九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
出射 浩(いでい ひろし) データ更新日:2019.05.07



主な研究テーマ
大電力ミリ波を用いたプラズマ電流立ち上げ・維持
キーワード:ジャイロトロン、プラズマ電流立ち上げ
2014.04.
高速ミリ波伝送路切替スイッチシステムの開発
キーワード:FADIS, NTM
2012.04.
大電力ミリ波伝送路における伝搬モード解析・測定器開発
キーワード:円形コルゲート導波管
2009.04.
高純度HE11モード発生器の開発
キーワード:円形コルゲート導波管
2009.04.
QUEST 装置での電子バーンシュタイン波加熱・電流駆動実験
キーワード:電子バーンシュタイン波, QUEST, RF 加熱, 電流駆動
2008.04.
QUEST 装置における電子バーンシュタイン波輻射計測
キーワード:QUEST, 電子バーンシュタイン波, ラジオメータ
2008.04.
QUEST装置における反射計による密度分布・揺動計測
キーワード:QUEST, 反射計、密度揺動
2008.04.
QUEST装置での加熱・電流駆動実験用、新アンテナシステムの開発
キーワード:電子バーンシュタイン波、QUEST, RF加熱・電流駆動
2006.04.
CPD装置での電子バーンシュタイン波加熱・電流駆動実験
キーワード:電子バーンシュタイン波, CPD, RF加熱・電流駆動
2006.04~2008.03.
CPD プラズマの電磁波を用いたプラズマ診断
キーワード:電子バーンシュタイン波, CPD, 反射計、ラジオメータ
2006.04.
電子サイクロトロン波伝播における偏波面変化による完全ストークス変数の発展
キーワード:電子サイクロトロン波、偏光、ストークス変数、二色性、複屈折
1998.04~2003.03.
詳細な位相測定に基づくミリ波伝送要素の開発
キーワード:位相測定、ミリ波、伝送系要素部品
1998.04.
入射角遠隔可変アンテナを用いた電子サイクロトロン加熱・電流駆動実験
キーワード:入射角遠隔可変アンテナ、電子サイクロトロン加熱・電流駆動
2003.04~2006.03.
電子サイクロトロン輻射計測に基づく電子温度、電子速度分布関数診断
キーワード:電子サイクロトロン輻射、電子温度分布、電子速度分布関数
2003.04.
従事しているプロジェクト研究
円形コルゲード導波管伝播モード分析器の開発試験
2017.09~2018.03, 代表者:出射 浩, 九州大学, 量子科学技術研究開発機構.
円形コルゲード導波管伝播モード分析器の開発試験
2016.09~2017.03, 代表者:出射 浩, 九州大学, 量子科学技術研究開発機構.
原型炉設計に必要なダイバータおよび第一壁における物理課題の検討
2015.06~2016.01, 代表者:大野 哲靖、朝倉 伸幸, 名古屋大学大学院工学研究科、日本原子力研究開発機構, 日本原子力研究開発機構
以前より検討を行っているダイバータ物理の課題である先進ダイバータについて新原型炉パラメータにおいて検討を進める一方で、新たに標準形状のダイバータにおける非接触プラズマ状態での熱・粒子輸送の物理課題について検討を進める。具体的には、原型炉条件におけるダイバータ表面などでの再結合過程でのダイバータ板への熱負荷評価の妥当性、中性粒子輸送および輻射輸送などが非接触プラズマ生成に与える影響の評価、水素同位体の対向材表面での蓄積・放出モデルの検討を目的としている。.
JT-60SA電子サイクロトロン加熱・電流駆動システム用FADISの開発研究
2013.04~2016.03, 代表者:出射 浩, 九州大学応用力学研究所, 日本原子力開発機構.
電子サイクロトロン波入射装置用 ミリ波高速切換器の設計検討
2012.04~2013.03, 代表者:出射 浩, 九州大学応用力学研究所, 日本原子力開発機構.
原型炉におけるプラズマ物理設計の研究
2015.05~2016.01, 代表者:藤田 隆明、星野 一生, 名古屋大学、日本原子力研究開発機構, 日本原子力研究開発機構
1.原型炉におけるプラズマ運転領域最適化の検討
2.プラズマ電流立ち上げ・定常運転のシナリオ最適化
3.原型炉環境下における磁気計測の有効性検討
4.運転制御裕度及び必要な計測システムの総合的検討.
多モードEC波による電流駆動効率改善の検討
2011.08~2012.01, 代表者:京都大学 福山淳教授 原子力機構 星野一生
原型炉における電子サイクロトロン波による電流駆動効率の向上は、核融合炉システムの簡素化に寄与する可能性がある。本研究では、まず光線追跡法による波動伝播解析と運動量を保存する非線形衝突演算子を用いた相対論的フォッカープランク方程式による速度分布関数解析を組み合わせて、電子サイクロトロン波による電流駆動効率の正確な評価を行う。.
オーバーサイズ円形コルゲート導波管・伝播モード分析器の開発
2011.01~2012.03, 九州大学応用力学研究所.
高電力電子サイクロトロン加熱伝送システムでの伝搬モード測定
2010.04~2011.03, 代表者:出射浩, 九州大学応用力学研究所, 日本学術振興会
日米科学技術協力事業による派遣事業
課題「高電力電子サイクロトロン加熱伝送システムでの伝搬モード測定」.
円形コルゲート導波管伝播モード分析器の開発試験
2011.04~2012.03, 代表者:出射 浩, 九州大学.
オーバーサイズ導波管での伝播モード分析
2010.03~2011.03, 九州大学応用力学研究所.
高電力電子サイクロトロン加熱伝送システムでの伝搬モード解析
2009.03~2009.03, 代表者:出射浩, 九州大学応用力学研究所, 日本学術振興会(日本)
日米科学技術協力事業による派遣事業
課題「高電力電子サイクロトロン加熱伝送システムでの伝搬モード解析」.
研究業績
主要原著論文
1. H. Idei, T. Onchi, T. Kariya, T.I. Tsujimura, S. Kubo, S. Kobayashi, M. Sakaguchi, T. Imai, M. Hasegawa, K. Nakamura, K. Mishra, M. Fukuyama, M. Yunoki, S. Kojima, O. Watanabe, K. Kuroda, K. Hanada, Y. Nagashima, A. Ejiri, N. Matsumoto, M. Ono, A. Higashijima, T. Nagata, S. Shimabukoro, Y. Takase, A. Fukuyama, S. Murakami, 28-GHz ECHCD system with beam focusing launcher on the QUEST spherical tokamak, Fusion Engineering and Design, https://doi.org/10.1016/j.fusengdes.2019.02.027, 2019.02.
2. Hiroshi Idei, T. Kariya, T. Imai, K. Mishra, Takumi Onchi, O. Watanabe, H. Zushi, Kazuaki Hanada, J. Qian, A. Ejiri, M. M. Alam, K. Nakamura, akihide fujisawa, Yoshihiko Nagashima, Makoto Hasegawa, K. Matsuoka, A. Fukuyama, S. Kubo, T. Shimozuma, M. Yoshikawa, M. Sakamoto, S. Kawasaki, H. Nakashima, A. Higashijima, S. Ide, T. Maekawa, Y. Takase, K. Toi, Fully non-inductive second harmonic electron cyclotron plasma ramp-up in the QUEST spherical tokamak, Nuclear Fusion, 10.1088/1741-4326/aa7c20, 57, 12, 2017.10, [URL], Fully non-inductive second (2nd) harmonic electron cyclotron (EC) plasma current ramp-up was demonstrated with a newlly developed 28 GHz system in the QUEST spherical tokamak. A high plasma current of 54 kA was non-inductively ramped up and sustained stably for 0.9 s with a 270 kW 28 GHz wave. A higher plasma current of 66 kA was also non-inductively achieved with a slow ramp-up of the vertical field. We have achieved a significantly higher plasma current than those achieved previously with the 2nd harmonic EC waves. This fully non-inductive 2nd harmonic EC plasma ramp-up method might be useful for future burning plasma devices and fusion reactors, in particular for operations at half magnetic field with the same EC heating equipment..
3. Hiroshi Idei, K. Mishra, M. K. Yamamoto, M. Hamasaki, akihide fujisawa, Yoshihiko Nagashima, Y. Hayashi, Takumi Onchi, Kazuaki Hanada, H. Zushi, Adaptive-Array electron cyclotron emission diagnostics using data streaming in a software defined radio system, Journal of Instrumentation, 10.1088/1748-0221/11/04/C04010, 11, 4, 2016.04, [URL], Measurement of the Electron Cyclotron Emission (ECE) spectrum is one of the most popular electron temperature diagnostics in nuclear fusion plasma research. A 2-dimensional ECE imaging systemwas developed with an adaptive-Array approach. Aradio-frequency (RF) heterodyne detection system with Software Defined Radio (SDR) devices and a phased-Array receiver antenna was used to measure the phase and amplitude of the ECE wave. The SDR heterodyne system could continuously measure the phase and amplitude with sufficient accuracy and time resolution while the previous digitizer system could only acquire data at specific times. Robust streaming phase measurements for adaptive-Arrayed continuous ECE diagnostics were demonstrated using Fast Fourier Transform (FFT) analysis with the SDR system. The emission field pattern was reconstructed using adaptive-Array analysis. The reconstructed profileswere discussed using profiles calculated from coherent single-frequency radiation from the phase array antenna..
4. H. Idei, K.Mishra, M.K.Yamamoto, A. Fujisawa, Y. Nagashima, M.Hamasaki, Y.Hayashi, T. Onchi, K.Hanada, H. Zushi, QUEST Team, Multiple Wall-Reflection Effect in Adaptive-array Differential-phase Reflectometry on QUEST, Journal of Instrumentation, 11, C01014, 2016.01, A phased array antenna and Software-Defined Radio (SDR) heterodyne-detection systems have been developed for adaptive array approaches in reflectometry on the QUEST. In the QUEST device considered as a large oversized cavity, standing wave (multiple wall-reflection) effect was significantly observed with distorted amplitude and phase evolution even if the adaptive array analyses were applied. The distorted fields were analyzed by Fast Fourier Transform (FFT) in wavenumber domain to treat separately the components with and without wall reflections. The differential phase evolution was properly obtained from the distorted field evolution by the FFT procedures. A frequency derivative method has been proposed to overcome the multiple-wall reflection effect, and SDR super-heterodyned components with small frequency difference for the derivative method were correctly obtained using the FFT analysis..
5. Idei, Hiroshi; Kawasaki, Shohji; Zushi, Hideki; Inagaki, Shigeru; Nagayama, Yoshio; Kawahata, Kazuo; Wataya, Yuichi, Broadband radiometer system with fast frequency switching synthesizer for electron cyclotron emission measurements in LHD, 2007 JOINT 32ND INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED AND MILLIMETER WAVES AND 15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON TERAHERTZ ELECTRONICS, VOLS 1 AND 2, 380.0-381.0, 0.0, 2007.09, The broadband fast frequency-switching heterodyne radiometers have been developed to measure simultaneously three-band components of electron cyclotron emission with high time and frequency resolutions in the large helical device (LHD). The fast frequency-switching system was prepared as a local oscillator part of the heterodyne radiometers. The frequency switching time was 10 mu s. The fundamental electron cyclotron emission spectrum was successfully measured using the radiometer in the LHD experiment..
6. Idei, Hiroshi; Kawasaki, Shouji; Hanada, Kazuaki; Zushi, Hideki; Sakamoto, Kohnosuke Sato Kazuo Nakamura Mizuki; Hasegawa, Makoto; Nakashima, Hisatoshi; Higashijima, Aki; Wataya, Yuichi; Matsubara, Shinji; Kawano, Shuhei, Initial results of AM reflectometory on CPD, 2007 JOINT 32ND INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED AND MILLIMETER WAVES AND 15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON TERAHERTZ ELECTRONICS, VOLS 1 AND 2, 0.0, 0.0, 0.0, 518.0-519.0, 2007.09, The amplitude modulation reflectometer system has been developed to measure the density profile in detail on the Compact PWI ( plasma-wall interaction) Device (CPD) experiments. The probing frequency range was 6-18 GHz, and its frequency-switching time was 10 mu s in an arbitrary step. Using the broadband fast-scanning reflectometer, the wide-range density profile can be measured with high time resolution. In X-mode reflectometory, the developed system successfully measured the phase delay of propagating waves at 6.6, 8.8 and 13.2 GHz, reflected at the vessel wall of the CPD and the R-cutoff layers in the CPD plasma..
7. Idei, Hiroshi; Shapiro, Michael; Temkin, Richard J.; Shimozuma, Takashi; Kubo, Shin, Mode content analysis in circular corrugated waveguide using radiated field, 2007 JOINT 32ND INTERNATIONAL CONFERENCE ON INFRARED AND MILLIMETER WAVES AND 15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON TERAHERTZ ELECTRONICS, VOLS 1 AND 2, 0.0, 0.0, 0.0, 69.0-70.0, 0.0, 2007.04, The fields radiated from the waveguide were used to analyze propagating mode content in an oversized circular corrugated waveguide. The radiated fields were calculated by the Kirchhoff Integral in the paraxial approximation. The irradiant waveguide modes of the radiated field are orthogonal within the paraxial approximation. The waveguide mode content was evaluated from the irradiant waveguide modes. The radiated intensity and phase profiles were directly measured with a vector network analyzer system at 84GHz for the analysis. The analyzed waveguide mode content was consistent with that excited in the waveguide, predicted by the coupling theory..
8. Idei, Hiroshi; Shimozuma, Takashi; Shapiro, Michael A.; Notake, Takashi; Kubo, Shin; Temkin, Richard J., Experimental verification of phase retrieval of quasi-optical millimeter-wave beams, IEEE TRANSACTIONS ON MICROWAVE THEORY AND TECHNIQUES, 10.1109/TMTT.2006.884632, 54.0, 11.0, 3899.0-3905.0, 2006.11, The accuracy of a phase-retrieval procedure for microwave beams was analyzed and verified using an 84-GHz quasi-optical beam transmitted by a corrugated waveguide. The output intensity and phase profiles of the beam were directly measured with a microwave receiver. The beam intensity was also measured at several planes and the data were used with a phase-retrieval algorithm to yield an independent estimate of the phase. Moment and matching coefficient methods were used to analyze the retrieved profiles. In the higher order moment analysis, the intensity profiles, which were calculated from the retrieved phase profiles, coincided well with the measured profiles in terms of the beam size, asymmetric property (skewness), and flatness/peakedness (kurtosis) over the entire profile. Analysis indicated that the mode content of the beam obtained by phase retrieval matched that of the direct measurement with a matching coefficient of 0.97 using both the intensity and phase profiles..
9. Idei, H; Hanada, K; Zushi, H; Ohkubo, K; Hasegawa, M; Kubo, S; Nishi, S; Fukuyama, A; Sato, KN; Nakamura, K; Sakamoto, M; Yomasa, A; Kawasaki, S; Nakashima, H; Higashijima, A; Notake, T; Shimozuma, T; Ito, S; Hoshika, H; Maezono, N; Nakashima, K; Ogawa, M, Electron cyclotron current drive experiments in LHCD plasmas using a remote steering antenna on the TRIAM-1M tokamak, NUCLEAR FUSION, 10.1088/0029-5515/46/5/001, 46.0, 5.0, 489.0-499.0, 0.0, 2006.05, A remote steering antenna was recently developed for electron cyclotron heating and current drive (ECH/ECCD) experiments on the TRIAM- I M tokamak. This is the first application of the remote steering antenna concept for ECH/ECCD experiments, which have conditions relevant to the International Thermonuclear Experimental Reactor (ITER). Fundamental ECH and ECCD experiments were conducted in the ITER frequency from the low field using this antenna system. In addition to the angles near 0 degrees, the launcher was a symmetric direction antenna with an extended steering-angle capability of +/- (8 degrees-19 degrees). The output beam from the antenna was a well-defined Gaussian with a proper steering angle. The Gaussian content and the steering-angle accuracy were 0.85 and -0.5 degrees, respectively. The high power tests measured the antenna transmission efficiency at 0.90-0.94. The efficiencies obtained in the low and high power tests were consistent with the calculations using higher-order modes. In order to excite the pure O/X-modes in the oblique injection, two polarizers were used to control the elliptical polarization of the incident beam for the ECCD experiments. The fundamental O/X-mode ECH/ECCD was applied to lower hyrid current drive plasmas at the optimized incident polarization. In the X-mode experiment, at medium density (similar to 1 x 10(19) m(-3)), clear differences in the plasma current and the hard x-ray intensity were observed between the co- and counter-steering injections due to the ECCD effect on the coupling of forward fast electrons..
10. Wataya, Y.; Idei, H.; Inagaki, S.; Shimozuma, T.; Nagayama, Y.; Kawahata, K.; Zushi, H., Wide-band heterodyne-radiometer with fast frequency-switching local oscillator for electron cyclotron emission diagnostics, Conference Digest of the 2006 Joint 31st International Conference on Infrared and Millimeter Waves and 14th International Conference on Terahertz Electronics, 0.0, 0.0, 0.0, 501.0-501.0, 0.0, 2006.04, 0.0.
11. Idei, Hiroshi; Shimozuma, Takashi; Shapiro, Michael; Temkin, Richard; Notake, Takashi; Ito, Satoshi; Kubo, Shin; Ohkubo, Kunizo; , Quasi-optical beam analysis based on direct phase measurement at low power level, Journal of Plasma and Fusion Research, 81.0, 3.0, 186.0-190.0, 2005.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. H. Idei, N. Takeuchi, S. Kubo, A. Fukuyama, H. Nuga, M. Sakaguchi, N. Nakamura, K. Hanada, H. Zushi, K. N. Sato, M. Sakamoto, M. Hasegawa, Y. Takase, O. Mitarai, T. Maekawa and Y. Kishimoto, Ray Trace and Fokker-Plank Analyses for Electron Bernstein Wave Heating and Current Drive on QUEST , International Congress on Plasma Physics 2008, 2008.09.
2. 出射浩、M.Shapiro、R.J.Temkin、下妻隆、久保伸、野竹孝志, 放射電界を用いた円形コルゲート導波管伝播モードの解析, プラズマ核融合学会第24回年会, 2007.11.
3. 出射浩、坂口政嗣、田中靖正、 川口穣、 伊藤哲、花田和明, 図子秀樹、吉永智一、伊神弘恵、佐藤浩之助、 中村一男、 坂本瑞樹、 長谷川真、川崎昌二、中島寿年、東島亜紀、CPD/QUEST グループ, QUEST装置用電子バーシュタイン波加熱・電流駆動アンテナシステムの開発, プラズマ核融合学会第24回年会, 2007.11.
4. 出射浩、綿谷祐一, 河野修平, 銅野皓介, 松原真仁, 川崎昌二, 花田和明, 図子秀樹, 吉永智一, 佐藤浩之助, 坂本瑞樹、長谷川真、中島寿年、東島亜紀、CPD 実験グループ, CPD 装置におけるAM 反射計計測 , プラズマ核融合学会第24回年会, 2007.11.
5. 出射浩、稲垣滋、川崎昌二、長山好夫、川端一男、下妻隆、図子秀樹, LHD における広帯域高速周波数スイッチング ECE ラジオメーターシステム, プラズマ核融合学会第24回年会, 2007.11.
6. H, Idei, S. Inagaki, S. Kawasaki, H. Zushi, Y. Nagayama, K. Kawahata and T. Shimozuma, Y. Wataya, Broadband radiometer system with fast frequency switching synthesizer for electron cyclotron emission measurements in LHD, The 32nd Int. Conf. on Infrared and mm-Waves, 2007.09.
7. H. Idei, S. Kawasaki, K. Hanada, H. Zushi, K.N. Sato, M. Sakamoto, M. Hasegawa, H. Nakashima, A. Higashijima, CPD Group, Y. Wataya, S. Matsubatra, S. Kawano, Initial Results on AM microwave reflectometry in CPD , The 32nd Int. Conf. on Infrared and mm-Waves, 2007.09.
8. H.Idei, QUEST group, M. Kawagushi, M. Sakaguchi, Y. Tanaka, Design and initial test results of phased array antenna system for electron Bernstein wave heating and current drive in QUEST , The 32nd Int. Conf. on Infrared and mm-Waves, 2007.09.
9. H.Idei, M. A. Shapiro, R. J. Temkin. T. Shimozuma, S. Kubo, Mode retrieval in a circular corrugated waveguide using Radiated Field, The 32nd Int. Conf. on Infrared and mm-Waves, 2007.09.
10. H. Idei, T. Shimozuma, et al., Operation Range of Remote Steering Antenna in Symmetric and Asymmetric Modes, 31st Int. Conf. of Infrared and Millimeter Waves, 2006.09.
11. Y. Wataya, H. Idei, et al., Wide-Band Radiometer for Electron Cyclotron Emission Diagnostics with Fast-Switching Local Oscillator, 31st Int. Conf. of Infrared and Millimeter Waves, 2006.09.
12. 出射浩、花田和明、長谷川真、図子秀樹、福山淳、中村一男、坂本瑞樹、彌政敦洋、佐藤浩之助、大久保邦三、佐々木啓介、星加博之、西誠司、川﨑昌二、中島寿年、東島亜紀、野竹孝志、, TRIAM-1M装置における電子サイクロトロン電流駆動実験・解析, 日本物理学会, 2005.09.
13. H. Idei, K. Hanada, H. Zushi, K. Ohkubo, M. Hasegawa, S. Kubo, S. Nishi, K.N. Sato, K. Nakamura, M. Sakamoto, A. Iyomasa, S. Kawasaki, H. Nakashima, A. Higashijima, T. Notake, T. Shimozuma, S. Ito, H. Hoshika, N. Maezono, K. Nakashima, M. Ogawa, TRIAM Gro, Fundamental X-mode Electron Cyclotron Current Drive using Remote-Steering Symmetric Direction Antenna at Larger Steering Angles, 20th IAEA Fusion Energy Conference, 2004.11.
14. 出射浩、花田和明、図子秀樹、長谷川真、大久保邦三、久保伸、佐藤浩之助、中村一男、坂本瑞樹、彌政敦洋、前薗伸美、星加博之、西誠司、中島浩太、野竹孝志、下妻隆、川﨑昌二、中島, TRIAM-1M装置における電子サイクロトロン加熱・電流駆動実験, プラズマ・核融合学会第21回年会, 2004.10.
15. 出射浩、花田和明、長谷川真、図子秀樹、中村一男、坂本瑞樹、彌政敦洋、佐藤浩之助、大久保邦三、佐々木啓介、星加博之、西誠司、川﨑昌二、中島寿年、東島亜紀、野竹孝志、下妻隆、, TRIAM-1M装置における電子サイクロトロン加熱・電流駆動実験, 日本物理学会 2004年秋季大会, 2004.09.
16. H. Idei, K. Hanada, K. Ohkubo, M. Hasegawa, T. Notake, S. Kubo, T. Shimozuma, S. Ito, K. N. Sato , H. Zushi, K. Nakamura, M. Sakamoto, A. Iyomasa, S. Kawasaki, H. Nakashima, A. Higashijima, S. Nishi, TRIAM Group, Remote Steering Antenna System on the TRIAM-1M tokamak, 2004 Joint 29th International Conference on Infrared and Millimeter Waves and 12th International Conference on Terahertz Electronics, 2004.09.
17. H. Idei, K. Hanada, K. Ohkubo, M. Hasegawa, T. Notake, S. Kubo, T. Shimozuma , S. Ito, H. Zushi, K. N. Sato, K. Nakamura, M. Sakamoto, A. Iyomasa, H. Hoshika, K. Sasaki, S. Kawasaki, H. Nakashima, A. Higashijima, ,TRIAM Group, Remote Steering Antenna System and Its Application to ECH/ECCD Experiments on the TRIAM-1M tokamak, 13th Joint Workshop on ECE & ECRH, Nizhny Novgorod, 2004.05.
学会活動
所属学会名
日本物理学会
プラズマ・核融合学会
学協会役員等への就任
2017.06~2019.04, 自然科学研究開発機構核融合科学研究所, 運営会議共同研究委員会委員.
2018.05~2019.03, 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構, 原型炉設計合同特別チーム 核融合原型炉物理設計グループメンバー.
2018.07~2019.03, 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構, 炉心プラズマ共同企画委員会プラズマ実験・システム開発専門部会 専門委員.
2018.07~2018.12, 一般社団法人プラズマ・核融合学会, 領域プログラム委員会委員.
2017.06~2018.12, 一般社団法人プラズマ・核融合学会, 第12回核融合エネルギー連合講演会 プログラム委員.
2017.05~2018.03, 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構, 原型炉設計合同特別チーム 核融合原型炉物理設計グループメンバー.
2017.07~2018.03, 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構, 炉心プラズマ共同企画委員会プラズマ実験・システム開発専門部会 専門委員.
2017.09~2018.03, 自然科学研究開発機構核融合科学研究所, 核融合分野卓越大学院プログラム検討委員会委員.
2016.05~2017.03, 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構, 原型炉設計合同特別チーム 核融合原型炉物理設計グループメンバー.
2016.07~2017.03, 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構, 炉心プラズマ共同企画委員会プラズマ実験・システム開発専門部会 専門委員.
2015.04~2017.04, 核融合ネットワーク, 核融合ネットワーク委員.
2015.06~2017.04, 自然科学研究開発機構核融合科学研究所, 運営会議共同研究委員会委員.
2015.07~2016.03, 独立行政法人日本原子力研究開発機構, 原型炉設計合同特別チーム 核融合原型炉物理設計グループメンバー.
2015.06~2016.03, 独立行政法人日本原子力研究開発機構, 炉心プラズマ共同企画委員会プラズマ実験・システム開発専門部会 専門委員.
2014.06~2015.03, 独立行政法人日本原子力研究開発機構, 平成26年度炉心プラズマ共同企画委員会プラズマ実験・システム開発専門部会 専門委員.
2011.04~2012.03, 自然科学研究開発機構核融合科学研究所, LHD実験会議メンバー.
2010.06~2011.03, 独立行政法人日本原子力研究開発機構, 平成22年度炉心プラズマ共同企画委員会(JT-60専門部会)専門委員.
2010.04~2012.04, 自然科学研究開発機構核融合科学研究所, 核融合工学研究プロジェクト:ヘリカル原型炉設計のためのECH加熱サブタスク 副グループ長.
2010.04~2012.03, 自然科学研究開発機構核融合科学研究所, LHD実験テーマ「高エネルギー・波動物理グループ」長.
2010.03~2012.04, 自然科学研究開発機構核融合科学研究所, LHD実験テーマ「定常保持・波動物理グループ」長.
2010.03~2012.04, 独立行政法人日本原子力研究開発機構, BAサテライトトカマクに係る合同作業会 委員.
2009.06~2010.03, 独立行政法人日本原子力研究開発機構, 炉心プラズマ共同企画委員会 委員.
2008.06~2009.03, 独立行政法人日本原子力研究開発機構, 炉心プラズマ共同企画委員会 委員.
2001.01~2002.01, 電気学会, マイクロ波プラズマ調査専門委員.
2011.10~2014.09, 日本物理学会 , 運営委員.
2012.04~2013.03, 平成24年度JT-60SA専門部会, 専門委員.
2011.04~2012.03, 平成23年度JT-60SA専門部会, 専門委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.12.19~2015.12.20, プラズマ・核融合学会 九州・沖縄・山口支部 第19回支部大会, 座長(Chairmanship).
2014.11.18~2014.11.21, Plasma Conference 2014(日本物理学会(領域2)2014年秋季大会/応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会/第32回プラズマプロセシング研究会 プラズマ・核融合学会第31回年会), 座長(Chairmanship).
2014.03.27~2014.03.30, 日本物理学会第69回年次大会, 座長(Chairmanship).
2012.09.18~2012.09.21, 日本物理学会2012年秋季大会, 座長(Chairmanship).
2010.04.01~2011.03, BAサテライトトカマクに係る合同作業部会, 委員.
2010.03.08~2010.03.10, US-Japan Workshop on RF Physics, General Atomics, 座長(Chairmanship).
2009.09.16~2009.09.18, US-EU-JPN RF Heating Technology Workshop 2009, 座長(Chairmanship).
2005.01.01~2005.01.01, 第20回トライアム研究会, 座長(Chairmanship).
2005.01.01~2005.01.01, 第19回トライアム研究会, 座長(Chairmanship).
2004.03.01~2004.03.01, 日本物理学会, 座長(Chairmanship).
2012.04.01~2014.03.31, 日本物理学会, 世話人/運営委員.
2015.11.03~2015.11.06, 第25回国際土岐コンファレンス, 国際プログラム委員.
2015.02.26~2015.02.27, 光・ミリ波・マイクロ波を用いた計測技術・解析モデルの開発とその応用に関する研究集会, 世話人.
2014.11.18~2014.11.21, Plasma Conference2014(日本物理学会 領域2 2014年秋季大会、応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会第32回プラズマプロセシング研究会、プラズマ・核融合学会第31回年会), プログラム委員.
2014.01.28~2014.01.29, 光・ミリ波・マイクロ波を用いた計測技術・解析モデルの開発とその応用に関する研究集会, 世話人.
2013.03.11~2013.03.12, 光・ミリ波・マイクロ波を用いた計測技術・解析モデルの開発とその応用に関する研究集会, 世話人.
2009.09.16~2009.09.18, EU-US-JPN RF Heating Technology Workshop 2009, 主催、現地実行委員, 座長.
2008.09.08~2008.09.12, プラズマ理工学国際会議2008(ICPP2008) , 現地実行委員 .
2004.10, 第19回トライアム研究会「加熱・電流駆動システムの進展」, 世話人.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2009.07~2011.06, プラズマ・核融合学会誌(Journal of Plasma and Fusion Reserch) , 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
2005年度      
2004年度      
2003年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Park Inn by Radisson Pribaltiyskaya Hotel, Russia, 2014.10~2014.10.
アメリカ アリゾナ州 セドナ セドナルージュ ホテル&スパ, UnitedStatesofAmerica, 2014.09~2014.09.
Intercontinental Hotel Buckhead in Atlanta、 Georgia、 USA, UnitedStatesofAmerica, 2014.06~2014.06.
Hotel Löwengarten, Schwerdstr. 14, D-67346 Speyer, Germany, Germany, 2013.09~2013.09.
MIT, UnitedStatesofAmerica, 2013.09~2013.09.
Hilton San Diego Bayfront , UnitedStatesofAmerica, 2012.10~2012.10.
Houston USA, UnitedStatesofAmerica, 2011.10~2011.10.
ロシア ニジニーノブゴロド, Russia, 2011.07~2011.07.
Newport USA, UnitedStatesofAmerica, 2011.06~2011.06.
Daejeon Convention Center, Korea, 2010.10~2010.10.
Angelicum Congress Center, Societa del Casino, Civic Theatre, Italy, Italy, 2010.09~2010.09.
Società del Casino, Como, Italy, 2010.09~2010.09.
マサチューセッツ工科大学 MITプラズマ科学・核融合センター, UnitedStatesofAmerica, 2010.07~2010.07.
Sanya Shanhaitian Hotel(山海天ホテル), China, 2010.04~2010.04.
ジェネラルアトミック社(アメリカ), UnitedStatesofAmerica, 2010.03~2010.03.
マサチューセッツ工科大学 プラズマ科学・核融合研究センター, UnitedStatesofAmerica, 2009.03~2009.03.
西南物理研究院, China, 2008.01~2008.01.
Cardiff City Hall, UnitedKingdom, 2007.09~2007.09.
マサチューセッツ工科大学 プラズマ科学・核融合研究センター, UnitedStatesofAmerica, 2007.06~2007.06.
西南物理研究院, China, 2007.01~2007.01.
Hotel Equatorial Shanghai, China, 2006.09~2006.09.
Coast Hotel in Santa Cruz, UnitedStatesofAmerica, 2005.06~2005.06.
INSTITUTO SUPERIOR TECNICO, Portugal, 2004.11~2004.11.
TIVOLI MARINOTEL, Portugal, 2004.10~2004.11.
Hotel Victoria, Netherlands, 2004.10~2004.10.
カールスルエー大学, Germany, 2004.09~2004.10.
中国科学院等離子体物理研究所, China, 2004.09~2004.09.
University of Karlsruhe, Germany, 2004.09~2004.09.
Institue for Applied Physics, Russia, 2004.05~2004.05.
シュツットガルト大学, Germany, 2004.05~2004.05.
マサチューセッツ工科大学 プラズマ科学・核融合センター, UnitedStatesofAmerica, 2003.07~2003.07.
The Handlery Hotel and Resort, UnitedStatesofAmerica, 2002.09~2002.09.
ジェネラルアトミックス社, UnitedStatesofAmerica, 2002.09~2002.09.
Hotel Aquabella, France, 2002.05~2002.05.
外国人研究者等の受入れ状況
2018.02~2018.03, 2週間未満, IGVPStuttgart, Germany, 学内資金.
2018.01~2018.02, 2週間未満, Princeton Plasma Physics Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2018.01~2018.02, 2週間未満, Culham Centre for Fusion Energy, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2017.07~2017.07, 2週間未満, Princeton Plasma Physics Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2017.03~2017.03, 2週間未満, University of Stuttgart, Germany, 学内資金.
2017.03~2017.03, 2週間未満, Institute for Plasma Research, India, 学内資金.
2017.03~2017.03, 2週間未満, University of Stuttgart, Germany, 学内資金.
2017.01~2017.02, 2週間未満, Culham Centre for Fusion Energy, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2017.01~2017.02, 2週間未満, Princeton Plasma Physics Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2017.01~2017.02, 2週間未満, Princeton Plasma Physics Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2016.03~2016.03, 2週間未満, Max Plank Institute for Plasma Physics, Germany, 学内資金.
2016.03~2016.03, 2週間未満, Culham Centre for Fusion Energy, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2016.05~2016.05, 2週間未満, University of Stuttgart, Germany, 学内資金.
2016.01~2016.01, 2週間未満, Institute for Plasma Research, India, 学内資金.
2015.03~2015.03, 2週間未満, Culham Centre for Fusion Energy, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2015.02~2015.02, 2週間未満, Massachusetts Institute of Technology, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2014.06~2014.06, 2週間未満, Institute for Plasma Research, India, 学内資金.
2014.03~2014.03, 2週間未満, University of Stuttgart, Germany, 学内資金.
2014.02~2014.02, 2週間未満, Culham Centre for Fusion Energy, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2013.03~2013.03, 2週間未満, University of Stuttgart, Germany, 学内資金.
2013.02~2013.03, 2週間未満, Culham Centre for Fusion Energy, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2012.12~2012.12, 2週間以上1ヶ月未満, マサチューセッツ工科大学, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2011.11~2011.11, 2週間以上1ヶ月未満, Institut fuer Plasmaforschung der Univ. Stuttgart, Germany, 学内資金.
受賞
プラズマ・核融合学会賞 第4回論文賞, プラズマ・核融合学会, 1996.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, アダプティブアレイ解析に基づく電子サイクロトロン輻射画像計測.
2015年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 先進核融合炉を指向した高強度ミリ波によるプラズマ電流立ち上げの研究.
2009年度~2012年度, 基盤研究(B), 代表, 定常ST配位形成のための電子バーンシュタイン波モード変換・電流駆動機構の解明.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 分担, 大電力ミリ波の伝搬モードのIn situ 分析に関する研究.
2005年度~2007年度, 基盤研究(B), 代表, 広帯域N//スペクトルECE計測による速度分布関数の閉じ込めへの影響に関する研究.
2004年度~2007年度, 基盤研究(A), 分担, 強磁場トカマクにおける定常局所高効率電子サイクロトロン波電流駆動に関する研究.
2003年度~2006年度, 基盤研究(A), 分担, 高周波電流駆動プラズマにおける遷移現象のヒステリシス特性の統計的描像について.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2019.04~2020.03, 代表, 28GHz定常・大電力ジャイロトロン管を用いた電子サイクロトロン高密度プラズマ加熱連携研究.
2018.04~2019.03, 代表, 28GHz定常・大電力ジャイロトロン管を用いた電子サイクロトロン高密度プラズマ加熱連携研究.
2017.09~2018.03, 代表, 円形コルゲード導波管伝播モード分析器の開発試験.
2017.07~2018.01, 代表, 原型炉における電子サイクロトロン電流駆動効率の改善と入射システムの検討.
2017.04~2018.03, 代表, 28GHz定常・大電力ジャイロトロン管を用いた電子サイクロトロン高密度プラズマ加熱連携研究.
2016.04~2017.03, 代表, 28GHz大電力・定常ジャイロトロンシステムを用いた電子サイクロトロン高密度プラズマ加熱連携研究.
2015.05~2016.01, 代表, 原型炉におけるプラズマ物理設計の研究.
2015.04~2016.03, 代表, 28GHz大電力・定常ジャイロトロンシステムを用いた電子サイクロトロン高密度プラズマ加熱連携研究.
2015.04~2016.03, 代表, マイクロ波、ミリ波、テラヘルツ波の技術とそのプラズマ加熱・計測への応用.
2015.04~2016.03, 代表, JT-60SA 電子サイクロトロン加熱・電流駆動システム用FADISの開発研究.
2014.06~2015.01, 代表, EC電流駆動を用いた炉心プラズマ運転シナリオ最適化の研究.
2014.04~2015.03, 代表, 28GHz大電力・定常ジャイロトロンシステムを用いた電子サイクロトロン高密度プラズマ加熱連携研究.
2014.04~2015.03, 代表, マイクロ波、ミリ波、テラヘルツ波の技術とそのプラズマ加熱・計測への応用.
2014.04~2015.03, 代表, JT-60SA 電子サイクロトロン加熱・電流駆動システム用FADISの開発研究.
2013.05~2014.01, 代表, EC電流駆動を用いた炉心プラズマ運転シナリオ最適化の研究.
2013.04~2014.03, 代表, 28GHz大電力・定常ジャイロトロンシステムを用いた電子サイクロトロン高密度プラズマ加熱連携研究.
2013.04~2014.03, 代表, JT-60SA 電子サイクロトロン加熱・電流駆動システム用FADISの開発研究.
2013.04~2014.03, 代表, 円形コルゲード導波管伝播モード分析器の開発試験.
2012.04~2013.03, 代表, 28GHz大電力・定常ジャイロトロンシステムを用いた電子サイクロトロン高密度プラズマ加熱連携研究.
2012.04~2013.03, 代表, 円形コルゲード導波管伝播モード分析器の開発試験.
2012.04~2013.03, 代表, ECH伝送系を用いた電子バーンシュタイン波輻射計.
2011.10~2012.01, 代表, 電子サイクロトロン波入射装置用ミリ波高速切換器の設計検討.
2011.09~2012.01, 代表, 多モードEC波による電流駆動効率改善の検討.
2011.04~2012.03, 代表, 28GHz大電力・定常ジャイロトロンシステムを用いた電子サイクロトロン高密度プラズマ加熱連携研究.
2011.01~2012.03, 代表, 円形コルゲート導波管・伝播モード分析器の開発.
2010.04~2011.03, 代表, 高ベータプラズマにおける電子温度分布測定のための電子バーンシュタイン波輻射計測システムの開発.
2010.04~2011.03, 代表, 実時間位相制御による電子バーンシュタイン波加熱・電流駆動の最適化.
2010.03~2011.04, 代表, ECH伝送系を用いた電子バーンシュタイン波輻射計.
2010.03~2011.03, 代表, オーバーサイズ導波管での伝播モード解析.
2009.04~2010.03, 代表, 高ベータプラズマにおける電子温度分布測定のための電子バーンシュタイン波輻射計測システムの開発.
2009.04~2010.03, 代表, 位相配列アンテナを用いた定常電子バーンシュタイン波加熱・電流駆動.
2009.04~2010.03, ジャイロトロンのミリ波散乱を用いた電子バーンシュタイン波動の直接計測.
2008.04~2009.03, ジャイロトロンのミリ波散乱を用いた電子バーンシュタイン波動の直接計測.
2008.04~2009.03, 小型PWI装置における電子バーンシュタイン波由来の放射電磁波偏波特性の検討.
2008.04~2009.03, 代表, 定常STプラズマ配位維持のための開発研究・シナリオ検討.
2008.04~2009.03, 分担, ミリ波・サブミリ波応用の新展開ための調査研究.
2008.04~2009.03, 分担, 大電力定常ミリ波伝送システムの真空化.
2008.04~2009.03, 代表, 位相測定に基づくミリ波伝送要素部品の評価.
2007.04~2008.03, 代表, 高周波を用いた加熱・電流駆動実験・解析、シミュレーション.
2007.04~2008.03, 代表, 位相測定に基づくミリ波伝送要素部品の評価.
2007.04~2008.03, 分担, 大電力定常ミリ波伝送システムの真空化.
2007.04~2008.03, 分担, 大電力ミリ波の発生、応用、計測技術作業会.
2007.02~2007.05, 代表, 電子バーンシュタイン波加熱・電流駆動用アンテナの設計.
2006.04~2007.03, 代表, 高周波を用いた加熱・電流駆動実験・解析、シミュレーション.
2006.04~2007.03, 代表, 高次高調波領域における電子サイクロトロン輻射計測.
2006.04~2007.03, 代表, LHD における電子サイクロトロン電流駆動解析.
2006.04~2007.03, 代表, 短形コルゲート導波管アンテナを用いた電子サイクロトロン加熱・電流駆動.
2006.04~2007.03, 分担, 大電力ミリ波の発生、応用、計測技術作業会.
2006.04~2008.03, 分担, 高性能炉心プラズマ閉じ込めのための高度加熱法の開発.
2006.04~2007.03, 分担, 電流ディスラプション・フェイズにおけるECH, ECCD及びLHC D印加によるディスラプション制御と高規格ベータ値プラズマの実現.
2005.04~2006.03, 分担, Comparison studies of ECH and ECCD systems in EAST, HT-7 and TRIAM-1M tokamaks.
2005.04~2006.03, 分担, トロイダルプラズマにおける内部輸送障壁の形成機構と過渡輸送特性に関する比較研究.
2005.04~2006.03, 分担, 電流ディスラプション・フェイズにおけるECH, ECCD及びLHC D印加によるディスラプション制御と高規格ベータ値プラズマの実現.
2005.04~2006.03, 分担, 大電力ミリ波の発生、応用、計測技術作業会.
2005.04~2006.03, 分担, 大電力定常ミリ波伝送/計測システムの要素開発.
2005.04~2006.03, 代表, TRAIM -1M 装置における高周波/ミリ波を用いた、電流立ち上げ/
電流駆動、加熱実験.
2005.04~2006.03, 代表, 高次高調波領域における電子サイクロトロン輻射計測.
2005.04~2006.03, 代表, LHD における電子サイクロトロン電流駆動解析.
2005.04~2006.03, 代表, 短形コルゲート導波管アンテナを用いた電子サイクロトロン加熱・電流駆動.
2005.04~2006.03, 分担, 大電力定常ミリ波伝送/計測システムの要素開発.
2004.04~2005.03, 分担, 大電力ミリ波の発生、応用、計測技術作業会.
2004.04~2005.03, 代表, TRAIM -1M 装置における高周波/ミリ波を用いた、電流立ち上げ/
電流駆動、加熱実験.
2004.04~2005.03, 代表, 短形コルゲート導波管アンテナを用いた電子サイクロトロン加熱・電流駆動.
2004.03~2005.03, 分担, プラズマ電流クエンチフェイズにおける電子サイクロトロン加熱及び電流駆動によるディスラプション制御.
2004.03~2005.03, 分担, プラズマ電流クエンチフェイズにおける電子サイクロトロン加熱及び電流駆動によるディスラプション制御.
2003.04~2004.03, 分担, プラズマ閉じ込めとダイバータ板への全熱入力の関係に関する研究.
2003.04~2004.03, 分担, 電流ホールを有する内部輸送障壁プラズマの特性研究と外部制御性.
2003.04~2004.03, 分担, トカマクにおける高周波加熱装置の入射技術に関する研究(2).
2003.04~2004.03, 分担, 大電力ミリ波伝送システムの定常化へ向けた要素開発.
2003.04~2004.03, 分担, 高周波領域におけるミリ波伝送の試験・開発.
2002.04~2004.03, 分担, トロイダルプラズマにおける内部輸送障壁プラズマの形成機構と過度輸送特性に関する比較研究.
寄附金の受入状況
2012年度, 古河C&B, 応用力学研究所研究資金.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」