九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
栁 雄介(やなぎ ゆうすけ) データ更新日:2019.06.19

教授 /  医学研究院 基礎医学部門 病態制御学


主な研究テーマ
ウイルスの感染と病原性の分子基盤
キーワード:ウイルス、麻疹ウイルス、ムンプスウイルス、レセプター、トロピズム、SLAM、病原性
1995.05.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Watanabe S, Shirogane Y, Sato Y, Hashiguchi T, Yanagi Y, New insights into measles virus brain infections, Trends Microbiol, 10.1016/j.tim.2018.08.010, 2019.02.
2. Yanagi Y, Takeda M, Ohno S, Hashiguchi T., Measles virus receptors, Curr Top Microbiol Immunol, 329:13-30, 2009, 2009.01.
3. Yanagi Y, Takeda M, Ohno S, Measles virus: cellular receptors, tropism and pathogenesis, J Gen Virol, Yanagi Y, Takeda M, Ohno S. Measles virus: cellular receptors, tropism and pathogenesis. J Gen Virol 2006, 2006.01.
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本ウイルス学会
日本免疫学会
米国微生物学会
学協会役員等への就任
2016.01~2019.12, 日本ウイルス学会, 理事.
2015.04~2021.03, 日本微生物学連盟, 理事長.
2012.01~2016.12, 日本微生物学連盟, 理事.
2014.01~2015.12, 日本ウイルス学会, 監事.
2010.01~2013.12, 日本ウイルス学会, 理事長.
2008.08~2014.08, International Union of Microbiological Societies, Virology Division:, Advisory Council Member (2008-2011).
2008.01~2009.12, 日本ウイルス学会, 監事.
2003.01, 日本ウイルス学会, 評議員.
2004.01~2007.12, 日本ウイルス学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2010.08.22~2010.08.27, 国際免疫学会, 座長(Chairmanship).
2005.07, 国際ウイルス学会, 座長(Chairmanship).
2005.07, 特定領域 感染と宿主応答 国際シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2015.11.22~2015.11.24, 第63回日本ウイルス学会学術集会, 学術集会会長.
2009.10.25~2009.10.27, 第57回日本ウイルス学会学術集会, 座長.
2008.10.25~2008.10.28, 第56回日本ウイルス学会学術集会, 座長.
2008.10.03~2009.10.04, 第45回日本ウイルス学会九州支部総会, 座長.
2005.07, International Congress of Virology, chairperson.
2004.11, 第52回日本ウイルス学会学術集会, 座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2008.01, Japanease Journal of Infectious Diseases, 国際.
2010.01~2013.12, Virology, 国際.
2006.01~2007.12, 日本ウイルス学会誌「ウイルス」, 国内, 編集委員長.
2002.01, 戸田新細菌学, 国内.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度 10  17 
2004年度 10  14 
2005年度 10  10  21 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Mayo Clinic, UnitedStatesofAmerica, 2017.06~2017.06.
The Scripps Research Institute, UnitedStatesofAmerica, 2012.03~2012.03.
Umea University, Sweden, 2009.09~2009.09.
Karolinska Institute, Sweden, 2009.09~2009.09.
Harrogate International Center, UnitedKingdom, 2009.03~2009.04.
Queen's University of Belfast, UnitedKingdom, 2009.03~2009.03.
Wuerzburg University, Queen's University, Society for General Microbiology, Germany, UnitedKingdom, UnitedKingdom, 2009.03~2009.04.
Eldorado Hotel. Santa Fe, New Mexico, UnitedStatesofAmerica, 2006.02.
外国人研究者等の受入れ状況
2016.05~2016.05, 2週間未満, The Royal Swedish Academy of Sciences, Sweden.
2009.04~2010.03, 1ヶ月以上, Indonesia, 文部科学省.
2007.10~2007.10, 2週間未満, University of Wuerzburg , Germany, .
2007.05~2007.05, Ohio State University, UnitedStatesofAmerica, .
2006.07~2006.07, 2週間未満, Mayo Clinic, Switzerland.
1999.01~1999.06, 1ヶ月以上, 中山医科大学, China, .
受賞
野口英世記念医学賞, 財団法人 野口英世記念会, 2006.11.
杉浦賞, 日本ウイルス学会, 1995.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2018年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, ムンプスウイルスの特徴的な腺組織・神経トロピズムの分子基盤の解明.
2017年度~2018年度, 新学術領域研究, 代表, パラミクソウイルスのシアル酸受容体の多様性と宿主との共進化.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」