九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
熊谷 秋三(くまがい しゆうぞう) データ更新日:2017.07.20



主な研究テーマ
健康支援プログラムの構築に関する基礎的・応用的研究
キーワード:健康支援、健康・運動の疫学、健康行動学、健康政策、保健プログラム評価、運動生理・生化学、代謝・内分泌
1991.04.
従事しているプロジェクト研究
地域高齢者のメンタルヘルスに関する運動・社会疫学研究
2009.04, 代表者:熊谷秋三, 九州大学(日本)
本研究の目的は、太宰府市における介護予防事業の効果的な運営方法とその評価システムに関する基盤の確立を図るため、65歳以上の地域在住高齢者の認知機能低下、うつ状態、閉じこもりとそれらに影響する諸因子を前向き研究により検討することである。.
久山町大規模運動疫学研究
2007.06, 代表者:熊谷秋三, 九州大学医学研究院環境医学講座(日本)
運度疫学の観点から、死亡率、罹患率と身体活動および体力(握力)との関連を前向きに検討する準備を進めている。この研究は、一般地域住民を対象にしたわが国は初の大規模運動疫学研究である。これは、九州大学久山町研究グループ(代表:清原 裕教授)との共同研究である。
.
健康・運動行動の社会疫学研究
2007.04, 代表者:熊谷秋三, 九州大学健康科学センター(日本)
健康の不平等が存在するかどうかに関する社会疫学研究は興味ある研究課題である。また、健康生成論を示す中核的な指標である首尾一貫感覚を用いた疫学研究は本邦において全く行われていない。現在、勤労者、地域在住高齢者、および大学生を対象としたコホート作成を継続中である。.
神経栄養因子および長寿遺伝子の代謝影響
2005.04, 代表者:熊谷秋三, 九州大学健康科学センター(日本)
運動による骨格筋適応のメカニズムを解明する目的で、由来神経栄養因子(BDNF;Brain derived neurotrophic factor)の代謝調節機構および長寿遺伝子であるsirt1蛋白の骨格筋内の転写補助因子への影響に関する国際共同研究(ハンガリー共和国セメルワイス大学)を展開している。.
脳由来神経栄養因子のバイオマーカーとしての役割に関する研究
2005.04, 代表者:熊谷秋三, 九州大学健康科学センター(日本)
神経栄養因子は神経細胞や標的細胞で発現し,神経の成長やネットワークの形成,修復,その他の細胞の成長などに働く自己分泌または傍分泌物質である.神経栄養因子の中で,特に脳由来神経栄養因子(BDNF;Brain derived neurotrophic factor)は,脳の可塑性に影響する神経栄養因子であり,神経を保護する特性を有している以外に,節食や代謝調節作用やで様々な生理機能を有することが報告されている.現在は、メンタルへルス、身体運動および代謝調節因子としての血清BDNFに関する研究を展開している(平成20-21年度文部科学省科学研究費萌芽研究採択)。この研究は、セメルワイス大学との国際共同研究である。.
骨格筋の適応に関するシグナル伝達経路の解明に関する研究
2001.04, 代表者:熊谷秋三, 九州大学健康科学センター(日本)
筋収縮にはエネルギー消費の増加、つまりATPの消費とAMPの増加が伴うが、このATP/AMP比の減少によりAMPKが活性化されることは周知の事実である。AMPKが活性化するとミトコンドリアの脂肪酸取込に加え、骨格筋への糖取込も亢進され、さらには骨格筋の代謝特性の決定に関与する遺伝子群の発現にも影響を及ぼしている可能性がある。本研究では、かかる観点から骨格筋の適応に関するシグナル伝達経路の解明に関する研究を継続している。本研究は東北工業大学(諏訪雅貴講師)との共同研究である。.
地域高齢者の身体的自立、メンタルヘルスに関する研究
2000.03, 代表者:熊谷 秋三, 九州大学(日本)
福岡県津屋崎町の60歳以上の全町民を対象にした身体的自立(具体的には転倒など)およびメンタルヘルスに関する運動疫学的手法を用いた観察疫学的研究を展開している。.
研究業績
主要著書
1. 熊谷秋三(編集), 身体活動・運動と生活習慣病 運動生理学と最新の予防・治療, 日本臨床社, 67巻増刊号2, 2009.04.
2. 荒尾孝、熊谷秋三, (第5章)運動疫学研究の問題点と今後の課題,健康と運動の疫学入門- エビデンスに基づくヘルスプロモーションの展開 -, 医学出版, 2008.09.
3. 畑山知子、熊谷秋三, (第3章)健康と運動の疫学・各論と対人支援:介護予防B 認知機能障害と認知症,健康と運動の疫学入門- エビデンスに基づくヘルスプロモーションの展開 -, 医学出版, 2008.09.
4. 長野真弓、熊谷秋三, (第3章)健康と運動の疫学・各論と対人支援:肥満とメタボリックシンドローム,健康と運動の疫学入門- エビデンスに基づくヘルスプロモーションの展開 -, 医学出版, 2008.09.
5. 熊谷秋三, (第3章)健康と運動の疫学・各論と対人支援:メンタルヘルス,健康と運動の疫学入門- エビデンスに基づくヘルスプロモーションの展開 -, 医学出版, 2008.09.
6. 熊谷秋三,森山善彦, (第3章)健康と運動の疫学・各論と対人支援:介護予防A 転倒,健康と運動の疫学入門- エビデンスに基づくヘルスプロモーションの展開 -, 医学出版 東京, 2008.09.
7. 熊谷秋三, (巻頭言):健康と運動の疫学入門- エビデンスに基づくヘルスプロモーションの展開 -, 医学出版, 2008.09.
8. 足立 稔、熊谷秋三, 健康スポーツ科学, 文光堂, 免疫機能と運動・スポーツ.84−92, 2004.01.
9. 熊谷秋三, 高齢者体力つくり支援士ドクターコース, (財)体力つくり指導協会, 高齢者の健康支援とは—運動行動との観点から—.17−33, 2004.01.
10. Kumagai,S., Meyer and Meyer Sport, Oxford, Exercise and Type2 diabetes mellitus.In Exercise and Disease:Prevention Through Training.157-167, 2004.01.
11. 熊谷秋三, 栄養指導の実践に役立つ生活習慣病予防セミナー, フットワーク出版社, 耐糖能異常者のための「健康観認知変容プログラム」.62-69,2004, 2004.02.
主要原著論文
1. Yu Nofuji, Masataka Suwa, Haruka Sasaki, Atsushi Ichimiya, Reiko Nishichi and Shuzo Kumagai, Different circulating brain-derived neurotrophic factor responses to acute exercise between physically active and sedentary subjects., Journal of Sports and Medicine, 11,83-88, 2012.03.
2. Radak Z,, Bori Z, Koltai E, Fatouros I G, Jamurtas A Z, Douroudos I I, Terzis G, Nikolaidis M G, Chatzinikolaou A, Sovatzidis A, Kumagai,S, Naito H, Boldogh I, Age-dependent changes in 8-oxoguanine-DNA glycosylase activity are modulated by adaptive responses to physical exercise in human skeletal muscle., Free Radical Biology & Medicine, 51, 2, 417-423, 417-423, 2011.04.
3. Suwa, M., Nakano, H., Radak, Z., and Kumagai, S., Short-term adenosine monophosphate-activated protein kinase activator 5-aminoimidazole-4-carboxamide-1-βD-ribofuranoside treatment increases the sirtuin 1 protein expression in skeletal muscle. , Metabolism, 60, 3, 394-403, 2011.03.
4. Marton, O., Koltai, E., Nyakas, C., Bakonyi, T., Zenteno-Savin, T., Kumagai, S., Goto, S., and Radak, Z., Aging and exercise affect the level of protein acetylation and SIRT1 activity in cerebellum of male rats., Biogerontology, 11, 6, 679-686, 2010.12.
5. Suwa, M., yamamaoto, K., Nakano, H., Sasaki, H., Radak, Z., and Kumagai, S., Brain-derived neurotrophic factor treatment increases the skeletal muscle glucose transporter 4 protein expression in mice. , Physiol. Res., 59, 4, 619-623, 2010.11.
6. Nagano, M., Sasaki, H., and Kumagai,S., Association of cardiorespiratory fitness with elevated hepatic enzyme and liver fat in japanese patients with impaired glucose tolerance and type 2 diabetes Mellitus., J. Sports Sci. Med, 9, 3, 405-410 , 2010.09.
7. 岸本裕代, 佐々木 悠, 熊谷秋三, 糖尿病患者におけるメタボリックシンドロームとC反応性蛋白質との関連性-全身持久力と内臓脂肪面積が及ぼす影響-, 運動疫学研究, 11, 1-7, 11巻:1-7, 2009.03.
8. 佐々木 悠、大久保久美子、富永博之、富田健一、飯野研三、田尻祐司、前川 聡、柏木厚典、小野順子、熊谷秋三、上園慶子、原 文彦 , LMNA(Lamin A/C)、PPARγ遺伝子に変異を認めず感音声難聴、成長障害を認めるkobberling型の先天性部分型リポジストロフィーの長期観察例:チアゾリジン誘導体の効果を中心として., 糖尿病, 51;9:849-860, 2008.09.
9. 畑山 知子,本城 薫子,平野(小原) 裕子,白浜 雅司,熊谷 秋三, 農村地域住民の精神的健康度と首尾一貫感覚, 厚生の指標, 55, 8, 2008.08.
10. 畑山 知子、長野 真弓、畝 博、百瀬 義人、吉武 裕、木村 靖夫、甲斐 裕子、諏訪 雅貴、熊谷 秋三, 傷害を伴う転倒未経験の地域在住高齢者における転倒発生と体力および身体的要因との関連, 体力科学, 57, 4, 2008.08.
11. Suwa M, Nakano H, Radak Z, and Kumagai S, Endurance exercise increases the SIRT1 and peroxisome proliferator-activated receptor γ coactivator-1α protein expressions in rat skeletal muscle, Metabolism Clinical and Experimental, 57:986-998, 2008.07.
12. Nofuji Y, Suwa M, Moriyama Y, Nakano H, Ichimiya A, Nishichi R, Sasaki H, Radak Z, and Kumagai S, Decreased serum brain-derived neurotrophic factor in trained men, Neuroscience Letters, 437:29-32, 2008.05.
13. 畑山知子、長野真弓、山口直弥、熊谷秋三、大貫宏一郎, 肩こりおよび関連愁訴に対するサプリメントの摂取効果, 健康支援, 10:18-22, 2008.03.
14. 畑山知子、長野真弓、山口直弥、熊谷秋三、大貫宏一郎, Visual analogue scale(VAS)評価による膝の痛みおよび違和感に対するサプリメントの効果-無作為化二重盲検比較試験-, 健康支援, 10:13-17, 2008.03.
15. 岸本裕代、古賀五月、長野真弓、佐々木 悠、熊谷秋三, 全身持久力および内臓脂肪面積の改善がメタボリックシンドロームの危険因子に与える影響, 肥満研究, 13:275-28,2007, 2007.12.
16. Radak, Z., Kumagai, S., Nakamoto, H., and Goto, S, 8-oxoguanosine and uracil repair of nuclear and mitochondrial DNA in red and white skeletal muscle of exercise-trained old rats, Journal of Applied Physiology, 102:1696-1701, 2007.04.
17. Suwa, M.,Egashira, T.,Nakano, H., Sasaki, H., and Kumagai, S, Metformin increases the PGC-1α protein and oxidative enzyme activities possibly via AMPK phosphorylation in skeletal muscle in vivo, J. Appl. Physiol, 101、pp1685 - 1692
, 2006.12.
18. Suwa, M., Kishimoto, H., Nofuji, Y., Nakano, H., Sasaki, H., Radak,Z., and Kumagai, S., Serum brain-derived neurotrophic factor level is increased and associated with obesity in newly diagnosed female patients with type II diabetes. , Metabolism, Volume 55, Issue 7, 852-857,, 2006.07.
19. Kumagai,S.,Kai,Y.,Nagano,M.,Zou,B.,Kishimoto,H. and Sasaki,H., Relative contributions of cardiorespiratory fitness and visceral fat to metabolic syndrome in patients with diabetes mellitus., Metabolic Syndrome Related Disorders., 3:213-220, 2005.09.
20. 長野真弓、佐々木悠、高柳茂美、岸本裕代、熊谷秋三, 耐糖能異常者における精神健康度とメタボリックシンドロームとの関連性についての介入研究, 糖尿病, 48:501-505, 2005.07.
21. Ogonovszky,H.,Berkes,I.,Kumagai,S.,Kaneko,T.,Tahara,S.,Goto,S. and Radak,Z., The effects of moderate-,strenuous- and over-training on oxidative stress markers,DNA repair,and memory,in rat brain., Neurochemistry International, 46, 8, 635-640, 46:635-640, 2005.06.
22. 村田伸、熊谷秋三、津田彰, 足部柔軟性の再現性と妥当性に関する研究—健常成人と障害高齢者における検討—, 健康科学, 27:49-55, 2005.03.
23. Nagano,M.,Sasaki,H. and Kumagai,S., Cardiorespiratory fitness and visceral fat impact the relationship between psychological fitness and metabolic syndrome in Japanese males with type2 diabetes mellitus., Metabolic Syndrome & Related Disorder, 2:172-179, 2005.01.
24. Suwa,M.,Nakano,H. and Kumagai,S., Inhibition of calcineurin increases monocarboxylate transporters 1 and 4 protein and glycolytic enzyme activities in rat soleus muscle., Clin.Exper.Pharmacol.Physiol., 32, 3, 218-223, 32:218-223, 2005.01.
25. Kumagai,S.,Kishimoto,H.,Suwa,M.,Zou,B., and Sasaki,H., The leptin to adiponectin ratio is a good biomarker for the prevalence of metabolic syndrome,dependent of visceral fat accumulation and endurance fitness in obese patients with diabetes mellitus., Metabolic Syndrome and Related Disorders., 3:85-94, 2005.01.
26. 畑山知子、畝博、吉武裕、木村靖夫、諏訪雅貴、平野(小原)裕子、熊谷秋三, 地域在住高齢者の転倒発生への身体的・精神的要因に関する前向き研究, 健康支援, 6:123-131, 2004.09.
27. Nagano,M.,Kai,Y.,Zou,B.,Hatayama,T.,Suwa,M.,Sasaki,H. and Kumagai,S., The contribution of visceral fat and cardiorespiratory fitness to the risk factors in the Japanese patients with impaired glucose tolerance and type2 diabetes mellitus., Metabolism, 53:644-649, 2004.01.
28. Zou,B.,Sasaki,H. and Kumagai,S., Association between relative hypogonadism and metabolic syndrome in newly-diagnosed adult male patients with impaired glucose tolerance or type2 diabetes mellitus., Metabolic Syndrome & Related Disorder, 2:39-48, 2004.01.
29. Zou, B., Suwa, M., Nakano, H., Higaki, Y., Ito, T., Katsuta, S., and Kumagai, S., Decreased serum leptin and muscle oxidative enzyme activity with a dietary loss of intra-abdominal fat in rats., J. Nutr. Biochemistry, 15, 1, 24-29, 15:24-29, 2004.01.
30. 長沼由紀子、甲斐裕子、熊谷秋三, 運動疫学研究の成果に基づく味の素におけるヘルスプロモーションの展開, 健康科学, 25:87-92, 2003.01.
31. Zou, B., Suwa, M., Nakano, H., Ito. T., Higaki, Y., Katsuta, S., and Kumagai,S., Adaptation of skeletal muscle characteristics to a high-fat diet in rats with different intra-abdominal-obesity susceptibilities., J.Nutr.Sci.Vitaminol, 49, 4, 241-246, 49:241-246, 2003.01.
32. Suwa, M., Nakano, H., and Kumagai, S., Effects of chronic AICAR administration on fiber composition, glycolytic and oxidative enzyme activities and UCP3 and PGC-1 protein content in rat muscles., J.Appl.Physiol., 96:960-968, 2003.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 清原 裕、熊谷秋三, 地域住民における運動習慣と認知症発症との関係:久山町研究., 平成22年度厚生労働科学研究費補助金(認知症対策総合研究事業)研究報告書.アルツハイマー病の危険因子の解明と予防に関する大規模ゲノム疫学研究(研究代表者:清原 裕), 2011.03.
2. 熊谷秋三、清原 裕、内藤義彦、山津幸司、長野真弓、眞崎義憲、上園慶子, 大規模コホートを用いた生活習慣病の一次予防のための運動量策定に関する運動疫学研究, 平成22年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)総括・分担研究報告書, 2011.03.
3. 山津幸司、熊谷秋三、佐藤 武、小西史子, 印刷教材と携帯電話フィードバックシステムを用いた食生活の改善及び運動指導プログラムの開発に関する研究, 平成22年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)分担研究報告書, 2011.03.
4. 熊谷秋三,野藤 悠, 4.運動と遺伝子, THE BONE, 4月号,Vol.24, No.2,43-47, 2010.04.
5. 熊谷秋三、清原 裕、内藤義彦、山津幸司, 大規模コホートを用いた生活習慣病の一次予防のための運動量策定に関する運動疫学研究, 平成21年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患等生活習慣病対策総合研究事業)総括・分担研究報告書, 2010.03.
6. 清原 裕、熊谷秋三, 地域住民における運動習慣と認知症発症との関係:久山町研究., 平成21年度厚生労働科学研究費補助金(認知症対策総合研究事業)研究報告書.アルツハイマー病の危険因子の解明と予防に関する大規模ゲノム疫学研究(研究代表者:清原 裕), 2010.03.
7. 岸本裕代,大島秀武,野藤 悠,上園慶子,佐々木 悠,清原 裕,熊谷秋三, 日本人地域一般住民における身体活動量の実態:久山町研究, 健康科学, 32巻:97-102, 2010.03.
8. 山津幸司、熊谷秋三、佐藤 武、小西史子, 印刷教材と携帯電話フィードバックシステムを用いた食生活の改善及び運動指導プログラムの開発に関する研究, 平成21年度厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)分担研究報告書, 2010.03.
9. 熊谷秋三, 身体活動・運動と生活習慣病-運動生理学と最新の予防・治療-
序文:疫学,機構,そして健康政策へ
, 日本臨牀, 67巻、増刊号2:1-8, 2009.04.
10. 熊谷秋三、森山善彦, 身体活動・運動と生活習慣病-運動生理学と最新の予防・治療-
Ⅱ.身体活動の評価 体力の評価法
総論:体力評価の重要性とその意義
, 日本臨牀, 67巻、増刊号2:173-178, 2009.04.
11. 長野真弓、熊谷秋三, 身体活動・運動と生活習慣病-運動生理学と最新の予防・治療-
Ⅱ.身体活動の評価 
体力の評価法 体力測定
Metabolic fitnessの評価
, 日本臨牀, 67巻,増刊号2:192-196, 2009.04.
12. 熊谷秋三, 生活習慣病,介護予防における運動の役割:疫学からメカニズム,健康政策まで, 健康科学, Vol31:1-11, 2009.03.
13. 清原裕、神庭重信、岩城徹、中別府雄作、久保充明、城田知子、熊谷秋三, 厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業 
アルツハイマー病の危険因子の解明と予防に関する大規模ゲノム疫学研究 
平成20年度 総括・分担研究報告書
, 「アルツハイマー病の危険因子の解明と予防に関する大規模ゲノム疫学研究」班, 2009.03.
14. 熊谷秋三, 血清の脳由来神経栄養因子の血清BDNFのバイオマーカーとしての役割とライスタイル関連要因の検討:特に身体活動・運動との観点から.平成20年度厚生労働科学研究費補助金(認知症対策総合研究事業)研究報告書., アルツハイマー病の危険因子の解明と予防に関する大規模ゲノム疫学研究(研究代表者:清原 裕), 2009.03.
15. 諏訪雅貴、中野裕史、熊谷秋三, AMP-activated protein kinaseが活性化される強度での持久性トレーニングがラット骨格筋の代謝特性に及ぼす影響, 久留米大学健康・スポーツ科学センター研究紀要, 第15巻, 2007.12.
16. Radak, Z, Kumagai, S, Taylor, A.W., Nito, H., and Goto,S., Effects of exercise on brain function: role of free radicals, Appl. Physiol. Nutr. Metabolism, 32: 942-946,2007, 2007.09.
主要学会発表等
1. 熊谷秋三, SIRT1と運動., 第2回アンチエイジングアカデミー., 2009.05.27.
2. 諏訪雅貴,中野裕史,熊谷秋三, 一酸化窒素合成酵素阻害による骨格筋の代謝特性と組織化学的特性の変化., 第64回日本体力医学会大会, 2009.09.17.
3. 岸本裕代,秦 淳,熊谷秋三,清原 裕, 一般住民の定期的な運動が脳卒中と虚血性心疾患の発症に及ぼす影響:久山町研究., 第64回日本体力医学会大会, 2009.09.17.
4. 野藤 悠,諏訪雅貴,佐々木 悠,熊谷秋三, 一過性の最大・最大下運動に伴う血清脳由来神経栄養因子水準の変化., 第64回日本体力医学会大会, 2009.09.17.
5. 井出幸二郎,畑山知子,長野真弓,熊谷秋三, 地域在住高齢者の精神健康度と体力に関する疫学研究., 第64回日本体力医学会大会, 2009.09.17.
6. 山津幸司,岸本裕代,長野真弓,佐々木 悠,熊谷秋三 , 糖尿病者における不眠の有症率とその関連因子., 第64回日本体力医学会大会, 2009.09.17.
7. Nofuji, Y., Suwa, M., Sasaki, S. and Kumagai, S., The effects of exercise on serum brain-derived neurotrophic factor., 2nd International Symposium on Adipobiology and Adipopharmacology (ISAA), 2009.10.24.
8. Yamatsu, K.,Kishimoto, H.,Nagano, M., Sasaki, H., Kumagai, S., Prevalence and correlate of sleep disturbances in Japanese male patients with diabetes mellitus; Obesity, metabolic syndrome and sleep disturbances in Japanese male patients with diabetes mellitus., The 1st International Congress on Abdominal Obesity, 2010.01.29.
9. Yamatsu, K.,Kishimoto, H.,Nagano, M., Sasaki, H., Kumagai, S., Metabolic syndrome and sleep disturbances in Japanese male patients with diabetes mellitus., The 3rd International Conference on Advanced Technologies and Treatments for diabetes, 2010.02.12.
10. 森山善彦,松尾恵理,西崎佳子,長野真弓,井出幸二郎,一宮 厚,熊谷秋三, 地域在住高齢者の身体活動量と認知機能の関連性:太宰府研究., 第11回日本健康支援学会年次学術集会, 2010.03.07.
11. 西崎佳子,松尾恵理,長野真弓,井出幸二郎,一宮 厚,熊谷秋三, 「閉じこもり」高齢者の特性とQOL・首尾一貫感覚との関連性., 第11回日本健康支援学会年次学術集会, 2010.03.07.
12. 村上清英,長野真弓,井出幸二郎,一宮 厚,熊谷秋三,松尾恵理, 地域在住高齢者の身体活動量とQOLとの関連性:太宰府研究., 第11回日本健康支援学会年次学術集会, 2010.03.07.
13. 野藤 悠,松尾恵理,大島秀武,岸本裕代,長野真弓,熊谷秋三 , 地域在住高齢者の身体活動量の実態:太宰府研究., 第11回日本健康支援学会年次学術集会, 2010.03.07.
14. 松尾恵理,森山善彦,長野真弓,井出幸二郎,一宮 厚,熊谷秋三 , 地域在住高齢者の身体活動量とうつ症状との関連性:太宰府研究., 第11回日本健康支援学会年次学術集会, 2010.03.07.
15. Nofuji, Y., Kishimoto, H., Ohshima, H., Kiyohara, Y., and Kumagai, S., Impact of physical activity and physical inactivity on the expression of obesity in a general Japanese population: the Hisayama Study., 16th International Congress on Obesity, 2010.07.12.
16. Matsuo, E., Nofuji, Y., Moriyama, Y., Nagano, M., and Kumagai, S., The relationship of physical inactivity and appearance of obesity in Japanese community dwelling elderly., 16th International Congress on Obesity, 2010.07.12.
17. 長野真弓、松尾恵理、森山善彦、井出幸二郎、野藤 悠、熊谷秋三, 地域在住高齢者における認知機能低下・うつ・閉じこもりの重複と身体活動量との関連性., 第65回日本体力医学会大会, 2010.09.17.
18. 中野裕史、諏訪雅貴、熊谷秋三, 乳児期の甲状腺ホルモン撹乱による行動特性の変化と脳由来神経栄養因子の関係., 第65回日本体力医学会大会, 2010.09.17.
19. Németh,H., Kai,Y., Kishimoto,H., Sasaki, H., and Kumagai, S., Contribution of oxygen uptake at double product break point on metabolic syndrome in male patients with newly diagnosed type 2 diabetes mellitus. , 第65回日本体力医学会大会, 2010.09.17.
20. 熊谷秋三, メンタルヘルスに関する運動疫学研究の紹介とその課題., 第83回日本産業衛生学会、労働者体力問題研究会, 2010.05.27.
21. 宅間真佐代、山下幸子、岸本裕代、野藤 悠、西地令子、熊谷秋三, 勤労者における食物摂取状況と抑うつ傾向との関連. , 第65回日本体力医学会大会, 2010.09.17.
22. 熊谷秋三, 高齢者の運動疫学研究の成果からみた健康支援.シンポジウムテーマ:これからのエイジマネジメント~60歳からの労働、その産業衛生課題と対策~., 第83回日本産業衛生学会総会, 2010.05.26.
23. 熊谷秋三, わが国における身体活動に関するコホート研究の成果と今後の展望., 第65回日本体力医学会大会, 2010.09.17.
24. 熊谷秋三, 運動アプローチ(ミトコンドリアと血糖値)., 第10回抗加齢医学の実際, 2010.09.20.
学会活動
所属学会名
日本健康支援学会
日本体力医学会
日本体育学会
日本肥満学会
日本動脈硬化学会
日本糖尿病学会
日本健康心理学会
日本ストレス学会
東アジア運動スポーツ科学会
運動疫学研究会
アメリカスポーツ医学会
九州体育・スポーツ学会
日本運動生理学学会
日本疫学学会
運動生化学研究会
九州・山口スポーツ医科学研究会
学協会役員等への就任
2015.11~2018.03, 日本ストレス学会評議員, 評議員.
2011.04~2015.03, 日本健康支援学会, 編集委員長.
2013.09~2015.09, 九州体育・スポーツ学研究, 編集委員長.
2012.01~2015.12, Open Journal Sports Medicine , Editorial Board.
2009.04~2010.03, Marsden Fund (New Zealand) Research Proposal, Referee.
2009.04~2010.03, 国立大学法人筑波大学戦略イニシアティブ推進機構プレ戦略イニシアティブ分野別評価委員会, 委員.
2005.07~2008.03, 九州体育・スポーツ学会, 理事.
2004.04~2010.03, 運動疫学研究会, 編集委員長.
1999.09, 運動疫学研究会, 副会長.
1999.04~2011.03, 日本健康支援学会, 理事長.
1999.04~2001.03, 日本体育学会, 評議員.
1998.10, 日本肥満学会, 評議員.
1998.09, 日本体力医学会, 評議員.
1993.10, 日本運動生理学会, 評議員.
1988.04, 九州・山口スポーツ医・科学研究会, 運営委員.
学会・研究会における座長等
2011.02.19~2011.02.20, 第12回日本健康支援学会, 座長.
2009.09.07~2009.09.08, 第22回日本健康心理学会, 司会.
2008.08.02~2008.08.03, 第16回日本運動生理学会大会, 座長.
2008.02, 第9回日本健康支援学会年次学術集会, 座長.
2007.09, 第10回運動疫学研究会学術集会シンポジウム, 座長.
2007.02, 第8回日本健康支援学会年次学術集会, 座長.
2006.10, 第27回日本肥満学会, 座長.
2005.02, 第6回日本健康支援学会年次学術集会, 座長.
2004.09, 第25回日本肥満学会年次学術集会, 座長.
2004.09, 第59回日本体力医学会, 座長.
2004.02, 第5回日本健康支援学会・第10回ヘルスサイエンスセミナー, 司会.
2003.09, NPO法人日本健康運動士会岡山支部スキルアップセミナー, 司会.
2002.09, 日本体力医学会プロジェクト研究発表, 座長.
2001.11, 宗像市市制20周年・宗像ユリックスアクアドーム設立10周年記念事業, 司会.
2000.09, 55th Annual Meeting of the Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine, 座長.
2000.08, 5th Annual Meeting on East Asia Sports and Exercise Science, 座長.
2001.02, 第2回日本健康支援学会年次学術集会市民公開講演会・第9回ヘルスサイエンスセミナー, 司会.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.02.18~2017.02.18, 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所主催 第18回一般公開セミナー 健康寿命延伸のための身体活動・運動-疫学調査にみる身体活動・運動や食事の重要性-, 基調講演.
2017.02.12~2017.02.12, 第26回福岡県理学療法士学会 身体活動・座位行動の疫学: ~生活習慣病・介護予防の観点から~ ., 教育講演.
2017.01.28~2017.01.28, 第8回九州大学リサーチコア公開講演会 身体活動・座位行動の疫学の成果と展望, 基調講演.
2015.11.15~2015.11.15, 第3回 日本介護福祉・健康づくり学会 身体活動疫学研究からみた認知症・ 認知機能低下予防の可能性, 基調講演.
2015.08.08~2015.08.09, 運動による認知機能改善.第20回日本認知神経科会学術集会 身体活動疫学研究の視点から認知機能改善エクササイズを考える, シンポジスト.
2014.09.08~2014.09.08, 第17回日本運動疫学会学術総会 運動疫学研究の成果と課題および今後の展望-生活習慣病・認知症発症予防の観点から-, 基調講演.
2014.06.30~2014.06.30, アルツハイマー病および認知機能低下に関する身体活動、身体不活動および体力の影響 スイス-日本 高齢化時代へのダイアローグ 在日スイス大使館主催, シンポジスト.
2014.06.06~2014.06.07, 第14回日本抗年齢医学会総会シンポジウム アンチエイジングの運動疫学 あの人は、どうしてあんなに元気なのか!?~三浦雄一郎氏、マスターズアスリート、久山町スタディからひも解くエクササイズ・サイエンス~, シンポジスト.
2015.03.07~2015.03.08, 運動による認知症・認知機能低下予防の観点から. 第16回日本健康支援学会年次学術集会シンポジウム, 高齢化社会における健康支援のあり方を斬る〜何が必要で、何が足りないのか?, シンポジスト.
2014.09.18~2014.09.18, 運動疫学研究の成果と課題および今後の展望 -生活習慣病・認知症発症予防の観点から-.第17回日本運動疫学会学術総会, 基調講演.
2014.06.30~2014.06.30, アルツハイマー病および認知機能低下に関する身体活動, 身体不活動および体力の影響.スイスー日本 高齢化時代へのダイアローグ,在日スイス大使館主催, シンポジスト.
2014.06.06~2014.06.08, アンチエイジングの運動疫学. 第14回日本抗加齢医学会総会シンポジウム,あの人は、どうしてあんなに元気なのか!?〜三浦雄一郎氏、マスターズアスリート、久山町スタディからひも解くエクササイズ・サイエンス, シンポジスト.
2010.05.26~2010.05.27, 第83回日本産業衛生学会総会, シンポジスト.
2009.09.07~2009.09.08, 第22回日本健康心理学会大会, シンポジスト.
2009.09.07~2009.09.08, 第22回日本健康心理学会大会, シンポジウム企画・司会.
2009.07.17~2009.07.20, Healthy Aging. First Asia-Pacific Health Promotion and Health Education, Organize & Chairman.
2008.08.02~2008.08.03, 第16回日本運動生理学会大会, 座長.
2008.08.02~2008.08.03, 第16回日本運動生理学会大会, シンポジスト.
2008.08.01~2008.08.01, The 13th East Asia Society of Exercise and Sport Science, シンポジスト.
2006.07, 日本体力医学会, プログラム委員会委員.
2005.02, 第6回日本健康支援学会年次学術集会, 実行委員会委員長.
2004.02, 第5回日本健康支援学会年次学術集会, 実行委員会委員長.
2003.02, 第4回日本健康支援学会年次学術集会, 実行委員会委員長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.05~2017.05, Journal of Fitness and Aerobics, 査読委員.
2017.05~2017.05, Journal of Sports Science and Medicine, 査読委員.
2017.05~2017.05, Journal of Geriatric Medicine and Gerontology, 査読委員.
2015.04~2016.03, Journal of Sports Science and Medicine, 査読委員.
2015.04~2016.03, Journal of Geriatric Medicine and Gerontology, 査読委員.
2015.04~2016.03, Open Journal of Sports Medicine, 査読委員.
2011.04, 健康支援, 編集委員長.
2009.04~2010.03, Open Sports Medicine Journal, 編集委員.
2004.04, 運動疫学研究, 編集委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度      
2015年度    
2014年度 13      15 
2011年度 17  21 
2010年度
2009年度
2008年度 10 
2007年度 10  14 
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
2001年度
2000年度
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, http://webpages.ihs.kyushu-u.ac.jp/kumagai/ 健康支援学、健康・運動疫学研究室, 2003.11.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
セメルバイス大学体育スポーツ科学部, Hungary, 2005.10~2006.09.
Faculty of Physical Education and Soprts Science, Semmelveise Unversity, Hungary, 2002.02~2002.02.
外国人研究者等の受入れ状況
2007.03~2007.06, Phramongkutklao医科大学, Thailand, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 疫学研究において生活習慣を科学するための方法論の開発.
2014年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 活動的なライフスタイル構築を目的とした座位・身体不活動の行動変容に関する研究.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, 地域在住高齢者のストレス対処能力(SOC)の実態および認知機能と関連.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 分担, 地域住民における余暇時の運動習慣および運動量が健康寿命に与える影響:久山町研究.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, 地域在住高齢者のストレス対処能力(SOC)の実態および認知機能と関連.
2013年度~2015年度, 萌芽的研究, 分担, 大学生のメンタルヘルス実態調査に基づいたセルフケア教育プログラムの開発.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, 児童における体力ならびに定量化された身体活動量と心理的因子との関連性.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, 運動無関心および身体不活動に対する運動疫学研究.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, 一般住民における身体組成が心血病発症および死亡に与える影響:久山町研究.
2011年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, 加速度センサーを用いた運動疫学研究による肥満と歯周病の因果関係の解明.
2010年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, うつ・代謝障害のバイオマーカーとしての血清脳由来神経栄養因子に関する運動疫学研究.
2010年度~2014年度, 基盤研究(A), 代表, 多点観察による身体活動・運動量、体力と健康事象に関する運動疫学研究.
2008年度~2009年度, 萌芽研究, 代表, 脳由来神経栄養因子の運動生理学的意義に関する研究.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 分担, 精神機能と生活習慣行動特性およびメタボリックシンドローム出現との関連性の検討
.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 分担, メンタルヘルスとメタボリックシンドロームとの関連―血清BDNFと身体活動の役割
.
2004年度~2005年度, 萌芽研究, 代表, 脂肪細胞由来の生理活性物質の健康指標としての意義に関する運動疫学研究.
2004年度~2005年度, 基盤研究(B), 代表, AMPキナーゼ系とカルシニューリン系が骨格筋の組織化学及び代謝特性に与える影響.
2003年度~2005年度, 萌芽研究, 分担, ボディワークによる生理心理学的変化の検討—背中への接触・振動に伴う心身の影響—.
2001年度~2002年度, 基盤研究(B), 代表, ウェイトコントロールと骨格筋特性に関する食・運動による介入研究.
1999年度~2001年度, 基盤研究(B), 代表, インスリン抵抗性症候群モデルラットの開発—速筋優位モデルラットを用いての検討—.
1999年度~1999年度, 基盤研究(C), 代表, 肥満およびインスリン抵抗性の成因としての骨格筋の役割—速筋優位モデルラットを用いての検討—.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2015年度~2015年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 健康長寿の延伸を目指した大規模認知症コホート研究の創設.
2013年度~2015年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 大規模ゲノム疫学共同研究による認知症の危険因子および防御因子の解明.
2013年度~2015年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, 身体活動・不活動量、運動量の実態とその変化が生活習慣病発症に及ぼす影響と運
動介入支援の基盤構築に関する研究
.
2013年度~2015年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 高齢者の認知機能低下に関わる諸因子観察と予防介入による抑制効果の検討.
2013年度~2015年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, 身体活動・不活
動量、運動量の実態とその変化が生活習慣病発症に及ぼす影響と運動介入支援の基盤構築に関する研究
.
2013年度~2015年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 大規模ゲノム疫学共同研究による認知症の危険因子および防御因子の解明.
2009年度~2011年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 印刷教材と携帯電話フィードバックシステムを用いた食生活の改善及び運動指導プログラムの開発に関する研究.
2009年度~2011年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, 大規模コホートを用いた生活習慣病の一次予防のための運動量策定に関する運動疫学研究.
2008年度~2012年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, アルツハイマー病の危険因子の解明と予防に関する大規模ゲノム疫学研究
.
2002年度~2004年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 老化因子と加齢に伴う身体機能変化に関する長期縦断的疫学研究
分担研究テーマ:耐糖能異常者における健康感認知変容プログラムによる長期介入研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2020年度, , 分担, 健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症コホート研究.
2011年度~2016年度, , 代表, 効果的な介護予防対策の構築のための大規模疫学調査.
2012年度~2013年度, 平成24年度糸島市九州大学連携研究助成金, 代表, 糸島市の健康寿命と健康行動(社会生活)の実態に関する調査研究.
2010年度~2011年度, 第27回 一般研究奨励助成総合健康推進財団, 代表, 高齢者の身体活動量の実態とうつ・認知機能との関連性.
2010年度~2011年度, 第27回 一般研究奨励助成総合健康推進財団, 代表, 高齢者の身体活動量の実態とうつ・認知機能との関連性.
2009年度~2010年度, 日本生命財団 高齢社会 実践的研究助成, 分担, 運動・社会疫学研究の成果に基づく認知症予防プログラムの実践と評価(大宰府研究)
.
2009年度~2009年度, 明治安田こころの健康財団研究助成, 分担, 地域高齢者における認知機能低下・うつ・閉じこもりの予測因子の検討.
2008年度~2008年度, 明治安田生命厚生事業団健康医科学研究助成, 分担, 地域在住高齢者の体力と精神的健康度との関連.
2008年度~2008年度, 中冨健康科学振興財団研究助成, 代表, 持久的運動における血清の脳由来神経栄養因子(BDNF)の応答
.
2007年度~2007年度, 千代田生命健康開発事業団・社会厚生事業研究助成, 分担, メタボリックシンドロームの発症に及ぼす生活習慣行動の影響-運動疫学研究手法を用いて-.
2006年度~2006年度, 明治安田生命厚生事業団健康医科学研究助成, 分担, 閉経後2型糖尿病女性の性ホルモン水準メタボリックシンドロームの関連性に関する横断的・介入研究.
2006年度~2006年度, 戦略的研究教育推進経費(社会連携活動経費), 代表, 地域高齢者の転倒および介護認定に関わる要因分析に関する調査・研究事業
.
2000年度~2002年度, 日本体力医学会プロジェクト研究, 代表, Metabolic fitness改善のための運動・食行動変容プログラムによる多施設共同介入研究.
2000年度~2000年度, デサントスポーツ科学研究助成, 代表, インスリン抵抗性改善のための運動・食行動変容プログラムによる長期介入研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.04~2017.03, 受託研究, 福岡県粕屋郡篠栗町, 代表, 効果的な介護予防対策の構築のための大規模疫学調査.
2016.04~2017.03, 共同研究, 株式会社キッズ・カンパニー, 代表, 認知機能低下予防に適した運動プログラムの作成と評価に関する共同研究.
2016.04~2017.03, 共同研究, オムロンヘルスケア株式会社, 代表, 日常身体活動および不活動の評価および研究プロトコルの先行検討による課題解決.
2016.04~2017.03, 共同研究, 正興社ITソリューション株式会社, 代表, 保健ソーシャルコミュニティ、いつからでも始められる生活習慣改善システムの開発.
2016.04~2017.03, 共同研究, 公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター, 代表, 留学生と日本人学生の学修状況とメンタルヘルスおよび生活習慣に関する比較研究.
2016.04~2017.03, 共同研究, NINOシステム株式会社, 代表, 体力及び身体活動に係る健康関連情報発信に向けてのシステム構築.
2015.09~2019.03, 共同研究, トヨタ自動車株式会社, 代表, 労働者の身体活動特性と健康診断結果との関連性の検討.
2015.04~2016.03, 共同研究, 福岡県粕屋郡篠栗町, 代表, 効果的な介護予防対策の構築のための大規模疫学調査.
2014.04~2015.03, 共同研究, 一般財団法人福祉皮膚美容士協会, 代表, 介護予防における福祉皮膚美容の役割に関する研究.
2014.04~2015.03, 共同研究, 正興電機株式会社ITソリューション, 代表, 保健ソーシャルコミュニティ、いつからでも始められる生活習慣改善システムの開発.
2014.04~2015.03, 共同研究, UHA味覚糖, 代表, 新規化合物(UHA4002N、UHA4003N)(レスベラトロール)に関する動物実験.
2014.04~2015.03, 共同研究, NINOシステム, 代表, 新たな健康指標の開発と健康支援システムの構築に関する研究.
2011.04~2015.03, 受託研究, 福岡県粕屋郡篠栗町, 代表, 「介護予防策定に関する調査研究」+「効果的な介護予防対策の構築のための大規模疫学調査」
.
2012.04~2013.03, 共同研究, 合同会社 SHP企画&株式会社 NINOSystem, 代表, 新たな健康指標の開発と健康支援システムの構築に関する研究.
2011.04~2012.03, 共同研究, 合同会社 SHP企画&株式会社 NINOSystem, 代表, 新たな健康指標の開発と健康支援システムの構築に関する研究.
2011.07~2013.03, 共同研究, 竹井機器工業株式会社, 連携, 健康つくりのための体力測定のシステム化に関する研究.
2011.04~2016.03, 受託研究, 篠栗町, 連携, 効果的な介護予防対策の構築のための大規模疫学調査.
2009.04~2010.03, 共同研究, オムロンヘルスケア㈱, 連携, 加速度計を用いた身体活動量の評価法および臨床応用に関する共同研究

.
2009.04~2010.03, 共同研究, セルコム㈱, 連携, 複合型リラクゼーション・ダイエット・システムの商品開発.
2009.12~2010.03, 受託研究, 麻生塾, 代表, 健康アグリゲーションサービスにおける人材育成事業の企画・評価.
2009.12~2010.03, 受託研究, 麻生塾, 代表, 健康アグリゲーションサービスの構築・運用に関する調査研究.
2009.04~2010.03, 受託研究, SHP企画, 代表, 非対面方式による指導プログラムの構築と検証.
2009.04~2012.03, 受託研究, ユニカ株式会社, 代表, 日本初の新規コミュニテイ形成・生成モデルのモニター調査.
2009.04~2012.03, 受託研究, 太宰府市, 代表, 地域における効果的な介護予防対策に関する調査研究.
2008.06~2009.03, 受託研究, 合同会社SHP企画, 代表, 非対面方式による指導プログラムの構築と検証.
2008.06~2009.03, 共同研究, セルコム株式会社, 代表, 複合型リラクゼーション・ダイエット・システムの商品開発.
2008.05~2009.02, 共同研究, 行橋市役所, 代表, 行橋市国保ヘルスアップ事業の長期継続効果に関する追跡研究.
2007.08~2008.03, 共同研究, イイダ靴下株式会社, 代表, 健康および競技スポーツ関連機能性靴下の商品開発.
寄附金の受入状況
2016年度, 本村内科医院, 奨学寄付金.
2014年度, 本村内科医院, 奨学寄付金.
2012年度, 竹井機器株式会社, 奨学寄附金.
2012年度, 本村内科医院, 健康科学センター研究資金.
2011年度, 本村内科医院, 健康科学センター研究資金.
2010年度, 財団法人総合健康推進財団, 平成22年度第27回一般研究奨励助成/高齢者の身体活動量の実態とうつ・認知機能との関連性.
2010年度, 本村内科医院, 健康科学センター研究資金.
2009年度, 本村内科医院, 健康科学センター研究資金.
2008年度, 日本健康倶楽部福岡統括部, 健康科学センター研究資金.
2008年度, 本村内科医院, 健康科学センター研究資金.
2007年度, 日本健康倶楽部福岡統括部, 奨学寄附金.
2005年度, SRC株式会社, 奨学寄附金.
2004年度, 東陶機器株式会社総合研究所, 奨学寄付金/吐水刺激による皮下脂肪への影響検証試験.
学内資金・基金等への採択状況
2013年度~2014年度, 平成25・26年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 代表, エビデンスに基づく身体活動と身体不活動の科学の構築:運動疫学および運動分子生物学的手法を用いての解明.
2010年度~2012年度, 平成22年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 代表, 疫学的アプローチによる学生のメンタルヘルス支援に向けたシステム構築(EQUSITE Study: Enhancement for Q. Univ Students InTElligence).
2008年度~2008年度, 平成20年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 分担, 大学における効果的なヘルスプロモーションの展開とその評価.
2007年度~2007年度, 健康科学センター健康科学第一部門内研究費, 健康科学センター健康科学第一部門内研究費.
2002年度~2002年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P), 代表, 地域における運動行動の予防医学的評価と要因.

九大関連コンテンツ