九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
池田 典昭(いけだ のりあき) データ更新日:2019.07.23

教授 /  医学研究院 基礎医学部門 環境社会医学講座


主な研究テーマ
死後画像の法医学(死後経過時間推定)への応用
キーワード:死後画像、死後経過時間
2015.06~2018.03.
死後経過時間の推定に関する研究
キーワード:死後変化
2018.04~2022.03.
二酸化炭素中毒の研究
キーワード:二酸化炭素中毒、窒息、発現
2012.06~2015.06.
DNA型多型の法医学への応用
キーワード:DNA、親子鑑定
2008.06~2009.03.
窒息死の病理病態学的研究
キーワード:法医病理学 ,個人識別 ,窒息 ,呼吸 ,循環 ,突然死 ,脳死 ,ピンク歯 ,年齢推定 ,恥骨結合
1997.12~2003.12.
医療過誤の法医病理学的研究
キーワード:医療事故、医療過誤、賠償科学
2000.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. N. Nishida, N. IKEDA, K. Kudo, A. Tsuji, K. Kiyoshima, Forensic significance of conduction system abnormalites as a precise cause of accidental death, Internationa Journal of legal Medicine, 10.1007/s00414-002-0334-7, 116, 6, 344-349, Vol.116, 344-349, 2002.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本医事法学会
日本DNA多型学会
日本法医学会
日本賠償科学会
日本SIDS・突然死予防学会
日本犯罪学会
学協会役員等への就任
2016.08~2016.04, 日本医事法学会, 理事.
2013.07~2017.06, 日本法医学会, 理事長.
2011.06~2017.06, 日本犯罪学会, 理事.
2006.06~2011.06, 日本法医学会, 理事.
2002.04~2005.12, 日本犯罪学会, 評議員.
2005.04~2007.12, 日本法医学会, 理事.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2005.04~2015.12, Legal Medicine, 国際, 編集委員長.
2005.04~2012.03, 日本法医学雑誌, 国内, 編集委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度 50      50 
2014年度 60        60 
2013年度 40        40 
2012年度 35        35 
2011年度 30        30 
2010年度 20      23 
2003年度 10      14 
受賞
日本犯罪学会賞, 日本犯罪学会, 2015.11.
栃木県警察本部長感謝状, 栃木県警察本部, 2014.08.
法務大臣感謝状, 法務省, 2010.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2014年度~2015年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 医療機関外死亡における死後画像診断の実施に関する研究.
2009年度~2010年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, 診療関連死における剖検に関する実態および意識調査.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」