九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
吉岡 斉(よしおか ひとし) データ更新日:2016.10.20

教授 /  比較社会文化研究院 社会情報部門 社会変動講座


主な研究テーマ
原子力研究開発利用の社会史
キーワード:原子力、核エネルギー
1986.10~2009.10.
エネルギー政策・原子力政策研究
キーワード:原子力政策、エネルギー政策
1997.01~2009.10.
世紀転換期日本の科学技術の社会史
キーワード:科学技術史,現代史
2005.04~2009.10.
現代日本の科学技術の社会史
キーワード:科学技術史、現代史
1976.04~2009.10.
従事しているプロジェクト研究
みんなのエネルギー・環境会議
2011.04~2012.09, 代表者:飯田哲也、枝広淳子
政府のエネルギー・環境会議にたいして政策提言を行う。.
原子力政策円卓会議2010
2010.04~2011.03
原子力について多様な立場をもつ人々が集まり、政策上の重要論点について討議する。.
電力自由化研究会
2003.04~2005.03, 代表者:八田達夫, 経済産業省経済産業研究所
経済学者,電力産業の実務家,その他の分野の専門家が集まって、電力自由化問題について討議し、報告書をまとめた。.
原子力経済研究会
2007.10~2008.10, 代表者:吉岡斉, 機関研究ではない
原子力発電の経済性および経済的リスクについて、学術研究者とNGO系研究者が協力して、幅広い観点から調査研究を進める。.
グラントシステムにおける専任評価官(プログラムオフィサー)の役割
2003.10~2006.03, 代表者:牧田東一, 桜美林大学
プログラムオフィサーの実態と果たすべき役割について、現役のプログラムオフィサーおよび経験者が中心となって国際的視点から調査研究する。.
核燃料サイクル国際評価パネル
2005.03~2006.10, 代表者:吉岡斉, 機関研究ではない。
政府の核燃料サイクル政策について、専門的・批判的な第三者グループの立場から評価を行うグループ。.
新通史フォーラム
2005.04~2013.03, 代表者:吉岡斉, 機関研究ではない
『通史 日本の科学技術 第6巻 世紀転換期 1995−2005』を出版するための研究プロジェクトで、日本全国に100名のメンバーを擁する。(他に数名の海外研究者が参加している。)
2011年10月から2012年3月にかけて、新通史.
研究業績
主要著書
1. 吉岡 斉, 脱原子力国家への道, 岩波書店, 2012.06.
2. 吉岡 斉, 新版 原子力の社会史 その日本的展開, 朝日新聞出版, 2011.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
学会活動
所属学会名
日本物理学会
日本社会学会
日本科学史学会
日本平和学会
社会経済システム学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2006.02, 科学技術社会論研究会ワークショップ「世紀転換期日本の科学技術と社会をどう描くか」, 座長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
1991.04~1999.03, 『通史 日本の科学技術 1945−1995』(全5巻,学陽書房), 編者.
2000.04~2006.10, A History of Science, Technology and Society in Contemporary Japan 4 vols. ( Trans Pacific Press, Melbourne, Australia), 編者.
2000.04~2006.10, 『環境ホルモン』(藤原書店、東京), 編集委員.
1991.04~2006.10, 『年報 科学・技術・社会』(科学・技術と社会の会、アイ・ケーコーポレーション), 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2006年度      
2005年度      
2004年度      
受賞
エネルギーフォーラム賞特別賞, 株式会社エネルギーフォーラム, 2000.03.
毎日出版文化賞, 毎日新聞社, 1995.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
1993年度~1994年度, 重点領域研究, 代表, 高度技術社会のパースペクティブ(領域代表者:竹内啓)企画班「科学技術の体制転換問題に関する研究」.
1997年度~1999年度, 基盤研究(B), 分担, 核エネルギー研究のコンヴァージョンに関する研究.
2005年度~2007年度, 基盤研究(B), 持続可能社会へ向けた日本の科学技術の転換の社会史的研究(1995−2005).
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2008年度~2008年度, 福武学術文化振興財団歴史学・地理学助成, 代表, 世紀転換期日本の科学技術の社会史に関する総合的研究:1995-2005.

九大関連コンテンツ