), 分担, 共進化社会システム創成拠点:ヒト/モノ・エネルギー・ 情報のモビリティによる多様で持続的な社会の構築 .
2012年度~2015年度, 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE), 分担, 監視におけるプライバシー問題の根本的解決と病院内実証実験 .
2010年度~2010年度, JST研究成果最適展開支援事業フィージビリティスタディステージ探索タイプ, 代表, レーザ搭載群ロボットによるトンネル出来型管理システム.
2009年度~2010年度, 国土交通省 平成21,22年度建設技術研究開発助成制度, 分担, 構造物現況形状データと設計データを用いた品質確保と施工支援に関する技術の開発 .
2008年度~2008年度, JSTシーズ発掘試験, 代表, ロボット群による大規模建造物の自動レーザ計測システムの開発.
2007年度~2012年度, 経済産業省 次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト, 分担, 施設内生活支援ロボット知能の研究開発.
2007年度~2010年度, NEDO インテリジェント手術機器研究開発プロジェクト, 分担, 診断と治療が一体化した消化器用内視鏡手術支援機器の開発.
2006年度~2008年度, NEDO 戦略的先端ロボット要素技術開発プロジェクト, 分担, マニピュレータを有する高機能クローラユニットの研究開発.
2006年度~2006年度, 財団法人 福岡県産業・科学技術振興財団 平成18年度産学官共同研究開発事業, 代表, 普及型X線レントゲン装置による詳細な大腿骨3次元形状の推定技術.
2005年度~2007年度, 科学技術振興調整費 (文部科学省), 分担, ロボットタウンの実証的研究.
2003年度~2005年度, 総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度, 分担, 実体に基づいたプロアクティブ・ヒューマンインターフェイスに関する研究開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2017.04~2018.03, 代表, トランスミッションの先読み制御に生かせる、路面識別技術に関する研究.
2017.04~2018.03, 代表, 自己位置推定技術の研究.
2017.04~2018.03, 代表, ロボット及びその管制システムの社会実装における課題と解決策.
2016.04~2017.03, 代表, トランスミッションの先読み制御に生かせる、路面識別技術に関する研究.
2016.04~2017.03, 代表, 自己位置推定技術の研究.
2015.04~2016.03, 代表, 機械周囲の環境認識に関する共同研究.
2015.04~2016.03, 代表, 自己位置推定技術の研究.
2013.04~2016.03, 代表, サービスロボットの知能化技術に関する共同研究.
2012.04~2014.03, 代表, 環境計測装置の開発.
2011.04~2013.03, 代表, 医用画像応用.
2011.04~2012.03, 代表, 粒子フィルタの研究.
2011.10~2012.03, 代表, 環境計測装置の開発.
2010.03~2011.03, 代表, 粒子フィルタ法の研究.
2010.04~2011.03, 代表, 平成22年度学術動向等に関する調査研究.
2009.09~2010.03, 代表, 平成21年度学術動向等に関する調査研究.
2009.08~2011.03, 代表, 三次元形状計測技術に関する共同研究(リアルタイム照合システムの開発).
寄附金の受入状況
2017年度, 富士通(株), 学術研究助成.
2016年度, 富士通(株), 学術研究助成.
2016年度, 株)ビュープラス, 学術研究助成.
2015年度, 富士通(株), 学術研究助成.
2010年度, 西部造園(株), 情報知能工学部門における学術研究助成.
2010年度, (株)セック, 情報知能工学部門における学術研究助成.
2009年度, (株)富士通研究所, 知能システム学部門における学術研究助成.
2008年度, (株)富士通研究所, 知能システム学部門における学術研究助成.
2008年度, (株)セック, 知能システム学部門における学術研究助成.
2007年度, (株)富士通研究所, 知能システム学部門における学術研究助成.
2005年度, (株)ビュープラス, 知能システム学部門における学術研究助成.
2003年度, メカトロニクス技術高度化財団, 技術交流助成.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」