九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
花田 和明(はなだ かずあき) データ更新日:2019.03.08



教育活動概要
 京都大学では大学院の学生の実験指導を行ない、大型装置における安全な実験方法とデータ取得、データ解析の方法についての指導を行なった。東京大学大学院では大学院学生の指導と同時に学部学生用の小型の実験装置による実験の指導を行なった。
九州大学においては大学院学生の指導とプラズマ加熱やプラズマ物理に関する講義を行なっている。
担当授業科目
2018年度・通年, 高温プラズマ実験第一.

2018年度・前期, プラズマ概論.

2017年度・前期, プラズマ概論.

2017年度・後期, 高エネルギープラズマ力学特論.

2017年度・後期, 炉心理工学特論演習.

2017年度・通年, Doctoral Research.

2017年度・通年, Exercise for Doctoral Thesis.

2017年度・通年, 高温プラズマ実験第一.

2017年度・通年, Exercise for Doctoral Thesis.

2017年度・通年, Doctoral Research.

2017年度・通年, Doctoral Research (III).

2016年度・後期, 電磁流体力学.

2016年度・前期, 電気理工学基礎.

2015年度・後期, 電磁流体力学.

2015年度・前期, 電気理工学基礎.

2014年度・後期, 電磁流体力学.

2014年度・前期, 電気理工学基礎.

2013年度・後期, 電磁流体力学.

2013年度・前期, 電気理工学基礎.

2012年度・後期, 電磁流体力学.

2012年度・前期, プラズマ基礎物理学.

2011年度・後期, 電磁流体力学.

2011年度・前期, プラズマ基礎物理学.

2010年度・後期, 電磁流体力学.

2010年度・前期, 核融合プラズマ計測特論.

2009年度・後期, 電磁流体力学.

2008年度・後期, 電磁流体力学.

2007年度・後期, 電磁流体力学.

2006年度・後期, 電磁流体力学.

2005年度・通年, プラズマ基礎数学.

2005年度・前期, 電磁流体力学.

2005年度・後期, プラズマ不安定性特論.

2004年度・前期, 電磁流体力学.

2004年度・前期, プラズマ基礎数学.

2004年度・後期, プラズマ不安定性特論.

2003年度・前期, 電磁流体力学.

2003年度・後期, プラズマ不安定性特論.

2002年度・後期, プラズマ不安定性特論.

2002年度・前期, 電磁流体力学.

学生のクラス指導等
2005年度, プラズマ基礎数学(炉心プラズマ加熱学特論第二).

2005年度, プラズマ不安定性特論(炉心理工学特論第ニ).

2005年度, 電磁流体力学(炉心理工学特論第一).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」