九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
磯谷 明德(いそがい あきのり) データ更新日:2019.05.25

教授 /  経済学研究院 経済工学部門 政策分析


主な研究テーマ
地域経済統合における経済制度の多様性と成長体制の相互依存性:EU・アジア比較分析
キーワード:地域経済統合、EU、アジア、制度の多様性、成長体制
2018.04~2021.03.
国際生産ショック後の東アジア産業システムと企業システムの進化的多様性
キーワード:東アジア資本主義、国際生産ショック、多様性、進化的適応、国際バリューチェーンの再編、国際産業連関分析
2013.04.
アジア資本主義の多様性と変容に関する理論的・実証的研究
キーワード:地域統合、グローバリゼーション、資本主義の多様性、システムの変容、ハイブリッド・モデル、金融危機
2009.04~2013.03.
日本的企業システムの変容に関する進化的制度経済学アプローチ
キーワード:日本企業、制度経済学、進化経済学、多様性、制度的補完性、制度階層化、企業の異質性、新しいハイブリッド化
2008.04.
制度経済学の理論的体系化
キーワード:制度経済学、進化経済学、レギュラシオン理論、社会経済システムの制度分析、ミクロ・マクロ・ループ
1994.04.
日本経済の制度分析とその動態過程の解明
キーワード:階層的市場−企業ネクサス、構造的両立性、構造効果、複合的調整メカニズム、制度化された失業コスト
1995.04.
日本の労働市場と雇用システムの比較制度分析
キーワード:日本型雇用システム、雇用の流動化、インセンティブとフレキシビリティ、エンプロイアビリティ、制度的多様性
2000.04~2006.03.
従事しているプロジェクト研究
地域経済統合における経済制度の多様性と成長体制の相互依存性:EU・アジア比較分析
2018.04~2021.03, 代表者:植村博恭, 横浜国立大学 国際社会科学研究院.
国際生産ショック後の東アジア産業システムと企業システムの進化的多様性に関する国際共同研究
2013.04~2017.03, 代表者:植村博恭, 横浜国立大学, 横浜国立大学(Japan)
.
Diversity and Transformations of Asian Capitalisms に関する日・仏・中・韓共同研究
2009.04~2013.03, 代表者:R. Boyer, 植村博恭、磯谷明徳, CNRS,横浜国立大学、九州大学, CNRS and EHESS (France),横浜国立大学(Japan),九州大学(Japan)
.
研究業績
主要著書
1. 磯谷 明德, 遠山弘徳, 植村博恭, モラル・エコノミー:インセンティブか善き市民か, NTT出版, 2017.03.
2. AKINORI ISOGAI, Robert Boyer, Hiroyasu Uemura, Capitalismes asiatiques: Diversite et transformations, Presses universitaires de Rennes, 2015.06.
3. 磯谷 明德, ブックガイドシリーズ 基本の30冊 経済学, 人文書院, 497ページ, 2014.06.
4. 磯谷 明德, 植村博恭, 宇仁宏幸, 山田鋭夫, 転換期のアジア資本主義, 藤原書店, 497ページ, 2014.04.
5. 磯谷 明德, 植村博恭, 塩沢由典, 制度と進化のミクロ経済学, NTT出版, 572ページ, 2013.07.
6. AKINORI ISOGAI, Robert Boyer, Hiroyasu Uemura, Diversity and Transformations of Asian Capitalisms, Routledge, 2012.04.
主要原著論文
1. 磯谷 明德, 制度主義の再生とその後―制度経済学のミクロ的側面を中心に, 経済理論学会, 第54巻, 第2号, 2017.07, This article provides some reflections on the resurgence of Institutionalism and after, which was caused by rapid transformations of the modern economics itself since the mid-1970s, especially in the research field of microeconomics. Since then, we have certainly experienced an ‘institutional turn’ in the modern economics and a multitude of institutional approaches are currently flourishing in the social sciences.
In this article, we firstly deal with the intellectual genealogy of the new institutional economics (NIE) represented by Ronald Coase, Oliver Williamson and Douglass North, which has achieved broad successes and is making a significant impact on economics. While recognizing their substantial achievements, we can point out that these three thinkers had contrasting views on key points. In particular, the institutional and cognitive approach to economic change adopted by D. North occupies the special and important place in the NIE. It can be pointed out that there are sizeable overlaps between North's institutional and cognitive view and the original institutional economics (OIE). From this point, it is argued that the NIE can learn from the OIE, particularly when elaborating more truly dynamic analyses of institutional changes, and developing more nuanced and empirical viable theories of human motivation.
Likewise, it can be argued that the institutions-as-cognitive-media-view recently adopted in M. Aoki's comparative institutional analysis (CIA) shares a common problem awareness and problem setting with the OIE, concerning the circular and cumulative process of self-reinforcement between institutions and individual actors.
Finally, we make mention of two new developments in the institutional economics, which will have a possibility to open up new frontiers of theoretical and empirical analyses on institutions and institutional changes..
2. 磯谷 明德, 制度経済学:一世紀の時を経て再生・復活、経済システムの多元性と進化の経済学へ, 2015.10.
3. 磯谷 明德, 戦後日本の化学工業の変容、チッソと労働組合, 大原社会問題研究所雑誌, 675, 16-34, 2015.01.
4. 磯谷 明德, The Economics of Institutions in Japan: A Critique to the Comparative Institutional Analysis (with Uemura, H.), The Association Recherche and Regulation, Reprinted in Robert Boyer ed., La theorie de la regulation au fil de temps, The Association Recherche and Regulation., 2014.07.
5. 磯谷 明德, Tansformation of the Japanese Corporate System and Possibilities of the "New J-type Firm" Re-examined, Discussion Paper No. 2014-1, Faculty of Ecnomics, Kyushu University, 2014.01.
6. 磯谷 明德, 西 洋, 植村博恭, アジア資本主義の制度的階層性とマクロ経済的多様性, 経済理論学会, 2012.10.
7. 磯谷 明德, 日本的企業システムの変容と新しいJ型企業の可能性, 経済理論学会, 2012.10.
8. 磯谷明徳, フォーカル・ポイントとしての企業文化:ゲーム論的接近, 進化経済学会論集, 2011.03.
9. 磯谷明徳, 日本的企業システムの変容と進化, 進化経済学会論集, 2010.03.
10. 磯谷明徳, 日本型企業システムの変容と雇用・再論, 経済学研究, 第76巻, 第4号, 41-66, 2010.01.
11. 磯谷 明德, 日本型企業システムの変容と雇用・再論, 経済理論学会, 2009.10.
12. 磯谷明徳, 日本型企業システムの変容と制度の階層的ネクサス, 進化経済学会論集第13集, 2009.03.
13. 磯谷明徳, 日本型企業システムの変容と雇用--収斂か拡散か、それともハイブリッド化か, 季刊 経済理論, 第45巻第3号、pp.9-22, 2008.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 磯谷明徳, 「非中国屋」による文献サーベイ:中国経済研究の現在
, 九州大学経済学部同窓会報, 2017.11.
2. 磯谷明徳, トマ・ピケティ『21世紀の資本』を読み解く
, 九州大学経済学部同窓会報, 2015.11.
3. 磯谷 明德, 植村博恭, 書評:Kiichiro YAGI, Nobuharu YOKOKAWA, Shinjiro HAGIWARA and Gary A. DYMSKI (eds.) “Crisis of Global Economies and the Future of Capitalism”, 季刊 経済理論, 2014.10.
主要学会発表等
1. 磯谷 明德, 「制度主義的転回」後の制度経済学:新たな展開の可能性, 進化経済学会, 2018.07.
2. 磯谷 明德, チッソの技術戦略と製品戦略における経路依存性―1950年から1971年まで―, 進化経済学会, 2015.03.
3. 磯谷 明德, Kiichiro Yagi et al. (eds.) Crisis of Global Economies and the Future of Capitalism,Routledge, 2013 を読む , 経済理論学会, 2014.10.
4. 磯谷 明德, 戦後日本の化学工業の変容、チッソと労働組合, 社会政策学会, 2014.06.
5. 磯谷 明德, Transformations of the Japanese Corporate System and Possibilities of the "New J-type Firm" Re-examined, European Association for Evolutionary Political Economics, 2013.11.
6. 磯谷 明德, 日本的企業システムの変容と新しいJ型企業の可能性, 経済理論学会, 2012.10.
7. 磯谷 明德, 西 洋, 植村博恭, アジア資本主義の制度的階層性とマクロ経済的多様性, 経済理論学会, 2012.10.
8. 磯谷 明德, 資本主義の多様性論から見たアジア資本主義:Boyer, Uemura and Isogai (eds.) Diversity and Transformations of Asian Capitalisms, Routledge, 2011から考える, 経済理論学会西南部会, 2012.06.
9. Akinori ISOGAI, Transformation and Evolution of the Japanese Corporate System, European Association for Evolutionary Political Economics, 2011.10.
10. 磯谷明徳, S・ボウルズの進化的社会科学をめぐって:ラディカル政治経済学から進化的社会科学へ, 進化経済学会第16回大会, 2012.03.
11. 磯谷明徳, Boyer, Uemura and Isogai (eds.) Diversity and Transformations of Asian Capitalisms: A De Fact Regional Integration, Routledge, 2011 の編集を終えて, 進化経済学会九州部会, 2011.03.
12. 磯谷明徳, フォーカル・ポイントとしての企業文化:ゲーム論的接近, 進化経済学会第15回大会, 2011.03.
13. 磯谷明徳, 日本的企業システムの変容と進化, 進化経済学会第14回大会, 2010.03.
14. 磯谷明徳, 日本型企業システムの変容と雇用・再論, 経済理論学会第57回大会, 2009.11.
15. Isogai Akinori, The Transformation of the Japanese Corporate System and the Hierarchical Nexus of Institutions, 2009.07.
16. 磯谷明徳, 日本型企業システムの変容と制度の階層的ネクサス, 進化経済学会, 2009.03.
17. Akinori, Isogai, The Transformation of the Japanese Corporate System and Employment since the mid-1990s, 2008.08.
18. 磯谷明徳, 現代経済学への展望--『わかる現代経済学』(朝日新書)を材料に, 進化経済学会九州部会, 2008.03.
19. 磯谷明徳, 「資本主義の多様性」論を比較する, 進化経済学会現代日本の経済制度研究部会, 2007.04.
20. 磯谷明徳, 進化経済学における制度問題, 進化経済学会, 2006.09.
21. 磯谷明徳, 『制度経済学のフロンティア』をめぐって, 進化経済学九州部会, 2005.11.
22. 磯谷明徳, 制度経済学のエッセンスは何か--制度経済学の5命題をめぐって--, 進化経済学会九州部会, 2004.03.
23. 磯谷明徳, 知識・制度・組織能力--企業論の視点から--, 進化経済学会第6回大会, 2002.03.
24. 磯谷明徳, 市場・制度・行動--「ミクロ・マクロ・ループ」の視点から--, 経済史学会第64回大会50周年記念シンポジウム, 2000.11.
25. 磯谷明徳, シンポジウム:進化経済学の可能性を探る, 進化経済学会2000年度オータム・コンファレンス, 2000.09.
26. 磯谷明徳, <制度の経済学>をいかに進めるか, 進化経済学会九州部会, 1999.10.
27. 磯谷明徳, 制度分析の可能性と進化経済学, 進化経済学会第3回大会, 1999.03.
28. 磯谷明徳, アジア金融危機から経済学は何を学ぶか, 進化経済学会オータム・コンファレンス, 1998.09.
学会活動
所属学会名
企業と社会フォーラム
The Association for Evolutionary Political Economy (EAEPE)
進化経済学会
日本経済学会
経済学史学会
経済理論学会
学協会役員等への就任
2019.04~2022.03, 経済理論学会, 幹事.
2018.06~2020.06, 進化経済学会, 副会長.
2015.04, 進化経済学会・日本経済の制度分析部会, 部会長.
1997.04, 進化経済学会九州部会, 事務局.
2007.04~2016.06, 経済理論学会, 幹事.
2006.04, 進化経済学会, 理事.
2000.04~2006.03, 進化経済学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.16~2019.03.17, 進化経済学会名古屋大会, 司会.
2018.03.29~2018.03.30, 進化経済学会九州大会, 大会実行委員長.
2017.03.24~2017.03.25, 進化経済学会京都大会, 司会者.
2016.03.26~2016.03.27, 進化経済学会, 司会(Moderator).
2014.10.25~2014.10.26, 経済理論学会, コメンテータ.
2014.03.15~2014.03.16, 進化経済学会, 司会(Moderator).
2013.10.05~2013.09.06, 経済理論学会, 司会(Moderator).
2013.03.16~2013.03.17, 第17回進化経済学会, 座長(Chairmanship).
2012.10.06~2012.10.07, 第60回経済理論学会, コメンテータ.
2012.10.06~2012.10.07, 第60回経済理論学会, 座長(Chairmanship).
2012.03.17~2012.03.18, 第16回進化経済学会, 座長(Chairmanship).
2011.09.17~2011.09.18, 第59回経済理論学会, コメンテータ.
2011.09.17~2011.09.18, 第59回経済理論学会, 座長(Chairmanship).
2010.10.23~2010.10.24, 第58回経済理論学会, コメンテータ.
2010.10.23~2010.10.24, 第58回経済理論学会, 司会(Moderator).
2010.03.27~2010.03.28, 第14回進化経済学会, コメンテータ.
2010.03.27~2010.03.28, 第14回進化経済学会, 座長(Chairmanship).
2009.11.22~2009.11.23, 第57回経済理論学会, コメンテータ.
2009.11.22~2009.11.23, 第57回経済理論学会, 座長(Chairmanship).
2008.10.25~2008.10.26, 第56回経済理論学会.
2009.03.28~2009.03.29, 第13回進化経済学会.
2008.03.01, 第12回進化経済学会, 座長(Chairmanship).
2007.10.01, 第55回経済理論学会, コメンテータ.
2007.03.01, 第11回進化経済学会, 座長(Chairmanship).
2006.03.01, 現代規範理論研究会, パネラー.
2006.03.01, 第10回進化経済学会, 座長(Chairmanship).
2004.03.01, 第8回進化経済学会, 座長(Chairmanship).
2003.03.01, 第7回進化経済学会, 座長(Chairmanship).
2002.03.01, 第6回進化経済学会, 座長(Chairmanship).
2016.09.09~2016.09.09, 国際コンファレンス:国際生産ショック後の東アジア産業システムと企業システム(科学研究費国際共同研究プロジェクト), 討論者.
2015.11.20~2015.11.20, The 10th Joint Conference by Kyushu University, Renmin University of Chaina and Nanjing University, 主催.
2014.07.19~2014.07.19, Yokohama International Conference on Evolving Diversity and Interdependence of Capitalisms: EU-Asia Comparative Analysis, discussant.
2013.12.15~2013.12.15, Yokohama International Seminar on Evolving Diversity of Capitalisms and Firms: Asia and Europe, discussant.
2013.12.11~2013.12.11, ブルーノ・アマーブル研究会, discussant.
2012.03.13~2012.03.13, 進化経済学会九州部会, 主催者、コメンテータ.
2008.10.25~2008.10.26, 経済理論学会第56回大会, 大会準備委員会・事務局長.
2007.04.01~2016.09.11, 国際セミナー「社会経済レジームの多様性とその将来」.
2005.09.01~2016.09.11, YNU/KIEP International Conference on Economic Integration and Structural Change in East Asia, Discussant.
2003.02.01~2016.09.11, 国際シンポジウム「EUと東アジアにおける国際的経済統合」, コメンテーター.
2003.03.01, 進化経済学会, コメンテーター.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.04, The Japanese Political Economy, 国際, Advisory Board.
2013.04~2014.04, 転換期のアジア資本主義, 国内, 編者.
2010.06~2012.02, Diversity and Transformations of Asian Capitalisms, 国際, editor.
2012.03~2013.02, 季刊 経済理論, 国内, 編集委員長.
2011.03~2012.02, 季刊 経済理論, 国内, 編集委員.
2006.09, Evolutionary and Institutional Economics Review, 国内, 編集委員.
2004.04~2007.03, 進化経済学会編『進化経済学ハンドブック』, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2016年度    
2015年度    
2014年度    
2013年度    
2012年度    
2011年度      
2010年度    
2009年度    
2008年度      
2007年度      
2006年度      
2005年度      
2004年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
中国人民大学, China, 2018.04~2018.04.
University of Qeensland, Australia, 2018.03~2018.03.
中国人民大学, China, 2017.04~2017.04.
中国人民大学, China, 2016.11~2016.11.
中国人民大学, China, 2016.04~2016.04.
国立台湾大学, Taiwan, 2016.03~2016.03.
中国人民大学, China, 2015.04~2015.04.
University of Paris 13, Ecole de Hautes Etudes en Science Sociales, Foundation France-Japon, France, 2013.10~2013.11.
TECH-Gate Vienna, University of Salzburg, Austria, 2011.10~2011.11.
Universite Montesquieu-Boreaux IV, France, 2010.10~2010.11.
New School for Social Research, UnitedStatesofAmerica, 1988.04~1988.12.
外国人研究者等の受入れ状況
2008.10~2008.10, 2週間未満, EHESS, France, 経済学研究院国際交流基金.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, 地域経済統合における経済制度の多様性と成長体制の相互依存性:EU・アジア比較分析.
2013年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, 国際生産ショック後の東アジア産業システムと企業システムの進化的多様性.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 分担, 東アジア経済統合のもとでの企業の進化的多様性と産業システムのダイナミズム.
2003年度~2004年度, 一般研究(C), 代表, 制度経済学の理論的パースペクティブ--企業論における情報、知識、組織能力の視点から--.
2001年度~2003年度, 基盤研究(B), 分担, 経済制度の補完性と経済調整の安定性との関連の研究.
1997年度~1998年度, 基盤研究(C), 代表, 「制度の経済学」と社会経済システムの制度分析--政治経済学の再構築のために--.
1996年度~1998年度, 基盤研究(B), 分担, 制度の政治経済学の体系化.
1995年度~1997年度, 基盤研究(A), 分担, 国際経済環境と産業構造が変化する中での日本型資本主義の調整様式の変容に関する研究--社会制度的・計量的分析--.
1995年度~1997年度, 基盤研究(B), 分担, 経済学における「法と制度」の位置と役割に関する学説史的研究--英米を中心に--.
1994年度~1994年度, 一般研究(C), 代表, 「現代」制度派経済学研究--市場と制度の動態に関する新しい理論動向をめぐって--.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2010年度~2014年度, 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 分担, 人類の負の遺産としての公害、水俣病を将来に活かす水俣学研究拠点の構築.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2000.04~2001.03, 分担, 市場経済の神話とその変革.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」