九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
服部 励治(はつとり れいじ) データ更新日:2017.09.05



大学院(学府)担当



電子メール
ホームページ
取得学位
工学博士
専門分野
電子デバイス
活動概要
日本のフラットパネルディスプレイ(FPD)産業の更なる発展のために、新規FPDの研究・開発に取り組んでいる。現在、具体的に取り組んでいるFPD技術は「有機ELディスプレイ」と「酸化物TFT」であるが、この他にも無線電力伝送技術やタッチパネル技術などのディスプレイ周辺技術を含め、産業界では挑戦できない全く新しいテーマに積極的に取り組んでいる。また、大面積でフレキシブルなディスプレイを作る時に重要な技術となる有機エレクトロニクスの研究も行っている。我々が行っていることは、有望な有機材料をピックアップし、それらをパネル作製まで持っていくための素子/プロセス/回路の開発である。我々は材料・装置メーカーと共に、ディスプレイ産業にこれから参入しようとする初期段階から共同研究を行う。
1. 有機ELディスプレイに関する研究
2. 酸化物薄膜トランジスターに関する研究
3. タッチパネル技術に関する研究
4. 無線電力伝送技術に関する研究

九大関連コンテンツ