九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
都甲 潔(とこうきよし) データ更新日:2018.11.02



教育活動概要
 学部では3年前期に電子物性Ⅱを担当し,半導体や磁性体,機能性材料の基礎となる知識・ノウハウの教育に当たっている.特に,量子力学,統計力学という基礎から物質と光の相互作用という最先端に至る講義は他に類を見ないものと考えている(教科書「電子物性」(朝倉書店)).大学院では,バイオ電子材料/デバイス基礎特論を担当し,講義,ときにゼミ形式にて最先端の機能性材料に関する知識の導入を行っている.
 「研究業績」の欄で明記されているとおり,幾つかの教科書を執筆しているが,その中でも「ハイブリッド・レシピ」(飛鳥新社)は味覚センサを用いた新しい食の創造を紹介,「プリンに醤油でウニになる」(ソフトバンク クリエイティブ)は誰にでも分かる形で最新の味覚センサと匂いセンサの発展を紹介し,「感性バイオセンサ」(朝倉書店)ではこれまで不可能であった味を測るセンサの開発の詳細について編集執筆,「センサ工学」(培風館)では物理センサから化学センサ,バイオセンサと幅広くセンサについて紹介,また「自己組織化とは何か」(講談社ブルーバックス)は現有のデバイスに自己組織化能をもたせる試みについて最新の成果を共同執筆している.「感性の起源」(中央公論新社)は,哲学と工学の融合を意図した意欲的作品であり,これまでにも数多くの大学の入試問題として採用されている.
 またCambridge Univ. PressからBiomimetic Sensor Technologyを発刊,味覚センサの全世界普及に努める.
担当授業科目
2016年度・後期, 応用電子物性学特別講究.

2016年度・前期, 電気情報工学入門Ⅰ.

2016年度・後期, 電磁気学Ⅰ.

2016年度・前期, 電子物性Ⅱ.

2016年度・前期, バイオ電子工学特論(システム情報) 有機電子材料/デバイス特論(システム生命).

2012年度・前期, 電子物性Ⅱ.

2012年度・前期, バイオ電子工学特論(システム情報) 有機電子材料/デバイス特論(システム生命).

2011年度・前期, バイオ電子工学特論(システム情報) 有機電子材料/デバイス特論(システム生命).

2011年度・前期, 電子物性Ⅱ.

2010年度・前期, バイオ電子工学特論(システム情報) 有機電子材料/デバイス特論(システム生命).

2010年度・後期, 生命電子工学基礎(システム生命).

2010年度・後期, 電子物性I.

2010年度・前期, 電子物性Ⅱ.

2009年度・前期, 電子物性Ⅱ.

2009年度・後期, 電子物性I.

2009年度・後期, 生命電子工学基礎(システム生命).

2009年度・前期, バイオ電子工学特論(システム情報) 有機電子材料/デバイス特論(システム生命).

2008年度・前期, 電子物性Ⅱ.

2008年度・後期, 電子物性I.

2008年度・後期, 有機電子材料・デバイス基礎特論.

2008年度・前期, バイオ電子材料・デバイス基礎特論.

2007年度・前期, 電子物性Ⅱ.

2007年度・後期, 電子物性I.

2007年度・後期, 有機電子材料・デバイス基礎特論.

2007年度・前期, バイオ電子材料・デバイス基礎特論.

2006年度・後期, 有機電子材料・デバイス特論.

2006年度・後期, 電子物性I.

2006年度・前期, バイオ電子材料・デバイス基礎特論.

2006年度・前期, 電子物性Ⅱ.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2004.08, 全学, 参加.

学生課外活動指導等
2003年度, SSH スーパーサイエンスハイスクール, 講師.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2002年度, 熊本大学自然科学研究科, 後期 15時間, 集中講義, 国内.

その他の特筆すべき教育実績
1998.01, 放送大学:おいしさの科学.食品の味を測るこれまでの方法の紹介と今後の食文化を大きく変え る可能性を秘めた新兵器,味覚センサの紹介.
「実験科学の方法」 科学するとは? ものを測るとは? これまで「測る」という概念すらなかった味の世界を目で見る世界に変えた味覚センサ.
物質の科学と最先端,第11回 センサ技術と物質:センサ技術の 最先端を紹介.味覚センサが創る新しい世界.(NHK 2004年1学期より放映).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」