九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
内田 誠一(うちだ せいいち) データ更新日:2019.08.04

教授 /  システム情報科学研究院 情報知能工学部門 実世界ロボティクス


教育活動概要
工学部電気情報工学科,システム情報科学府,システム生命科学府の学生を指導している.また数理・データサイエンス教育研究センター長として,全学のデータサイエンス教育のデザインに貢献している.
担当授業科目
2019年度・春学期, 生命情報科学I.

2019年度・秋学期, 実データ解析技法.

2019年度・前期, パターン認識特論.

2019年度・春学期, データサイエンス概論第一.

2019年度・夏学期, データサイエンス演習第二.

2019年度・前期, 情報知能工学講究第二.

2019年度・春学期, 生命情報データ処理特論.

2018年度・前期, パターン認識.

2018年度・春学期, 生命情報データ処理特論.

2018年度・春学期, 生命情報科学I.

2018年度・前期, データサイエンス概論第一.

2018年度・前期, データサイエンス演習第二.

2018年度・前期, パターン認識特論.

2017年度・前期, パターン認識特論.

2017年度・前期, データサイエンス演習第二.

2017年度・前期, データサイエンス概論第一.

2017年度・春学期, 生命情報科学I.

2017年度・春学期, 生命情報データ処理特論.

2017年度・前期, パターン認識.

2016年度・後期, 生命情報データ処理特論.

2016年度・前期, 情報理論.

2016年度・前期, パターン認識.

2016年度・前期, 生命情報科学通論.

2016年度・前期, パターン認識特論.

2015年度・後期, 情報を科学する.

2015年度・前期, パターン認識特論.

2015年度・前期, 生命情報科学通論.

2015年度・前期, パターン認識.

2015年度・前期, 情報理論.

2015年度・後期, 生命情報データ処理特論.

2015年度・前期, バイオデータ処理基礎.

2014年度・前期, 生命情報科学通論.

2014年度・前期, パターン認識特論.

2014年度・後期, 情報科学の世界.

2014年度・前期, パターン認識.

2014年度・前期, 情報理論.

2014年度・後期, 生命情報データ処理特論.

2014年度・前期, バイオデータ処理基礎.

2013年度・前期, 生命情報科学通論.

2013年度・前期, パターン認識特論.

2013年度・前期, パターン認識.

2013年度・前期, 情報理論.

2013年度・後期, 生命情報データ処理特論.

2013年度・前期, バイオデータ処理基礎.

2012年度・前期, 生命情報科学通論.

2012年度・前期, パターン認識特論.

2012年度・前期, パターン認識.

2012年度・前期, 情報理論.

2012年度・後期, 生命情報データ処理特論.

2012年度・前期, バイオデータ処理基礎.

2011年度・前期, 生命情報科学通論.

2011年度・前期, パターン認識特論.

2011年度・前期, パターン認識.

2011年度・前期, 情報理論.

2011年度・後期, 生命情報データ処理特論.

2011年度・前期, バイオデータ処理基礎.

2010年度・前期, 生命情報科学通論.

2010年度・前期, パターン認識特論.

2010年度・前期, パターン認識.

2010年度・前期, 情報理論.

2010年度・後期, 生命情報データベース特論.

2010年度・前期, バイオデータベース基礎.

2009年度・前期, パターン認識特論.

2009年度・前期, パターン認識.

2009年度・前期, 情報理論.

2009年度・前期, バイオデータベース基礎.

2009年度・後期, 生命情報データベース特論.

2008年度・後期, 生命情報データベース特論.

2008年度・前期, バイオデータベース基礎.

2008年度・前期, 構造的パターン認識特論.

2008年度・前期, 情報理論.

2008年度・前期, パターン認識.

2007年度・後期, マルチメディア信号処理特論.

2007年度・前期, パターン認識.

2007年度・前期, 情報理論.

2007年度・前期, 電気情報工学実験I.

2006年度・後期, マルチメディア信号処理特論.

2006年度・前期, パターン認識.

2006年度・前期, 電気情報工学実験I.

2005年度・後期, マルチメディア信号処理特論.

2005年度・前期, 電気情報工学実験I.

2005年度・前期, パターン認識.

2004年度・後期, マルチメディア信号処理特論.

2004年度・後期, コンピュータシステムI.

2004年度・前期, 電気情報工学実験I.

2003年度・後期, マルチメディア信号処理特論.

2003年度・前期, 電気情報工学実験I.

2003年度・後期, コンピュータシステムI.

2002年度・前期, マルチメディア信号処理特論.

2002年度・前期, 電気情報工学実験I.

2001年度・前期, 電気情報工学実験I.

2000年度・前期, 電気情報工学実験I.

1999年度・前期, 電気情報工学実験I.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2016.03, 部局, 参加, 結果を出して定時で帰るチーム術~秘訣はワークライフバランス~.

2014.01, 部局, 参加, G30学士課程国際コース(工学部)の現状について.

2013.11, 部局, 参加, 三次元構築技法の現状と大学院教育.

2013.03, 部局, 参加, システム情報科学研究院・学府の自己点検・外部評価について.

2012.03, 全学, 参加, 第4回全学FD 心の危機の予防と連携~われわれ教職員にできること.

2011.01, 部局, 参加, システム生命科学府FD「授業資料の著作権とその対策ー特にWEB配信資料について」.

2010.10, 部局, 企画, システム生命科学府FD「アカデミックハラスメントについてー問題の共有と防止に向けてー」.

2009.10, 部局, 参加, システム生命科学府FD・SD研修(キャリア支援センターの3年間の活動状況について&バイオ産業,研究開発型企業において求められる人材).

2009.03, 部局, 参加, システム情報科学研究院平成20年度第2回FD.

2008.12, 部局, 参加, システム生命科学府FDセミナー「大学院教育GPについて」.

2008.03, 部局, 参加, 九州大学大学院システム情報科学府第7回FD.

2007.02, 部局, 参加, 九州大学大学院システム情報科学府第6回FD.

2006.02, 部局, 参加, 九州大学大学院システム情報科学府第5回FD.

2005.02, 部局, 参加, 九州大学大学院システム情報科学府第4回FD.

2003.04, 全学, 参加, 平成15年度 第1回 全学FD -- 新任教官の研修 --.

学生のクラス指導等
2007年度, 学部, SIII-15.

2006年度, 学部, SII-15.

2005年度, 学部, SI-15.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2019年度, 国立情報学研究所, 客員教員, 国内.

2018年度, 国立情報学研究所, 客員教員, 国内.

2017年度, 大学共同利用機関法人自然科学研究機構新分野創成センター, 客員教員, 国内.

2017年度, 大阪府立大学, 2010.10-, 客員教員, 国内.

2016年度, 大学共同利用機関法人自然科学研究機構新分野創成センター, 客員教員, 国内.

2016年度, 大阪府立大学, 2010.10-, 客員教員, 国内.

2015年度, 大学共同利用機関法人自然科学研究機構新分野創成センター, 客員教員, 国内.

2015年度, 大阪府立大学, 2010.10-, 客員教員, 国内.

2014年度, 大学共同利用機関法人自然科学研究機構新分野創成センター, 2014.3-, 客員教員, 国内.

2014年度, 大阪府立大学, 2010.10-, 客員教員, 国内.

2013年度, 大阪府立大学, 2010.10-, 客員教員, 国内.

2012年度, 大阪府立大学, 2010.10-, 客員教員, 国内.

2011年度, 大阪府立大学, 2010.10-, 客員教員, 国内.

2010年度, 大阪府立大学, 2010.10-, 客員教員, 国内.

2008年度, 専修大学 社会知性開発研究センター, 2008.4.1-2010.3.31, 客員教員, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2018.06, IAPR TC10/TC11 Summer School on Document Analysis: Traditional Approaches and New Trends, the University of La Rochelle (La Rochelle, France), International Association of Pattern Recognition (IAPR), TC-10 & TC-11, 30.

2015.06, International Document Image Processing Summer School 2015, Kefalonia, Greece, International Association of Pattern Recognition (IAPR), TC-10 & TC-11他, 50.

その他の特筆すべき教育実績
2019.06, 数理・データサイエンス教育研究センター センター長として,全学のデータサイエンス教育のデザインに寄与し,またその結果を全国的にも展開している..


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」