九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
雉本 信哉(きじもと しんや) データ更新日:2017.05.26

教授 /  工学研究院 機械工学部門 力学システム


主な研究テーマ
制御領域の拡大を目的とした能動音響制御
キーワード:能動音響制御, 波面制御, 多チャンネル制御, 仮想マイクロホン
2015.04.
能動的音響制御を利用する音声マスキング手法
キーワード:能動音響制御,マスキング,適応制御,適応アルゴリズム
2012.10.
能動遮音壁による騒音低減
キーワード:能動音響制御,遮音壁,適応制御,適応アルゴリズム,移動騒音源
2009.04.
制御点の移動に追従する能動音響制御
キーワード:適応制御,能動音響制御,制御点の移動
2004.04.
壁面/床面を透過する衝撃音の能動制御
キーワード:能動音響制御,衝撃音
2008.04.
水素流量の音響的計測法
キーワード:水素流量計,伝播時間
2005.04~2010.03.
漏洩水素の音響的検出手法
キーワード:水素センサ,音響特性
2004.04~2009.03.
外部入射騒音の能動的制御
キーワード:能動的音響制御,適応制御,適応アルゴリズム,移動音源
1999.04.
従事しているプロジェクト研究
SR(スマートラバー)技術を活かした健康・福祉・医療分野における応用に関する事業家研究
2010.04, 代表者:古川勝彦.
窓ガラス清掃ロボットの開発
2006.07~2008.03, 代表者:山本元司, 九州大学
実用的なビル窓ガラス清掃用ロボットの研究および開発.
需要家用水素計量システムの研究開発
2005.12~2008.03, 代表者:古川雅人, 九州大学,愛知時計電機株式会社
我が国は,定置型燃料電池を将来のエネルギー・環境政策の要の一つと位置づけ,その開発・普及を推進している.この定置型燃料電池の普及実現のためには,集合住宅やオフィスビルなどへの燃料電池導入が不可欠であるが,それを効率的に運用するためには,水素の製造/貯蔵を集積化して水素配管により各需要家に水素ガスを供給することが有効であり,その目的に適した需要家用水素計量システムの開発が喫緊の課題となっている.この需要家用水素計量システムを超音波式水素流量計により実現するにあたって問題となる,流体力学的・音響学的課題,材料・シールに関する課題,およびシステムの安全運用に関する課題を基礎研究により解決することを目的とする..
研究業績
主要著書
1. 末岡淳男,雉本信哉,松崎健一郎,井上卓見,劉孝宏, 機械力学演習, 森北出版, 2004.09.
2. 鈴木昭次,西村正治,雉本信哉,御法川学, 機械音響工学, コロナ社, 2004.04.
3. 長松昭男,萩原一郎,吉村卓也,梶原逸朗,雉本信哉, 音・振動のモード解析と制御, コロナ社, 1996.07.
主要原著論文
1. WANG Xun, KOBA Yosuke, ISHIKAWA Satoshi, KIJIMOTO Shinya, Hybrid active noise barrier with sound masking in open-plan offices, Noise Control Engineering Journal, Vol. 64, No. 3, 403-415, 2016.05.
2. 王循, 木庭洋介, 石川 諭, 雉本 信哉, ハイブリッドANCシステムを用いた能動的遮音壁(ロバスト性能を確保できる適応型フィードバックANCシステムの提案及び適用), 日本機械学会, Vol. 82, No. 835, p. 15-00532, 2016.02.
3. KIJIMOTO Shinya, ISHIKAWA Satoshi, WANG Xun, KOBA Yosuke, An adaptive method for designing a robust IMC structured feedback active noise controller, Noise Control Engineering Journal, Vol. 63, No. 6, 496-507, 2015.11.
4. 王循, 木庭洋介, 石川 諭, 雉本 信哉, ハイブリッドANCシステムを用いた能動的遮音壁(ウォーターベッド効果による増音の抑制及び各種音場における減音効果の考察), 日本機械学会, Vol. 81, No. 827, p. 15-00064, 2015.07.
5. 王循, 木庭洋介, 石川 諭, 雉本 信哉, ハイブリッドANCシステムを用いた能動的遮音壁, 日本機械学会論文集C編, 80, 814, 2014.06.
6. 石川 諭, 雉本 信哉, 木庭洋介, 大脇 亮磨, 森 裕樹, 集中系モデルによる2次元音響解析, 日本機械学会論文集B編, 79, 801, 744-748, 2013.05.
7. 嘉村俊一, 木庭洋介, 松田 浩一, 雉本 信哉, 周波数領域適応アルゴリズムを用いた衝撃音の能動制御, 日本機械学会論文集C編, 78, 789, 1655-1662, 2012.05.
8. 大野佳子, 池田生馬, 木庭洋介, 松田 浩一, 雉本 信哉, ステップサイズベクトルを用いた評価点移動時の能動音響制御, 日本機械学会論文集C編, 78, 789, 1670-1679, 2012.05.
9. Yoshiko Ohno, Yosuke Koba, ISHIKAWA Satoshi, Shinya Kijimoto, ACTIVE NOISE CONTROL FOR A MOVING EVALUATION POINT USING STEPSIZE VECTOR AND SECONDARY PATH INTERPOLATION, MJIIT-JUC Joint Symposium 2012, 2012.11.
10. Xun WANG, Shinya KIJIMOTO, Yosuke KOBA and Koichi MATSUDA, Noise Barrier Using Feedback Active Noise Control, The 40th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (INTER-NOISE 2011)
, TS-6, SS33, 2011.09.
11. 池田生馬,雉本信哉,松田浩一, 空間の音響モード特性を考慮した広帯域能動的音響制御, 日本機械学会論文集C編, 76, 765, 1265-1270, 2010.05.
12. Ikuma IKEDA, Shinya KIJIMOTO, Koichi MATSUDA, Yosuke KOBA and Keitaro KAGEYAMA, Active Noise Control Using Position of Evaluation Point, Journal of System Design and Dynamics, 4, 753, 1421--1427, Special Issue on D&D2008, Paper No. T2-08-0860, 2009.05.
13. 池田生馬,雉本信哉,松田浩一,木庭洋介,景山慶太郎, 評価点の位置情報を利用した3 次元能動的音響制御, 日本機械学会論文集C編, 75, 753, 1421--1427, 2009.05.
14. 大窪貴宏,雉本信哉,松田浩一,木庭洋介, 音響信号を利用した水素漏洩検出法, 日本機械学会論文集, C編,75巻,752号,pp.912 - 918, 2009.04.
15. Ikuma IKEDA, Shinya KIJIMOTO, Koichi MATSUDA, Yosuke KOBA and Toshihiko HIGASHI, Active Noise Control Assuming Quiet Zone Movement, Journal of System Design and Dynamics, Vol.2,No.6,pp.1296-1305,2008, 2008.12.
16. 景山慶太郎,雉本信哉,松田浩一,木庭洋介,池田生馬, 衝撃音の能動音響制御, 日本機械学会論文集, C編,74巻,748号,pp.2904 - 2909, 2008.12.
17. 木庭洋介, 雉本信哉, 池田生馬, 松田浩一, 東周彦, ステップサイズ自動調整法を用いた能動的音響制御, 日本機械学会論文集C編,, 74巻741号,pp.1281-1286, 2008.05.
18. 池田生馬, 雉本信哉, 松田浩一, 木庭洋介, 東周彦, 3次元空間における評価点の移動を考慮した能動的音響制御, 日本機械学会論文集C編, 74巻741号,pp.1273-1280, 2008.05.
19. Ikuma IKEDA, Shinya KIJIMOTO, Koichi MATSUDA and Yosuke KOBA, Active Noise Control with a Moving Evaluation Point, Journal of System Design and Dynamics, Vol.2,No.1,pp.362-369,2008, 2008.03.
20. 雉本 信哉 木庭 洋介 金光 陽一 松田 浩一, 空間音響特性の変化を利用する水素検出手法(実現可能性の検討), 日本音響学会誌, 63巻,5号,pp.245-250, 2007.05.
21. Shinya Kijimoto, Yuichi SASAKI, Yoichi KANEMITSU, Koichi MATSUDA, Takashi YOSHIDA, Active Noise Control for Three-Dimensional Sound Field Using Fast Converging Algorithms, Journal of Environment and Engineering, vol.2, No.2, pp.257-265, 2007.03.
22. 雉本信哉,佐々木優一,金光陽一,松田浩一,吉田敬, 高速に収束するアルゴリズムを用いた3次元の能動的音響制御, 日本機械学会論文集 (C編), 71, 707, pp.2141-2146, 2005.07.
23. 雉本信哉,鈴木英男,金光陽一,松田浩一, マイクロホンプローブの実効受音位置, 日本音響学会誌, 第57 巻, 第8 号,pp. 502--508, 2001.08.
24. 雉本信哉,田中英雄,金光陽一,松田浩一, 2音源を用いた能動的音響制御のためのハウリング抑制手法, 日本機械学会論文集(C編), 67, 656, pp. 948- 953, 2001.04.
25. Shinya KIJIMOTO, Hideo SUZUKI and Shun OGURO, Diffraction of Sound by Two Finite-Length Cascade Cylinders, The Journal of Acoustical Society of Japan(E), 19, 4, pp. 269- 273, 1998.01.
26. 雉本信哉,下嶋浩,柴原章宏, 能動的音響制御のための周波数領域適応アルゴリズム, 第2報,ダクトモデルによる実験的検討, 日本機械学会論文集(C), 62, 596, pp.1397-1402, 1996.04.
27. 雉本信哉,下嶋浩, 能動的音響制御のための周波数領域適応アルゴリズム 第1報,アルゴリズムの提案およびシミュレーション, 日本機械学会論文集(C編), 61, 589, pp.3581-3586, 1995.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 雉本信哉, 3次元空間内での能動的音響制御, 日本機械学会関西支部主催第294 回講習会「実務者のための騒音防止技術」資料, 2008.01.
2. 雉本信哉, 3次元空間内での能動的音響制御, 日本機械学会関西支部主催第288 回講習会「実務者のための騒音防止技術」資料, 2007.01.
3. 雉本信哉,東周彦,池田生馬,木庭洋介,松田浩一,金光陽一, 三次元空間内での能動音響制御, 日本音響学会 騒音・振動研究会, 2007.03.
4. 雉本信哉, 3次元空間内の能動的音響制御, A-TS10-18「九州ダイナミックス&コントロール研究会」 第15回資料, 2006.12.
5. Shinya Kijimoto, Toshihiko Higashi, Ikuma Ikeda, Yoichi Kanemitsu, Koichi Matsuda, Yosuke Koba, Active Noise Control in 3-dimensional Sound Field, Kyushu University - KAIST Joint Seminar 2006, 2006.09.
6. 雉本信哉, LMSに替わる適応アルゴリズムを用いた能動的音響制御, A-TS10-18「九州ダイナミックス&コントロール研究会」 第13回資料, 2004.12.
7. 雉本信哉, 外部から騒音が入射する音場の能動的制御, A-TS09-01「機械音の快適化技術研究会」第10回研究会, 2003.01.
8. Shinya KIJIMOTO, Hideo TANAKA, Yoichi KANEMITSU, Koichi MATSUDA, Howling Cancellation for Active Noise Control, The 4th International Joint Symposium between Kyushu University and Chungnam National University, 1999.10.
9. 雉本信哉, 周波数領域適応アルゴリズムによる能動的音響制御, A-TS10-18「九州ダイナミックス?&コントロール研究会」 第6回資料, 1997.10.
主要学会発表等
1. WANG Xun, SATAKE Takayuki, KOBA Yosuke, Satoshi ISHIKAWA, KIJIMOTO Shinya, Active reduction of the two-way diffraction from a noise barrier by using feedforward control, Inter-Noise 2016, 2016.08.
2. KIJIMOTO Shinya, WANG Xun, Satoshi ISHIKAWA, KOBA Yosuke, Hybrid active noise barrier with sound masking (Experiment for verifying the noise attenuation performance in an office room and evaluation of maskers by listening experiments), Inter-Noise 2015, 2015.08.
3. KIJIMOTO Shinya, WANG Xun, Satoshi ISHIKAWA, KOBA Yosuke, Development of indoor hybrid active noise barrier, 22nd International Congress on Sound and Vibration (ICSV22), 2015.07.
4. WANG Xun, KOBA Yosuke, ISHIKAWA Satoshi, KIJIMOTO Shinya, Hybrid active noise barrier with sound masking, Inter Noise 2014, 2014.11.17.
5. Kazuya YOKOTA, Shinya Kijimoto, ISHIKAWA Satoshi, Yosuke KOBA, Active Noise Control with Changing Adaptive Behavior Algorithm, The 3rd Japan-Korea Joint Symposium on Dynamics and Control, 2013.08.28.
6. TAKAHASHI Akihiro, KIJIMOTO SHINYA, ISHIKAWA Satoshi, KOBA Yosuke, Sound Masking Using Active Noise Control, The 3rd Japan-Korea Joint Symposium on Dynamics and Control, 2013.08.28.
7. TANIGUCHI Tishiro, KOBA Yosuke, ISHIKAWA Satoshi, KIJIMOTO Shinya, Active Noise Control Considering Moving Evaluation Point in Actual Sound Field, The 3rd Japan-Korea Joint Symposium on Dynamics and Control, 2013.08.28.
8. Yoshiko Ohno, KOBA Yosuke, ISHIKAWA Satoshi, Shinya Kijimoto, Active Noise Control for a Moving Evaluation Point Using Stepsize Vector and Secondary Path Interpolation, Mjiit-Juc Joint Symposium, 2012.11.22.
9. Xun Wang, Shinya Kijimoto, Yosuke Koba, and Koichi Matsuda, Noise barrier using feedback active noise control, The 40th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (inter-noise 2011), 2011.09.05.
10. Shinya Kijimoto, Ikuma Ikeda, Yosuke Koba, Koichi Matsuda and Keitaro Kageyama, Noise reduction with active noise shielding system, The 2009 International Symposium on Active Control of Sound and Vibration, 2009.08.
11. Ikuma Ikeda, Yosuke Koba, Shinya Kijimoto and Koichi Matsuda, Active noise control using filter map in 3-dimensional acoustic field, The 38th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (inter-noise 2009), 2009.08.
12. Ikuma Ikeda, Shinya Kijimoto, Koichi Matsuda, Yosuke Koba and Keitaro Kageyama, Filter-Map Updating Algorithm for 3-Dimensional Active Noise Control, Inter Noise 2008, Proceedings of The 37th International Congress & Exhibition on Noise Control Engineering, CD-ROM No. 0311, 2008, 2008.10.28.
13. Ikeda,I., Kanemitsu,Y., Kijimoto,S., Matsuda,K. and Koba,Y., Simulations for Speeding Up the Adaptive Algorithm on Active Noise Control, 12th Asia Pacific Vibration Conference, 2007.08.
14. Shinya Kijimoto, Yasumasa Imamura, Yoichi Kanemitsu, Koichi Matsuda, Yosuke Koba, Active Noise Control Using Online Secondary Path Identification Algorithm, 35th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (Inter-noise 2006), 2006.12.
15. Shinya KIJIMOTO, Yuichi SASAKI, Yasumasa IMAMURA, Yoichi KANEMITSU, Koichi MATSUDA, Latest Approaches about Active Noise Control, Sixth World Congress on Computational Mechanics in conjunction with the Second Asia-Pacific Congress on Computational Mechanics, 2004.09.
16. Shinya KIJIMOTO, Hideo TANAKA, Yoichi KANEMITSU, and Koichi MATSUDA, Howling Cancellation for Active Noise Control, The 2002 International Symposium on Active Control of Sound and Vibration (ACTIVE 2002), 2002.07.
17. Shinya KIJIMOTO, Yoichi KANEMITSU, Koichi MATSUDA and Hideo Suzuki, Influence of Microphone Probe on Sound Field, Asia-Pacific Vibration Conference '99, 1999.12.
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
電子情報通信学会
日本音響学会
日本機械学会
学協会役員等への就任
2016.04~2020.03, 日本騒音制御工学会, アクティブコントロール分科会主査.
2011.04~2013.03, 日本機械学会, 編集委員.
2011.04~2012.03, 日本機械学会, 九州支部庶務幹事.
2004.04, 日本騒音制御工学会, アクティブコントロール分科会委員.
2004.04, 日本機械学会, 環境工学部門 第一技術委員会委員.
2005.04~2008.03, 日本機械学会, 環境工学部門 代議員.
2005.04~2008.03, 日本機械学会, 機械力学部門 代議員.
2004.04, 日本機械学会, 校閲委員.
2004.04~2005.03, 日本機械学会, 機械力学部門 広報委員.
学会・研究会における座長等
2016.06.30~2016.07.01, 日本機械学会環境工学総合シンポジウム2016, 座長.
2016.03.15~2016.03.15, 日本機械学会九州支部総会講演会, 座長.
2013.08.27~2013.08.28, The 3rd Japan-Korea Joint Symposium on Dynamics and Control, 座長.
2013.09.05~2013.09.06, 騒音制御工学会秋季研究発表会, 座長.
2013.08.26~2013.08.30, 日本機械学会D&D Conference 2013, 座長.
2013.03.13~2013.03.13, 日本機械学会九州支部総会講演会, 座長.
2012.07.04~2012.07.06, 日本機械学会環境工学総合シンポジウム2012, 座長.
2012.09.18~2012.09.21, 日本機械学会D&D Conference 2012, 座長.
2011.09.05~2011.09.09, 日本機械学会D&D Conference 2011, 座長.
2011.06.30~2011.07.01, 日本機械学会環境工学総合シンポジウム2011, 座長.
2011.03.17~2011.03.17, 日本機械学会九州支部総会講演会, 座長.
2010.06.27~2010.06.28, 日本機械学会環境工学総合シンポジウム2010, 座長.
2010.09.14~2010.09.17, 日本機械学会D&D Conference 2010, 座長.
2010.05.19~2010.05.21, 第22回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD22), 座長.
2009.09.02~2009.09.04, 第11回「運動と振動の制御」シンポジウム(MoViC 2009), 座長.
2009.08.03~2009.08.07, 日本機械学会D&D Conference 2009, 座長.
2009.07.09~2009.07.11, 日本機械学会環境工学総合シンポジウム2009, 座長.
2009.03.18~2009.03.18, 日本機械学会九州支部講演会, 座長.
2008.09.02~2008.09.05, 日本機械学会D&D Conference 2008, 座長.
2008.07.10~2008.07.11, 日本機械学会環境工学総合シンポジウム2008, 座長.
2007.09.25~2007.09.28, 日本機械学会D&D Conference 2007, 座長.
2007.07.19~2007.07.20, 日本機械学会環境工学総合シンポジウム2007, 座長.
2006.12, 35th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (Inter-noise 2006), 座長.
2006.11, 日本機械学会鳥取講演会, 座長.
2006.09, 日本機械学会年次大会, 座長.
2006.08, 日本機械学会D&D Conference 2006, 座長.
2006.07, 日本機械学会環境工学総合シンポジウム2006, 座長.
2005.08, 日本機械学会D&D Conference 2005, 座長.
2004.09, 日本機械学会D&D Conference 2004, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会 2016年度年次大会, 実行委員.
2016.08.23~2016.08.26, Dynamics and Design Conference 2016, オーガナイザー.
2016.06.30~2016.07.01, 第26回環境工学総合シンポジウム2016, オーガナイザー.
2015.08.25~2015.08.28, Dynamics and Design Conference 2015, オーガナイザー.
2015.07.08~2015.07.10, 第25回環境工学総合シンポジウム2015, オーガナイザー.
2014.11.18~2014.11.18, 第24回環境工学総合シンポジウム2014, オーガナイザー.
2014.08.26~2014.08.29, Dynamics and Design Conference 2014, オーガナイザー.
2013.08.26~2013.08.30, Dynamics and Design Conference 2013, オーガナイザー.
2013.07.10~2013.07.12, 第23回環境工学総合シンポジウム2013, オーガナイザー.
2012.07.04~2012.07.06, 第22回環境工学総合シンポジウム2012, オーガナイザー.
2012.09.18~2012.09.21, Dynamics and Design Conference 2012, オーガナイザー.
2011.06.30~2011.07.01, 第21回環境工学総合シンポジウム2011, オーガナイザー.
2011.09.05~2011.09.09, Dynamics and Design Conference 2011, オーガナイザー.
2010.06.27~2010.06.28, 第20回環境工学総合シンポジウム2010, オーガナイザー.
2010.09.14~2010.09.17, Dynamics and Design Conference 2010, オーガナイザー.
2010.05.19~2010.05.21, 第22回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD22), 実行委員.
2009.09.02~2009.09.04, 第11回「運動と振動の制御」シンポジウム(MoViC 2009), 実行委員.
2009.08.03~2009.08.08, Dynamics and Design Conference 2009, オーガナイザー.
2009.07.09~2009.07.11, 第19回環境工学総合シンポジウム2009, オーガナイザー.
2004.06, 第16回電磁力関連のダイナミクスシンポジウム, 幹事.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2011.04, 日本機械学会論文集, 編集委員.
2007.04, Journal of Environment and Engineering, 編集委員.
2004.04, 日本機械学会 機械力学部門 ニュースレター, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度    
2015年度    
2014年度    
2013年度    
2012年度 27      28 
2011年度 30      33 
2010年度 18  19 
2009年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Ramada Innsbruck Tivoli, Austria, 2013.09~2013.09.
Corus Hotel, Malaysia, 2012.11~2012.11.
Westin Ottawa Hotel, Canada, 2009.08~2009.08.
Shanghai International Convention Center, China, 2008.10~2008.10.
Sheraton Waikiki, United States of America, 2006.12~2006.12.
KOREA MARITIME UNIVERSITY KOREA MARITIME UNIVERSITY Korea Maritime University, Korea, 2003.09~2003.09.
University of Southampton, United Kingdom, 2001.03~2002.03.
受賞
研究業績賞, 日本機械学会, 2014.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 代表, 能動音響制御を併用する低騒音で効果的な音声マスキング手法.
2003年度~2004年度, 萌芽研究, 代表, 準能動型すべり軸受変形装置の試作.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.06~2016.03, 共同研究, 倉敷化工株式会社, 代表, 3次元局所空間ANCの技術開発.
2014.04~2015.03, 共同研究, 東海ゴム工業株式会社, 代表, 誘電ポリマー型スピーカーの能動音響制御への応用に関する研究.
2014.04~2015.03, 共同研究, 倉敷化工株式会社, 代表, 3次元局所空間ANCの技術開発.
2013.04~2014.03, 共同研究, 倉敷化工株式会社, 代表, 3次元局所空間ANCの技術開発.
2013.04~2014.03, 共同研究, 東海ゴム工業株式会社, 代表, 誘電ポリマー型スピーカーの能動音響制御への応用に関する研究.
2012.04~2013.03, 共同研究, 東海ゴム工業株式会社, 代表, 誘電ポリマー型スピーカーの能動音響制御への応用に関する研究.
2011.04~2012.03, 共同研究, 東海ゴム工業株式会社, 代表, 誘電ポリマー型スピーカーの能動音響制御への応用に関する研究.
2010.11~2011.03, 共同研究, 東海ゴム工業株式会社, 代表, 誘電ポリマー型スピーカーの能動音響制御への応用に関する研究.
2007.04~2009.03, 共同研究, ヘルツ株式会社, 代表, 居住空間における壁や床の騒音能動制御システム.
寄附金の受入状況
2010年度, 東海ゴム工業株式会社, 使途特定寄付金/知能機械システム部門.
2009年度, 東海ゴム工業株式会社, 使途特定寄付金/知能機械システム部門.
2007年度, ヘルツ株式会社, 使途特定寄付金/知能機械システム部門.
2006年度, ヘルツ株式会社, 使途特定寄付金/知能機械システム部門.

九大関連コンテンツ