九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
新居 俊作(にい しゆんさく) データ更新日:2019.05.13

准教授 /  数理学研究院 数学部門


主な研究テーマ
相転移の位相的起源の研究
キーワード:相転移, 位相幾何学
2013.04~2024.06.
力学系の分岐理論と一次元放物型方程式の進行波の安定性理論
キーワード:ホモ/ヘテロクリニック分岐 ,進行波 ,線型化固有値問題 ,位相的方法
1992.04~2024.03.
研究業績
主要原著論文
1. Shunsaku Nii, Genericity of interactions with potentials being Morse functions, Journal of Geometry and Physics, 10.1016/j.geomphys.2018.03.013, 129, 233-237, 2018.07, [URL], Potential functions defined on a d-dimensional lattice by nearest neighbor coupling are considered. The question is whether the potential functions are Morse functions. It is shown that for generic nearest neighbor couplings the potential functions are Morse functions for any system size..
2. Ayuki Sekisaka, Shunsaku Nii, Computer assisted verification of the eigenvalue problem for one-dimensional Schro ̈dinger operator, Mathematical Challenges to a New Phase of Materials Science, 145-157, 2016.01, 周期的ポテンシャル項を持つシュレーディンガー作用素に指数減衰する摂動を施したものの固有値問題について、Maslov Index のアイディアを用いて計算機援用証明を行った。.
3. Shunsaku Nii, Bifurcations of stationary solutions with triple junctions in phase separation problems --A new view of bifurcation analysis--, Physica D, 238 (2009), pp. 1050-1055, 2009.06.
4. Jian Deng, Shunsaku Nii, An Infinite-dimensional Evans function theory for Elliptic Boundary Value Problems, Journal of Differential Equations , vol. 244 pp. 753--765, 2008.02.
5. Jian Deng, Shunsaku Nii, Infinite-dimensional Evans function theory for elliptic eigenvalue problems in a channel, Journal of Differential Equations, 225 pp.57-89, 2006.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 新居俊作, プロジェクターを用いた授業の為の視聴覚教材, 2007.04
プロジェクターを用いた授業の為の視聴覚教材.
2. 新居俊作, 数学と出会った頃--貴方は誰ですか?--, 2000.09
数学セミナー掲載記事.
学会活動
所属学会名
Society for Industrial and Applied Mathematics
アメリカ応用数理学会
日本数学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.01~2018.01, 冬の力学系研究集会, 座長(Chairmanship).
2019.01~2019.01, 冬の力学系研究集会, 座長(Chairmanship).
2019.01.07~2019.01.11, Workshop on Applied Topology 2019, 座長(Chairmanship).
2017.11.18~2017.11.20, 量子と古典の物理と幾何, 世話人.
2015.10.26~2015.10.30, Forum "Math-math-for-Industry" 2015, 座長(Chairmanship).
2012.09.18~2012.09.21, 日本数学会秋期総合分科会, 司会(Moderator).
2011.09.12~2011.09.21, The 4-th Mathematical Society of Japan Seasonal Institute Nonlinear Dynamics in Partial Differential Equations, 座長(Chairmanship).
2011.09.12~2011.09.21, The 4-th Mathematical Society of Japan Seasonal Institute Nonlinear Dynamics in Partial Differential Equations, Scientific commitee.
2011.09.09~2011.09.09, Workshop on Applied Topology & Dynamical Systems, 主催者.
2011.08.30~2011.09.02, 応用トポロジー研究集会, 座長(Chairmanship).
2010.12.16~2010.12.18, 応用数学合同研究集会, 座長(Chairmanship).
2010.11.05~2010.11.08, 屋久島非線形問題若手ワークショップ2 ~非線形科学と情報通信科学のフロンティア開拓~, 座長(Chairmanship).
2010.09.27~2010.09.30, 力学系研究集会, 研究代表者.
2010.09.22~2010.09.25, 日本数学会秋季総合分科会, 座長(Chairmanship).
2009.08.17~2009.08.22, 力学系研究集会, 研究代表者.
2007.09, 非線形数理・秋の学校, 座長(Chairmanship).
2011.09.09~2011.09.09, Workshop on Applied Topology & Dynamical Systems, 主催者.
2011.01.04~2014.01.08, Far-From-Equilibrium Dynamics 2011, 組織委員.
2011.09.11~2011.09.21, The 4-th Mathematical Society of Japan Seasonal Institute Nonlinear Dynamics in Partial Differential Equations, Scientific committee.
2010.09.27~2010.09.30, 力学系研究集会 -- 理論から応用へ、応用から理論へ -- , 研究代表者.
2009.08.17~2009.08.22, 力学系研究集会 -- 双曲型力学系から大自由度力学系へ -- , 研究代表者.
2007.09~2009.09, 非線形数理秋の学校 「パターン形成の数理とその周辺」 - 反応拡散方程式理論による時・空間パターンの解析を中心に -, 主催者、講師.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Leiden University, Holland, 2019.07~2019.07.
l'Universita' di Camerino , Italy, 2013.07~2013.07.
Osservatorio Astrofisico di Arcetri, Italy, 2013.07~2013.07.
Charles University in Prague, CzechRepublic, 2013.08~2013.08.
Snowbird Ski and Summer Resort Snowbird, UT 84092-9000 , UnitedStatesofAmerica, 2013.05~2013.05.
ISI Foundation, Italy, 2013.04~2013.04.
Centre de Physiaue Theorique , France, 2013.04~2014.04.
Centre de Physiaue Theorique , France, 2012.02~2012.02.
Brown University, UnitedStatesofAmerica, 2011.11~2011.11.
Snowbird Ski and Summer Resort Snowbird, UT 84092-9000 , UnitedStatesofAmerica, 2011.05~2011.05.
Sheraton Society Hill Hotel,Philadelphia, UnitedStatesofAmerica, 2010.08~2010.08.
Ateneo de Manila University, Philippines, 2009.09~2009.09.
Snowbird Ski and Summer Resort Snowbird, UT 84092-9000 , UnitedStatesofAmerica, 2009.05~2009.05.
受賞
日本数学会建部賢弘賞, 日本数学会, 1998.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2023年度, 基盤研究(C), 代表, 無限次元力学系における位相的方法の研究.
2016年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 双曲力学系における転送作用素のスペクトルの研究.
2009年度~2013年度, 基盤研究(C), 代表, 微分方程式の力学系的研究における幾何学的および位相的方法の研究.
2006年度~2009年度, 基盤研究(B), 分担, 力学系における関数解析的方法の研究.
2002年度~2004年度, 若手研究(B), 代表, 微分方程式の解の分岐及び安定性の理論における位相的方法の研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」