九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
陳 光斉(ちん こうさい) データ更新日:2018.06.29

教授 /  基幹教育院 自然科学実験系部門 大学院工学府建設システム工学専攻地盤学講座


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
1. 社会活動の概要
 社会連携活動として,土木学会や地盤工学会などの学会において講習会,講演会の企画,運営を行っている。
 学会の研究委員会や国際委員会を通して,産学官の連携を図っている。また,土木学会西部支部の調査・研究委員会の委員長として、計画・運営などの業務を行っている。
 研究室が中心となって,民間技術者を対象に「リスク評価・数値シミュレーション技術」に関する勉強会を開催している。
 土木学会や地盤工学会の研究委員会幹事として,学会活動に参画している。
 突発災害に関する緊急研究調査活動を積極的に参加している。
 市民を対象としたフォーラムや公開講座、地域の中・高校生を対象としたイベントを企画し,科学教育の普及に努めた。オープンキャンパスおよび地域連携行事で研究紹介を行った。
 産学連携に関する活動として,民間との共同研究の企画・立案・準備・運営・評価などを行っている。
 一般的な市民や社会人を対象とした活動(社会人を対象とした人材育成事業や公開セミナー等の企画、運営、講師としての参画)を行っている。
 企業に対する技術指導,情報提供および支援業務を行っている。
 例としては、以下の社会連携活動を通して社会貢献を図っている。
(1)学会の研究員会活動
   ①地盤工学会研究委員会 主査 (2006~2009, 降雨と地震の複合災害に対する斜面崩壊機構と安定性評価に関する研究委員会)
   ②地盤工学会九州支部研究委員会 幹事長 (2005~2007,九州における地盤災害と防災技術に関する研究委員会)
   ③土木学会西部支部調査研究委員会 委員長 (2008~2011, 土砂災害のリスク評価手法の開発と実用化に関する調査・研究委員会)
  ④土木学会西部支部調査研究委員会 委員長 (2013~2015, 土砂災害における調査・解析技術の開発と実用化に関する調査・研究委員会)
   ⑤社会還元として研究委員会の研究成果による講習会の開催および講演
(2)官庁・民間企業との共同研究活動。
   北九州市、福山コンサルタント株式会社等
(3)突発災害に関する緊急研究調査活動
   2005年福岡県西方沖地震、2005年台風14号による土砂災害、2008年中国四川大地震、2009年7月豪雨災害
(4)西部地区自然災害資料センター副センター長としてセンターの下記活動
   ① 社会防災力を高めるために防災に関する市民フォーラムの企画・開催
   ② 小・中学校への防災における出前講義・実験
   ③ 防災に関する公開講座
   ④ 防災研究と技術の推進のために防災最前線に関する学術シンポジウムの企画と開催

2. 国際連携活動の概要
 国際共同研究や国際会議を通して,海外の研究者と定期的に交流を行っている。毎年度は海外の大学から研究室に訪問があり,情報交換を行った。
国際協力としてJICAの研修プログラムを積極的に参加し、研修生や大学院生(修士と博士課程)の育成を通して,発展途上国に対する教育研究活動に対する支援を行った。
 教育・研究を目的とした海外への研究者や学生の派遣および海外への研究者や学生の派遣を行っている。
 不連続変形解析や土砂災害防止に関する国際研究集会の企画・立案に実行委員長や幹事として参画し,国際学術活動を行った。
 国際連携活動として,国際会議で招待講演を行った。また、海外の研究者との共同研究を行っている。外国の大学・研究機関の客員教授や非常勤講師を兼任している。
 海外の大学から外国人研究者を受け入れるとともに,留学生との学術交流を推進した。また、Dalian University of Technologyと九州大学との学術交流を担当している。
 国際学術誌における校閲および査読業務を行っている。また、Gauhati University, India、The University of Western Australiaや中国地質研究所の博士論文の副査を担当している。
 例としては、以下の活動を通して国際交流を行っている。
 ① 外国研究者の招聘訪問
   実績: 2009年では 短期訪問者:5名、1ヶ月滞在者:2名、三か月滞在者:1名、6か月滞在者:1名
 ② JICA研究生と交換留学生の受け入れ
   実績: JICA研究生 1名(中国)、交換留学生 1名(ドイツ)
 ③ 外国の大学・研究機関の客員教授の兼任
   実績: 大連理工大学 兼任教授;中国地震予測研究所 客員教授
 ④ 外国の大学・研究機関への訪問および講演・講義
   実績: 2009年度、外国の大学・研究機関での講演・講義: 6回
 ⑤ 外国研究者との共同研究
 ⑥ 国際会議の参加と発信
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2016.10~2017.03, 熊本県:熊本地震被災宅地復旧技術検討委員会委員, 土木学会西部支部 土砂災害における調査・解析技術の開発と実用化に関する調査・研究委員会.

2014.04~2016.03, 大分県における津波避難場所および避難所への通路周辺の斜面における土砂災害防災に関する研究支援。, 土木学会西部支部 土砂災害における調査・解析技術の開発と実用化に関する調査・研究委員会.

2016.04~2017.03, 西日本道路公団の産学連携推進会議の委員として、道路防災における研究支援をおこない、危険斜面の安定評価および土砂災害対策施設の有効性に関する共同研究をおこなう。, 西日本道路公団.

2015.08~2015.10, 長江特聘教授候補者審査員, 教育部(中国).

2015.08~2015.10, 青年長江学者候補者審査員, 教育部(中国).

2014.09~2014.11, External Expert (The scientific evaluation of the submitted proposals for Swiss National Science Foundation), Swiss National Science Foundation.

2014.04~2015.03, 西南交通大学外部評議員, 西南交通大学(中国).

2012.01~2015.12, 不連続変形解析手法の改良と実用化に関する研究。不連続変形解析に関するワークショップ、セミナー、国際会議の計画・実行に関連業務の担当。 , 国際岩石力学会(ISRM) DDA Commision.

2013.04~2016.03, 九州地区における土砂災害防災に関する研究支援。土砂災害対策施設の有効性に関する評価, 土木学会西部支部 土砂災害における調査・解析技術の開発と実用化に関する調査・研究委員会.

2011.11~2011.12, External Expert (The scientific evaluation of the submitted proposals for Swiss National Science Foundation), Swiss National Science Foundation.

2010.04~2011.03, 大分県森林保全課における土砂災害防災に関する研究支援。土砂災害対策施設の有効性に関する評価, 大分県森林保全課.

2010.04~2011.03, 北九州市における土砂災害防災に関する研究支援。土砂災害防止法による指定された危険斜面における危険度評価、危険度ランキングによる上位危険斜面の抽出と対策に関する検討, 北九州市建設局、消防局.

2010.11~2011.01, External Expert (The scientific evaluation of the submitted proposals for Swiss National Science Foundation), Swiss National Science Foundation.

2009.12~2010.04, Gauhati University 博士学位論文審査員, Gauhati University, India.

2008.12~2009.06, External Expert (The scientific evaluation of the submitted proposals for Swiss National Science Foundation), Swiss National Science Foundation.

2008.04~2011.03, 北九州市における土砂災害防災に関する研究支援。土砂災害防止法による指定された危険斜面における危険度評価、危険度ランキングによる上位危険斜面の抽出と対策に関する検討, 北九州市建設局、消防局.

2008.04~2011.03, 「土砂災害のリスク評価手法の開発と実用化に関する調査・研究委員会」委員長, 土木学会西部支部.

2007.04~2009.03, 「降雨と地震の複合災害に対する斜面崩壊機構と安定性評価に関する研究委員会」 委員・WG1主査, 地盤工学会.

2007.04~2010.03, TC35 国内委員会 委員, 地盤工学会.

2005.04~2010.03, 2050年地球温暖化のシナリオで、温暖化に起因する異常天候による日本における斜面災害リスクの増加を評価し、その適応策を検討することにより、政府の温暖化対策に関する政策形成に根拠資料を提供する, 環境省 地球環境研究総合推進費戦略研究 S-4 「温暖化の危険な水準及び温室効果ガス安定化レベル検討のための温暖化影響の総合的評価に関する研究」プロジェクト.

2005.04~2007.03, 「九州における地盤災害と防災技術に関する研究委員会」 幹事長, 地盤工学会九州支部.

2004.04~2007.03, 「多次元リスクに関する調査・研究委員会」 委員, 土木学会西部支部.

2004.04~2006.03, 「空間情報の地盤工学への活用に関する研究委員会」 委員, 地盤工学会.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2016.11, 西日本新聞, 事故三たび 生きぬ教訓 岩盤もろく 土砂流入 福岡市 事前 調査で見抜けず
.

2016.05, 朝日新聞, 題目:「火山灰 崩れやすく」 2016年5月1日 P29.

2013.01, 西日本新聞, 題目:「科学過信戒め」 2013年1月1日 特集P11.

2012.10, 朝日新聞, 題目:「液状化 沿岸に懸念」.

2010.07, FBS福岡放送, めんたいワイド内のローカルニュース/大雨が降った際に土砂崩れが起きるシュミレーションなどについてインタビュー取材と資料のご提供.

2008.11, 公明, 斜面防災に有効なリスクマネジメント.

2008.09, 西日本新聞, 山間部防災 四川に学べ.

2008.06, 朝日新聞, 「温暖化被害 現実味 - 対策の優先順位 課題 -」.

2006.02, 読売新聞, 「九大が防災専門家養成」.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2017.11, 地震の正体と対策
 , 日本放送大学, 九州大学.

2014.07, 「土砂災害における不連続変形法DDA解析技術に関する講習会
 , 社団法人土木学会西部支部, 社団法人土木学会西部支部.

2014.03, 「土砂災害における調査・解析技術の開発と実用化に関する調査・研究委員会」第3回講演会

 講演: 「固体と液体の相互作用を考慮した数値計算手法について」 陳 光斉, 社団法人土木学会西部支部, 社団法人土木学会西部支部.

2014.01, 「土砂災害における調査・解析技術の開発と実用化に関する調査・研究委員会」第2回講演会

 講演: 「斜面挙動評価における個別要素法(DEM)の適用性について」 蒋宇静, 社団法人土木学会西部支部, 社団法人土木学会西部支部.

2013.07, 「土砂災害における調査・解析技術の開発と実用化に関する調査・研究委員会」第1回講演会

 講演: 「DDAの特徴、応用状況および課題について」 陳 光斉, 社団法人土木学会西部支部, 社団法人土木学会西部支部.

2011.11, 斜面災害における予知と対策技術の最前線に関する国際シンポジウム 福岡2011」と題した国際シンポジウムを平成23年11月10日(木)、11日(金)の2日にわたって開催し,産業界関係者38名、自治体関係者2名、大学関係者15名、学生30名、その他1名の合計86名の参加がありました。, 社団法人土木学会西部支部・九州大学・国立大学協会, 九州大学、九州産業大学.

2012.03, 土木学会西部支部スプリングスクール2012。日本に留学している学生が、各大学の枠を超え、技術的・科学的・専門的知識の交流を促進するために行われます。また、日本人学生にとっては、国際交流の場が提供され、国際的に活躍する人材育成の場としてとらえられます。なお,交流の場のみならず、九州地区に存在する土木工学に関連する各所を探訪し、九州地区の土木工学の歴史を学ぶ場も提供されます。, 社団法人土木学会西部支部, 行程:3月3日:石橋記念館見学、国際交流会セッション、懇親会
      3月4日:桜島火山、荒瀬ダム、通潤橋、鮎の瀬大橋等見学
.

2012.03, 留学生による国際交流会
, 社団法人土木学会西部支部, 熊本大学.

2011.06, リスクマネジメントの基礎と応用
, 九州大学・福岡市・壬子会, 福岡市役所会議室.

2009.06, 地盤改良関係に従事する技術者のための技術力向上を目的とした講演会/2008年中国四川大地震に関する調査研究に関する報告
, 静的圧入締固め工法(CPG工法)研究会, 羽田空港ビルディング ギャラクシーホールB.

2008.09, GISを用いた斜面災害ハザードマップとリスクマップの作成, 土木学会西部支部調査研究委員会  土砂災害のリスク評価手法の開発と実用化に関する調査・研究委員会, 土木学会西部支部事務局会議室.

2008.08, 2008年中国四川大地震における土砂災害および対策効果, MGG研究会, 箱崎キャンパス21世紀交流プラザ.

2009.03, 2008年中国四川大地震Ms8.0被害および土砂災害について, 土木学会構造工学委員会 構造物の耐衝撃性能評価研究小委員会, 九州大学医学部百年講堂.

2008.03, 北九州市の土砂災害対策に関する取り組み, 主催 北九州市、東京大学情報センター, 北九州市消防局.

2009.04, 斜面災害の実用的なリスクマネジメント技術、四川大地震における斜面災害について
, 主催 熊本県砂防ボランティア協会, 熊本県砂防ボランティア協会.

2009.01, 斜面災害の実用的なリスクマネジメント技術
, 主催 地盤工学会九州支部、九州大学西部地区自然災害資料センター, 佐賀勤労者総合福祉センター大分文化会館.

2008.07, 九州における地盤災害と防災技術に関する研究委員会活動および成果
2005年四川大地震について, 主催 地盤工学会九州支部、九州大学西部地区自然災害資料センター, 大分文化会館.

2008.10, 中国四川大地震における土砂災害, 主催 九州建設技術交流会, 福岡交通センター8F大ホール.

2008.07, 斜面災害の実用的なリスクマネジメント技術, 主催 土木学会火山工学研究小委員会、同斜面工学研究小委員会
共催 土木学会西部支部、九州地区国立大学間の連携に係る企画委員会「防災・環境ネットワーク部会」、
    九州大学西部地区自然災害資料センター、長崎大学工学部安全工学教育センター
後援 国土交通省九州整備局、福岡市、大分県、鹿児島県、熊本県、佐賀県、福岡県、宮崎県、砂防学会、日本自然災害学会
, 九州大学西新プラザ.

2007.06, 新しい動的解析法DDAおよびその適用, 産業技術総合研究所, 産業技術総合研究所会議室.

2006.03, 震災フォーラムin九大2006, 九州大学, 九州大学医学百年記念講堂.

2005.04, 震災フォーラムin九大, 九州大学, 九州大学医学百年記念講堂.

諸外国を対象とした高度専門職業人教育活動
2017.10~2017.10, 同済大学 大学院生を対象に特別講義, China.

2018.03~2018.03, 同済大学 博士論文審査会, China.

2015.04~2015.04, 中国鉱業大学 大学院生を対象に特別講義, China.

2015.06~2015.06, 中国地震局地震予測研究所 博士論文審査委員会、大学院生に対する特別講義, China.

2014.10~2014.10, 中国地震局地震予測研究所 大学院生に対する特別講義, China.

2016.03~2016.03, 大連理工大学 海天学者特別講義, China.

2013.07~2013.07, 浙江大学大学院サマースクール講師, China.

2012.05~2012.05, 「在日中国人学者代表団」団員として、中国政府の招聘で、山東省にある山東科学院における招待講演や研究指導を行った。, China.

2012.06~2012.06, 中国地震局地震予測研究所客員教授として講義, China.

2010.12~2010.12, 中国地震観測センター招待講演, China.

2010.12~2010.12, 中国地震局地震予測研究所客員教授として講義, China.

2010.08~2010.08, 四川地震局招待講演, China.

2010.01~2010.01, 数値解析手法における中国土木工学若手育成セミナー講師, China.

2009.12~2009.12, 中国地震局第2地震観測センター招待講演, China.

2009.12~2009.12, 中国地震局地震予測研究所客員教授として講義, China.

2009.09~2009.09, 四川地震局招待講演, China.

2009.06~2009.08, JICA研修生の修士論文の指導, China.

2009.03~2009.03, 中国地震局地震予測研究所客員教授として講義, China.

2008.12~2008.12, 中国地震局地震予測研究所客員教授として講義, China.

2008.08~2008.08, 中国大連理工大学の非常勤教授として同大学土木工程学部および同大学院の学生を対象に講義・講演, China.

2008.08~2008.08, 中国地震局第2監測センターで招待講演, China.

2008.08~2008.08, 成都理工大学の学生(学部・大学院)を対象に講義・講演, China.

2008.04~2010.03, 中国地震局地震予知研究所での大学院生を対象に集中講義・講演, China.

2007.08~2007.08, 中国同済大学招待講演, China.

2007.07~2007.07, 中国地震局地震予測研究所招待講演, China.

2006.09~2006.09, 第3回広西地区高等教育支援講師団, China.

2004.09~2004.09, 中国大連理工大学土木工程学部および同大学院の学生を対象に講義・講演, China.

2004.09~2004.09, 中国同済大学土木工程学院の学生(学部・大学院)を対象に講義・講演, China.

2004.03~2004.03, 第1回広西地区高等教育支援講師団, China.

初等・中等教育への貢献状況
2016.04, 土砂災害における基礎知識の紹介および熊本地震における災害状況と研究課題についてインタビューを行った。, 高校名:福岡インターナショナルスクール.

2012.08, 知の創造力育成セミナー/三日間の合宿で『原子力は悪玉か善玉か』というテーマについて、データ収集、発表や討議などを通して、ポースタを作成してプレゼンをおこなった。, 高校名:
青豊、育徳館、 京都、 小倉南、 小倉商業、八幡、 東筑、福岡魁誠、 博多青松、 福岡、修猷館、 福岡講倫館、 春日、城南、明善、 三潴、 伝習館、 山門、三池、 八女、輝翔館.

その他の優れた社会貢献活動
2017年度, 代表者として国際共同研究を2件行った(連携機関:大連理工大学(中国)、西南交通大学(中国))。研究の実績により中国の国家自然科学基金から助成金(1030万円と1000万円)を獲得した。.

2016年度, 代表者として国際共同研究を2件行った(連携機関:大連理工大学(中国)、西南交通大学(中国))。研究の実績により中国の国家自然科学基金から助成金(1030万円と1000万円)を獲得した。.

2016年度, 中国教育部の依頼により、長江学者学術審査員として、「長江学者教授」候補者6名、「長江学者主講教授」候補者2名、「青年長江学者」候補者5名の学術業績と研究計画を評価し、適切なアドバイスを提供した。.

2016年度, 熊本県の「熊本地震被災宅地復旧技術検討委員」として、「被災宅地災害技術マニュアル」、「被災宅地復旧の手引き」の作成に指導・助言を行い、熊本地震に基づき、、「被災宅地災害技術マニュアル」を国土交通省に提出した。また、熊本県御船町中原団地の大規模盛土造成地の地盤被災において、現場調査、実験および数値解析を行い、復旧対策を提案した。.

2016年度, 大連理工大学 特聘教授(海天学者) .

2015年度, 斜面災害における予知と対策技術の最前線に関するシンポジウムの計画・主催    .

2014年度, DDA数値シミュレーション技術に関する講習会の開催     .

2014年度, 西南交通大学(中国)外部評議員 .

2012年度, 日本地研株式会社に対してDDA数値シミュレーションなどに関する技術指導と解析支援業務 .

2012年度, 外国人学者の受け入れ 

外国人学者名:武艶強(中国地震局・准教授)
期間: 2012年10月1日ー2013年9月30日.

2012年度, 大連理工大学の年庭凱准教授と共同研究を行い、中国の「国家自然科学基金」の「面上項目」(科研費 基盤研究(A)相当)の申請に成功した。

課題名: 强震作用下顺层边坡破坏、运动和堆积过程模拟及动力学机理研究
課題番号: 51179022/E090705.

2012年度, Dalian University of Technologyと九州大学との学術交流協定の担当者.

2012年度, 中国地震局地質研究所 博士論文審査員.

2012年度, 中国地震局地震予測研究所 客員教授.

2011年度, 九州大学「東日本大震災調査団」 団員.

2011年度, 九州大学「新燃岳の噴火に係る現地調査団」 団員.

2010年度, 九州大学「2010年奄美大島地方豪雨災害に関する調査団」 団員.

2009年度, 地盤工学会「平成21年度7月九州北部豪雨による土砂災害調査団」 団員.

2008年度, 地盤工学会九州支部「2008年四川大地震復興技術協力団」幹事・団員.

2008年度, 地盤工学会「2008年四川大地震復興技術協力団」団員.

2006年度, 市民フォーラム 「地震フォーラムin九大2006」 実行委員.

2006年度, 土木の日ファミリーフェスタ2006 実行委員.

2005年度, 土木の日ファミリーフェスタ2005 実行委員.

2005年度, 「土木学会西部支部福岡県西方沖地震被害調査団」 団員.

2005年度, 「福岡県西方沖地震地盤工学会調査団」団員.

2005年度, (社)地盤工学会,「九州地区台風14号災害 地盤工学会調査団」団員.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2017.06~2019.05, オリエンテーション委員会.

2015.04~2018.03, 基幹教育院倫理委員会.

2015.04~2017.03, 基幹教育院将来計画委員会委員.

2015.06~2017.03, 大連理工大学との交流担当.

2015.04~2017.03, 学生支援センター運営委員会委員.

2015.04~2017.03, 基幹教育院自然科学実験系部門長.

2014.07~2016.06, 留学生センター運営委員会委員.

2014.04~2016.03, 部局間交流協定大連理工大学との交流担当.

2014.04~2015.03, 学生支援センター計画運営委員会委員.

2012.04~2014.03, 部局間交流協定大連理工大学との交流担当.

2012.04~2014.03, 基幹教育カリキュラム科目実施WG物理・地学チーム委員.

2012.04~2014.03, 広報専門委員会研究紹介部会主幹.

2012.04~2014.03, 広報専門委員会委員.

2012.04~2014.03, 工学部学務委員会.

2012.10~2013.05, 基幹教育院教員選考委員会構成員.

2012.04~2013.03, 自然科学総合実験に関するWG委員.

2012.04~2013.03, 基幹教育カリキュラム言語科目部会委員.

2012.04~2013.03, 九州大学附属図書館伊都図書館長候補者選考委員会委員.

2010.04~2012.04, 学年担任(学部).

2010.10~2012.04, G30学部留学生学年担任(学部).

2004.04~2012.03, 九州大学西部地区自然災害資料センター 副センター長.

2010.04~2012.03, Annual Report編集委員会 委員.

2010.04~2012.03, 国際委員会 英語表記検討WG 委員.

2008.04~2010.03, カリキュラム委員.

2006.04~2008.03, 理系図書館運営委員会委員.

2005.04~2007.03, 学年担任(大学院).

2005.07~2007.03, 総合防災科学教育研究センター設置ワーキンググループ委員.

2002.04~2005.03, 学年担任(学部).


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」