九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山口 裕幸(やまぐち ひろゆき) データ更新日:2019.05.30

教授 /  人間環境学研究院 人間科学部門 心理学


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
 組織心理学の観点から現場との共同によるアクションリサーチによって医療・看護業界における事故防止・安全管理の質向上に取り組んでいる。また、これを生かして、鉄道運輸事業におけるおよび発電事業における安全管理の促進を現場との共同研究に取り組んでいる。

 医療現場における医師・看護師および教育学校現場における教員のストレスを緩和し精神的健康度を回復するための取り組みに医学と組織心理学とのコラボレーションを図って取り組んでいる。
 
 モバイル・コンピューティングとEメールを活用した社内情報交換システムの整備が、組織の意思決定や管理職のリーダーシップ、メンバー間のコミュニケーション、さらには業績の善し悪しに与える影響について、民間の情報機器メーカーとの共同研究を行った。

 解雇、もしくは自主的に退職した人々の再就職支援システムについて民間企業との共同研究に着手している。あわせて、個人特性と職場チーム特性との適合性(chemistry)を最適にするシステムに関する研究プロジェクトを民間企業との共同で進めている。共同研究によって、過労死、燃え尽き症候群に陥る人々の特性を国際比較によって明らかにし、日本人のメンタリティを考慮した効果的な対応を探る活動を展開している。
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2008.06~2015.12, 学術月刊誌「教育と医学」の編集・刊行、編集事務局長, 教育と医学の会.

文部科学省, 日本学術振興会等による事業の審査委員等就任状況
2017.08~2018.07, 学術振興会特別研究員等審査会専門委員, 独立行政法人 日本学術振興会.

2017.08~2018.07, 科学研究費補助金(基盤(S))評価委員, 独立行政法人 日本学術振興会.

2016.08~2017.07, 学術振興会特別研究員等審査会専門委員, 独立行政法人 日本学術振興会.

2015.10~2016.03, 科学研究費審査委員, 独立行政法人 日本学術振興会.

2015.04~2016.03, 独立行政法人大学評価・学位授与機構大学機関別認証評価委員会・評価委員, 独立行政法人大学評価・学位授与機構.

2014.10~2015.03, 科学研究費審査委員, 独立行政法人 日本学術振興会.

2014.04~2015.03, 独立行政法人大学評価・学位授与機構大学機関別認証評価委員会・評価委員, 独立行政法人大学評価・学位授与機構.

2013.10~2014.03, 科学研究費審査委員, 独立行政法人 日本学術振興会.

2012.10~2013.03, 科学研究費審査委員, 独立行政法人 日本学術振興会.

2011.10~2012.03, 科学研究費審査委員, 独立行政法人 日本学術振興会.

2010.10~2011.03, 科学研究費審査委員, 独立行政法人 日本学術振興会.

2006.10~2007.03, 科学研究費審査委員, 独立行政法人 日本学術振興会.

2005.10~2006.03, 科学研究費審査委員, 独立行政法人 日本学術振興会.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2011.11, 放送大学 , 「心理学概論」における「組織心理学」のパートで出演、解説.

2011.02, JR-EAST, 特集「安全」の巻頭に「柔らかい組織をつくる」と題するインタビュー記事の掲載.

2005.11, 朝日新聞, “21世紀版学問ノススメ”欄に、「自民『地滑り的』勝利−社会心理学で解く」と題する論文.

2004.02, AERA Mook(朝日新聞社), 「コミュニケーション学がわかる。」において上司-部下間のコミュニケーション特性について解説(Pp.109-111).

2004.02, 毎日新聞, 佐賀銀行倒産デマによる取りつけ騒ぎ事件における流言普及過程の集合心理に関するコメント.

2004.01, 西日本新聞, JR九州の運転士を対象に実施した安全遵守行動の規定因に関する研究活動のようすについての報告記事.

2003.11, 読売新聞, プチ整形流行現象の背景にある若者意識と社会規範の様相に関するコメント.

2003.05, 西日本新聞, 福岡市中央図書館における意図的な書籍汚損行為の頻発の背景にある人間心理と社会状況の関連性に関するコメント.

2002.10, 福岡放送(FBS), 福岡市天神地区で頻発した長髪の若い女性の髪に背後から接着剤を塗りつけて逃走する事件を誘発する群集心理に関するコメント.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2015.06, ビジネス・セミナー「強いチーム、弱いチーム:社会心理学的視点で考える」, 西日本新聞 qBiz キジ懇, 西日本新聞会館.

2014.11, 教育と医学の会公開シンポジウム「子どもの暴力的行為にどう対応するか-衝動的な行動に対する理解と保護者・教師の役割」, 教育と医学の会, 西日本新聞会館国際ホール.

2013.11, 教育と医学の会公開シンポジウム「いじめ問題に大人がどう対応していくか」, 教育と医学の会, 西日本新聞会館国際ホール.

2012.11, 教育と医学の会公開シンポジウム「発達障害の見極めと対応・支援――乳児期から学童期を中心に」, 教育と医学の会, 西日本新聞会館国際ホール.

2011.11, 教育と医学の会公開シンポジウム「今の子どもの不安とどう向き合うか」, 教育と医学の会, 西日本新聞会館国際ホール.

2011.11, 職場のチームワークに関する講義, 福岡県労働政策課, 戸畑アイレフ、田川厚生会館.

2011.12, 中間管理職のリーダーシップに関する研修, 財務省福岡財務支局, 福岡県合同庁舎.

2010.11, 組織の安全マネジメントに関する講演, 福岡県危険物取扱協会, 福岡県合同庁舎.

2010.11, 中間管理職のリーダーシップに関する研修, 人事院九州支部, 福岡県合同庁舎.

2010.11, やる気とチームワークのとれた職場づくりに関する講演会, 福岡県福祉労働部労働政策課, 福岡市あいれふ会館、久留米市えーるピア久留米.

2010.08, 福岡県看護協会看護管理者育成セミナーでグループ・マネジメントの心理学の講演, 福岡県看護協会, 福岡県ナースセンター.

2005.08, 医療現場から学ぶ安全マネジメント, JST, 九州大学コラボステーション.

2004.02, 組織における安全マネジメント研究フォーラム, 厚生労働省・中央労働災害防止協会, 九州大学西新プラザ.

2003.11, サイコロジストへの道:心理学を知る, 九州大学教育学部地域連携・社会貢献検討委員会, 九州大学西新プラザ.

初等・中等教育への貢献状況
2011.08, 高等学校生徒に対する大学模擬講義の実施, 福岡県立八女高等学校.

2005.12, 高等学校生徒に対する大学模擬講義の実施, 福岡県立北筑高等学校.

2002.03, 福岡県高等学校10校の2年生を対象とした大学生活イメージ・希望調査, 福岡県教育委員会選定の10高校.

その他の優れた社会貢献活動
2018年度, JR西日本安全研究推進委員(JR西日本安全研究所が主催する安全研究推進委員会の委員を務めた).

2017年度, JR西日本安全研究推進委員(JR西日本安全研究所が主催する安全研究推進委員会の委員を務めた).

2016年度, JR西日本安全フォローアップ会議委員(福知山線脱線事故の被害者遺族とJR西日本とで構成する安全会議において学識経験者として見解を述べ、議論を総括するや役目を担った).

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2016.04~2017.03, エネルギー研究教育機構準備委員会.

2016.04~2017.03, 企画専門委員.

2016.04~2018.03, 学府長.

2016.04~2018.03, 研究院長.

2014.07~2016.03, 学部長.

2012.07~2014.06, 副学部長.

2012.04~2013.03, 入試実行小委員会副委員長.

2009.04~2011.03, 行動システム専攻長.

2010.04~2011.03, 入試実行小委員会副委員長.

2008.10~2010.03, IO実行小委員会委員長.

2008.10~2009.03, セクシャルハラスメント防止委員.

2008.10~2009.03, FD委員.

2007.10~2008.09, 心理学系世話人.

2008.04~2010.03, 情報公開・個人情報保護委員会.

2007.10~2009.03, 入試委員会.

2006.04~2008.03, 教務委員会.

2006.04~2008.03, 教務委員会.

2006.04~2008.03, 社会連携委員会.

2000.04~2004.03, 新キャンパス計画専門委員.

2002.04~2004.03, 新キャンパス・ライフスタイル検討ワーキングチーム長.

2003.04~2005.03, 企画委員会.

2005.04, FD委員会.

2004.04, 役職配分委員.

2004.04, 文系地区連絡協議会学部統合委員会.

2002.04~2004.03, 社会連携委員会.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」