九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
水野 清義(みずの せいぎ) データ更新日:2019.06.20

教授 /  総合理工学研究院 物質科学部門 固体表面科学


主な研究テーマ
SiC(0001)面やその他の表面上でのSiON単層膜の形成とLEEDによる構造解析
キーワード:低速電子回折、SiON単層膜
2005.04.
電界放出電子線を用いた低速電子回折装置の開発
キーワード:低速電子回折、電界放出
2013.04.
タングステン針からの電界放出
キーワード:電界放出、電界イオン顕微鏡
2005.04.
SiC(0001)微傾斜表面の構造の研究
キーワード:SiC、微傾斜表面
2005.04.
低速電子回折による金属表面の吸着構造の解析
キーワード:低速電子回折、金属表面、構造解析
2000.01.
低速電子回折によるシリコン表面の金属吸着構造の解析
キーワード:低速電子回折、シリコン表面、構造解析
2000.01.
走査トンネル顕微鏡探針を用いた低速電子回折装置の開発
キーワード:低速電子回折、走査トンネル顕微鏡、電界放出、表面微小領域
2000.01.
Si(001)表面の低温構造の研究
キーワード:シリコン、(001)面、低温、低速電子回折
2000.01~2010.12.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. T. Shirasawa, K. Hayashi, S. Mizuno, S. Tanaka, K. Nakatsuji, F. Komori and H. Tochihara, Epitaxial silicon oxynitride layer on a 6H-SiC(0001) surface, Phys. Rev. Lett., 98, 136105-1-4, 2007.03, SiC(0001)表面上に安定な酸窒化シリコン膜が形成することを見出し、その構造を低速電子回折により決定した。この表面には単位格子中にダングリングボンドが存在せず、大気中でも安定であり、電子デバイスなどへの応用が期待できる。.
2. S. Mizuno, F. Rahman and M. Iwanaga, Low-energy electron diffraction patterns using field-emitted electrons from tungsten tips, Jpn. J. Appl. Phys., 45, L178-L179, 2006.02.
3. T. Shirasawa, S. Mizuno and H. Tochihara, Structural analysis of the c(4x2) reconstruction in Si(001) and Ge(001) surfaces by low-energy electron diffraction, Surf. Sci., 600, 815-819, 2006.01.
4. K. Hayashi, S. Mizuno, S. Tanaka, H. Toyoda, H. Tochihara and I. Suemune, Nucleation stages of carbon nanotubes on SiC(0001) by surface decomposition, Jpn. J. Appl. Phys., 10.1143/JJAP.44.L803, 44, 24-27, L803-L805, 44, L803-L805 Express Letter, 2005.01.
5. T. Shirasawa, S. Mizuno and H. Tochihara, Electron-Beam-Induced Disordering of the Si(001)-c(4x2) Surface Structure, Phys. Rev. Lett., 10.1103/PhysRevLett.94.195502, 94, 19, 94, 195502, 2005.01, Si(001)-c(4x2)清浄表面の40 K以下における電子ビーム照射効果を解明した。.
6. S. Mizuno, T. Shirasawa, Y. Shiraishi and H. Tochihara, Structure determination of Si(001)-c(4x2) surfaces at 80 K and electron beam effect below 40 K, studied by low-energy electron diffraction, Phys. Rev. B, 10.1103/PhysRevB.69.241306, 69, 24, 69, 241306(R), 2004.01.
7. S. Mizuno, H. Tochihara, Y. Matsumoto and K. Tanaka, STM observation of restructured Cu(001) surfaces induced by Li deposition, Surf. Sci., 10.1016/S0039-6028(97)00646-8, 393, 1-3, L69-L76, 393, L69-L76, 1997.01.
8. S. Mizuno, H. Tochihara, A. Barbieri and M.A. Van Hove, Completion of the structural determination of and rationalization of the surface-structure sequence (2x1)->(3x3)->(4x4) formed on Cu(001) with increasing Li coverage, Phys. Rev. B, 52, R11658-R11661, 1995.01.
9. S. Mizuno, H. Tochihara, A. Barbieri and M.A. Van Hove, Complex surface alloy formed by Li deposition on Cu(001) determined by dynamical low-energy electron diffraction, Phys. Rev. B, 51, 1969-1972, 1995.01.
10. S. Mizuno, H. Tochihara and T. Kawamura, Alkali-metal adsorption on dissimilar alkali-metal monolayers preadsorbed on Cu(001): Li on Na and Na on Li, Phys. Rev. B, 50, 17540-17546, 1994.01.
11. S. Mizuno, H. Tochihara and T. Kawamura, Missing-row-type restructuring of the Cu(001) surface induced by Li adsorption: A low-energy electron diffraction analysis, Surf. Sci., 292, L811-L816, 1993.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Tetsuroh Shirasawa, Seigi Mizuno and Hiroshi Tochihara, Structural modification caused by electronic excitation in the Si(001) surface at low temperature, The 8th International Conference on the Structure of Surfaces, 2005.07.
2. Seigi Mizuno, Masayuki Iwanaga, F.H.M. Faridur Rahman, Hiroshi Tochihara, DEVELOPMENT OF A LEED APPARATUS USING STM TIPS, The 8th International Conference on the Structure of Surfaces, 2005.07.
特許出願・取得
特許出願件数  7件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
SPring-8利用者懇談会
日本表面真空科学会
応用物理学会
日本物理学会
学協会役員等への就任
2007.09~2009.08, 日本物理学会, 代議員.
2007.08~2008.07, 日本学術振興会, 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員.
2007.04~2011.03, 日本真空協会, 編集委員.
2006.06, 日本表面科学会, 評議員.
2004.06~2006.05, 日本表面科学会, 評議員.
2003.06~2005.05, 日本表面科学会, 編集委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.03.21~2015.03.24, 日本物理学会第70回年次大会, 座長(Chairmanship).
2014.12.06~2014.12.07, 平成26年度応用物理学会九州支部学術講演会, 座長(Chairmanship).
2014.11.02~2014.11.06, The 7th International Symposium on Surface Science, 座長(Chairmanship).
2014.11.02~2014.11.06, The 7th International Symposium on Surface Science, プログラム委員.
2014.06.07~2014.06.07, 2014年九州薄膜表面研究会, 座長(Chairmanship).
2013.06.15~2013.06.15, 2013年九州薄膜表面研究会, 座長(Chairmanship).
2010.03.17~2010.03.20, 2010年春季第57回応用物理学関係連合講演会, 座長(Chairmanship).
2009.03.27~2009.03.30, 日本物理学会第64回年次大会, 座長(Chairmanship).
2007.09, 日本物理学会第62回年次大会, 座長(Chairmanship).
2005.06, 九州薄膜表面研究会, 座長(Chairmanship).
2005.03, 日本物理学会, 座長(Chairmanship).
2004.12, 日本物理学会九州支部大会, 座長(Chairmanship).
2005.09, 日本物理学会, 座長(Chairmanship).
2004.03, 日本物理学会, 実行委員.
2003.09, 日本物理学会, 座長(Chairmanship).
2003.03, 第59回日本物理学会年次大会, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2009.10, Journal of Novel Carbon Resource Sciences, 国内, 編集委員長.
2009.04~2011.03, 真空, 国内, 編集委員.
2003.06~2005.05, 日本表面科学会誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度    
2017年度    
2016年度    
2015年度    
2014年度    
2013年度    
2012年度    
2011年度    
2010年度 10      10 
2009年度    
2008年度    
2007年度    
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 超低バイアス電子放出現象の解明.
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 代表, 複雑な表面構造解析のための微小電子源を用いた電界放出低速電子回折法の開発.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 代表, シリコンカーバイド上の酸窒化シリコン膜とその上に形成する薄膜の構造解析.
2003年度~2005年度, 若手研究(A), 代表, ナノ新材料開発のための低速電子回折による迅速な表面結晶構造解析.
1999年度~2001年度, 一般研究(B), 代表, 表面磁性研究のためのナノメートルスケールスピン偏極走査電子顕微鏡の開発.
1998年度~1999年度, 萌芽的研究, 代表, ナノスケール低速電子回折装置の開発.
1995年度~1995年度, 奨励研究(A), 代表, 金属単結晶表面へのアルカリ蒸着によって形成する表面秩序合金.
1992年度~1992年度, 奨励研究(A), 代表, 銅単結晶表面上におけるリチウム原子と水分子との反応−リチウムの構造が反応性に及ぼす影響について−.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2013年度~2013年度, JST A-Step, 代表, 複雑な表面構造の解析のための低速電子回折法の開発.
2008年度~2008年度, JST平成20年度シーズ発掘試験, 代表, 電界誘起酸素エッチングによる探針先端の原子レベル先鋭化.
2005年度~2007年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, 微小領域への低エネルギー電子線照射とナノ材料の表面構造解析.
2001年度~2004年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 代表, ナノ新材料開発のための表面微小構造解析法による原子位置決定.
寄附金の受入状況
2000年度, 三菱財団学術研究助成, 表面ナノ構造解析のための低速電子回折装置の開発.
2000年度, 新世代研究所研究助成, 表面ナノ構造測定のための電界放射低速電子回折装置の開発.
1999年度, 徳山科学技術振興財団研究助成, ナノメートルスケール表面電子スピン観察法の開発.
1998年度, 花王芸術・科学財団研究助成, 走査トンネル顕微鏡探針を利用したナノスケール表面スピン分析器の開発.
1997年度, ホクサイテック財団科学研究費補助金, 表面磁性研究のための高感度小型モット検出器の開発.
1996年度, 池谷科学技術振興財団, 構造決定した表面秩序合金の部分修飾と物性研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」