九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
釣本 敏樹(つりもと としき) データ更新日:2019.06.07

教授 /  理学研究院 生物科学部門 システム生命科学府分子生命科学講座


教育活動概要
基幹教育担当授業、分子生物学では,現代の生命科学発展の歴史的背景から理論,技術的背景までの理解をめざし、正しい生命科学観の獲得をめざした。学部担当授業の分子生物学、先端生命科学では、生物の生命現象の基盤である染色体の構造、機能、動態の理解に根ざした授業を行ない、分子生物学の基礎から応用まで適応可能な知識と思考力の獲得をめざした。生物科学演習では、分子生物学の最新の研究を身近に接し、より理解を深めることをめざした。大学院では分子生命科学講座を担当した。その授業の分子生命科学Iでは出身分野の異なる大学院生へ染色体の構造と機能に関する入門的な解説を行い、分子生命科学特論Iでは原著論文を用いて染色体機能に関する専門的な研究の理解を促した。研究室所属の学部4年生、大学院生については、個々に独立した研究テーマを設定し、各自の責任で研究に積極的に取り組む姿勢を養った。また研究室セミナーを通して、英文の原著から正しい情報を集め、それを研究に発展させる能力の獲得をめざした。
担当授業科目
2019年度・春学期, 分子生命科学特論Ⅰ.

2019年度・春学期, 分子生命科学I.

2019年度・前期, 分子生物学.

2019年度・前期, 先端生命科学.

2019年度・前期, 分子生物学.

2018年度・後期, 生物学演習I.

2018年度・前期, 分子生物学.

2018年度・前期, 分子生物学.

2018年度・前期, 先端生命科学.

2018年度・春学期, 分子生命科学I.

2018年度・春学期, 分子生命科学特論Ⅰ.

2017年度・春学期, 分子生命科学特論Ⅰ.

2017年度・春学期, 分子生命科学I.

2017年度・前期, 先端生命科学.

2017年度・前期, 分子生物学.

2017年度・前期, 分子生物学.

2017年度・後期, 生物学演習I.

2016年度・前期, 分子生物学基礎.

2016年度・前期, 分子生物学特論.

2016年度・前期, 先端生命科学.

2016年度・前期, 分子生物学.

2016年度・前期, 分子生物学.

2016年度・後期, 生物学演習I.

2015年度・後期, 生物学演習I.

2015年度・前期, 分子生物学基礎.

2015年度・前期, 分子生物学.

2015年度・前期, 分子遺伝学II.

2015年度・前期, 分子生物学.

2015年度・前期, 分子生物学特論.

2014年度・前期, 分子生物学特論.

2014年度・後期, 生物学演習I.

2014年度・前期, 分子生物学.

2014年度・前期, 分子遺伝学II.

2013年度・後期, 分子生物学基礎.

2013年度・前期, 分子生物学特論.

2013年度・前期, コアセミナー.

2013年度・後期, 生物学演習I.

2013年度・後期, 分子生物学.

2013年度・前期, 分子生物学.

2013年度・前期, 分子遺伝学II.

2012年度・前期, 分子生物学特論.

2012年度・前期, コアセミナー.

2012年度・後期, 生物学演習I.

2012年度・後期, 分子生物学.

2012年度・前期, 分子生物学.

2012年度・前期, 分子遺伝学II.

2011年度・前期, コアセミナー.

2011年度・後期, 生物学演習I.

2011年度・後期, 分子生物学.

2011年度・後期, 染色体機能学実験.

2011年度・前期, 分子生物学.

2011年度・前期, 分子遺伝学II.

2010年度・後期, 染色体機能学実験.

2010年度・後期, 分子生物学.

2010年度・前期, 分子遺伝学II.

2010年度・前期, 分子生物学.

2010年度・前期, 染色体機能学特論.

2009年度・後期, 生物学演習I.

2009年度・後期, 分子生物学.

2009年度・後期, 染色体機能学実験.

2009年度・前期, 分子遺伝学II.

2009年度・前期, 分子生物学.

2008年度・後期, 生物学演習I.

2008年度・後期, 染色体機能学実験.

2008年度・後期, 分子生物学.

2008年度・前期, 分子遺伝学II.

2008年度・前期, 分子生物学.

2008年度・前期, 染色体機能学特論.

2007年度・後期, 分子生物学.

2007年度・前期, 分子遺伝学II.

2007年度・前期, 分子生物学.

2006年度・後期, 生物学演習I.

2006年度・後期, 遺伝学実験.

2006年度・前期, 染色体機能学特論.

2006年度・前期, 分子遺伝学II.

2006年度・前期, 遺伝学.

2006年度・前期, 理系コア生物科学II.

2005年度・後期, 地球と生命.

2005年度・前期, 分子遺伝学II.

2005年度・前期, 遺伝学.

2004年度・前期, 地球と生命.

2004年度・前期, 分子遺伝学II.

2004年度・前期, 遺伝学.

2003年度・後期, 生物学演習I.

2003年度・後期, 地球と生命.

2003年度・前期, 分子遺伝学II.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.09, 学科, 参加, 学生に起こりやすい問題とその対応について.

2016.08, 学科, 参加, 高大連携・大学からのアプローチ ~理学部って何をしているんですか?に答えるために~.

2016.09, 部局, 参加, 障害者支援に関する教職員FD.

2016.01, 部局, 参加, 伊都キャンパスにおける学生生活・学科活動と人間関係.

2015.11, 全学, 参加, 自殺防止メンタルヘルス研修会.

2014.07, 全学, 参加, 改定GPA制度の実施のためのFD.

2012.12, 部局, 参加, 評価制度について.

2013.03, 部局, 参加, 「アクティブ・ラーニング:入門と実践」.

2011.12, 部局, 参加, システム生命科学府のグローバル化について.

2011.03, 学科, 参加, 卒業研究のあり方.

2011.01, 部局, 参加, 授業資料の著作権とその対策ー特にWEB配信資料について.

2010.12, 部局, 参加, 九州大学の男女共同参画.

2010.10, 部局, 参加, アカデミックハラスメントについてー問題の共有と防止に向けてー.

2010.09, 全学, 参加, 学生の自殺予防とメンタルヘルス対応.

2009.07, 部局, 参加, 自己点検・評価/外部評価の結果とカリキュラム改革.

2009.10, 部局, 参加, 生命科学系博士学生の就学・就職支援のあり方.

2008.12, 学科, 参加, 大学院教育GPについて.

2008.09, 全学, その他, 学生の修学情報の管理・活用を通じた教育実践.

2007.11, 部局, 参加, 高度専門家育成の理学教育.

2008.02, 学科, 講演, 生物科学専攻外部評価会議.

2006.03, 学科, 企画, 企業と大学院博士課程の連携の可能性.

2004.09, 全学, 参加, GPA制度の導入に向けて.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2017年度, 大阪大学大学院理学研究科, 2017年9月25日−26日, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 福岡女子大、人間環境学部, 前期、月曜5時限, 非常勤講師, 国内.

2011年度, 福岡女子大、人間環境学部, 前期、月曜5時限, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 福岡女子大、人間環境学部, 前期、月曜5時限, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 福岡女子大、人間環境学部, 前期、月曜5時限, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 福岡女子大、人間環境学部, 前期、月曜5時限, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 福岡女子大、人間環境学部, 前期、月曜5時限, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 福岡女子大、人間環境学部, 前期、月曜5時限, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 福岡女子大、人間環境学部, 前期、月曜5時限, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 広島大学大学院理学研究科, 前期、2日間, 集中講義, 国内.

2004年度, 横浜市立大学大学院総合理学研究科, 後期、1日間, 集中講義, 国内.

2004年度, 京都大学総合人間学部, 後期、4日間, 集中講義, 国内.

2003年度, 京都大学総合人間学部, 後期、4日間, 集中講義, 国内.

その他の特筆すべき教育実績
2018.03, 第11回研究体験コース(西風塾)開催
詳細はhttp://seibutsu.biology.kyushu-u.ac.jp/~replication/ を参照.

2009.03, 第3回研究体験コース(西風塾)開催
詳細はhttp://seibutsu.biology.kyushu-u.ac.jp/~replication/ を参照.

2008.08, 第3回「DNA複製研究の次世代育成プログラム(西風塾)」研究合宿の実施.

2008.03, 九州大学P and P 第2回研究体験コース(西風塾)開催
詳細はhttp://seibutsu.biology.kyushu-u.ac.jp/~replication/ を参照.

2007.03, 九州大学P and P 第1回研究体験コース(西風塾)開催
詳細はhttp://seibutsu.biology.kyushu-u.ac.jp/~replication/ を参照.

2007.07, 九州大学P and P 第2回「DNA複製研究の次世代育成プログラム(西風塾)」研究合宿の実施.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」