九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
藤田 博(ふじた ひろし) データ更新日:2019.05.23

准教授 /  システム情報科学研究院 情報学部門 知能科学


主な研究テーマ
SATソルバーを用いた大規模組合せ問題の解法に関する研究
キーワード:SATソルバー,組合せ問題,Ramsey数
2009.04.
自動推論システムの開発と応用に関する研究
キーワード:自動推論,SATソルバー,形式的検証
1997.04.
細粒度マルチスレッド処理のための言語処理系に関する研究
キーワード:マルチスレッド,並列処理,言語処理
2005.04~2013.03.
リコンフィギャラブルハードウェアに基づく知的処理システムに関する研究
キーワード:リコンフィギャラブルハードウェア,知的処理
2002.04~2013.03.
並列・分散知識処理に関する研究
キーワード:並列処理,分散処理,知識処理
1996.04~2013.03.
研究業績
主要原著論文
1. HIROSHI FUJITA, RYUZO HASEGAWA, Miyuki Koshimura, SCSat: A Soft Constraint Guided SAT Solver, Proceedings of 16th International Conference on Theory and Applications of Satisfiability Testing (SAT 2013), 10.1007/978-3-642-39071-5_32, 415-421, 2013.07.
2. HIROSHI FUJITA, A New Lower Bound for the Ramsey Number R(4, 8), arXiv, CoRR abs/1212.1328, 2012.11.
3. Xiaojuan Liao, Miyuki Koshimura, HIROSHI FUJITA, RYUZO HASEGAWA, Solving the Coalition Structure Generation Problem with MaxSAT, Proceedings of 24th International Conference on Tools with Artificial Intelligence, 910-915, 2012.11.
4. Xue-Feng Zhang, Miyuki Koshimura, HIROSHI FUJITA, RYUZO HASEGAWA, Hybrid Particle Swarm Optimization and Convergence Analysis for Scheduling Problems, Evolutionary Computation and Multi-Agent Systems and Simulation (ECoMASS) Workshop, 307-314, 2012.07.
5. Miyuki Koshimura, HIROSHI FUJITA, RYUZO HASEGAWA, Noriaki Chikara, Rule Extraction from Micro-Blog using Inductive Logic Programming, 2, 257-260, 2012.05.
6. Yuichi Takiguchi, Koji Kurakado, Tetsuya Oishi, Miyuki Koshimura, Hiroshi Fujita, and Ryuzo Hasegawa, Evaluating Reranking Methods based on Link Co-occurence and Category in Wikipedia, Proceedings of 4th International Conference on Agents and Artificial Intelligence, 1, 277-282, 2012.02.
7. Miyuki Koshimura, Tong Zhang, Hiroshi Fujita, and Ryuzo Hasegawa, QMaxSAT: A Partial Max-SAT Solver, Journal on Satisfiability, Boolean Modeling and Computation, 8, 95-100, 2012.01.
8. 力 規晃,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, 推薦理由を考慮した情報推薦システム, システム情報科学紀要, 16, 2, 13-19, 2011.09.
9. Xue-Feng Zhang, Xuanye An, Miyuki Koshimura, Hiroshi Fujita and Ryuzo Hasegawa, Hybrid Particle Swarm Optimization with Parameter Selection Approaches to Solve Flow Shop Scheduling Problem, Proc. of 10th IEEE Internationa Conference on Cybernetic Intelligent Systems, 13-19, 2011.09.
10. Xue-Feng Zhang, Miyuki Koshimura, Hiroshi Fujita and Ryuzo Hasegawa, Combining PSO and Local Search to Solve Scheduling Problems, Proc. of 10th Annual Conference Companion on Genetic and Evolutionary Computation (GECCO'11), 347-357, 2011.07.
11. Xuanye An, Miyuki Koshimura, Hiroshi Fujita and Ryuzo Hasegawa, QMaxSAT version 0.3 & 0.4, FTP 2011, TABLEAUX 2011 Workshops, Tutorials, and Short Papers, 7-15, 2011.07.
12. Xue-Feng Zhang, Miyuki Koshimura, Hiroshi Fujita and Ryuzo Hasegawa, An Efficient Hybrid Particle Swarm Optimization for the Job Shop Scheduling Problem, Proc. of 2011 IEEE International Conference on Fuzzy Systems (FUZZ-IEEE 2011), 622-626, 2011.06.
13. Wataru Shirakihara, Tetsuya Oishi, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, Miyuki Koshimura, TRENDSPOTTER DETECTION SYSTEM FOR TWITTER, Proc. of International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART) 2011, 1, 625-628, 2011.01.
14. Koji Kurakado, Tetsuya Oishi, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, Miyuki Koshimura, EVALUATING RERANKING METHODS USING WIKIPEDIA FEATURES, Proc. of International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART) 2011, 1, 376-381, 2011.01.
15. Xue-Feng Zhang, Bin Tong, Miyuki Koshimura, Hiroshi Fujita, and Ryuzo Hasegawa, A Multi-Layer Hybrid Particle Swarm Optimization Model for Flow Shop Scheduling Problem, Australian Journal of Intelligent Information Processing Systems, 12, 4, 1-6, 2010.11.
16. Noriaki Chikara, Miyuki Koshimura, Hiroshi Fujita, and Ryuzo Hasegawa, Rule Extraction from Blog Using Inductive Logic Programming, Proc. of International Workshop on Web Personalization and Recommender Systems, 269-272, 2010.08.
17. Kentaro Hori, Tetsuya Oishi, Tsunenori Mine, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, Miyuki Koshimura, Solving Open Job-Shop Scheduling Problems by SAT Encoding, IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems (Letter), E93-D, 8, 2316-2318, 2010.01.
18. Kentaro Hori, Tetsuya Oishi, Tsunenori Mine, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, Miyuki Koshimura, RELATEDWORD EXTRACTION FROM WIKIPEDIA FOR WEB RETRIEVAL ASSISTANCE, Proc. of International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART) 2010, 2, 192-199, 2010.01.
19. Tetsuya Oishi, Tsunenori Mine, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, and Miyuki Koshimura, Related Word Extraction Algorithm for Query Expansion - an Evaluation -, International Workshop on Agent-based Collaboration, Coordination, and Decision Support (ACCDS 2009), pp.41-56, 2009.12.
20. Miyuki Koshimura, Hidetomo Nabeshima, Hiroshi Fujita, and Ryuzo Hasegawa, Minimal Model Generation with respect to an Atom Set, Proc. of FTP 2009 Workshop, pp.49-59, 2009.07.
21. Satoshi Amamiya, Makoto Amamiya, Ryuzo Hasegawa, and Hiroshi Fujita, A Continuation-based Noninterruptible Multithreading Processor Architecture, The Journal of Supercomputing, Vol.47, No.2, pp.228-252, 2008.02.
22. 大石 哲也, 倉元 俊介, 峯恒憲, 長谷川 隆三, 藤田 博, 越村 三幸, 関連単語抽出アルゴリズムを用いたWeb検索クエリの生成, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J92-D,No.3, pp.281-292, 2009.03.
23. 長谷川 隆三, 藤田 博, 越村 三幸, モデル生成型定理証明と要素技術, コンピュータソフトウェア, Vol.25, No.3, 2008.07.
24. Satoshi Amamiya, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita and Makoto Amamiya, Fuce: A Continuation-based Non-Interruptible Multithreading Processor, WORKSHOP on UNIQUE CHIPS and SYSTEMS (UCAS-4), 2008.04.
25. Tetsuya Oishi, Shunsuke Kuramoto, Hiroto Nagata, Tsunenori Mine, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, and Miyuki Koshimura, User-Schedule-based Web Page Recommendation, The 2007 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence, pp.776-779, 2007.11.
26. Satoshi Amamiya, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, Miyuki Koshimura, Ryo Hirana, and Makoto Amamiya, A Language Design for Non-Interruptable Multithreading Environment Fuce, International Supercomputing Conference (ISC'07),, 2007.06.
27. Satoshi Amamiya, Hiroshi Fujita, Ryuzo Hasegawa, and Makoto Amamiya, Fuce Machine and its Programming System, Second Workshop on Software Tools for Multi-Core Systems(STMCS),, 2007.03.
28. 雨宮聡史,長谷川隆三,藤田博,越村三幸,雨宮真人, FUCE言語とその処理系について, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 第11巻,第1号,pp.23-30, 2006.03.
29. 長谷川隆三,藤田博,雨宮聡史,越村三幸,雨宮真人, FUCE上のストリーム処理とその記述言語, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 第11巻,第1号,pp.31-38, 2006.03.
30. 藤田博,長谷川隆三,越村三幸,木之下昇平,松田純一, FPGA上のSATソルバPCMGTPの改良について, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 第10巻,第1号,pp.21-26, 2005.03.
31. 梅永明寛,竹下日出男,久本学,長谷川隆三,藤田博,越村三幸, キーワード関連語提案システムの精度向上と関連語を観点としたWEBページ要約文抽出について, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 第10巻,第1号,pp.27-32, 2005.03.
32. 大石 哲也,長谷川 隆三,藤田 博,越村 三幸, WEB検索におけるキーワード関連語提案システム, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 第9巻, 第1号, 2004.03.
33. 藤田 博,河野 真史,長谷川 隆三, 定理証明系PCMGTPのFPGA上の実装について, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 第9巻, 第1号, 2004.03.
34. 清水 純一,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, 一般化補題を利用したモデル生成法, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 第8巻, 第1号, 2003.03.
35. Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, Miyuki Koshimura, and Yasuyuki Shirai, A Model Generation Based Theorem Prover MGTP for First-Order Logic, Computational Logic: Logic Programming and Beyond, 2408, 178-213, LNAI 2408, pp.178-213, 2002.08.
36. 松下 慎,長谷川 隆三,藤田 博,越村 三幸, 畳込みと分岐補題を統合したモデル生成, 九州大学大学院システム情報科学紀要, 第7巻,第1号,pp.23-28, 2002.03.
37. 新田 克己,柴崎 真人,安村 禎明,長谷川 隆三,藤田 博,越村 三幸,井上 克已,白井 康之,小松 弘, ダイアグラムに基づく法的論争支援システム, 人工知能学会論文誌, 第17巻,第1号,pp.32-43, 2002.01.
38. Miyuki Koshimura, Hiroshi Fujita and Ryuzo Hasegawa, Model Generation with Boolean Constraints, Proc. of 8th International Conference, LPAR 2001, Lecture Notes in Artificial Intelligence 2250, pp.299-308, 2001.12.
39. 長谷川 隆三,藤田 博,越村 三幸, タブロー法とモデル生成型定理証明, 人工知能学会誌, Vol.16, No.5, pp.661-667, 2001.09.
40. 長谷川 隆三,藤田 博,越村 三幸, 分岐補題の抽出による極小モデル生成の効率化, 人工知能学会論文誌, pp.234-245, 2001.03.
41. Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita and Miyuki Koshimura, Efficient Minimal Model Generation Using Branching Lemmas, Proc. of 17th International Conference on Automated Deduction, 1831, 184-199, Lecture Notes in Artificial Intelligence 1831, pp.184-199, 2000.06.
42. 長谷川 隆三,藤田 博, Javaによるモデル生成型定理証明系MGTPの開発, 情報処理学会論文誌, 第41巻, 第6号, 2000.06.
43. 長谷川 隆三,藤田 博,越村 三幸, 分岐補題の導入による極小モデルの効率的生成法, 九州大学大学院システム情報科学研究科報告, Vol.4, No.2, 1999.09.
44. K. Takahashi and H. Fujita, A verification method for systolic arrays using induction-based theorem provers, Artificial Intelligence in Engineering, 10.1016/S0954-1810(98)00010-7, 13, 1, 43-53, Vol.13, pp.43-53, 1999.01.
45. 長谷川 隆三,藤田 博, 制約問題を解くためのモデル生成型定理証明系の新実装法, 九州大学大学院システム情報科学研究科報告, Vol.4, No.1, 1999.03.
46. 高橋 和子,藤田 博, 帰納法に基づく定理証明器によるシストリックアレイの検証, 情報処理学会論文誌, 第39巻,第7号, 1998.07.
47. 藤田 博,長谷川 隆三, Java言語によるモデル生成型定理証明系MGTPの実装, 九州大学大学院システム情報科学研究科報告, Vol.3, No.1, 1998.03.
48. K. Takahashi and H. Fujita, TPF: An Effective Method for Verifying Synchronous Circuits with Induction-Based Provers, IEICE Trans. Inf. & Syst., Vol.E81-D, No.1, 1998.01.
49. 長谷川 隆三,藤田 博,中田 健浩,力 規晃, 並列プログラムのN逐次実行方式とMGTPへの適用, 九州大学大学院システム情報科学研究科報告, Vol.2, No.2, pp.241-246, 1997.09.
50. Miyuki Koshimura, Takashi Matsumoto, Hiroshi Fujita and Ryuzo Hasegawa, A Method to Eliminate Redundant Case-Splittings in MGTP, IJCAI-97 Workshop on Model Based Automated Reasonging, pp.73-84, 1997.08.
51. Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita and Miyuki Koshimura, MGTP: A Model Generation Theorem Prover - Its Advanced Features and Applications -, Proc. Intl. Conf. Analytic Tableaux and Related Methods, 1227, 1-15, pp.1-15, 1997.05.
52. Hiroshi Fujita, Naoki Yagi, Tomonobu Ozaki and Koichi Furukawa, A New Design and Implementation of Progol by Bottom-up Computation, Proc. of the 6th Int. Workshop on Inductive Logic Programming, 1314, 163-174, pp.52-58, 1996.08.
53. 長谷川 隆三,藤田 博, MGTP: 並行論理型言語KL1によるモデル生成型定理証明系, 情報処理学会論文誌, Vol.37, No.1, pp.1-12, 1996.01.
54. K. Takahashi and H. Fujita, Time Parameterized Function Method: A New Method for Hardware Verification with the Boyer-Moore Theorem Prover, IFIP Conf. on Hardware Description Languages and Their Applications (CHDL'95), pp.545-552, 1995.07.
55. 長谷川 隆三,越村 三幸,藤田 博, ボトムアップ定理証明器の効率的アルゴリズムとその評価, 情報処理学会論文誌, 第36巻,第4号, pp.531-541, 1995.03.
56. R. Hasegawa, M. Koshimura and H. Fujita, Lazy Model Generation for Improving the Efficiency of Forward Reasoning Theorem Provers, IFIP TC12/WG12.3 International Workshop on Automated Reasoning (IWAR'92), IFIP Transactions, A-19, Automated Reasoning, pp.221-238, 1992.07.
57. R. Hasegawa, M. Koshimura and H. Fujita, MGTP: A Parallel Theorem Prover Based on Lazy Model Generation, 11th Int. Conf. on Automated Deduction (CADE-11), Lecture Notes in Artificial Intelligence 607, pp.776-780, 1992.06.
58. M. Fujita, R. Hasegawa, M. Koshimura and H. Fujita, Model Generation Theorem Provers on a Parallel Inference Machine, Int. Conf. on Fifth Generation Computer Systems (FGCS'92), 1992.06.
59. H. Fujita and R. Hasegawa, A Model Generation Theorem Prover in KL1 Using a Ramified-Stack Algorithm, Logic Programming: Proc. of the Eighth Int. Conf., pp.535-548, 1991.06.
60. R. Hasegawa,H. Fujita and M. Fujita, A Parallel Theorem Prover in KL1 and Its Application to Program Synthesis, Italy-Japan-Sweden Workshop '90, pp.1-19, 1990.08.
61. K. Furukawa, H. Fujita and T. Shintani, Deriving an Efficient Production System by Partial Evaluation, Logic Programming: Proc. of the North American Conf., pp.661-674, 1989.10.
62. 藤田 博, 論理型プログラムの部分計算, Proc. of the Logic Programming Conf. '89, 1989.07.
63. H. Fujita, A. Okumura and K. Furukawa, Partial Evaluation of GHC Programs Based on The UR-set with Constraints, Logic Programming: Proc. of the Fifth Int. Conf. and Symp., pp.924-941, 1988.08.
64. H. Fujita and K. Furukawa, A Self-Applicable Partial Evaluator and Its Use in Incremental Compilation, New Generation Computing, Vol.6, Nos.2,3, pp.91-118, 1988.06.
65. T. Kanamori, H. Fujita, H. Seki, K. Horiuchi and M. Maeji, ARGOS/V: A System for Verification of Prolog Programs, Proc. of Fall Joint Computer Conf., pp.994-999, 1986.11.
66. K. Seo and H. Fujita, VLSI Design Using Layout-Pattern Extrapolation, IEEE Int. Conf. on Computer Design: VLSI in Computers (ICCD'84), pp.826-830, 1984.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 越村 三幸, 藤田 博, MaxSAT: SATの最適化問題への拡張 -MaxSATソルバーの活用法, 情報処理, No.8,pp.730-733, 2016.08.
2. 藤田 博, 越村 三幸, SATとラムゼー数 ~数学の未解決問題への挑戦~, 情報処理, No.8,pp.716-719, 2016.08.
3. 長谷川隆三,藤田博,越村三幸, モデル列挙とモデル計数, 人工知能学会誌, Vol.25,No.1,pp.96-104, 2010.01.
主要学会発表等
1. 満尾 成亮,安部 竜太,橋下 司,越村 三幸,藤田 博, 機械学習を用いた電流データに基づく異常判定システム, 電子情報通信学会 2018年総合大会, 2018.03.
2. 上村 直輝, 越村 三幸, 藤田 博, 査 澳龍, 混合基数を用いた擬似ブール制約のSAT符号化, 人工知能学会 第103回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 2017.03.
3. 査 澳龍, 越村 三幸, 藤田 博, Introducing Pure Literal Elimination into CDCL Algorithm, 人工知能学会 第99回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 2016.01.
4. Noriaki Chikara, Miyuki Koshimura, HIROSHI FUJITA, Ryuzo Hasegawa, Inductive Logic Programming Using a MaxSAT Solver, 25th International Conference on Inductive Logic Programming, 2015.08.
5. 藤田 博, SCSat3によるラムゼーグラフ探索について, 人工知能学会 第29回全国大会 (JSAI2015), 2015.05.
6. 力 規晃, 越村 三幸, 藤田 博, 長谷川 隆三, MaxSATソルバを用いた帰納論理プログラミング, 人工知能学会 第97回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 2015.03.
7. 力 規晃, 越村 三幸, 藤田 博, 長谷川 隆三, 西田 光生, 阿部 幸浩, 帰納論理プログラミングを用いた化学実験支援, 人工知能学会 第94回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI), 2014.07.
8. 早田 翔, 安本 猛, 越村 三幸, 藤田 博, 長谷川 隆三, 高速SATソルバーZENN及びその高速化手法, 2014年度 人工知能学会全国大会(第28回), 2014.05.
9. Xiaojuan Liao, Hui Zhang, Miyuki Koshimura, HIROSHI FUJITA, RYUZO HASEGAWA, Using MaxSAT to Correct Errors in AES Key Schedule Images, IEEE 25th International Conference on Tools with Artificial Intelligence(ICTAI 2013), 2013.11.
10. Toru Ogawa, YangYang Liu, RYUZO HASEGAWA, Miyuki Koshimura, HIROSHI FUJITA, Modulo Based CNF Encoding of Cardinality Constraints and Its Application to MaxSAT Solvers, IEEE 25th International Conference on Tools with Artificial Intelligence(ICTAI 2013), 2013.11.
11. 藤田 博, SCSat: A Soft Constraint Guided SAT Solver, 論理と推論の理論, 実装, 応用に関する合同セミナー, 2013.07.
12. Xiaojuan Liao, 越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, Using MaxSAT to Correct Errors in AES Key Schedule Images, 第3回CSPSAT2研究会, 2013.07.
13. HIROSHI FUJITA, Miyuki Koshimura, RYUZO HASEGAWA, SCSat: A Soft Constraint Guided SAT Solver, 16th International Conference on Theory and Applications of Satisfiability Testing (SAT 2013), 2013.07.
14. 力 規晃,越村 三幸,西田 光生,阿部 幸浩,藤田 博,長谷川 隆三, MaxSATソルバ用いた高分子の組成と物性との関係に関する考察, 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回), 2013.06.
15. 早田 翔,長谷川 隆三,藤田 博,越村 三幸, SATソルバーの学習節を考慮した新高速化法, 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回), 2013.06.
16. 藤田 博, SCSatを用いたラムゼー数の下界更新について, 2013年度 人工知能学会全国大会(第27回), 2013.06.
17. Chen Wei, Miyuki Koshimura, Hiroshi Fujita, and Ryuzo Hasegawa, Feature and Sentiment Based Opinion Mining and Summarizing on Twitter, 第105回IFAT・第205回NL合同研究発表会, 研究報告情報処理とアクセス技術(IFAT), 2013.02.
18. 藤田 博, SCSatを用いたラムゼー数の下界更新について, 第2回CSPSAT2研究会, 2013.03.
19. 廖 暁鵑, 越村 三幸, 藤田 博, 長谷川 隆三, MaxSATの一拡張について, 第11回情報科学技術フォーラム(FIT 2012), 2012.09.
20. 越村 三幸, 力 規晃, 橋本 司, 西田 光生, 阿部 幸浩, 藤田 博, 長谷川 隆三, 帰納論理プログラミングを用いた高分子の組成と物性との関係に関する考察, 第11回情報科学技術フォーラム (FIT2012) , 2012.09.
21. 白木原 渉,大石 哲也,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, 時間的距離に注目したTwitterからの関連単語抽出, 第105回IFAT・第205回NL合同研究発表会,研究報告情報処理とアクセス技術(IFAT), 2012.01.
22. 奥川 巧, 安本 猛, 越村 三幸, 藤田 博, 長谷川 隆三, SATソルバの学習節に対する新しい評価手法の提案, 2012年度 人工知能学会全国大会(第26回), 2012.06.
23. 越村 三幸,安 宣烨,藤田 博,長谷川 隆三, QMaxSAT: 部分MaxSATソルバーの簡便な一実装, 日本ソフトウェア科学会第28回大会, 2011.09.
24. 明石 裕子,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, UNIXのFORK機能に基づくSATソルバーの並列化, 日本ソフトウェア科学会第28回大会, 2011.09.
25. 力 規晃,越村 三幸,橋本 司,山下 全広,藤田 博,長谷川 隆三, 帰納論理プログラミングを用いた化学反応からのルール抽出, 第10回情報科学技術フォーラム (FIT2011) , 2011.09.
26. 力 規晃,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, 帰納論理プログラミングを用いた棋譜からのルール抽出, 情報処理学会研究会報告(ゲーム情報学GI), 2011.07.
27. 越村 三幸,安 宣烨,藤田 博,長谷川 隆三, QMaxSAT: Q-dai MaxSAT ソルバー, 2011年度 人工知能学会全国大会(第25回), 2011.06.
28. 黒木 陽介,倉門 浩二,大石 哲也,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, Twitter発言の時系列解析に基づくハッシュタグの内容説明, 情報処理学会 第73回全国大会, 2011.03.
29. 奥川 巧,倉門 浩二,大石 哲也,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, Twitterのリスト機能を用いたユーザの特徴抽出, 情報処理学会 第73回全国大会, 2011.03.
30. 瀧口 裕一,倉門 浩二,大石 哲也,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, Wikipediaの時系列アクセス数に着目した関連度算出, 情報処理学会 第73回全国大会, 2011.03.
31. 越村 三幸,張 彤,藤田 博,長谷川 隆三, Partial Max-SAT ソルバー QMaxSATの評価, 人工知能基本問題研究会(第81回), 2011.01.
32. Wataru Shirakihara, Tetsuya Oishi, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, Miyuki Koshimura, DETECTION SYSTEM FOR TWITTER, International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART) 2011, 2011.01.
33. Koji Kurakado, Tetsuya Oishi, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, Miyuki Koshimura, EVALUATING RERANKING METHODS USING WIKIPEDIA FEATURES, International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART) 2011, 2011.01.
34. Xue-Feng Zhang, Bin Tong, Miyuki Koshimura, Hiroshi Fujita, and Ryuzo Hasegawa, A Multi-Layer Hybrid Particle Swarm Optimization Model for Flow Shop Scheduling Problem, 17th International Conference on Neural Information Processing (ICONIP 2010), 2010.11.
35. 田代 祐一,大石 哲也,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, ソーシャルブックマークにおける有用なユーザの発見, 情報処理学会 第151データベースシステム研究発表会, 2010.11.
36. 大石 哲也,橋本 司,長谷川 隆三,藤田 博,越村 三幸, データ解析における並列分散処理基盤Hadoopの利用, 第9回情報科学技術フォーラム講演論文集, FIT2010, 2010.09.
37. 張 彤,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, 基数制約を用いたMax-SATソルバーの試作, 第9回情報科学技術フォーラム講演論文集, FIT2010, 2010.09.
38. 力 規晃,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, BOINCによるSATソルバーの並列実行, 第9回情報科学技術フォーラム講演論文集, FIT2010, 2010.09.
39. 力 規晃,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, 帰納学習を用いたブログからのルール抽出, 平成22年 電気学会 電子・情報・システム部門大会, 2010.09.
40. Noriaki Chikara, Miyuki Koshimura, Hiroshi Fujita, and Ryuzo Hasegawa, Rule Extraction from Blog Using Inductive Logic Programming, 2010 IEEE/WIC/ACM International Joint Conference on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology Workshops, 2010.08.
41. 倉門 浩二,大石 哲也,長谷川 隆三,藤田 博,越村 三幸, Wikipediaのリンク共起とカテゴリに基づくリランキング手法, 第150回 データベースシステム・第99回 情報基礎とアクセス技術 合同研究発表会, 2010.08.
42. 白木原 渉,大石 哲也,越村 三幸,藤田 博,長谷川 隆三, Twitter上の流行語先取り発言者検出システムの開発, 第150回 データベースシステム・第99回 情報基礎とアクセス技術 合同研究発表会, 2010.08.
43. 中村 徹,矢野 明浩,長谷川 隆三,藤田 博,越村 三幸, モデル生成型SATソルバーMiniMGの性能評価, 人工知能基本問題研究会(第78回), 2010.07.
44. 白木原渉,倉門浩二,大石哲也,越村三幸,藤田博,長谷川隆三, Twitterの流行語発言者の抽出に基づくフォロワー推薦システムの開発, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会, 2010.03.
45. 伊美裕司,神原義明,大石哲也,越村三幸,藤田博,長谷川隆三, ODPを利用した個人化検索システムの比較と効率化, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会, 2010.03.
46. 関屋翔,堀憲太郎,大石哲也,長谷川隆三,藤田博,越村三幸, 動詞の提示による動的な検索支援システム, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会, 2010.03.
47. 矢野明浩,越村三幸,藤田 博,長谷川隆三, モデル生成によるSATソルバの並列化, 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会, 2010.03.
48. 力規晃,越村三幸,藤田博,長谷川隆三, 帰納論理プログラミングを用いたブログからのルール抽出, 人工知能学会研究会資料(知識ベースシステム研究会(第87回)), 2010.01.
49. Kentaro Hori, Tetsuya Oishi, Tsunenori Mine, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, Miyuki Koshimura, RELATEDWORD EXTRACTION FROM WIKIPEDIA FOR WEB RETRIEVAL ASSISTANCE, International Conference on Agents and Artificial Intelligence (ICAART) 2010, 2010.01.
50. Tetsuya Oishi, Tunenori Mine, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, and Miyuki Koshimura, Related Word Extraction Algorithm for Query Expansion - an Evaluation - , Proc. of International Workshop on Agent-based Collaboration, International Workshop on Agent-based Collaboration, Coordination, and Decision Support (ACCDS 2009), 2009.12.
51. Hiroshi Fujita, Hasegawa Ryuzo, Miyuki Koshimura, Solving Hard Combinatorial Problems with SAT Solvers, Dagstuhl Seminar 09461 Algorithms and Applications for Next Generation SAT Solvers, 2009.11.
52. 越村三幸,鍋島英知,藤田博,長谷川隆三, SAT変換による未解決ジョブショップスケジューリング問題への挑戦, スケジューリング・シンポジウム2009, 2009.09.
53. 藤田博, ラムゼー数探索, 第4回CSPSAT研究会, 2009.07.
54. Miyuki Koshimura, Hidetomo Nabeshima, Hiroshi Fujita, and Ryuzo Hasegawa, Minimal Model Generation with respect to an Atom Set, FTP 2009 Workshop, 2009.07.
55. 田代祐一,越村三幸,藤田博,長谷川隆三, 帰納論理プログラミングを用いたWebページ評価ルールの抽出とその評価, 電子情報通信学会 研究会〔人工知能と知識処理〕, 2009.05.
56. Tetsuya Oishi, Yoshiaki Kambara, Tsunenori Mine, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita, and Miyuki Koshimura., Personalized Search using ODP-based User Profiles Created from User Bookmark, Pacific Rim Int'l Conf. on Artificial Intelligence (PRICAI 2008), 2008.12.
57. Tetsuya Oishi, Shunsuke Kuramoto, Tsunenori Mine, Ryuzo Hasegawa Hiroshi Fujita, and Miyuki Koshimura, A Method for Query Expansion Using the Related Word Extraction Algorithm, Int'l Workshop on Web Information Retrieval Support Systems (WIRSS), 2008.12.
58. 大石哲也,峯恒憲,長谷川隆三,藤田博,越村三幸, 関連単語抽出アルゴリズムを用いたクエリ拡張, 同エージェントワークショップ&シンポジウム2008, JAWS2008 , 2008.10.
59. 越村三幸,鍋島英知,藤田博,長谷川隆三, 極小モデル生成とジョブショップスケジューリング問題の解法, 本ソフトウェア科学会 第25回大会, 2008.09.
60. 鹿田憲秀,長谷川隆三,藤田博,越村三幸, モデル生成法を用いた極小モデル生成, 第7回情報科学技術フォーラム , 2008.09.
61. 藤田博, Ramsey問題に挑戦, 第1回CSPSAT研究会, 2008.08.
62. Satoshi Amamiya, Ryuzo Hasegawa, Hiroshi Fujita and Makoto Amamiya, Fuce: A Continuation-based Non-Interruptible Multithreading Processor, 2008.04.
63. 藤田博, FPGAを利用したSATソルバの試作, NII共同研究(分散SAT)第3回ミーティング, 2007.03.
64. 中園浩司,松崎隆哲,越村三幸,藤田博,長谷川隆三, ハードウェアによるN-Queens問題の解決, FIT2006(第5回情報科学技術フォーラム), 2006.09.
65. 松田純一,藤田博,越村三幸,長谷川隆三, FPGA上の定理証明系PCMGTPへの前処理の導入とその評価, 情報処理学会九州支部 火の国情報シンポジウム2006, 2006.03.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 長谷川 隆三,藤田 博, MGTP in Java, 2000.06
モデル生成型定理証明系MGTPのJavaによる実装.
2. 藤田 博, BMTP in Prolog, 1983.07
Boyer-Moore Theorem Prover のPrologによる実装.
学会活動
所属学会名
情報処理学会
電子情報通信学会
日本ソフトウェア科学会
人工知能学会
ACM
IEEE Computer Society
学協会役員等への就任
2000.04~2002.03, 情報処理学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2005.09.01~2005.09.30, 電気関係学会九州支部連合大会, 座長(Chairmanship).
2002.03.01~2002.03.31, 情報処理学会九州支部, 座長(Chairmanship).
2001.03.01~2001.03.31, 情報処理学会九州支部, 座長(Chairmanship).
2002.03.01~2002.03.31, Pan-Yellow-Sea International Workshop on Information Technologies for Network Era, Treasurer.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2003年度      
2002年度      
2001年度    
2000年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Leibniz-Zentrum fur Informatik, Germany, 2009.11~2009.11.
受賞
優秀論文賞, ICONIP 2010, 2010.11.
ISC Award 2007, International Supercomputing Conference, 2007.06.
情報処理学会研究賞, 情報処理学会, 1989.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, Ramsey数に関する計算科学的研究.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 代表, 大規模組合せ最適化問題のEPR解法に関する研究.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, 基数制約を用いたSATソルバーの拡張とその応用に関する研究.
2010年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 超高性能自動推論システムのための高抽象度機能素子に関する研究.
2009年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 大規模SAT問題解決のためのEPRプルーバーに関する研究.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 分担, 個別化Web検索支援システムの開発に関する研究.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 分担, 細粒度マルチスレッド処理原理による言語処理系および並列分散OS構成法の研究.
2008年度~2011年度, 基盤研究(A), 分担, 制約最適化問題のSAT変換による解法とその並列分散処理に関する研究.
2003年度~2005年度, 基盤研究(A), 分担, 細粒度マルチスレッド処理原理による並列分散処理カーネルウェアの研究.
2002年度~2004年度, 萌芽研究, 代表, 作動時に再構成可能な演算チップのためのソフトウェア開発技術に関する研究.
2002年度~2004年度, 基盤研究(C), 分担, プラスティック・セル・アーキテクチャの言語処理系に関する研究.
1997年度~1998年度, 国際学術研究, 分担, 超並列計算機のアーキテクチャと宣言型言語に関する研究.
1996年度~1998年度, 基盤研究(B), 分担, モデル生成型定理証明に基づく分散知識情報処理システムの構築.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2017.08~2018.03, 分担, 工場設備保全における軸受の異常判定システムへの人工知能の適用.
2011.04~2012.03, 分担, ケモインフォマティックスに関する研究開発.
2009.12~2012.03, 分担, 高性能SATソルバーによる制約最適化問題の解法とその並列処理に関する研究.
2010.05~2011.03, 分担, SATソルバおよびJAVAの化学分野への適用可能性に関する検討.
1997.10~1999.01, 分担, 定理証明技術を利用した高度論証支援システムの開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」