九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
古谷 嘉章(ふるや よしあき) データ更新日:2019.04.18

教授 /  比較社会文化研究院 文化空間部門 文化動態


大学院(学府)担当



電子メール
ホームページ
就職実績-他大学
就職実績有, 東京大学助手(1988.4〜1989.3)
取得学位
博士(学術), 社会学修士
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
文化人類学
外国での教育研究期間(通算)
03ヶ年00ヶ月
活動概要
1.現在の研究活動
ブラジル・アマゾンを主たる対象として文化人類学的研究を行っている。
物質性の人類学を最新の考古学研究を参照しつつラディカルに再構想している。
現代社会における先史文化の物質性について日本およびラテンアメリカを中心に研究している。
先史文化と現代アートの関係について縄文文化を中心に調査研究している。
ラテンアメリカの事例に拠りつつ、近代性、異種混淆性について理論的に検討している。
「文化」と「芸術」の関係について文化人類学的に考察している。

2.在外研究:
(1)アメリカ合衆国、テキサス大学(1991年8月〜1993年8月)(国際文化会館社会科学国際フェローシップ:Nitobe Fellow)
(2)ブラジル、エミリオ・ゲルヂ博物館(1999年12月〜2000年10月)(日本学術振興会)

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」