九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
和方 吉信(わかた よしのぶ) データ更新日:2018.08.22



主な研究テーマ
海洋乱流の数値シミュレーション
キーワード:海洋乱流
2009.01.
金星大気の数値シミュレーション
キーワード:金星大気, スーパーローテーション, 金星4日循環
2000.03~2010.12.
黒潮流量の経年変動
キーワード:黒潮流量, 経年変動, 海洋大循環モデル
1997.04.
海面高度の季節変動
キーワード:海面高度, 季節変動, 海面高度計, TOPEX/POSEIDON人工衛星
1999.01~2002.03.
赤道ケルビン波の共鳴励起について
キーワード:赤道ケルビン波, 共鳴励起, 季節内振動
1997.01~2001.03.
人工衛星海面高度計データによる赤道波のパワースペクトル分布に関する研究
キーワード:赤道波、人工衛星海面高度計、ケルビン波、ロスビー波
2005.06~2009.03.
東シナ海に於ける海洋流動場の研究
キーワード:東シナ海、黒潮前線波動、海面高度
2005.03.
従事しているプロジェクト研究
LES乱流計算と微細構造観測による海洋乱流過程の解明
2010.04~2013.03, 代表者:和方吉信, 九州大学・応用力学研究所, 九州大学・応用力学研究所(日本)
東シナ海で実施する潮汐で誘導された海底近傍乱流観測の結果とLESシミュレーション比較などにより、海底近傍乱流境界層の構造の解明を行う。.
地球温暖化と急激な経済発展が東アジア域の海洋・大気環境に及ぼす影響の解明
2010.04~2015.03, 代表者:松野健, 九州大学・応用力学研究所
地球規模の気候変動及び中国大陸における人為的環境変化など外的要因の変化により、東シナ海・日本海とその周辺地域の大気・海洋システムがどのように変化しうるのか、物理過程から生物過程まで様々な素過程の解明を目指した観測・監視と、全体の循環システムを再現する数値モデル研究を通して、東アジアの海洋・大気環境研究拠点として、そのインパクトを定量的に明らかにする。.
東アジア海洋・大気環境激変の監視と予測システムの開発
2005.04~2010.03, 代表者:柳哲雄, 九州大学応用力学研究所, 文部科学省(日本)
東アジアにおける海洋大気環境変化の物理から生物過程までの素過程の解明を目指した観測・監視と、全体の環境システムの再現する数値モデル研究によって将来予測システムを開発する。.
研究業績
主要著書
1. T. Yamagata, Y. Wakata, Ocean-Atmosphere Interactions, Kluwer Aca. Pub., Chap.5, 143-195, 2003.02.
主要原著論文
1. Yoshinobu Wakata, LES study of vertical eddy diffusivity estimation in bottom boundary layers, Journal of Physical Oceanography, DOI: 10.1175/JPO-D-17-0165.1, 48, 1903-1920, 2018.08.
2. 和方 吉信, Some properties of tidal currents estimated from analytical and LES simulation studies, Journal of oceanography, DOI 10.1007/s10872-013-0204-6, 69, 737-751, 2013.11, Some features of tidal current ellipses near the ocean floor are estimated from the bottom-limit solutions of the tidal equations with constant eddy viscosity. It is verified that a clockwise rotating ellipse becomes broad descending through the bottom boundary, whereas a counterclockwise ellipse becomes narrow except near the critical latitude. The major axis of an ellipse near the floor is directed 45° leftward (rightward) against that of the overlying tidal flow ellipse poleward from the critical latitude in the northern (southern) hemisphere. Equatorward from the critical latitude, the major axis near the floor lines up with that of the overlying tidal current ellipse in both hemispheres. The retrograde rotating hodograph against the overlying clockwise tidal hodograph appears near the floor around the critical latitude. These features are confirmed from the numerical studies using the large eddy simulation model. The deflection of the major axis poleward from the critical latitude is a little smaller, about 19°. Furthermore, the effects of nontraditional Coriolis force resulting from the horizontal component of the earth-rotating vector on the development of turbulence were investigated. When the diurnal tidal current is directed westward, the effective vertical eddy viscosity becomes maximum with developing turbulence. While in the case of a semidiurnal tide, a northward tidal current is preferred for turbulence development..
3. Y. Wakata, Dependence of seafloor boundary layer thickness on the overlying flow direction: a large eddy simulation study, Journal of Oceanography, DOI 10.1007/s10872-011-0068-6, 67, 667-673, 2011.10.
4. Y. Wakata, Seasonal Variability of the Sea Surface Height in the East China Sea along the China Coast: A Model Study, Journal of Oceanography, 65, 281-286, 2009.04.
5. A. Kido and Y. Wakata, Multiple equilibrium states appearing in a Venus-like atmospheric general circulation model, J. Meteor. Soc. Japan, 86, 969-979, 2008.12.
6. Y. Wakata, Frequency-wavenumber spectra of equatorial waves detected from satellite altimeter data, Journal of Oceanography, 63, 483-190, 2007.06.
7. Y. Wakata,T. Setou, I. Kaneko, H. Uchida, S. Imawaki, Interannual variability of the Kuroshio transport passing through the 137°E meridian in an OGCM related to the North Pacific windstress, Journal of Oceanography, 25-35, 2006.02.
8. M. Ioualalen, Y. Wakata, Y, Kawahara, Y. Gouriou, D. Varillon, Variability of the sea surface salinity (SSS) in the western tropical Pacific: On the ability of an OGCM to simulate the SSS, and on the sampling of an operating merchant ship SSS network, Journal of Oceanography, 10.1023/A:1022876708829, 59, 1, 105-111, 2003.01.
主要学会発表等
1. 和方吉信, 海底境界層内の鉛直渦拡散係数推定式の提案, 日本海洋学会度秋季大会, 2017.10.
2. 和方吉信, 潮汐流下の海底乱流境界層, 日本海洋学会, 2011.09.
3. Y. Wakata, Large eddy simulation of benthic turbulent boundary layer under a tidally oscillating flow, International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG) General Assembly, 2011.06.
4. 和方吉信, 海底乱流境界層の数値解析, 日本海洋学会, 2011.03.
5. 和方吉信, 海底乱流境界層の基本流流向に対する依存性, 日本海洋学会, 2010.09.
6. Wakata, Y. and F. Kawada, Equatorial Kelvin waves with a period of 120 days, OFES international workshop, 2008.08.
7. 和方吉信, 衛星海面高度データより求めた赤道波の振動数波数スペクトル, 日本海洋学会, 2006.09.
学会活動
所属学会名
日本海洋学会
日本気象学会
海洋気象学会
海洋理工学会
米国地球物理学連合
米国気象学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.03.05~2018.03.06, 東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会, コンビーナー.
2017.12.08~2017.12.08, 2017九州沖縄地区合同シンポジウム, コンビーナー.
2017.08.22~2017.08.24, 理論応用力学講演会, オーガナイザー.
2017.03.02~2017.03.03, 東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会, コンビーナー.
2014.09.26~2014.09.28, 理論応用力学講演会, オーガナイザー.
2013.03.06~2013.03.08, 理論応用力学講演会, 座長(Chairmanship).
2012.03.07~2012.03.09, 理論応用力学講演会, オーガナイザー.
2011.03.09~2011.03.10, 理論応用力学講演会, オーガナイザー.
2009.06.09~2009.06.11, 理論応用力学講演会, オーガナイザー.
2008.08.06~2008.08.08, 日本流体力学学会, オーガナイザー.
2008.06.10~2008.06.12, 理論応用力学講演会, 座長(Chairmanship).
2007.03.07~2007.03.09, 理論応用力学講演会, 座長(Chairmanship).
2006.01.24~2006.01.26, 理論応用力学講演会, 座長(Chairmanship).
2005.01.25~2005.01.27, 理論応用力学講演会, 座長(Chairmanship).
2000.03.01~2000.12.31, 日本海洋学会, 事務局.
2003.07.01~2003.07.01, IUGG, 座長(Chairmanship).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
1998.04~2003.03, Journal of Oceanography, 国内, 副編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2014年度      
2013年度    
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度    
2005年度      
2004年度      
2003年度      
2002年度      
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2017.03~2017.03, 2週間未満, University of Hanorver, Germany, 学内資金.
2013.02~2013.03, 1ヶ月以上, University of Hanorver, Germany, 学内資金.
受賞
海洋理工学会論文賞, 海洋理工学会, 2008.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2010年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, LES乱流計算と微細構造観測による海洋乱流過程の解明.
2004年度~2006年度, 基盤研究(C), 代表, ロスビー波による西岸境界流励起に関する基礎研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」