九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
陳 光斉(ちん こうさい) データ更新日:2018.06.29

教授 /  基幹教育院 自然科学実験系部門 大学院工学府建設システム工学専攻地盤学講座


教育活動概要
教育活動は,講義・演習と実験実習(学部・大学院)、卒業および修士論文の指導,博士課程の学生の指導,担任 としての学生との関わり等を通して行っている.研究室では,個別の研究打合せ,実験の指導,ゼミおよび検討会な どを行っている。学生に専門分野の基礎知識や先端技術をしっかり身につけさせると共に、専門分野以外の幅広い知 識を取り入れる能力を育成しよう努めている。特に、大学院「総合防災科学」副専攻のカリキュラムの作成、「全学共通教育」の中の「防災科目群」として開講 の企画・運営などの活動を通して、九州大学における防災教育の普及に努力している。
担当授業科目
2018年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2018年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2018年度・後期, リスクマネジメント.

2018年度・前期, 災害リスク学.

2018年度・前期, Risk Management in Natural Disaster Prevention.

2017年度・後期, 課題協学.

2017年度・後期, リスクアセスメント.

2017年度・通年, 建設システム工学演習第三.

2017年度・通年, 建設システム工学特論第三.

2017年度・前期, 国際環境システム工学第六.

2017年度・通年, 産学連携実習.

2017年度・通年, 地球環境工学特別演習.

2017年度・通年, 地球環境工学研究企画演習.

2017年度・通年, 地球環境工学指導演習.

2017年度・通年, 防災地盤工学講究B.

2017年度・前期, 災害リスク学.

2017年度・前期, Introduction to Civil and Environmental Systems Engineering.

2017年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2017年度・後期, リスクマネジメント.

2017年度・前期, 災害リスク学.

2016年度・前期, 課題協学.

2016年度・後期, 課題協学.

2016年度・後期, リスクアセスメント.

2016年度・通年, 建設システム工学演習第三.

2016年度・通年, 建設システム工学特論第三.

2016年度・前期, 国際環境システム工学第六.

2016年度・通年, 産学連携実習.

2016年度・通年, 地球環境工学特別演習.

2016年度・通年, 地球環境工学研究企画演習.

2016年度・通年, 地球環境工学指導演習.

2016年度・通年, 防災地盤工学講究B.

2016年度・前期, Disaster Risk Management.

2016年度・前期, Introduction to Civil and Environmental Systems Engineering.

2015年度・前期, 課題協学.

2015年度・後期, 課題協学.

2015年度・後期, Engineering Mathematics.

2015年度・通年, 建設システム工学演習第三.

2015年度・前期, 災害リスク学.

2015年度・通年, 防災地盤工学講究B.

2015年度・通年, 地球環境工学研究企画演習.

2015年度・通年, 地球環境工学指導演習.

2015年度・通年, 地球環境工学特別演習.

2015年度・通年, 産学連携実習.

2015年度・前期, 国際環境システム工学第六.

2015年度・後期, 数値解析学.

2015年度・通年, 建設システム工学特論第三.

2014年度・通年, 建設システム工学特論第三.

2014年度・後期, 数値解析学.

2014年度・前期, 国際環境システム工学第六.

2014年度・通年, 産学連携実習.

2014年度・通年, 地球環境工学特別演習.

2014年度・通年, 地球環境工学指導演習.

2014年度・通年, 地球環境工学研究企画演習.

2014年度・通年, 防災地盤工学講究B.

2014年度・前期, 災害リスク学.

2014年度・通年, 建設システム工学演習第三.

2014年度・前期, 課題協学.

2014年度・後期, 課題協学.

2014年度・後期, Engineering Mathematics.

2013年度・通年, 地球環境工学研究企画演習.

2013年度・通年, 地球環境工学指導演習.

2013年度・通年, 地球環境工学特別演習.

2013年度・通年, 産学連携実習.

2013年度・後期, 数値解析学.

2013年度・通年, 建設システム工学演習第三.

2013年度・通年, 建設システム工学特論第三.

2013年度・通年, 防災地盤工学講究B.

2013年度・前期, 災害リスク学.

2013年度・前期, Introduction of Civil Engineering.

2012年度・後期, 地球環境工学演習第1.

2012年度・後期, 地球環境工学入門Ⅱ.

2012年度・後期, 数値解析学.

2012年度・前期, Introduction of Civil Engineering.

2012年度・前期, 災害リスク学.

2012年度・通年, 建設システム工学特論第三.

2012年度・通年, 防災地盤工学講究B.

2011年度・後期, 地球環境工学演習第1.

2011年度・後期, 地球環境工学入門Ⅱ.

2011年度・後期, 数値解析学.

2011年度・前期, 地球環境工学演習.

2011年度・前期, Introduction of Civil Engineering.

2011年度・前期, 災害リスク学.

2011年度・通年, 建設システム工学特論第三.

2011年度・通年, 防災地盤工学講究B.

2010年度・後期, 地球環境工学入門Ⅱ.

2010年度・後期, 数値解析学.

2010年度・後期, 国土と環境.

2010年度・前期, 地球環境工学演習.

2010年度・前期, Introduction of Civil Engineering.

2010年度・前期, 災害リスク学.

2010年度・通年, 建設システム工学演習第三.

2010年度・通年, 建設システム工学特論第三.

2010年度・通年, 防災地盤工学講究B.

2009年度・後期, 地球環境工学入門Ⅱ.

2009年度・通年, 建設システム工学演習第三.

2009年度・後期, 数値解析学.

2009年度・前期, 災害リスク学.

2009年度・後期, 国土と環境.

2009年度・前期, 地球環境工学演習.

2009年度・前期, Introduction of Civil Engineering.

2009年度・通年, 建設システム工学特論第三.

2009年度・通年, 防災地盤工学講究B.

2008年度・通年, 建設システム工学演習第三.

2008年度・後期, 数値解析学.

2008年度・前期, 防災科学特論.

2008年度・前期, 災害リスク学.

2008年度・後期, 国土と環境.

2008年度・前期, 地球環境工学演習.

2008年度・前期, Introduction of Civil Engineering.

2008年度・通年, 建設システム工学特論第三.

2007年度・通年, 建設システム工学演習第三.

2007年度・前期, 防災科学特論.

2007年度・前期, Introduction of Civil Engineering.

2007年度・前期, 地球環境工学演習.

2007年度・後期, 環境・都市演習第一.

2007年度・後期, 数値解析学.

2007年度・前期, 災害リスク学.

2007年度・後期, 国土と環境.

2006年度・通年, 建設システム工学演習第三.

2006年度・後期, 環境・都市演習第二.

2006年度・後期, 環境・都市演習第一.

2006年度・後期, 国土と環境.

2006年度・前期, 地球環境工学演習.

2006年度・後期, 数値解析学.

2006年度・前期, Introduction of Civil Engineering.

2006年度・前期, 災害リスク学.

2005年度・後期, 環境・都市演習第一.

2005年度・後期, 数値解析学.

2005年度・後期, 国土と環境.

2005年度・前期, 災害リスク学.

2005年度・前期, Introduction of Civil Engineering.

2004年度・前期, 設計・製図.

2004年度・前期, 防災地盤学.

2004年度・後期, 環境・都市演習第一.

2004年度・後期, 数値解析学.

2004年度・前期, 災害リスク学.

2004年度・前期, Introduction of Civil Engineering.

2003年度・前期, 設計・製図.

2003年度・前期, 防災地盤学.

2003年度・前期, 力学基礎・同演習Ⅰ.

2003年度・後期, 環境・都市演習第一.

2003年度・後期, 数値解析学.

2003年度・前期, 災害リスク学.

2003年度・前期, Introduction of Civil Engineering.

2002年度・前期, 力学基礎・同演習Ⅰ.

2002年度・前期, 設計・製図.

2002年度・前期, 防災地盤学.

2002年度・後期, 環境・都市演習第一.

2002年度・後期, 数値解析学.

2002年度・後期, 災害リスク学.

2001年度・前期, 設計・製図.

2001年度・前期, 防災地盤学.

2001年度・後期, 環境・都市演習第一.

2001年度・後期, 数値解析学.

2000年度・前期, 防災地盤学.

2000年度・後期, 環境・都市演習第一.

2000年度・後期, 数値解析学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.09, 部局, 参加, 基幹教育院FD.

2017.04, 部局, 参加, 基幹教育の改革・改善・定着に向けた検討会  ~課題協学科目の改善に向けて~.

2017.06, 全学, 参加, 教育の質向上支援プログラム(EEP)成果発表会.

2017.02, 部局, 参加, 基幹教育の改革・改善・定着に向けた検討会  ~基幹教育セミナー・課題協学科目の改善に向けて~.

2016.02, 部局, 参加, 基幹教育の改革・改善・定着に向けた検討会  ~基幹教育セミナー・課題協学科目の改善に向けて~.

2016.03, 部局, 参加, 基幹教育ガイダンス事前研修会(FD) .

2015.03, 部局, 参加, 基幹教育ガイダンス事前研修会(FD) .

2015.02, 部局, 参加, 基幹教育の改革・改善・定着に向けた検討会  ~基幹教育セミナー・課題協学科目の改善に向けて~.

2014.09, 部局, 参加, 基幹教育院夏期FD.

2014.12, 全学, 参加, English Learning in Teaching English九大研修・講習会.

2014.07, 全学, 参加, 文献整理法講座.

2013.03, 全学, 参加, 「英語による教授能力」向上のための研修プログラム.

2013.09, 全学, 参加, iBook説明会.

2013.11, 部局, 参加, 著作権と機関リポジトリ ~ 博士論文のインターネット公表に関連して ~.

2012.10, 全学, 参加, ハラスメントに関する講演会.

2012.11, 部局, 参加, H24年度第3回教育改革研究会 「 カリキュラムマネジメントの現状と課題」.

2012.03, 部局, 参加, 工学教育の質向上.

2011.10, 全学, 参加, 第4回教育改革研究会 「 カリキュラムマネジメントの現状と課題」.

2010.12, 学科, 講演, 英語による講義を想定したプレゼンテーションスキルについて.

2010.09, 部局, 参加, Kyushu University Special English Program in Hawaii University.

2010.05, 部局, 参加, 理工系学部における国際戦略.

2003.12, 全学, 参加, 平成15年度第3回全学FD-九州大学における言語文化科目の教育内容の改善に向けて-..

学生のクラス指導等
2017年度, 全学, 新入生サポーター教員.

2015年度, 全学, 学生支援センター.

2014年度, 全学, 学生支援センター.

2010年度, 学部, 2010入学建設都市コースG30国際留学生.

2011年度, 学部, 建設都市工学2年生.

2010年度, 学部, 地球環境工学科2010年度入学生.

2007年度, 学部, 大学院建設システム工学専攻・都市環境工学専攻2006入学.

2006年度, 学部, 大学院建設システム工学専攻・都市環境工学専攻2006入学.

2005年度, 学部, 建設都市工学コース2002年度入学生.

2004年度, 学部, 建設都市工学コース2002年度入学生.

2003年度, 学部, 建設都市工学コース2002年度入学生.

2002年度, 学部, 地球環境工学科2002年度入学生.

学生課外活動指導等
2016年度, 学修サポート、新入生サポーター, 指導、監督.

2015年度, 学修サポート、新入生サポーター, 指導、監督.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2017年度, 日本放送大学 非常勤講師, 2017.10集中講義, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 京都大学 防災研究所 非常勤講師, 2015 集中講義, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 大連理工大学・工学部 教授(海天学者), 2016-2019, 客員教員, 国外.

2015年度, 京都大学 防災研究所 非常勤講師, 2015 集中講義, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 浙江大学 非常勤講師, 2013 集中講義, 非常勤講師, 国外.

2014年度, 京都大学 防災研究所 非常勤講師, 2014 集中講義, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 中国地震局地震予知研究所 教授, 2010-2013, 客員教員, 国外.

2012年度, 中国地震局地震予知研究所 教授, 2010-2012, 客員教員, 国外.

2011年度, 中国地震局地震予知研究所 教授, 2010-2012, 客員教員, 国外.

2010年度, 中国地震局地震予知研究所 教授, 2010-2012, 客員教員, 国外.

2009年度, 中国地震局地震予知研究所 教授, 2008-2010, 客員教員, 国外.

2009年度, 大連理工大学・工学部 教授, 2006-2009, 兼任教員, 国外.

2008年度, 中国地震局地震予知研究所 教授, 2008-2010, 客員教員, 国外.

2008年度, 大連理工大学・工学部 教授, 2006-2009, 兼任教員, 国外.

2007年度, 大連理工大学・工学部 教授, 2006-2009, 兼任教員, 国外.

2006年度, 大連理工大学・工学部 教授, 2006-2009, 兼任教員, 国外.

国際教育イベント等への参加状況等
2015.11, 日本有名な大学への留学説明会, 中国・長春市, 日本文部科学省、日本学術振興会、中国教育部, 300.

2014.10, 数値解析法DDAとMMの使用方法におけるセミナー, 中国・北京市, 中国地震局地震予測研究センター, 9.

2013.07, 夏期地盤工学セミナー, 中国・浙江市, 浙江大学, 60.

2013.12, 九州大学G30学士課程国際コースの為の高校プロモーション , 中国・北京市、深圳市、香港, 九州大学, 300.

2013.03, 英語による教授能力」向上のための研修プログラム, フィリピン・マニラ, 九州大学, 9.

2013.05, 九州大学G30学士課程国際コース入学試験面接, 中国・大連市, 九州大学, 7.

2013.01, 九州大学G30学士課程国際コースの為の高校プロモーション , 中国・上海市、大連市, 九州大学, 100.

2012.03, 日本入学フェア JAPAN DAY , イギリス・ロンドン, 同支社大学、九州大学, 100.

2011.05, 九州大学G30学士課程国際コース入学試験面接, 中国・長春市, 九州大学, 5.

2010.10, 九州大学G30学士課程国際コースの為の高校プロモーション , 中国・長春市、瀋陽市, 九州大学, 300.

2010.03, 九州大学G30学士課程国際コース入学試験面接, 中国・長春市, 九州大学, 5.

2010.01, 中国若手数値解析法育成セミナー, 中国・北京市, 中国地盤工学会、清華大学、中国地震局, 60.

2010.01, 九州大学G30学士課程国際コースの為の高校プロモーション , 中国・長春市、瀋陽市, 九州大学, 100.

2006.06, 在日中国人学者講演団, 中国・桂林市, 福岡中国駐日領事館、中国教育部、在日中国人学者聯誼会, 200.

2003.03, 在日中国人学者講演団, 中国・広西省, 福岡中国駐日領事館、中国教育部、在日中国人学者聯誼会, 1000.

その他の特筆すべき教育実績
2018.03, 学業の成果:博士教育に積極的に取り組み、博士後期課程の学生4人を指導していた。H29年度では、1人が博士学位を取得し、ほかの学生も研究や論文の準備を順調に進んでいる。学生による多くの研究成果が国際会議や国際学術誌に公表された。また、地盤工学会九州支部の優秀学生(1名)を受賞した。.

2017.05, 博士学位の取得者は2名とも中国の一流大学に破格の扱いで准教授として採用された。その就職状況から判断される在学中の学業の成果が非常に優秀である。.

2017.05, 学業の成果:博士教育に積極的に取り組み、博士後期課程の学生3人を指導していた。H28年度では、2人が博士学位を取得し、ほかの学生も研究や論文の準備を順調に進んでいる。学生による多くの研究成果が国際会議や国際学術誌に公表された(学生が第一著者として、国際会議:3篇、国内会議:3篇、国際ジャーナル:16篇)。また、地盤工学会九州支部の優秀学生(1名)、土木学会西部支部優秀発表賞(2名)を受賞した。.

2017.04, 2016年度では指導していた学生が多く受賞した(博士課程一人次、修士課程1人次、学部学生一人次).

2015.03, 指導している博士課程学生が工学府から唯一の推薦候補者として九州大学学生表彰を受賞しました。.

2014.03, 2013年度では指導していた学生が多く受賞した(博士課程一人次、修士課程1人次)
.

2014.02, 21世紀プログラムへの取り組み。H25年度では、1名の卒業論文の審査員を担当し、論文に関する評価を行った。また、卒業論文試問会に出席し、他の学生に質問などを通じて評価や指導をおこなった。.

2013.12, G30国際コースのプロモーションの実施、留学フェア参加、大学院及び学部国際コースの紹介、海外で試験担当などの活動に積極的に参加している。実績としては、以下の学校で上述の活動を行った:清華大学付属中学、中加学校、北京人民大学付属中学、北京師範大学付属中学、九大北京オフィス、Pui Ching Middle School、King's College、深セン科学高校。.

2014.05, 博士課程の学生の指導に全力を尽くした。実績としては、H25度に8名の博士後期課程学生が在籍し、その中、3名が博士学位を順調に取得した。.

2013.03, 2012年度では指導していた学生が多く受賞した(博士課程一人次、修士課程3人次、学部生1人次)
.

2013.02, 21世紀プログラムへの取り組み。H24年度では、2名の卒業論文の審査員を担当し、論文に関する評価を行った。また、卒業論文試問会に出席し、他の学生に質問などを通じて評価や指導をおこなった。.

2013.03, 基幹教育カリキュラムへの取り組み。2014年開講の基幹教育カリキュラムの作成のために、下記のWGで活動しています。(1)自然科学総合実験検討WG、(2)物理学WG、(3)地球惑星物理学WG。また、「課題協学」にテーマを提出しており、試講義に出席し、講義の在り方に関する討議を参加していた。.

2013.01, G30国際コースのプロモーションの実施、留学フェア参加、大学院及び学部国際コースの紹介、海外で試験担当などの活動に積極的に参加している。実績としては、以下の学校で上述の活動を行った:複旦大学附属中学校、華東師範大学第二附属中学校、遼寧師範大学附属中学校、大連理工大学附属高校、大連市第四十八中学校、ACS Cobham International School (Esher, UK)、Japan Foundation in London、東北師範大学附属中学校、長春外国語中学校、東北育才中学校、東北育才外国語中学校。.

2012.09, 博士課程の学生の指導に全力を尽くした。実績としては、H24度に9名の博士後期課程学生が在籍し、その中、4名が博士学位を順調に取得した。.

2010.11, 外部専門家による集中講義・特別講演の開催 (講師: 国土技術政策総合研究所 危機管理技術研究センター砂防研究室長 小山内 信智 氏、 内容: (1)近年の主要な土砂災害の特徴と緊急対応の実態;(2)H20岩手・宮城内陸地震での天然ダム対応;(3)H21防府市土石流災害の特徴;(4)H22南大隅町土石流災害の特徴).

2011.02, 海外大学の教授による集中講義・特別講演の開催 (講師: Associate Prof. Jing Zhu、 内容: A new method for predicting large scale debris from earthquake induced landslides).

2011.02, 海外大学の教授による集中講義・特別講演の開催 (講師: Prof. Chuan Tan、 内容: The complex disasters induced by heavy rain and earthquake).

2010.04, 大学院共通教育「防災科目群」カリキュラムの計画.

2010.02, 国際知名教授による集中講義・特別講演の開催 (講師: Prof. Gen-hua Shi、 内容: The development of DDA and MM and their practical applications).

2009.04, 大学院共通教育「防災科目群」カリキュラムの修正.

2008.11, GCOE「犠牲者ゼロを目指した防災教育研究実践拠点」の計画、申請資料作成に参画.

2008.04, 大学院共通教育プログラムに「総合防災科学科目群」の計画、開講。総合防災科学副専攻の構築.

2007.05, 総合防災科学教育カリキュラムを作成した.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」