九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
磯谷 明德(いそがい あきのり) データ更新日:2018.06.26

教授 /  経済学研究院 経済工学部門 政策分析


教育活動概要
 大学院では、「比較経済制度特研Ⅰ」(前期)、「比較経済制度特研Ⅱ」(後期)を担当。2012年度からは、大学院生の構成にもとづいて、現代中国経済を理解することに焦点をあてた考察を行っている。
 各年度の大学院での講義テーマは、次の通りである。
 2013年度前期の講義テーマは「現代中国経済を理解する」。2013年度後期の講義テーマは「アジア資本主義の多様性を知る」。
 2014年度前期の講義テーマは「現代中国経済を理解する:制度から見る」。2014年度後期は前年度のテーマの継続。
 2015年度前期の講義テーマは「中国経済の成長持続性を考える」。2015年度後期の講義テーマは「ユーロ危機とEUの政治経済学」。
 2016年度前期の講義テーマは「『中国型』資本主義・再訪」。2016年度後期の講義テーマは「ユーロ危機とEUの政治経済学」。
 2017年度前期の講義テーマは「中国経済と制度分析」。2017年度後期の講義テーマは「比較経済システム論を理解する」。
 2018年度前期の講義テーマは「現代中国経済と開発経済学」。2018年度後期の講義テーマは「比較制度分析のフロンティアを学ぶ」。
 また、修士論文執筆予定者に対しては、月1回の論文指導、さらに、G30 国際コース所属の院生、中国人民大学とのダブルディグリー院生、日本人院生、博士課程院生のそれぞれについては、不定期の個別指導を実施している。

 学部では、「比較制度」、「経済工学基本演習」(後期)、「経済工学演習」(通年)などを担当。「比較制度」(3・4年生向け)では、制度経済学の基本的枠組みを、貨幣、労働という2つの視軸から学習し理解する。「経済工学演習」(3・4年生向け)では、現代経済学の基礎を再確認する学習を行い、その上で現代的なトピックスに関わる諸文献を読む。また「経済工学基本演習」(2年生向け)では、3年次以降の演習(ゼミナール)にスムーズに移行できるような能力を養うことを目的としている。具体的には、少人数の演習という場を通して、日本経済の今をどう見るかという観察眼と理解力を高めること主たる目的とする。
担当授業科目
2018年度・通年, 経済工学演習③.

2018年度・通年, 経済工学演習④.

2018年度・前期, 生命保険の機能と特徴.

2018年度・秋学期, 経済工学プレセミナー.

2018年度・前期, 比較経済制度特研Ⅰ.

2018年度・後期, 比較経済制度特研Ⅱ.

2018年度・前期, Topics in Economics (Comparative Institutional Analysis Ⅰ).

2018年度・後期, Topics in Economics (Comparative Institutional Analysis Ⅱ).

2017年度・通年, 経済工学演習①.

2017年度・通年, 経済工学演習②.

2017年度・前期, 比較制度.

2017年度・前期, 比較経済制度特研Ⅰ.

2017年度・後期, 比較経済制度特研Ⅱ.

2017年度・前期, Topics in Economics (Comparative Institutional Analysis I).

2017年度・後期, Topics in Economics(Comparative Institutional AnalysisⅡ).

2016年度・後期, 比較経済制度特研Ⅱ.

2016年度・前期, 比較経済制度特研Ⅰ.

2016年度・通年, 経済工学演習.

2016年度・通年, 比較制度.

2015年度・通年, 経済工学演習.

2015年度・後期, 比較経済制度特研Ⅱ.

2015年度・前期, 比較経済制度特研Ⅰ.

2015年度・前期, 経済学入門.

2014年度・後期, 経済工学基本演習.

2014年度・通年, 21世紀プログラム シニアゼミ.

2014年度・通年, 経済工学演習.

2014年度・後期, 比較経済制度特研Ⅱ.

2014年度・前期, 比較経済制度特研Ⅰ.

2013年度・通年, 21世紀プログラム シニアゼミ.

2013年度・後期, 比較経済制度特研Ⅱ.

2013年度・前期, 比較経済制度特研Ⅰ.

2013年度・通年, 経済工学演習.

2012年度・後期, 比較経済制度特研Ⅱ.

2012年度・前期, 比較経済制度特研Ⅰ.

2012年度・通年, 経済工学演習.

2012年度・後期, 21世紀プログラム シニアゼミ.

2012年度・後期, 文系基礎 経済学.

2012年度・後期, 経済工学基本演習.

2012年度・前期, 経済工学特別演習.

2011年度・後期, 比較制度.

2011年度・後期, 文系コア 経済学.

2011年度・後期, 経済工学基本演習.

2011年度・後期, 比較経済制度特研Ⅱ.

2011年度・前期, 比較経済制度特研Ⅰ.

2011年度・通年, 経済工学演習.

2011年度・前期, コア・セミナー.

2010年度・後期, 文系コア 経済学.

2010年度・後期, 経済工学基本演習.

2010年度・後期, 比較経済制度特研Ⅱ.

2010年度・前期, 比較経済制度特研Ⅰ.

2010年度・前期, マクロ経済学.

2010年度・通年, 経済工学演習.

2010年度・前期, コア・セミナー.

2009年度・後期, 文系コア 経済学.

2009年度・後期, 比較経済制度特研Ⅰ.

2009年度・通年, 経済工学演習.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・前期, 経済工学特別演習.

2009年度・前期, 比較制度.

2009年度・前期, マクロ経済学.

2008年度・後期, 比較経済制度特研Ⅰ.

2008年度・前期, マクロ経済学.

2008年度・後期, 共通コア.

2008年度・後期, 経済工学基本演習.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・前期, 経済工学演習.

2007年度・前期, 比較経済制度特研I.

2007年度・後期, 比較経済制度特研Ⅱ.

2007年度・前期, 経済学入門.

2007年度・通年, 経済工学演習.

2007年度・後期, 比較制度.

2007年度・後期, 経済工学基本演習.

2006年度・後期, 労働・雇用分析特研Ⅱ.

2006年度・前期, 労働・雇用分析特研Ⅰ.

2006年度・前期, ミクロ経済学入門.

2006年度・前期, 外国書講読(英語経済).

2006年度・後期, 比較制度.

2006年度・通年, 経済工学演習.

2005年度・前期, 比較制度.

2005年度・後期, 労働・雇用分析研究Ⅱ.

2005年度・前期, 労働・雇用研究Ⅰ.

2005年度・後期, 労働・雇用分析特研Ⅱ.

2005年度・前期, 労働・雇用分析特研Ⅰ.

2005年度・前期, 外国書講読(英語経済).

2005年度・後期, 政治経済学入門.

2004年度・前期, 労働・雇用分析特研Ⅰ.

2004年度・前期, 労働・雇用研究Ⅰ.

2004年度・後期, 労働・雇用分析特研Ⅱ.

2004年度・後期, 労働・雇用分析研究Ⅱ.

2004年度・前期, マクロ経済学入門.

2004年度・後期, 経済工学基本演習.

2004年度・前期, 比較制度.

2003年度・後期, 政治経済学.

2003年度・通年, 経済工学演習.

2003年度・後期, 比較制度.

2003年度・後期, 労働・雇用分析研究Ⅱ.

2003年度・後期, 労働・雇用分析特研Ⅱ.

2003年度・前期, 労働・雇用研究Ⅰ.

2002年度・前期, 経済工学特別演習.

2003年度・前期, 労働・雇用分析特研Ⅰ.

2002年度・前期, 経済学特講Ⅱ.

2002年度・後期, 政治経済学.

2002年度・通年, 経済工学演習.

2002年度・後期, 労働・雇用分析研究Ⅱ.

2002年度・後期, 労働・雇用分析特研Ⅱ.

2002年度・前期, 労働・雇用分析研究Ⅰ.

2002年度・前期, 労働・雇用分析特研Ⅰ.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.06, 部局, 参加, 経済学研究院FD研修会.

2016.06, 部局, 参加, 経済学研究院FD研修会.

2014.06, 部局, 参加, 経済学研究院FD研修会.

2012.04, 部局, 参加, 経済学研究院FD研修会.

2011.04, 部局, 参加, 経済学研究院FD研修会.

2010.04, 部局, 参加, 経済学研究院FD研修会.

2009.04, 部局, 参加, 経済学研究院FD研修会.

2008.04, 部局, 参加, 経済学研究院FD研修会.

2007.03, 全学, 参加, 第3回全学FD.

2004.03, 部局, 参加, 大学院経済学研究院FD会議.

学生のクラス指導等
2018年度, 学部, プレセミナー担当教員.

2011年度, 学部, クラス指導教員(コアセミナー担当教員).

2010年度, 学部, クラス指導教員(コアセミナー担当教員).

2009年度, 学部, クラス指導教員.

2009年度, 学部, 学生委員会委員長.

2009年度, 全学, 学生委員会委員.

2008年度, 全学, 学生委員会委員.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2018年度, 熊本学園大学・水俣学研究センター・客員研究員, 2018年4月~2019年3月, 国内.

2017年度, 九州産業大学・経済学部, 前学期, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 熊本学園大学・水俣学研究センター・客員研究員, 2017年4月~2018年3月, 国内.

2016年度, 熊本学園大学・水俣学研究センター・客員研究員, 2016年4月~2017年3月, 国内.

2015年度, 熊本学園大学・水俣学研究センター・客員研究員, 2015年4月~2016年3月, 国内.

2015年度, 中央大学商学研究科, 後学期, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 熊本学園大学・水俣学研究センター・客員研究員, 2014年4月~2015年3月, 国内.

2014年度, 中央大学商学研究科, 後学期, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 熊本学園大学・水俣学研究センター・客員研究員, 2013年4月~2014年3月, 国内.

2012年度, 中央大学商学研究科, 後学期, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 熊本学園大学・水俣学研究センター・客員研究員, 2012年4月~2013年3月, 国内.

2011年度, 中央大学商学研究科, 後学期, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 熊本学園大学・水俣学研究センター・客員研究員, 2011年4月~2012年3月, 国内.

2011年度, 大分大学・経済学部, 前学期, 集中講義, 国内.

2011年度, 熊本学園大学・社会福祉学部, 秋学期・火曜, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 熊本学園大学・水俣学研究センター・客員研究員, 国内.

2010年度, 中央大学商学研究科, 後学期, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 熊本学園大学・社会福祉学部, 秋学期・火曜, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 大分大学・経済学部, 前学期, 集中講義, 国内.

2009年度, 熊本学園大学・社会福祉学部, 秋学期・火曜, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 熊本学園大学・社会福祉学部, 秋学期、火曜日, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2016.11, The 11th Joint Conference by Kyushu University, Renmin University of China and Nanjing University; Prospects and Cooperation: Sino-Japanese Ecinomic Growth, China: Beijing, Faculty of Economics, Renmin University of China , 40.

2015.11, The 10th Joint Conference by Kyushu University, Renmin University of China and Nanjing University; Which Directin Does the East Asian Economy Move Towards?, Japan, Fukuoka, Faculty of Economics, Kyushu University, 40.

2014.07, Yokohama International Conference on Evolving Diversity and Interdependence of capitalisms: EU-Asia Comparative Analysis, Yokohama City, Japan, Study Group of Economic Institutions in Japan, Japan Association for Evolutionary Economics and Yokohama National University, 30.

2013.12, Yokohama International Seminar on Evolving Diversity of Capitalisms and Firms: Asia and Europe, Yokohama City, Japan, Study Group of Economic Institutions in Japan, Japan Association for Evolutionary Economics and Yokohama National University, 30.

2010.08, Yokohama International Seminar on "The Diversity and Transformations of Asisan Capitalisms", Japan, Yokohama, Yokohama National Uiversity, 40.

2009.07, International Seminar on "Japan within Asian Economic Integration: Assessing Recent Transformations", France, Paris, EHESS, 50.

その他の特筆すべき教育実績
2010.03, 2010年3月15日に、経済学部EEPにおける中国人民大学への出前講義として、次のテーマの講義を中国人民大学の学部高年次生を対象に行った。講義テーマ:Transformation and Evolution of the Japanese Corporate System since the 1990s..


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」