九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
庄山 正仁(しようやま まさひと) データ更新日:2016.07.08

教授 /  システム情報科学研究院 電気システム工学部門 エネルギー応用システム工学


大学院(学府)担当

システム情報科学府 電気電子工学専攻 エネルギー応用システム工学講座

学部担当

その他の教育研究施設名



電子メール
ホームページ
電話番号
092-802-3713
FAX番号
092-802-3703
取得学位
プッシュプルDC-DCコンバータにおける変圧器の励磁電流の影響に関する研究
専門分野
電子回路工学,パワーエレクトロニクス,スイッチング電源,EMC工学
活動概要
研究題目:
【1】グリーンエレクトロニクスに関する研究
【2】スイッチング電源のEMC(Electromagnetic Compatibility)に関する研究

具体的な研究項目:
 ○ 回路技術の研究:ソフトスイッチング,電源の高電力密度化と高効率化,
   LLC共振形コンバータ,双方向DC-DCコンバータ,新半導体デバイス(SiC,GaN等)の適用技術
 ○ 制御技術の研究:ディジタル制御,安定化技術,高速応答化技術,双方向電力制御
 ○ 応用システムの研究:再生可能エネルギーシステム,次世代直流給電システム,
   マルチレベル仮想導体による自動パワールーティング,パワーエレクトロニクスの
   プラグアンドプレイ,携帯電子機器用電源, LED照明用電源,電子機器のパワーマネジメント
 ○ 電源高調波の低減化技術,スイッチングノイズの低減化技術,ブリッジレスPFC回路
 ○ パワーエレクトロニクス回路における低ノイズ化トポロジー

 今日の社会では,電気エネルギーを活用することにより,便利で高度な生活を営むことができています。この流れは今後ますます進み,電力の需要もますます高まることが予想されます。一方,地球温暖化や化石燃料枯渇などの環境問題から,省エネルギー化と再生可能エネルギーの利用促進が強く求められています。我々の「グリーンエレクトロニクス回路研究室」は,省エネルギー化に貢献でき,環境にも優しい「スイッチング電源の回路とシステムの研究」を行うことにより,エコでクリーンな未来社会を創ることに貢献しています。
 我々は,「問題の本質を明らかにし,最良の解決策を実験で実証する」という姿勢で研究を進めています。研究を通して,回路動作解析,モデリング,数値解析・シミュレーション,試作・評価という,「プロのエンジニアになるための技術」が身につきます。また,産業界とも密接な関係を持ち,共同研究を積極的に進めています。更に,国内・海外の学会発表も積極的に奨励し,プレゼンテーション能力,および情報の収集・発信能力の開発にも力を入れています。

●九州大学工学部国際学術交流資金による訪問研究員として、アメリカ合衆国ケンタッキー大学に電磁両立性(EMC)技術に関する研究のため留学しました(平成10年8月−平成11年7月)

九大関連コンテンツ