九州大学 研究者情報
発表一覧
日下部 宜宏(くさかべ たかひろ) データ更新日:2019.06.07

教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 農業生物資源学


学会発表等
1. 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, Novel kinetochore protein complex from silkworm holocentric chromosomes, 29th Annual Symposiumof the Protein Society, 2015.07.
2. 季明明, 李 在萬, 門 宏明, 李志清, 徐剣, 祝力, 日下部 宜宏, Lipidation, delipidation and degradation of Atg8 in Bombyx cells, 日本蚕糸学会, 2016.03.
3. 諸熊大輔, 徐剣, 門 宏明, 李 在萬, 日下部 宜宏, ヒト糖転移酵素の導入によるカイコ培養細胞のN型糖鎖修飾改変の試み, 日本蚕糸学会, 2016.03.
4. 門 宏明, 李 在萬, 日下部 宜宏, カイコ分散型動原体を構成するタンパク質の解析, 日本分子生物学会, 2015.12.
5. 諸熊大輔, 門 宏明, 李 在萬, 日下部 宜宏, 伴野 豊, カイコバキュロウイルス発現系を用いたヒト糖転移酵素の大量生産, 日本分子生物学会, 2015.12.
6. Jian Xu, 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, RNA-Seq-based transcriptome analysis of p38, ERK and JNK MAPK gene suppressions in cultured Bombyx mori cells
, 日本分子生物学会, 2015.12.
7. Masato Hino, JAE MAN LEE, Mami Yamashita, Kazuma Hirata, Daisuke Morokuma, 門 宏明, takahiro kusakabe, Expression and Purification of IL-1brelated proteins Using Silkworm Baculovirus Protein Expression System
, International Symposium on Basic and Applied Research on Sericulture and Insect Sciences, 2015.04.
8. Masato Hino, Takumi Mitsudome, 門 宏明, Masanao Sato, Yoshitaka Suetsugu, Kimiko Yamamoto, Zhiqing Li, Jian Xu, Li Zhu, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, DNA methyltransferase DNMT-1 from Bombyx mori, International Symposium on Basic and Applied Research on Sericulture and Insect Sciences, 2015.04.
9. Kazuma Hirata, JAE MAN LEE, Jian Xu, Masato Hino, Mami Yamashita, 門 宏明, takahiro kusakabe, Expression and Purification of Fibroblast Growth Factors 1, 7, and 10 from Silkworm-Baculovirus Expression Vector System, International Symposium on Basic and Applied Research on Sericulture and Insect Sciences, 2015.04.
10. Daisuke Morokuma, 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, Expression, purification, and characterization of human alpha 1 acid glycoprotein (α1AGP) for glycobiological research in baculovirus expression system, International Symposium on Basic and Applied Research on Sericulture and Insect Sciences, 2015.04.
11. Daisuke Morokuma, 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, YUTAKA BANNO, Expression and characterization of short-type human alpha 1 acid glycoprotein (α1AGP∆) for glycobiological research in baculovirus expression system, International Symposium on Basic and Applied Research on Sericulture and Insect Sciences, 2015.04.
12. Kazuma Hirata, Atsushi Masuda, 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, Efficient Endo H expression by silkworm baculovirys expression system, International Symposium on Basic and Applied Research on Sericulture and Insect Sciences, 2015.04.
13. Mami Yamashita, Jian Xu, 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, Improvement of Caenorhabditis elegans SID-1-Dependent DNA Delivery System in Cultured Silkworm Cells, International Symposium on Basic and Applied Research on Sericulture and Insect Sciences, 2015.04.
14. Mami Yamashita, Masato Hino, Kazuma Hirata, Jian Xu, Mingming Ji, Daisuke Morokuma, 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, Expression, purification, and characterization of streptavidin mutants using Baculovirus-mediated silkworm protein expression system, International Symposium on Basic and Applied Research on Sericulture and Insect Sciences, 2015.04.
15. Masato Hino, 門 宏明, Li Zhu, Mami Yamashita, Kazuma Hirata, Jian Xu, Mingming Ji, Dan Zheng, Daisuke Morokuma, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, Characterization of silkworm replication related proteins for making an artificial chromosome, The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology, 2015.04.
16. Mami Yamashita, Masato Hino, Kazuma Hirata, Jian Xu, Mingming Ji, Daisuke Morokuma, 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, Characterization of BmNPV Promoters for Improving Exogenous Genes Expression in Bombyx Cells, The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology, 2015.04.
17. Kazuma Hirata, Jian Xu, 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, Masato Hino, Mami Yamashita, Establishiment of New insect Cell Lines by Using Cell Fusion Method, The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology, 2015.04.
18. Daisuke Morokuma, Jian Xu, 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, Synthesis of Complex-Type N-Glycans on Recombinant Proteins by Modifying N-Glycosylation Pathway in Cultured Silkworm Cells, The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology, 2015.04.
19. Ming-Ming Ji, Jian Xu, Li Zhu, 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, Zhiqing Li, GFP-p62 degradation is an excellent marker of autophagic flux in Bombyx, The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology, 2015.04.
20. Jian Xu, Jianping Chen, Li Zhu, 門 宏明, JAE MAN LEE, takahiro kusakabe, Engineering of silkworm-baculovirus expression system for efficient production of G protein -coupled receptors, The 4th Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology, 2015.04.
21. 平田一真, 佐藤昌直, 徐剣, 季明明, 祝力, 日野真人, 山下真実, 諸熊大輔, 門 宏明, 李 在萬, 日下部 宜宏, カイコにおけるTORシグナル経路の解明, 日本蚕糸学会, 2015.09.
22. 日下部 宜宏, 李 在萬, 門 宏明, 徐剣, 日野真人, カイコ複製関連遺伝子の網羅的ノックダウ ン解析, 日本蚕糸学会, 2015.09.
23. 日下部 宜宏, 李 在萬, 門 宏明, 徐剣, 山下真実, 季明明, カイコ培養細胞におけるBmNPV 136遺伝子のプロモーター活性, 日本蚕糸学会, 2015.09.
24. 日下部 宜宏, 李 在萬, 門 宏明, 徐剣, 祝力, 李志清, Role of silkworm RISC components in the basal defense against Bombyx mori nucleopolyhedrovirus (BmNPV), 日本蚕糸学会, 2014.03.
25. 日下部 宜宏, 門 宏明, 李 在萬, 伴野 豊, 諸熊大輔, ヒトa1-酸性糖タンパク質(a1AGP)は昆虫細胞における糖鎖生物学研究のモデルタンパク質となる, 日本分子生物学会, 2014.11.
26. 日下部 宜宏, 李 在萬, 門 宏明, カイコ動原体を構成するタンパク質の解析, 日本蚕糸学会, 2014.03.
27. 日下部 宜宏, LEE JAEMAN, 門 宏明, Xu Jian, Soaking RNAi and its application on insect sciences, 平成25年韓国蚕糸学会本会, 2013.05.
28. 日下部 宜宏, LEE JAEMAN, 門 宏明, 満留卓実, 佐藤昌直, 末次克行, 山本公子, BmDnmt1, BmDnmt2, bMBDの機能阻害細胞におけるDNAのメチル化 , 平成25年日本蚕糸学会本会, 2013.03.
29. 日下部 宜宏, LEE JAEMAN, 門 宏明, 益田篤, 佐藤昌直, 末次克行, 山本公子, カイコ分散型動原体ループドメイン形成への CTCF, CP190 の関与, 平成25年日本蚕糸学会本会, 2013.03.
30. 日下部 宜宏, LEE JAEMAN, 門 宏明, 今井咲, カイコXBP1 は小胞体ストレス応答下で小胞体シャペロンを制御する, 平成25年第36回日本分子生物学会本会, 2013.12.
31. 日下部 宜宏, LEE JAEMAN, 門 宏明, 李志清, The role of SUMOylation signaling in cell cycle progression in silkworm, 昆虫ポストゲノム研究会2013 in 久米島, 2013.10.
32. 日下部 宜宏, LEE JAEMAN, 門 宏明, 吉村開人, EBNA1/oriPシステムを利 用したカイコ培養細胞におけるエピソームベクターの作成, 昆虫ポストゲノム研究会2013 in 久米島, 2013.10.
33. 日下部 宜宏, LEE JAEMAN, 門 宏明, 益田篤, インシュレータータンパク質CTCF, CP190のノックダウンとRNA-seq, 昆虫ポストゲノム研究会2013 in 久米島, 2013.10.
34. 日下部 宜宏, LEE JAEMAN, 門 宏明, 満留卓実, BmDnmt1、BmDnmt2機能阻害細胞におけるBisulfite-sequencing法 を用いたDNAメチル化の解析, 昆虫ポストゲノム研究会2013 in 久米島, 2013.10.
35. 日下部 宜宏, LEE JAEMAN, 門 宏明, 諸熊大輔, カイコバキュロウイルス発現系を 用いたヒトインターロイキン7(IL-7)の生産, 昆虫ポストゲノム研究会2013 in 久米島, 2013.10.
36. 日下部 宜宏, LEE JAEMAN, 門 宏明, 益田篤, 徐剣, カイコ分散型動原体染色体におけるクロマチンループ形成とその役割, 平成24年第35回日本分子生物学会本会, 2012.12.
37. 日下部 宜宏, LEE JAEMAN, 門 宏明, 満留卓実, 徐剣, カイコにおけるDNAメチル化因子の機能解析, 平成24年第35回日本分子生物学会本会, 2012.12.
38. Zhiqing Li・Hiroaki Mon・Jae Man Lee・Takahiro Kusakabe, Molecular cloning and characterization of asparagine synthetase in the silkworm, Bombyx mori, 平成24年蚕糸学会本会, 2012.03.
39. 吉末真吾・田附常幸・阪下浩介・門 宏明・李 在萬・日下部宜宏, カイコにおける RNAi 経路の解析, 平成24年蚕糸学会本会, 2012.03.
40. Li Zhu・Tuneyuki Tatsuke・Hiroaki Mon・Jae Man Lee・Takahiro Kusakabe, BmTudor-sn interact with BmAgo1 and BmAgo2 not to be involved in RNAi pathway, while to participate in stress granule formation in BmN4 cells, 平成24年蚕糸学会本会, 2012.03.
41. 吉村開人・田附常幸・門 宏明・李 志清・李 在萬・日下部宜宏, 点変異導入によるカイコヒストン H3-K4, K9, K27, S10 修飾の機能解析, 平成24年蚕糸学会本会, 2012.03.
42. 藤井美江・門 宏明・高橋将晃・光延 仁・李 在萬・日下部宜宏, カイコにおける DNA 二重鎖切断関連因子の解析, 平成24年蚕糸学会本会, 2012.03.
43. Jian Xu・Kimito Yamamoto・Hiroaki Mon・Jae Man Lee・Takahiro Kusakabe, Positional cloning and functional analysis of candidate genes responsible for AcNPV sensitivity in silkworm, Bombyx mori, 平成24年蚕糸学会本会, 2012.03.
44. 副嶋泰彦・李 在萬・日下部宜宏, カイコ培養細胞における糖鎖修飾部位改変組換え分泌タンパク質の生産, 平成24年蚕糸学会本会, 2012.03.
45. 工藤遼亮・日下部宜宏・李 在萬・門 宏明, BES におけるタンパク質分泌量への小胞体シャペロンの関与, 平成24年蚕糸学会本会, 2012.03.
46. 福島 舞・飯山和弘・李 在萬・山下 隼・古江増隆・辻 学・日下部宜宏, カイコ BES によるヒト DEFB1, 2, 3 と LL37 の発現と DEFB2 が菌の生存率に与える影響, 平成24年蚕糸学会本会, 2012.03.
47. 永田祐大・副嶋泰彦・門 宏明・李 在萬・日下部宜宏, カイコ培養細胞における N-グリコシル化経路の改変とタンパク質発現系への応用, 平成24年蚕糸学会本会, 2012.03.
48. 田附常幸・藤井美江・永田祐大・福島舞・李在萬・日下部宜宏, カイコにおけるテトラサイクリン誘導型遺伝子発現システムの改良/Improvement of tetracycline-inducible gene expression systems in the silkworm, Bombyx mori, 平成23年第34回日本分子生物学会本会, 2011.12.
49. 祝力・田附常幸・李志清・門宏明・李在萬・日下部宜宏, Analysis of P-bodies and stress granules in silkworm BmN4 cells, 平成23年第34回日本分子生物学会本会, 2011.12.
50. 工藤遼亮・門宏明・李在萬・日下部宜宏, バキュロウイルス発現系における小胞体シャペロンの関与/Roles of the endoplasmic reticulam chaperones in recombinant protein secretion in BES, 平成23年第34回日本分子生物学会本会, 2011.12.
51. 永田祐大・副嶋泰彦・門宏明・李在萬・日下部宜宏, カイコ β-N-acetylglucosaminidase (BmFDL) のノックダウンが N- グリカン形成に与える影響/Effect of RNAi for BmFDL in the N-glycosylation pathway, 平成23年第34回日本分子生物学会本会, 2011.12.
52. 福島舞・飯山和弘・李在萬・山下隼・古江増隆・辻学・日下部宜宏, カイコ BES を用いたヒト抗菌タンパク質の生産と活性評価/Production of human antimicrobial peptides using baculovirus expression system and evaluation of its activity, 平成23年第34回日本分子生物学会本会, 2011.12.
53. 藤井美江、門宏明、高橋将晃、光延仁志、李在萬、日下部宜宏, カイコ培養細胞におけるDNA二重鎖切断修復経路の解析/Analysis of DNA double-strand break repair pathways in silkworm cells, 平成23年第34回日本分子生物学会本会, 2011.12.
54. 門宏明・李在萬・日下部宜宏, カイコ動原体タンパク質の解析, 平成23年蚕糸学会本会, 2011.03.
55. 米村真之・内野恵郎・小林功・立松謙一郎・瀬筒秀樹・飯塚哲也・田村俊樹・M. Muthulakshmi・日下部宜宏, カイコ胚におけるphiC31 integraseの活性, 平成23年蚕糸学会本会, 2011.03.
56. 菅原亮平・門宏明・李在萬・日下部宜宏, カイコにおけるフアンコニ経路因子FancMの機能解析, 平成23年蚕糸学会本会, 2011.03.
57. 山下隼・福島舞・李在萬・日下部宜宏, カイコ熱ショックファクターBmHsf1, BmHsf1lpの転写活性化機構に関する研究, 平成23年蚕糸学会本会, 2011.03.
58. 永田祐大・副嶋泰彦・門宏明・李在萬・日下部宜宏, 糖鎖構造の改変によるカイコーバキュロウイルス発現系への応用, 平成23年蚕糸学会本会, 2011.03.
59. Takahiro Kusakabe, Hiroaki Mon, Chromatin structure and function of silkworm holocentric chromosomes, New Silk Road: Silkworm Genome to Sustainable Agriculture , 2010.11.
60. Takahiro Kusakabe, JaeMan Lee, Efficient Protein Expression in Bombyx mori Larvae of the Strains Highly Sensitive to B. mori Nucleopolyhedrovirus., The bioprocessing summit 2010: Baculovirus Technology (Boston, USA) , 2010.08.
61. 日下部宜宏・門宏明・光延仁志・泉麻紀子・島田快, カイコゲノムのintegrity -侵入核酸との戦い-, ウイルスベクターとトランスポゾンがもたらすゲノム・イノベーションと生物進化のパラダイムシフト, 2010.03.
62. 管原亮平・門宏明・李在萬・河口豊・日下部宜宏, カイコにおけるDNA損傷修復機構ファンコニ経路の解析, 平成22年蚕糸学会本会, 2010.04.
63. 田附常幸・光延仁志・正木夕輝・阪下浩介・吉末真吾・李在萬・河口豊・日下部宜宏, カイコ培養細胞 BmN4 における Piwi サブファミリータンパク質の転写抑制への関与, 平成22年蚕糸学会本会, 2010.04.
64. Ryohei Sugahara, Hiroaki Mon, Jae Man Lee, and Takahiro Kusakabe, Molecular characterization of the Fanconi anemia protein FancM in silkworm, Bombyx mori, 平成22年日本分子生物学会本会, 2010.12.
65. 田附常幸、正木夕輝、吉末真吾、光延仁志、阪下浩介、李在萬、日下部宜宏, カイコ Piwi タンパク質による転写抑制効果の解析/Analysis of transcriptional repression by silkworm Piwi proteins, 平成22年日本分子生物学会本会, 2010.12.
66. Zhiqing Li, Tsuneyuki Tatsuke, Hiroaki Mon, JaeMan Lee, and Takahiro Kusakabe, Identification and Expression Pattern Analysis of Polycomb Group Genes in the Silkworm, Bombyx mori, 平成22年日本分子生物学会本会, 2010.12.
67. Yuki Masaki, Tsuneyuki Tatsuke, Kosuke Sakashita, Shingo Yoshizue, JaeMan Lee, and Takahiro Kusakabe, Silkworm Argonaute2 homolog is involved in exso-siRNA and endo-siRNA pathway, 平成22年日本分子生物学会本会, 2010.12.
68. 吉末 真吾,田附 常幸,正木 夕輝,阪下 浩介,李 在萬,日下部 宜宏, カイコ Dicer-2 のクローニングと機能解析/Molecular cloning and function analysis of silkworm Dicer-2 homolog gene, 平成22年日本分子生物学会本会, 2010.12.
69. Ryosuke Kudo,Jun Yamashita,Hiroaki Mon,Jae Man Lee and Takahiro Kusakabe, BESにおけるタンパク質分泌量への小胞体シャペロンの関与/Participation of the endoplasmic reticula chaperons in regulation of protein secretion in BES, 平成22年日本分子生物学会本会, 2010.12.
70. Jun Yamashita, Hiroaki Mon, Hitoshi Mitsunobu, Shun Sawatsubashi, Shigeaki Kato, Jae Man Lee, Yutaka Kawaguchi, Takahiro Kusakabe, Functional analysis of BmHsp90 cochaperones for hormone receptors in the silkworm. , 平成21年日本分子生物学会本会, 2009.12.
71. Yasushi Sugimoto, Reina Kido, Yukako Sakakibara, Takatoshi Ohkuri, Tadashi Ueda, Takahiro Kusakabe, Cytotoxic action of lysozyme amyloid fibrils, 平成21年日本分子生物学会本会, 2009.12.
72. Hiroaki Mon, Ryohei Sugahara, Jaeman Lee, Yutaka Kawaguchi and Takahiro Kusakabe, Analysis of the interactions between BRCA2 and RAD51 in silkworm, Bombyx mori, 平成21年日本分子生物学会本会, 2009.12.
73. Makiko Izumi , Hitoshi Mitsunobu , Hiroaki Mon , Kazuhiro Iiyama , Hiroyuki Jikuya, JaeMan Lee , Yutaka Kawaguchi , Takahiro Kusakabe, Analysis of Post-translational modifications of histones in Bombyx mori, 平成21年日本分子生物学会本会, 2009.12.
74. Shinji Ohkubo, Ryohei Sugahara, Hiroaki Mon, Masateru Takahashi, Tsuneyuki Tatsuke, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Jaeman Lee, Yutaka Kawaguchi and Takahiro Kusakabe, Analysis of DNA interstrand crosslink repair in silkworm, Bombyx mori, 平成21年日本分子生物学会本会, 2009.12.
75. Kokoro Shimada, Masateru Takahashi, Yoshiyuki Miyagawa, Kazuei Mita, Tsuneyuki Tatsuke, JaeMan Lee, Takahiro Kusakabe, Yutaka Kawaguchi, Cloning and characterization of p53 homolog in silkworm, Bombyx mori, 平成21年日本分子生物学会本会, 2009.12.
76. Kiyoko Miyata, Hitoshi Mitsunobu, Hiroaki Mon, JaeMan Lee, Yutaka Kawaguchi, Takahiro Kusakabe, Interaction between Tip60 and Histones in Bombyx mori, 平成21年日本分子生物学会本会, 2009.12.
77. Yuki Masaki, Tsuneyuki Tatsuke, Kosuke Sakashita, Shingo Yoshizue, JaeMan Lee, Yutaka Kawaguchi, Takahiro Kusakabe, The analysis of mechanism of the factors involved in RNAi in silkworm, 平成21年日本分子生物学会本会, 2009.12.
78. SunMee Hong, Hitoshi Mitsunobu, Jun Yamashita, Hideki Sezutsu, Toshiki Tamura, Hiroaki Mon, JaeMan Lee , Yutaka Kawaguchi , Takahiro Kusakabe, Characterization of Light Chain Homologue Ferritin and the Efficient Production on Silkworm Expressing Cytoplasmic Chaperones, 平成21年日本分子生物学会本会, 2009.12.
79. 日下部宜宏, カイコクロマチンタンパク質の解析, 昆虫ポストゲノム研究会2009, 2009.09.
80. 田附常幸, カイコ培養細胞における Piwi タンパク質の局在とトランスポゾンの発現抑制, 昆虫ポストゲノム研究会2009札幌, 2009.09.
81. 門 宏明・李 在萬・日下部宜宏・河口 豊, カイコにおける相同組換え関連遺伝子の機能解析, 昆虫ワークショップ2009, 2009.09.
82. 大久保慎司・管原亮平・門 宏明・高橋将晃・李 在萬・日下部宜宏・河口 豊, カイコにおけるDNA鎖間架橋修復の解析, 昆虫ワークショップ2009, 2009.09.
83. 正木夕輝・田附常幸・李 在萬・日下部宜宏・河口 豊, カイコ RNAi 関連因子の機能解析, 昆虫ワークショップ2009, 2009.09.
84. 島田 快・高橋将晃・田附常幸・日下部宜宏・河口 豊, カイコp53ホモログの探索, 昆虫ワークショップ2009, 2009.09.
85. 島田 快・高橋将晃・田附常幸・日下部宜宏・河口 豊, カイコp53ホモログの探索, 昆虫ワークショップ2009, 2009.09.
86. 日下部宜宏, カイコ遺伝資源と昆虫タンパク質工場, 平成21年日本生物工学会シンポジウム, 2009.09.
87. 日下部宜宏, カイコ突然変異系統を宿主に用いたタンパク質生産技術 , 平成21年日本農芸化学会Frontiersシンポジウム, 2009.03.
88. Takahiro Kusakabe, Hiroaki Mon, Hitoshi Mitsunobu,Makiko Izumi, Kokoro Shimada, Proteomic Analysis of Silkworm Chromatin , The International Symposium on Bombyx mori Functional Genomics and Modern Silk Road , 2009.10.
89. 山下 隼・門 宏明・宮川世志幸・光延仁志・李 在萬・河口 豊・日下部宜宏, The interaction of BmHsp90 cochaperones with mammalian MAPKs and insect hormone receptors., 平成21年蚕糸学会本会, 2009.03.
90. 光延仁志・竹野奈津美・門 宏明・李 在萬・小林 功・田村俊樹・小倉絵里・蒲池雄介・日下部宜宏・河口 豊, カイコにおけるヘテロクロマチン誘導による転写抑制, 平成21年蚕糸学会本会, 2009.03.
91. 泉麻紀子・光延仁志・門宏明・飯山和弘・軸屋博之・河口豊・日下部宜宏, カイコヒストンの翻訳後修飾の解析, 平成21年蚕糸学会本会, 2009.03.
92. 管原亮平・門宏明・大久保慎司・谷口陽祐・佐々木茂貴・李在萬・河口豊・日下部宜宏, カイコにおけるファンコニ経路因子FancI, D2複合体の解析, 平成21年蚕糸学会本会, 2009.03.
93. 李 在萬・久保雄二・大畑 敬一・伴野 豊・河口 豊・日下部 宜宏, BmNPV高感受性カイコを用いた交配系統による効果的タンパク発現の試み(2), 平成21年蚕糸学会本会, 2009.03.
94. Yuji Kubo, Jae Man Lee, Yutaka Kawaguchi and Takahiro Kusakabe, Efficient protein expression in the Bombyx mori strains highly sensitive to B. mori nucleopolyhedrovirus., Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology, 2008.03.
95. Natsumi Takeno, Hitoshi Mitsunobu, Hiroaki Mon, Ryouhei Sugahara, Jae Man Lee, Yutaka Kawaguchi, Takahiro Kusakabe, Characterization of Su(var)3-9 H3K9 methyltransferase activity in Bombyx mori., Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology, 2008.03.
96. Tsuneyuki Tatsuke, Kosuke Sakashita, JaeMan Lee, Yutaka Kawaguchi, Takahiro Kusakabe, Expression and subcellular localization of the silkworm Piwi subfamily genes, AGO3 and SIWI. , Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology, 2008.03.
97. Hiroaki Mon, Ryohei Sugahara, JaeMan Lee, Yutaka Kawaguchi, Takahiro Kusakabe, Analysis of the interactions between BRCA2 and RAD51 in silkworm, Bombyx mori, 3R (Replication, Recombination, Repair) Symposium (2008), 2008.10.
98. Ryohei Sugahara, Hiroaki Mon, Shinji Ohkubo, Yosuke Taniguchi, Shigeki Sasaki, Jae Man Lee, Yutaka Kawaguchi, and Takahiro Kusakabe, The Fanconi anemia pathway in silkworm cells , 3R (Replication, Recombination, Repair) Symposium (2008), 2008.10.
99. 鈴木雅京・日下部宜宏・田村俊樹・松本正, Golicの方法に基づくカイコにおけるジーンターゲティングの試み, 蚕糸学会本会, 2008.03.
100. 飯山和弘・千枝結香・李在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水進, 緑膿菌のDNA修復機構とカイコに対する病原力との関連について, 蚕糸学会本会, 2008.03.
101. 門 宏明・菅原亮平・李 在萬・小林 功・田村俊樹・小倉絵里・蒲池雄介・日下部宜宏・河口 豊, カイコ培養細胞におけるタンパク質間相互作用検出系の作出, 蚕糸学会本会, 2008.03.
102. 光延仁志・門 宏明・李 在萬・小林 功・田村俊樹・小倉絵里・蒲池雄介・河口 豊・日下部宜宏, カイコにおけるHP1aによる遺伝子サイレンシング, 蚕糸学会本会, 2008.03.
103. 李在萬・張平波・日下部宜宏・伴野豊・河口, 高効率的組換えタンパク質発現用宿主としてのカイコ系統の開発(3), 蚕糸学会本会, 2008.03.
104. 内堀しずか・榊原由佳子・杉元康志・日下部宜宏・大栗誉敏・植田正, オボアルブミンとリゾチームの相互作用によるアミロイド繊維の解析, 日本分子生物学会, 2008.12.
105. 榊原由佳子・内堀しずか・大栗誉敏・植田正・日下部宜宏・杉元康志, リゾチームのアミロイド繊維の形成に関わる疎水領域3の重要性, 日本分子生物学会, 2008.12.
106. 島田快・高橋将晃・光延仁志・田附常幸・李在萬・日下部宜宏・河口豊, カイコ培養細胞における制限酵素EcoRI導入によるアポトーシスの誘導, 日本分子生物学会, 2008.12.
107. 田附常幸・阪下浩介・光延仁志・正木夕輝・李在萬・河口豊・日下部宜宏, カイコ Piwi サブファミリーとエピジェネティクス関連因子の相互作用解析, 日本分子生物学会, 2008.12.
108. 宮田京世子・門宏明・李在萬・河口豊・日下部宜宏, HDAC阻害剤(TSA)のカイコクロマチン構造に与える影響, 日本分子生物学会, 2008.12.
109. 大久保慎司・管原亮平・門宏明・光延仁志・小林功・田村俊樹・蒲池雄介・李在萬・河口豊・日下部宜宏, カイコにおけるファンコニ経路関連遺伝子FANCJの機能解析, 日本分子生物学会, 2008.12.
110. 竹野奈津美・門 宏明・光延仁志・李 在萬・内野恵郎・田村俊樹・河口 豊・日下部宜宏, カイコのヒストンメチル化酵素Su(var)3-9の機能解析II, 日本分子生物学会, 2008.12.
111. 久保雄二・李 在萬・白井伸太朗・河口 豊・日下部宜, BmNPVカイコバキュロウイルス発現系に対する高産生能カイコ系統をもちいた有用タンパク質の発現2, 日本分子生物学会, 2008.12.
112. 山下 隼・宮川世志幸・門 宏明・光延仁志・久保雄二・李 在萬・河口 豊・日下部宜宏, カイコシャペロン過剰発現のもたらすターゲットタンパク質, 日本分子生物学会, 2008.12.
113. 光延仁志・門 宏明・竹野奈津美・李 在萬・小林 功・田村俊樹・小倉絵里・蒲池雄介・日下部宜宏・河口 , カイコにおけるHP1による転写抑制機構の解析, 日本分子生物学会, 2008.12.
114. Sun-Mee Hong, Jae-Man Lee, Yutaka Kawaguchi, Keiro Uchino, Toshiki Tamura, Yusuke Kamachi, Eri Ogura, and Takahiro Kusakabe, Efficient Production of Recombinant Protein in HSPs (Heat Shock Porteins) Transgenic Silkworm, 日本分子生物学会, 2008.12.
115. 門 宏明、管原 亮平、李 在萬、河口 豊、日下部 宜宏, カイコにおける相同組換えに関わる遺伝子の機能解析, 2006 年度組換え・ゲノム再編ワークショップ, 2006.10.
116. 月岡春奈・日下部宜宏・岡野和広・三田和英・嶋田 透・高橋将晃・門 宏明・古賀克己・河口 豊, 染色体外DNA二重鎖切断の修復に関わるカイコ遺伝子の機能解析, 蚕糸学会本会, 2005.04.
117. 李 在 萬・日下部宜宏・河口 豊, カイコにおける構成的遺伝子発現系の構築と解析, 蚕糸学会本会, 2005.04.
118. 高橋将晃・ 日下部宜宏・河口 豊, UV照射によるS期チェックポイントの活性化について, 蚕糸学会本会, 2005.04.
119. 門宏明・日下部 宜宏・古賀克己・河口 豊, カイコにおける相同組換えに関わる遺伝子の機能解析, 蚕糸学会本会, 2005.04.
120. 何 寧佳・藤井 博・日下部宜宏・麻生陽一・伴野 豊・山本幸治, 大腸菌でのCI-b1の大量発現およびCI-b1結合タンパク質の探索, 蚕糸学会本会, 2005.04.
121. 千枝結香・飯山和弘・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, Pseudomonas aeruginosa gacA変異株のカイコに対する病原性(4), 蚕糸学会本会, 2005.04.
122. 飯山和弘・ 千枝結香・李 在萬・日下部宜宏・青木智佐・清水 進, カイコ感染時における緑膿菌スーパーオキシドジスムターゼの役割, 蚕糸学会本会, 2005.04.
123. 小島 桂・日下部宜宏・前田拓志・内野恵郎・小林 功・瀬筒秀樹・神田俊男・田村俊樹・玉田 靖, 一過性発現系によるカイコ絹糸腺でのプロモーター活性検定, 蚕糸学会本会, 2005.04.
124. Naoya Kawakami, Lee Jae Man, Yutaka Kawaguchi, Takahiro Kusakabe, Comparison of productive and non-productive Bombyx mori nucleopolyhedrovirus infection in selected insect cell lines, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, 2005.10.
125. Hitoshi Mitsunobu, Hiroaki Mon, Yutaka Kawaguchi, Takahiro Kusakabe, Establishment of fluorescent proteins-fusion systems in the silkworm, Bombyx mori, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, 2005.10.
126. Jae Man Lee, Masateru Takahashi, Hiroaki Mon, Yutaka Kawaguchi, Takahiro Kusakabe, Comparison of gene transfer efficiency into insect cells and tissues with different methods, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, 2005.10.
127. Hiroaki Mon, Ryohei Sugahara, Takahiro Kusakabe, Yutaka Kawaguchi, Double strand break repair by homologous recombination in silkworm cells, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, 2005.10.
128. Yoshito Kojin, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Yutaka Kawaguchi, Construction of silkworm gene silencing systems using bacurovirus mediated gene transfer, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, 2005.10.
129. Noriko Karasaki, Hiroaki Mon, Takahiro Kusakabe, Yutaka Kawaguchi, Katumi Koga, Construction of Tet-on gene expression system in silkworm, Bombyx mori, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, 2005.10.
130. Yukiko Ishikawa, Yoshiaki Kosaka, Hiroaki Mon, Lee Jae Man, Yutaka Kawaguchi, Takahiro Kusakabe, The expression profiles of silkworm RAD51 and DMC1 genes during the process of meiotic recombination, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, 2005.10.
131. Yuuka Chieda, Kazuhiro Iiyama, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki, Susumu Shimizu, Pathogenicity of gacA mutant of Pseudomonas aeruginosa PA01 in the silkworm, Bombyx mori, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, 2005.10.
132. Kazuhiro Iiyama, Yuuka Chieda, Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Chisa Yasunaga-Aoki, and Susumu Shimizu, The superoxide dismutases are required for full virulence of Pseudomonas aeruginosa to the silkworm, Bombyx mori, 5th Asia-Pacific Congress of Entomology, 2005.10.
133. ・李在萬・日下部宜宏・河口豊, 昆虫細胞における相同組換え関連遺伝子の機能解析, 日本分子生物学会, 2005.12.
134. 石川友紀子・小坂康士・門宏明・李在萬・河口豊・日下部宜宏, カイコ生殖巣における減数分裂期相同組換え関連タンパク質の動態, 日本分子生物学会, 2005.12.
135. 光延仁志・高橋将晃・門宏明・李在萬・日下部宜宏・河口豊, カイコヒストンH2A, H2AZ, H2AXのクローニングおよび機能解析, 日本分子生物学会, 2005.12.
136. 川上直哉・李在萬・日下部宜宏・河口豊, 改変バキュロウイルスによるカイコ卵巣移行効率の上昇, 日本分子生物学会, 2005.12.
137. 宮川世志幸・李 在 萬・古賀克己・河口 豊・日下部宜宏, カイコ精巣におけるAha1タンパク質の発現局在及び機能解析, 日本分子生物学会, 2004.12.
138. 荒神佳人・李 在 萬・日下部宜宏・河口 豊, バキュロウイルス形質転換法を利用したRNAiによるノックダウンベクターの開発, 日本分子生物学会, 2004.12.
139. 中山 岳・李 在 萬・日下部宜宏・河口 豊・古賀克己・神田俊男・田村俊樹, φC31 integraseによるカイコ染色体上での部位特異的遺伝子導入, 日本分子生物学会, 2004.12.
140. 唐崎紀子・門宏明・河口 豊・日下部 宜宏, カイコ培養細胞におけるTet-on systemを用いた遺伝子発現誘導システムの構築PKR, 日本分子生物学会, 2004.12.
141. 門宏明・日下部宜宏・河口 豊, カイコ染色体における相同組換え修復の解析, 日本分子生物学会, 2004.12.
142. 月岡春奈・日下部宜宏・岡野和広・三田和英・嶋田透・高橋将晃・門宏明・河口 豊, 昆虫の染色体外DNA二重鎖切断修復に関わる遺伝子の機能解析, 日本分子生物学会, 2004.12.
143. 日下部 宜宏, カイコDNAの損傷修復, 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト「カイコ」公開シンポジュウム&ワークショプ, 2004.09.
144. 河口豊・川上和孝・日下部宜宏・古賀克己, カイコ胚致死突然変異、長胴蚕Set の形質発現─Set 胚子の組織学的解析─, 日本蚕糸学会本会, 2004.03.
145. 荒神佳人・日下部宜宏・河口豊・古賀克己, バキュロウイルス形質転換法によるカイコノックダウンライブラリ−の作製, 日本蚕糸学会本会, 2004.03.
146. 高橋将晃・日下部宜宏・河口豊・古賀克己, カイコNbs1をコードするcDNAのクローニング, 日本蚕糸学会本会, 2004.03.
147. 門宏明・日下部宜宏・河口豊・古賀克己, カイコ染色体における相同組換え修復の解析, 日本蚕糸学会本会, 2004.03.
148. 宮川 世志幸、日下部 宜宏、河口 豊、古賀 克己, 精巣成熟に関わる新規クローンBm44 (BmAHA1)の機能解析, 日本分子生物学会本会, 2003.12.
149. 中山 岳、李在萬、日下部 宜宏、河口 豊、古賀 克己、田村 俊樹, φC31 integraseによるカイコ染色体上での部位特異的遺伝子導入, 日本分子生物学会本会, 2003.12.
150. 門 宏明、日下部 宜宏、河口 豊、古賀克己, 相同組換えを用いたカイコ染色体上へのDNA導入の検討, 日本分子生物学会本会, 2003.12.
151. 大崎 有紗、日下部 宜宏、青木 智佐、河口 豊、古賀 克己, 昆虫細胞内におけるNHEJ活性の解析, 日本分子生物学会本会, 2003.12.
152. 月岡 春奈、日下部 宜宏、岡野 和広、三田 和英、嶋田 透、高橋 将晃、門 宏明、河口 豊、古賀 克己, 昆虫における新規DNA二重鎖切断修復関連遺伝子単離の試み, 日本分子生物学会本会, 2003.12.
153. 門 宏明、日下部 宜宏、青木 智佐、李 在萬、河口 豊、古賀 克己, カイコ培養細胞におけるDNA二重鎖切断修復経路の解析, 日本蚕糸学会, 2003.03.
154. Takahiro Kusakabe; Hiroaki Mon; Haruna Tsukioka; Kazuhiro Okano; Kazuei Mita;Toru Shimada; Yutaka Kawaguchi; Katsumi Koga, Characterization of Homologous Recombination DNA Repair in Silkworm Cells, The 2003 joint meetings of the Korean society of sericultural science and the Japanese society of sericultural science, 2003.11.
155. 宮川世志幸・日下部宜宏・李在萬・河口 豊・古賀克己, 遺伝的組換えに欠損がみられる突然変異系統r20を用いた減数分裂期関連因子の解析, 日本蚕糸学会九州支部会, 2003.10.
156. Jae Man Lee; Takahiro Kusakabe; Yutaka Kawaguchi; Si-Kab Nho; Katsumi Koga, Construction of constitutive gene expression systems using the HSC70-4 and TCTP promoters, The 2003 joint meetings of the Korean society of sericultural science and the Japanese society of sericultural science, 2003.11.
157. 阪下 浩介、日下部 宜宏、青木 智佐、河口 豊、古賀 克己, カイコ PKR inhibitor (PKRI) の機能解析, 日本蚕糸学会, 2003.03.
158. 城戸 和美、日下部 宜宏、 北 佳織、河口 豊、古賀 克己, カイコにおける自然単為発生機構解析の試み, 日本蚕糸学会, 2003.03.
159. 月岡 春奈、日下部 宜宏、岡野 和広、三田 和英、嶋田 透、高橋 将晃、門 宏明、河口 豊、古賀 克己, カイコを用いたRNAiによる、DNA二重鎖切断修復関連遺伝子の単離, 日本蚕糸学会, 2003.03.
160. 前田 拓志、日下部 宜宏、中島 信彦、渋谷 典広、河口 豊、古賀 克己, バイシストロン性ベクターを用いた強制発現細胞株の作製, 日本蚕糸学会, 2003.03.
161. 前田拓志・日下部宜宏・河口豊・古賀克己, カイコ培養細胞への非ウイルス性遺伝子導入法の改善, 日本蚕糸学会九州支部会, 2003.10.
162. 高橋将晃・日下部宜宏・林亜紀・白尾吏・岡野和広・三田和英・嶋田透・河口豊・古賀克己, DNA損傷修復と細胞周期チェックポイントにおけるカイコMre11複合体の機能, 日本蚕糸学会九州支部会, 2003.10.
163. 日下部宜宏、宮川世志幸、河口豊、古賀克己, カイコ精巣における突然変異体の解析, 日本遺伝学会本会, 2002.11.
164. Jae Man Lee, Takahiro Kusakabe, Yutaka Kawaguchi, Chisa Yasunaga-Aoki, Si-Kab Nho and Katsumi Koga, Molecular characterization of the promoter and structure of complete sequence of the gene coding for the silkworm translationally controlled tumor protein(P23/TCTP), The 2002 joint meetings of the Korean society of sericultural science and the Japanese society of sericultural science, 2002.10.
165. Jaeman Lee, Takahiro Kusakabe, Yutaka Kawaguchi and Katsumi Koga, Molecular characterization of the translationally controlled tumor protein (TCTP/P23) promoter and complete sequence from the silkworm, Bombyx mori, 日本分子生物学会本会, 2002.12.
166. 門宏明、日下部宜宏、青木智佐、李在萬、河口豊、古賀克己, カイコ培養細胞における相同組換え修復の解析, 日本分子生物学会本会, 2002.12.
167. 大崎有紗、日下部宜宏、青木智佐、河口豊、古賀克己, カイコ培養細胞抽出液におけるNHEJ活性の解析, 日本分子生物学会本会, 2002.12.
168. 門宏明、日下部宜宏、青木智佐、李在萬、河口豊、古賀克己, カイコ培養細胞における相同組換え修復の解析, 日本分子生物学会本会, 2002.12.
169. 前田拓志、日下部宜宏、阪下浩介、河口豊、古賀克己, カイコribonuclease L inhibitor (RLI) ホモログの二本鎖 RNA に対する応答機構の解析, 日本分子生物学会本会, 2002.12.
170. 高橋将晃、日下部宜宏、林 亜紀、白尾 吏、岡野和広、三田和英、嶋田 透、河口 豊、古賀克己, DSB修復におけるカイコMre11、Rad50タンパク質の機能とそのノックダウンが細胞に与える影響, 日本分子生物学会本会, 2002.12.
171. Masateru Takahashi, Takahiro Kusakabe, Aki Hayashgi, Tsukasa Shirao, Kazuhiro Okano, Kazuei Mita, Toru Shimada, Yutaka Kawaguchi, Katsumi Koga, The roles of BmMre11 and BmRad50 protein in DSB repair, The 2002 joint meetings of the Korean society of sericultural science and the Japanese society of sericultural science, 2002.10.
172. Takahiro Kusakabe, Yoshitaka Miyagawa, Yutaka Kawaguchi, Katsumi Koga, Characterization of novel cDNA clone related to testis development in Bombyx mori, The 2002 joint meetings of the Korean society of sericultural science and the Japanese society of sericultural science, 2002.10.
173. 城戸和美、日下部宜宏、北佳織、河口 豊、古賀克己, カイコm90系統およびモザイク系統における自然単為発生機構解析の試み, 日本分子生物学会本会, 2002.12.
174. 宮川世志幸、日下部宜宏、河口豊、古賀克己, カイコの精巣成熟に関わる新規クローンの解析, 日本分子生物学会本会, 2002.12.
175. 李在萬、日下部宜宏、河口豊、古賀克己, カイコの熱ショック蛋白質HSC70-4のプロモーター領域を含む遺伝子の構造と発現解析, 日本蚕糸学会本会, 2002.04.
176. 河口豊、日下部宜宏、古賀克己, カイコ卵の精孔外部と精孔副枝とにおける形態変異, 日本蚕糸学会本会, 2002.04.
177. 大崎有紗、日下部宜宏、青木智佐、河口豊、古賀克己, カイコ培養細胞抽出液におけるNHEJ活性, 日本蚕糸学会本会, 2002.04.
178. 門宏明、日下部宜宏、青木智佐、李在萬、河口豊、古賀克己, カイコ培養細胞における相同組換え修復測定系の確立とその解析, 日本蚕糸学会本会, 2002.04.
179. 前田拓志、日下部宜宏、阪下浩介、河口豊、古賀克己, カイコribonuclease L inhibitor (RLI) ホモログのキャラクタリゼーション, 日本蚕糸学会本会, 2002.04.
180. 高橋将晃、日下部宜宏、林亜紀、白尾吏、岡野和広、三田和英、嶋田透、河口豊・古賀克己, カイコMre11、Rad50タンパク質の機能解析, 日本蚕糸学会本会, 2002.04.
181. 城戸和美、北佳織、日下部宜宏、河口豊、古賀克己, カイコm90系統およびモザイク系統における自然単為発生, 日本蚕糸学会本会, 2002.04.
182. 宮川世志幸、日下部宜宏、河口豊、古賀克己, 蚕の突然変異系統を用いた新規相同組換関連遺伝子の解析, 日本蚕糸学会本会, 2002.04.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」