九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
内海 健(うちうみ たけし) データ更新日:2019.05.31

教授 /  医学研究院 保健学部門 検査技術科


主な研究テーマ
新規臨床化学測定法の開発
キーワード:臨床化学 
2019.05~2022.05.
ミトコンドリアとがん
キーワード:ミトコンドリア がん
2016.05~2016.05.
ミトコンドリア蛋白p32の機能解析
キーワード:p32 , mitochondria , translation
2010.05~2018.05.
ミトコンドリア翻訳機構の解明ー内外の翻訳調節の連関
キーワード:ミトコンドリア 翻訳
2008.05~2012.05.
ミトコンドリア関連遺伝子と癌
キーワード:ミトコンドリア 、癌、翻訳、複製 siRNA
2007.06~2010.05.
ABCトランスポーター遺伝子群と疾病
キーワード:ABCトランスポーター, 腫瘍、Dubin-Johnson症候群
1998.04~2004.03.
外界ストレスに応答するYB1遺伝子の多機能性ー翻訳、転写、修復のクロストーク
キーワード:YB-1, 翻訳、転写、修復
1998.04~2008.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. 内海 健, Mutation and functional analysis of ABCC2/multidrug resistance protein 2 in a Japanese patient with Dubin-Johnson syndrome., Hepatol. Research, 43, 569-575, 2013.02.
2. Fukuda, T., Ashizuka, M., Nakamura, T., Shibahara,K., Maeda, K., Izumi, I., Kohno, K., Kuwano, M.,and Uchiumi,T.,, Characterization of 5'untranslated region of YB-1 mRNA and plausible regulation of translation., Nucleic Acid Res, 2004.01.
3. Kuwano, M., Uchiumi, T., Hayakawa, H., Ono, M., Wada, M., Izumi, H., and Kohno, K, The basic and clinical implications of ABC transporters, Y-box-binding protein-1 (YB-1) and angiogenesis-related factors in human malignancies., Cancer Sci, 10.1111/j.1349-7006.2003.tb01344.x, 94, 1, 9-14, 94: 9-14, 2003.01.
4. Kohno K, Izumi H, Uchiumi T, Ashizuka M, and Kuwano M, The pleiotropic functions of the Y-box-binding protein, YB-1, Bioessays, 10.1002/bies.10300, 25, 7, 691-698, 25: 691-698, 2003.01.
5. Ashizuka, M., Fukuda, T., Nakamura, T., Shirasuna, K., Iwai, K., Izumi, H., Kohno, K., Kuwano, M., and Uchiumi, T., Novel translational control through an iron-responsive element by interaction of multifunctional protein YB-1 and IRP2., Mol Cell Biol, 10.1128/MCB.22.18.6375-6383.2002, 22, 18, 6375-6383, 22: 6375-6383, 2002.01.
6. Hashimoto K.,Uchiumi T., Konno T., Ebihara T., Nakamura T., Wada M., Sakisaka S., Maniwa F., Amachi T., Ueda K., and Kuwano M., Trafficking and functional defects by mutations of the ATP-binding domains in MRP2 in patients with Dubin-Johnson syndrome., Hepatology, 10.1053/jhep.2002.36368, 36, 5, 1236-1245, 36:1236-1245, 2002.01.
7. Haga, S., Hinoshita, E., Ikezaki, K., Fukui, M., Scheffer, G. L., Uchiumi, T. and Kuwano, M., Involvement of the multidrug resistance protein 3 in drug sensitivity and its expression in human glioma., Jpn. J. Cancer Res, 92, 2, 211-219, 92: 211-219, 2001.01.
8. Hinoshita, E., Taguchi, K., Inokuchi, A., Uchiumi, T., Kinukawa, N., Shimada, M., Tsuneyoshi, M., Sugimachi, K. and Kuwano, M., Decreased expression of an ATP-binding cassette transporter, MRP2, in human livers with hepatitis C virus infection., J. Hepatology, 10.1016/S0168-8278(01)00216-1, 35, 6, 765-773, 35,765-773, 2001.01.
9. Inokuchi, A., Hinoshita, E., Wada, M., Iwamoto, Y., Kohno, K., Kuwano, M. and Uchiumi, T., Enhanced expression of Human Multidrug resistance protein 3 by bile salt in human enterocytes: a transcriptional control of plausible bile acid transporter., J. Biol. Chem., 10.1074/jbc.M104612200, 276, 50, 46822-46829, 276: 46822-46829, 2001.01.
10. Hinoshita, E., Uchiumi, T., Taguchi, K., Kinukawa, N., Tsuneyoshi, M., Maehara, Y., Sugimachi, K. and Kuwano, M., Increased expression of an ATP-binding cassette superfamily transporter, multidrug resistance protein 2, in human colorectal carcinomas., Clin Cancer Res, 6, 6, 2401-2407, 6:2401-2407, 2000.01.
11. Kawabe, T., Chen, Z., Wada, M., Uchiumi, T., Ono, M., Akiyama, S. and Kuwano, M., Enhanced transport of anticancer agents and leukotriene C4 by the human canalicular multispecific organic anion transporter (cMOAT/MRP2)., FEBS Lett., 10.1016/S0014-5793(99)00979-5, 456, 2, 327-331, 456: 327-331, 1999.01.
12. Tanaka,T., Uchiumi,T., Hinoshita,E., Inokuchi,A., Toh,S., Wada,M., Takano,H., Kohno,K., and Kuwano,M., The human multispecific resistance protein2 gene : functional characterization of 5'-flanking region and expression in hepatic cells., Hepatology, 30: 1507-1512, 1999.01.
13. Uchiumi, T., Hinoshita, E., Haga, S., Nakamura, T., Tanaka, T., Toh, S., Furukawa, M., Kawabe, T., Wada, M., Kagotani, K., Okumura, K., Kohno, K., Akiyama, S. and Kuwano, M., Isolation of a novel human canalicular multispecific organic anion transporter, cMOAT2/MRP3, and its expression in cisplatin-resistant cancer cells with decreased ATP-dependent drug transport., Biochem. Biophys. Res. Commun, 10.1006/bbrc.1998.9546, 252, 1, 103-110, 252: 103-110, 1998.01.
14. Uchiumi, T., Longo, D. and Ferris, D, Cell cycle regulation of PLK promoter., J. Bio. Chem, 272,9166-9174, 1997.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 内海 健, ミトコンドリアDNA維持制御因子とがん, 臨床化学, 2010.09.
主要学会発表等
1. 内海 健, ミトコンドリアタンパクp32の脳特異的ノックアウトマウスの分子基盤と新規診断マーカーの探索, 第55回 日本臨床化学会, 2015.10.
2. 内海 健, ミトコンドリア蛋白質p32のRAS依存性発ガン形質転換への関与, 第74回日本癌学会 , 2015.10.
3. 内海 健, KANG DONGCHON, 前立腺がんにおけるmtCK(mitochondria creatine kinase)発現様式とメタボローム, 第46回 日本臨床検査自動化学会, 2014.10.
4. 内海 健, ミトコンドリア蛋白質p32のRAS依存性発ガン形質転換への関与, 第61回 日本臨床検査医学会  , 2014.11.
5. 内海 健, 八木美佳子, KANG DONGCHON, 心筋特異的p32ノックアウトマウスは拡張型心筋症を発症するがmtUPR, autophagyを誘導し生存する, 第14回 日本ミトコンドリア学会, 2014.12.
6. 内海 健, KANG DONGCHON, 八木美佳子, Cardiomyocyte Specific Deletion of p32/C1qbp Causes Mitochondrial Cardiomyopathy, EuroMit, 2014.06.
7. 内海 健, p32/gC1qR is indispensable for fetal development and mitochondrial translation: importance of its RNA binding ability, ミトコンドリア学会, 2013.11.
8. Takeshi Uchiumi , Dongchon Kang, ERAL1 is localized in mitochondria matrix and knockdown of ERAL1 leads to cell cycle arrest and growth retardation, 第31回日本分子生物学会, 2008.12.
9. Takeshi Uchiumi, Tetsuro Wakasugi, Hiroto Izumi, Kimitoshi Kohno , ZNF143 interacts with p73 and involves in cisplatin resistance, 0th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, 2006.06.
学会活動
所属学会名
日本ミトコンドリア学会
日本臨床化学会
日本臨床検査学会
アメリカ癌学会
日本癌学会
日本分子生物学会
分子標的研究会
日本生化学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.11.19~2015.11.22, 臨床検査医学会, 座長(Chairmanship).
2015.10.30~2015.11.01, 第55回 日本臨床化学会, 座長(Chairmanship).
2014.11.22~2014.11.25, 第61回 日本臨床検査医学会, 座長(Chairmanship).
2014.12.03~2014.12.05, 第14回 日本ミトコンドリア学会, 座長(Chairmanship).
2011.11.17~2011.11.20, 第58回 日本臨床検査医学会, 座長(Chairmanship).
2011.12.13~2011.12.16, 第34回日本分子生物学会, 座長(Chairmanship).
2008.12.16~2008.12.18, 第8回日本ミトコンドリア学会, 座長(Chairmanship).
2009.09.18~2009.09.20, 第49回 日本臨床化学会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
受賞
日本臨床検査医学会 優秀賞, 日本臨床検査医学会, 2012.10.
がん分子標的治療研究会奨励賞, がん分子標的治療研究会, 2002.06.
上原記念生命科学研究奨励賞, 上原記念生命科学財団, 2003.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, 先天性門脈体循環シャント症候群を引き起こす遺伝的要因の解明.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, ミトコンドリア異常と代償的葉酸代謝亢進の分子基盤と予防栄養の探索.
2018年度~2020年度, 基盤研究(A), 分担, 網羅的代謝変化によるミトコンドリア異常疾患の病態解析とバイオマーカー探索.
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 代表, 抗老化に繋がるミトコンドリアストレス応答機構解明と診断分子の探索、有効性.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, ミトコンドリアRNAシャペロンp32の分子基盤と病態解析.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 代表, ミトコンドリア内外の協調的翻訳機構の分子基盤.
2006年度~2007年度, 基盤研究(C), 代表, 増殖性疾患でのCSD蛋白の発現と分子間ネットワーク.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2010年度~2010年度, 臨床検査医学研究振興基金研究奨励, 代表, ミトコンドリア蛋白p32の前立腺がんにおける発現・機能解析.
2010年度~2010年度, 黒住医学研究振興財団研究助成金, 代表, ミトコンドリア蛋白p32の意義と診断法の開発.
2006年度~2006年度, 産業医科大学 重点研究, 代表, 概日時計破綻、酸化ストレスによる生体反応ホメオスターシスの分子基盤.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」