九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
岩瀨 則夫(いわせ のりお) データ更新日:2019.06.26



主な研究テーマ
微分空間の de Rham 理論
キーワード:微分空間
2013.10.
Robot Arm の配置空間の位相的複雑さ
キーワード:位相的複雑さ
2008.02.
圏論的観点からのホモトピー論の構築
キーワード:square ring, 2-category
2002.04.
多様体の L-S カテゴリ
キーワード:Lusternik-Schnirelmann カテゴリ数
2000.04.
co-Hopf 空間についての Ganea 予想
キーワード:Ganea 予想, コホップ空間
1990.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Norio Iwase, Akira Kono, Lusternik-Schnirelmann category of Spin(9), Transactions of the American Mathematical Society, 359 (2007), 1517–1526, 2007.06.
2. Norio Iwase, Mamoru Mimura, Tetsu Nishimoto, Lusternik-Schnirelmann category of non-simply connected compact simple Lie groups, Topology and its Applications, 10.1016/j.topol.2004.11.006, 150, 1-3, 111-123, 2005.06.
3. Norio Iwase, Mamoru Mimura, L-S categories of simply-connected compact simple Lie groups of low rank, Progress Math., 215, 199-212, 215, 199--212, 2004.01.
4. Norio Iwase, Lusternik-Schnirelmann category of a sphere-bundle over a sphere, Topology, 10.1016/S0040-9383(02)00026-5, 42, 3, 701-713, 42, 701--713, 2003.01.
5. Norio Iwase, A_infinity-method in Lusternik-Schnirelmann category, Topology, 10.1016/S0040-9383(00)00045-8, 41, 4, 695-723, 41, 695--723, 2002.01.
6. Norio Iwase, Co-H-spaces and the Ganea conjecture, Topology, 10.1016/S0040-9383(99)00052-X, 40, 2, 223-234, 40, 223--234, 2001.01.
7. Norio Iwase, Ganea's conjecture on Lusternik-Schnirelmann category, Bull. London Math. Soc., 10.1112/S0024609398004548, 30, 623-634, 30, 623-634, 1998.01.
8. Norio Iwase, Mamoru Mimura, Higher homotopy associativity, Proceeding of Arcata conference, Lec. Not. Math., 1370, 193-220, 1370, 193--220, 1989.01.
9. Norio Iwase, H-spaces with generating subspaces, Proc. Roy. Soc. Edinburgh, 111, 199-211, 111A, 199--211, 1989.01.
10. Norio Iwase, On the K-ring structure of X-projective n-space, Mem. Fac. Sci. Kyu. U. Math., 38, 285--297, 1984.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 岩瀬則夫, Ganea 予想と Lusternik-Schnirelmann カテゴリーの最近の発展, 岩波書店「数学」, 2004.01, Ganea が1971年に提出した予想に反例を構成し、さらに関連する幾つかの問題群の解決に成功した手法の背後にある考え方と得られた結果について解説した。.
主要学会発表等
1. Norio Iwase, Lusternik-Schnirelmann カテゴリ数, ENCOUNTER with MATHEMATICS 第39回「Lusternik-Schnirelmann カテゴリー」, 2007.03.
2. Norio Iwase, Lusternik-Schnirelmann カテゴリ数とA_∞ 構造, ENCOUNTER with MATHEMATICS 第39回「Lusternik-Schnirelmann カテゴリー」, 2007.03.
3. Norio Iwase, Module weight and Lusternik-Schnirelmann category, 国際会議「Conference on "Stable and algebraic homotopy"」, 2005.11.
4. Norio Iwase, Recent progress on Lusternik-Schnirelmann category, International Conference on Topology and its Applications Joined with 2nd Japan-Mexico Topology Symposium "Topology in Matsue", 2002.06.
5. Norio Iwase, Ganea 予想とその反例, 研究集会「全日本トポロジーシンポジウム」, 2000.07.
6. Norio Iwase, Some problems by Ganea and their p-localised versions, JAMI (The Japan-U.S. Mathematics Institute) 2000 Program "Recent Progress in Homotopy Theory", 2000.03.
7. Norio Iwase, A_∞-method in L-S category, 日本数学会年会, 1999.03.
8. Norio Iwase, The Ganea conjecture on a co-H-space, ICM'98 衛星国際会議「Algebraic Topology Meeting 1998 in Angers」, 1998.08.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 岩瀬則夫, glos-japanese.ldf, 2006.04
数学関連の組版システムとして古くから使われてきた tex(日本語版には ptex と jtex が有名)に、
unicode に対応した拡張として、多言語組版システムである xetex と luatex が注目を集めつつあ
る。中でもフォントの自由度の高い xetex では、言語固有の設定を与える polyglossia.sty が使わ
れることが多い。このパッケージに日本語用の設定を行うものを作成することで、xetex による優
れたフォントシステムを駆使した日本語教材の作成を容易にしたものである。, [URL], 2006年夏の公開講座に向けたノート作りを XeLaTeX で行ったのをきっかけに4月以
降徐々に tex の環境を、 latex-beamer なども含め、 XeLaTeX に移行しつつある。
この移行を完了させる為には、どうしても日本語特有の事柄を反映させることのできる
polyglossia 用のファイル(ちょうど platex+babel 用に稲垣さんが作成されている)
が必要になった。 稲垣さん作成の japanese.ldf を改変する過程で、『第1章』など
と表示することができない等の book.cls 由来の問題に遭遇し、二つのバージョンを作
成した。 一つは欧米スタイルに合わせる下の gloss-japanese.ldf であり、もうひと
つは gloss-nihongo.ldf で、多くのコードを book.cls からコピーして作成したもので
ある。
.
学会活動
所属学会名
日本数学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2013.12.02~2013.12.06, 5th East-Asian Conference on Algebraic Topology, 座長(Chairmanship).
2013.03.20~2013.03.23, 日本数学会年会, 座長(Chairmanship).
2011.12.14~2011.12.18, 4th East-Asian Conference on Algebraic Topology, 座長(Chairmanship).
2009.12.14~2009.12.18, 3rd East-Asian Conference on Algebraic Topology, 座長(Chairmanship).
2008.12.15~2008.12.19, 2nd East-Asian Conference on Algebraic Topology, 座長(Chairmanship).
2007.12.02~2007.12.06, 1st East-Asian Conference on Algebraic Topology, 座長(Chairmanship).
2006.10.15~2006.10.18, 日中韓代数的位相幾何学研究会議, 座長(Chairmanship).
2006.09.19~2006.09.22, 日本数学会総合分科会, 座長(Chairmanship).
2004.12.06~2004.12.10, III JOINT MEETING JAPAN-MEXICO IN TOPOLOGY AND ITS APPLICATIONS, 座長(Chairmanship).
2015.02.19~2015.02.20, Finiteness and Infiniteness in Homotopy theory, 世話人、京都大学 岸本大祐、琉球大学 佃修一と共同.
2014.08.09~2014.08.12, ICM Satellite Conference on Algebraic Topology at Dalian, 日本側世話人、信州大学 玉木大、栗林勝彦と共同.
2013.12.20~2013.12.22, Diffeology in Karatsu, 世話人の一人.
2013.12.02~2013.12.06, 5th East Asian Conference on Algebraic Topology, 世話人の一人.
2013.01.12~2013.01.13, 福岡ホモトピー論研究集会, 世話人の一人.
2012.01.07~2012.01.08, 福岡ホモトピー論研究集会, 世話人の一人.
2011.12.05~2011.12.09, 4th East Asian Conference on Algebraic Topology, 世話人の一人.
2011.11.03~2011.11.05, 城崎ホモトピー論研究会, 世話人の一人.
2011.03.15~2011.03.17, 非安定ホモトピー論指宿集会, 世話人の一人.
2011.01.08~2011.01.09, 福岡ホモトピー論研究集会, 世話人の一人.
2010.11.23~2010.11.25, 変換群論シンポジウム, 世話人の一人.
2010.11.01~2010.11.03, ホモトピー論シンポジウム, 世話人の一人.
2010.02.19~2010.02.21, 第 4 回 福岡札幌 幾何学セミナー, 世話人の一人.
2010.01.09~2010.01.10, 福岡ホモトピー論研究集会, 世話人の一人.
2009.01.10~2009.01.11, 福岡ホモトピー論研究集会, 世話人の一人.
2008.12.14~2008.12.19, 2nd East Asian Conference on Algebraic Topology, 世話人の一人.
2008.10.29~2008.10.31, 第三回 L-S カテゴリ研究集会, 世話人の一人.
2008.06~2008.06.25, ホモトピー論小研究会 --- Hubbuck 先生を囲む会 ---, 世話人.
2007.12.22~2007.12.23, 福岡ホモトピー論研究集会, 世話人の一人.
2007.12.03~2007.12.07, 京都大学COE/大阪市大 COE Conference「International Conference on Topology and its Applications 2007」joint with「4th Japan Mexico Topology Conference」, 世話人の一人.
2007.11.02~2007.11.06, 1st East Asian Conference on Algebraic Topology, 世話人の一人.
2007.08.06~2007.08.09, 全日本トポロジーシンポジウム, 世話人の一人.
2006.10.30~2006.11.02, 第二回 L-S カテゴリ研究集会 〜 夢のある話 〜, 世話人の一人.
2006.08.07~2006.08.10, 全日本トポロジーシンポジウム, 世話人の一人.
2005.12.05~2005.12.09, 京都大学 COE Conference「Recent progress in east-asian homotopy theory, The Kyoto University」, 世話人の一人.
2005.07.06~2005.07.11, Conference in honor of Fred Cohen, 世話人の一人.
2010.09.27~2010.10.01, International Conference Japan-Mexico on Topology and its Applications, 世話人の一人.
2002.12.16~2002.12.18, 非安定自己ホモトピー集合の研究, 世話人の一人.
2001.02.10~2001.02.11, 福岡トポロジー小研究会, 世話人の一人.
2000.10.10~2000.10.13, ホモトピー論シンポジウム, 世話人の一人.
2000.01.18~2000.01.18, ホモトピー論小集会, 世話人の一人.
1999.10.25~1999.10.28, ホモトピー論シンポジウム, 世話人の一人.
1991.11.17~1991.11.18, 幾何学的なホモトピー論, 世話人の一人.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2005.06~2008.06, Groups, homotopy and configuration spaces, 国際, 編集委員.
2003.04~2004.03, 数学通信, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2007年度      
2006年度      
2005年度      
2004年度      
2003年度      
2002年度      
2001年度      
2000年度      
1999年度      
1998年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Aberdeen University, UnitedKingdom, 2018.02~2018.03.
Universidad de Santiago de Compostela, Spain, 2016.03~2016.03.
Universidad de Santiago de Compostela, Spain, 2012.02~2012.02.
Max-Planck-Institute fur Mathematik, Germany, 2001.03~2001.03.
Max-Planck-Institute fur Mathematik, Germany, 2000.04~2000.06.
Johns Hopkins University, University of Rochester, UnitedStatesofAmerica, 2000.03~2000.04.
Aberdeen University, UnitedKingdom, 1997.04~1998.01.
Aberdeen University, UnitedKingdom, 1990.08~1990.08.
Aberdeen University, UnitedKingdom, 1987.10~1988.08.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.07~2017.07, 2週間未満, University of Aberdeen, Israel, 日本学術振興会.
2014.07~2014.07, 2週間未満, Universitat Autònoma de Barcelona, Spain, 日本学術振興会.
2014.07~2014.07, 2週間未満, University of Aberdeen, Israel, 日本学術振興会.
2014.07~2014.08, 2週間未満, National University of Singapore, China, 日本学術振興会.
2012.03~2012.03, 2週間以上1ヶ月未満, Universidade de Santiago de Compostela / Universidad da Corña, Spain, 日本学術振興会.
2011.11~2011.11, 2週間未満, University of Aberdeen, Israel, 日本学術振興会.
2011.11~2011.11, 2週間未満, National University of Singapore, China, 日本学術振興会.
2010.02~2010.02, 2週間未満, Institute of Mathemaics, Natinal Sciences of Ukraine, Ukraine, 文部科学省.
2010.02~2010.02, 2週間未満, Faculty of Mathematics and Computer Science, Nicolaus Copernisus University, Poland, 文部科学省.
2008.05~2008.05, 2週間未満, Universitat Autònoma de Barcelona, Spain, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2008.03~2008.03, 2週間以上1ヶ月未満, Aberdeen University, UnitedKingdom, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2007.12~2007.12, 2週間未満, National University of Singapore, China, 日本学術振興会.
2006.10~2006.11, 2週間未満, Freie Universität Berlin, Germany, 日本学術振興会.
2003.11~2003.11, 2週間未満, University of Washington, UnitedStatesofAmerica, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2003.08~2003.08, 2週間未満, Ohio State University, UnitedStatesofAmerica, 日本学術振興会.
2002.12~2002.12, 2週間未満, Korea University, Korea, 文部科学省.
2002.09~2002.09, 2週間未満, Masaryk University of Brno, CzechRepublic, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2002.06~2002.07, 2週間未満, Nicolas Copernicus University, Poland, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2002.01~2002.01, 2週間以上1ヶ月未満, Aberdeen University, UnitedKingdom, 日本学術振興会.
2000.09~2000.10, 1ヶ月以上, The Hebrew University, Israel, Israel, .
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 微分ホモトピー論の構築.
2017年度~2021年度, 基盤研究(S), 分担, 写像の特異点論の新展開.
2011年度~2015年度, 基盤研究(A), 分担, 写像の特異点論の新展開.
2012年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, A∞ホモトピー代数とホッホシルトホモロジー.
2010年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, 位相的複雑さとLS理論.
2009年度~2011年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, A∞代数による空間のホモトピー代数モデルの構築 .
2003年度~2006年度, 基盤研究(B), 代表, A∞手法の位相不変量への応用.
2002年度~2004年度, 萌芽研究, 代表, ホモトピー論における圏論的手法の研究.
1999年度~2000年度, 基盤研究(C), 代表, ホップ不変量とその応用.
1996年度~1996年度, 基盤研究(C), 代表, ホップ不変量の研究.
1994年度~1994年度, 奨励研究, 代表, ループ空間と分類空間のコホモロジー論.
1993年度~1993年度, 奨励研究, 代表, ループ空間と分類空間のホモトピー論.
1990年度~1990年度, 奨励研究, 代表, ホップ空間の研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」