九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
石川 邦夫(いしかわ くにお) データ更新日:2018.06.22

教授 /  歯学研究院 歯学部門 口腔機能修復学講座


主な研究テーマ
硬組織代替材料の創製
キーワード:アパタイト、アパタイトセメント、細胞遮断膜、、生体材料、無機材料、リン酸カルシウム、組織再生、組織再建、骨、癒着防止、インプラント
2006.04.
高機能性生体材料の創製
キーワード:アパタイト、アパタイトセメント、細胞遮断膜、、生体材料、無機材料、リン酸カルシウム、組織再生、組織再建、骨、癒着防止、インプラント
1991.01~2003.12.
従事しているプロジェクト研究
産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-MS)「組織再生自己硬化型細胞遮断膜の創製」
2017.10~2018.03, 代表者:石川邦夫, 九州大学, 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構.
医療用セメントに関する研究
2015.04~2018.03, 代表者:石川邦夫, 九州大学, 太平洋セメント株式会社
生体親和性の高いカルシウム-シリカ系材料を含む医療用セメントの機能性向上を図り、新たな高機能性医療用セメントを研究・評価する。.
戦略的イノベーション創出推進プログラム「革新的硬組織再生・再建システム創製」
2012.11~2019.03, 代表者:石川邦夫, 九州大学
骨や歯などの硬組織欠損の再生再建を総合的に治療する革新的硬組織再生・再建システムを創製します。骨や歯の機能を代替するインプラント材に関しては、インプラント材が早く、強く骨と結合するようにCa表面修飾インプラント材を開発する。また、骨欠損が大きい場合には骨の再生を行う必要があるが、骨リモデリングプロセスを活性化させ、迅速に骨に置換される炭酸アパタイト骨置換材を開発する。 .
研究成果展開事業 研究成果最適展開プログラム フィジビリティスタディステージ シーズ顕在化タイプ「蟻の巣型炭酸アパタイト連通多孔体の創製」
2012.04~2013.03, 代表者:石川邦夫, 九州大学, 独立行政法人科学技術振興機構
蟻の巣型炭酸アパタイト連通多孔体を調製することを目的とする。炭酸アパタイトは生理的環境下では熱力学的に最安定相であり、チャンバー試験や顆粒状炭酸アパタイトの病理組織学的検索結果からも炭酸アパタイトは生理環境下では吸収されない。一方、破骨細胞が形成するハウシップ窩環境では吸収される。したがって、炭酸アパタイトを基盤材料として用いる場合、破骨細胞や骨芽細胞が内部に侵入できる連通多孔体とすることによって人工骨置換材の骨置換速度を向上させることができる。一方、臨床応用の際はある程度の機械的強さが必要であり、ブロックとして臨床応用する際にはチッピングを起こさないことも必須要件である。
 炭酸アパタイト骨置換材の骨置換速度の促進と炭酸アパタイトの臨床における操作性の観点から、多孔性を制御する必要があると判断
.
研究成果展開事業 研究成果最適展開プログラム 本格研究開発ステージ ハイリスク挑戦タイプ「高骨伝導性チタンインプラントの創製」
2011.11~2013.10, 代表者:石川邦夫, 九州大学, 独立行政法人科学技術振興機構
高骨伝導性チタンインプラントの創製に必要なプロセスの一つである前臨床試験へ進めるか否かをヒトに近い実験動物および最終製品形態である粗面チタンインプラントを用いて病理組織学的に解析することである。
 .
多孔性炭酸アパタイト骨置換材創製の可能性試験
2008.04~2009.03, 代表者:石川邦夫, 九州大学, 発展型都市エリア産学官連携促進事業可能性試験
多孔性炭酸アパタイト骨置換材創製の可能性を検討する.
骨置換型人工骨の開発
2009.05~2014.09, 代表者:ジーシー株式会社, ジーシー株式会社, 科学技術振興機構
九州大学において石川が開発した炭酸アパタイト骨置換材の臨床治験を行う。.
地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 実用化のための育成研究「生体に学ぶ:骨置換材の創製」
2006.04~2009.03, 代表者:石川邦夫, 九州大学, 独立行政法人科学技術振興機構
前駆体を用いた相変換反応(溶解ー析出反応)により、生体骨の主成分と同じ素材である炭酸アパタイトを合成し、自家骨と同様に骨と置換する骨置換材の創製を目指して、炭酸アパタイトブロックの調整法を開発するともに、事業化に必須の動物実験等による病理組織学的研究を行う。.
歯学教育研修コース
2003.04, 代表者:古谷野 潔, 九州大学, 九州大学(国内)
15年間行ってきた上記歯学研修コースでの経験を踏まえ、新たに歯学教育者の養成に重点を置いた歯学教育研修コースを2003年から開始いたしました。直接歯科医療に従事する人材を養成するのでなく、将来途上国がより自国の社会的ニーズに合った歯科医療従事者を自立的に養成できるよう支援することを目的としています。
 歯学研修コースと同様に、本学のスタッフを中心とし全ての講義・実習を英語で行っています。他の組織の協力も得て、学外研修も行っています。京都、東京、北海道なども研修地に組み込むことで、日本の風土や文化にも触れてもらう機会を作っています。
 なお、歯科におけるこのような取り組みは、全国で唯一です。.
ASEAN/SEED-Net
2001.04, 代表者:堤 和男, JICA, JICA.
研究業績
主要原著論文
1. Masaaki Takechi, Youji Miyamoto, Kunio Ishikawa, Masaru Nagayama, Masayuki Kon, Kenzo Asaoka, Kazuomi Suzuki:, Effects of added antibiotics on the basic properties of anti-washout-type fast-setting calcium phosphate cement., Journal of Biomedical Materials Research, 39(2), 308-316, 1998.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  25件
特許登録件数  3件
学会活動
所属学会名
整形外科バイオマテリアル研究会
日本再生医療学会
Society for Biomaterials
International Society for Ceramics Medicine
日本歯科理工学会
日本歯科保存学会
日本小児歯科学会
日本バイオマテリアル学会
International Association for Dental Research
日本セラミックス協会
日本アパタイト研究会
日本口腔インプラント学会
学協会役員等への就任
2013.04~2015.03, 日本セラミックス協会 生体関連材料部会, 会長.
2009.04~2011.03, 日本歯科理工学会 , 九州支部長.
2009.01~2010.12, 国際歯科研究学会日本部会(JADR), 評議員.
1998.04, 日本セラミックス協会, 幹事.
1997.04, 日本アパタイト研究会, 評議員.
1997.05, 日本歯科理工学会, 評議員.
2000.04, 日本バイオマテリアル学会, 理事.
2002.04, 日本歯科理工学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.12.05~2016.12.06, 16th Australasian BioCeramic Symposium, 座長(Chairmanship).
2016.10.25~2016.10.26, AUN/SEED-Net Regional Conference 2016 on Materials Engineering (RCME2016), 座長(Chairmanship).
2016.10.18~2016.10.21, The 28th Symposium & Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine, 座長(Chairmanship).
2016.08.07~2016.08.09, 2nd Bone and Biomaterials Workshop, 座長(Chairmanship).
2016.05.29~2016.06.03, International Conference on Processing & Manufacturing of advanced materials (Thermec 2016), 座長(Chairmanship).
2016.05.17~2016.05.22, 10th World Biomaterials Congress, 座長(Chairmanship).
2015.10.29~2015.10.30, Regional Conference 2015 on Materials Engineering (RCME2015), 座長(Chairmanship).
2015.09.17~2015.09.20, International Seminar on Biomaterials & Regenerative Medecine (BioRemed 2015), 座長(Chairmanship).
2015.08.30~2015.09.03, ESB 2015, 27th European Conference on Biomaterials , 座長(Chairmanship).
2015.05.07~2015.05.09, The 5th Asian Biomaterials Congress, 座長(Chairmanship).
2014.11.06~2014.11.08, 26th Symposium and Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine (Bioceramics 2014), 座長(Chairmanship).
2014.09.09~2014.09.11, 日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2014.08.24~2014.08.30, IUMRS-ICA2014, 座長(Chairmanship).
2014.11.17~2014.11.18, 第36回日本バイオマテリアル学会大会, 座長(Chairmanship).
2014.12.06~2014.12.06, 第34回整形外科バイオマテリアル研究会, 座長(Chairmanship).
2014.03.17~2014.03.19, 日本セラミックス協会2014年年会, 座長(Chairmanship).
2013.12.04~2013.12.06, The 13th Asian BioCeramics Symposium in conjunction with The 17th Symposium on Ceramics in Medicine, Biology and Biomimetics. , 座長(Chairmanship).
2013.11.07~2013.11.10, 25th Symposium and Annual Meeting of the International Society for Ceramics in Medicine (BIOCERAMICS 25), 座長(Chairmanship).
2013.09.04~2013.09.06, 日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2013.06.26~2013.06.29, 4th Asian Biomaterials Congress. , 座長(Chairmanship).
2013.06.05~2013.06.08, 6th International symposium on apatite and correlative biomaterials, 座長(Chairmanship).
2013.03.21~2013.03.21, 2013 IADR General Session& Exhibition, 座長(Chairmanship).
2013.03.17~2013.03.19, 日本セラミックス協会2013年年会, 座長(Chairmanship).
2012.09.19~2012.09.21, 日本セラミックス協会第25回秋期シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2012.08.30~2012.09.01, 5th International Conference on Biomaterials Tissu Engineering & Medical Devices” BiomMedD’2012,, 座長(Chairmanship).
2012.06.20~2012.06.23, 90th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, 座長(Chairmanship).
2011.12.08~2011.12.09, AUN/Seed-Net Regional Conference 2011,, 座長(Chairmanship).
2011.10.27~2011.10.28, AUN/Seed-Net Regional Conference 2011,, 座長(Chairmanship).
2011.12.01~2011.12.03, Asian BioCeramics 2011, 座長(Chairmanship).
2011.11.26~2011.11.27, 日本バイオマテリアル学会, 座長(Chairmanship).
2011.05.27~2011.05.29, International Dental Materials Congress 2011, 座長(Chairmanship).
2010.12.10~2010.12.12, 5th International Symposium on Apatites and Correlative Biomaterials, 座長(Chairmanship).
2010.12.03~2010.12.03, 第14回生体関連セラミックス討論会, 座長(Chairmanship).
2010.11.14~2010.11.18, 3rd International Congress on Ceramics. , 座長(Chairmanship).
2010.06.13~2010.06.18, CIMTEC2010; 5th Forum on New Materials; 9th International Conference Medical Applications of Novel Biomaterials and Nano-biotechnology,, 座長(Chairmanship).
2009.03.16~2009.03.18, 日本セラミックス協会 2009 年年会, 座長(Chairmanship).
2009.02.15~2009.02.16, AUN/Seed-Net Regional Conference 2009, 座長(Chairmanship).
2009.02.12~2009.02.12, UP Symposium "Improving the quality of life through biomaterials engineering", 座長(Chairmanship).
2008.12.09~2008.12.13, IUMRS-ICA2008, 座長(Chairmanship).
2008.12.05~2008.12.05, 第12回生体関連セラミックス討論会, 座長(Chairmanship).
2008.09.10~2008.09.13, The 4th International Symposium on Apatites and Correlative Biomaterials, 座長(Chairmanship).
2008.06.16~2008.06.17, International Symposium on Nanotoxicology Assessment and Biomedical, Enviromental Application of Fine Particles and Nanotubes , 座長(Chairmanship).
2007.11, 7TH PACIFIC RIM CONFERNENCE ON CERAMIC AND GLASS TECHNOLOGY , 座長(Chairmanship).
2006.09, 日本セラミックス協会第19回秋季シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2005.12, Bioceramics 18, 座長(Chairmanship).
2012.10.21~2012.10.24, Bioceramics-24, 大会長.
2012.10.13~2012.10.14, 第60回日本歯科理工学会学術講演会(創立30周年記念大会), 大会長.
2011.08.18~2011.08.19, 第23年度日本歯科理工会九州支部夏期セミナー, 大会長.
2010.12.03~2010.12.03, 第14回生体関連セラミックス討論会, 世話人.
2010.08.19~2010.08.20, 第22年度日本歯科理工会九州支部夏期セミナー, 大会長.
2009.12.08~2009.12.11, Asian BioCeramics 2009, Executive Chair.
2009.11.26~2009.11.27, 第18回アパタイト研究会, 大会長.
2008.11.04~2008.11.06, Asian BioCeramics 2008, Executive Chair.
2003.10, Asian BioCeramics 2003, 大会長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2004.04, Dental Materials Journal, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2009年度 10  20  30 
2006年度 15  30  45 
2005年度 10  20  30  60 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
CIMTEC2018, Italy, 2018.06~2018.06.
Society for Biomaterials 2018 Annual Meeting & Exposition , UnitedStatesofAmerica, 2018.04~2018.04.
3rd Annual Conference and Expo on Biomaterials, Germany, 2018.03~2018.03.
Anna University, India, 2018.01~2018.02.
Bioceramics 29, France, 2017.10~2017.10.
BIOREMED 2017, Romania, 2017.10~2017.10.
ESB2017, Greece, 2017.09~2017.09.
ISBBST 2017, Taiwan, 2017.08~2017.08.
ガジャ・マダ大学, Indonesia, 2017.08~2017.08.
ヴィリニュス大学, Lithuania, 2017.06~2017.06.
The 12th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology, UnitedStatesofAmerica, 2017.05~2017.05.
Society for Biomaterials (2017 Annual Meeting & Exposition), UnitedStatesofAmerica, 2017.04~2017.04.
IADR General Session, UnitedStatesofAmerica, 2017.03~2017.03.
ABC2016, Australia, 2016.12~2016.12.
International Dental Materials Congress 2016, Indonesia, 2016.11~2016.11.
Bioceramics 28, UnitedStatesofAmerica, 2016.10~2016.10.
20th Anniversary International Symposium of the Korean Society for Biomaterials 2016, Korea, 2016.09~2016.09.
BIOMMEDD2016, Romania, 2016.09~2016.09.
Advanced Materials and Technologies, Lithuania, 2016.08~2016.09.
2nd Bone and Biomaterials workshop, Finland, 2016.08~2016.08.
Asean Course on Bioceramics and Tissue Enginnering, Indonesia, 2016.07~2016.08.
IADR, Korea, 2016.06~2016.06.
CIMTEC 2016, Italy, 2016.06~2016.06.
THERMEC 2016, Austria, 2016.05~2016.06.
10th World Biomaterials Congress, Canada, 2016.05~2016.05.
Kasetsart University, Thailand, 2016.05~2016.05.
AADR年会, UnitedStatesofAmerica, 2016.03~2016.03.
2015 MRS, UnitedStatesofAmerica, 2015.11~2015.12.
University of Alberta, Canada, 2015.11~2015.11.
ヴィリニュス大学, Lithuania, 2015.10~2015.10.
BIOREMED2015, Romania, 2015.09~2015.09.
ESB2015, Poland, 2015.08~2015.09.
The 5th Asian Biomaterials Congress (ABMC5) , Taiwan, 2015.05~2015.05.
The Society For Biomaterials’ 2015 Annual Meeting, UnitedStatesofAmerica, 2015.04~2015.04.
AUN/SEED-NET regional conference on materials engineering 2014, Malaysia, 2014.11~2014.11.
Bioceramics 2014, Spain, 2014.11~2014.11.
ABC2014, China, 2014.10~2014.10.
Satellite meeting of ABC2014, China, 2014.10~2014.10.
Biommedd 2014, Romania, 2014.09~2014.09.
European Society for Biomaterials, UnitedKingdom, 2014.08~2014.09.
92nd General session & exhibition of the IADR, SouthAfrica, 2014.06~2014.06.
Society for Biomaterials 2014 Annual Meeting & Exposition, UnitedStatesofAmerica, 2014.04~2014.04.
Biomaterials Seminar USM, Malaysia, 2014.02~2014.02.
BIOCERAMICS 25, Romania, 2013.11~2013.11.
ESB 2013, Spain, 2013.09~2013.09.
4th Asian Biomaterials Congress, Hong Kong , 2013.06~2013.06.
6th International symposium on apatite and correlative biomaterials, France, 2013.06~2013.06.
The 10th Pacific Rim Conference on Ceramic and Glass Technology, UnitedStatesofAmerica, 2013.06~2013.06.
The 2nd IADR, Thailand, 2013.08~2013.08.
Society for Biomaterials 2013, UnitedStatesofAmerica, 2013.04~2013.04.
2013 IADR, UnitedStatesofAmerica, 2013.03~2013.03.
JICA, Indonesia, 2013.03~2013.03.
JICA, Indonesia, 2013.02~2013.02.
JICA, Malaysia, 2013.01~2013.01.
JICA, Malaysia, 2012.12~2012.12.
JICA, Indonesia, 2012.11~2012.11.
BiomMedD’2012, Romania, 2012.08~2012.08.
JICA, Vietnam, 2012.08~2012.08.
釜山大学, Korea, 2012.08~2012.08.
2012 IADR, Brazil, 2012.06~2012.06.
9th World Biomaterials Congress, China, 2012.05~2012.06.
JICA, Indonesia, 2012.03~2012.03.
JICA, Malaysia, 2012.02~2012.02.
36th International Conference and Expo on Advanced Ceramics and Composites, UnitedStatesofAmerica, 2012.01~2012.01.
JICA, Vietnam, Malaysia, 2011.12~2011.12.
第9回WBC関連国際科学会議, China, 2011.12~2011.12.
JICA, Indonesia, Philippines, Malaysia, 2011.10~2011.11.
BIOCERAMICS 23, Turkey, 2011.11~2011.11.
The 3rf Asian Biomaterials Congress, Korea, 2011.09~2011.09.
24th European Conference on Biomaterials;EBS2011, Ireland, 2011.09~2011.09.
PAC RIM9, Australia, 2011.07~2011.07.
IDMC2011(国際歯科材料会議2011), Korea, 2011.05~2011.05.
2011 ANNUAL MEETING&EXPOSITION, UnitedStatesofAmerica, 2011.04~2011.04.
IUS-BSE会議, China, 2011.04~2011.04.
Soonchunhyang University, Korea, 2011.03~2011.03.
2011 IADR General Session, UnitedStatesofAmerica, 2011.03~2011.03.
5th International Symoisium on Apataites and Correlative Biomaterials (ISACB2010), Australia, 2010.12~2010.12.
ONE DAY WORKSHOP ON TISSUE ENGINEERING, Asian Bio Ceramics Symposium2010, Indonesia, 2010.10~2010.11.
23rd European Conference on Biomaterials, Finland, 2010.09~2010.09.
2010 IADR General Session & Exhibition, Spain, 2010.07~2010.07.
5th Forum on New Materials(CIMTEC2010), Italy, 2010.06~2010.06.
Society For Biomaterials 2010 ANNUAL MEETING & EXPOSITION, UnitedStatesofAmerica, 2010.04~2010.04.
8th Asia TEFL , Vietnam, 2010.08~2010.08.
The Second International Symposium on Surface and interface of Biomaterials, Hong Kong , 2010.01~2010.01.
4th International LAMS & Learnig Design Conference, Australia, 2009.12~2009.12.
Bioceramics 22, Korea, 2009.10~2009.10.
European Society for Biomaterials, Switzerland, 2009.09~2009.09.
JICA, Indonesia, Philippines, 2009.08~2009.08.
AMI 64th Annual Conference, Armenia, 2009.07~2009.08.
8th Asian BioCeramics Symposium, India, 2008.11~2008.11.
Bioceramics 21, Brazil, 2008.10~2008.10.
第4回アパタイト関連材料研究国際シンポジウム, Philippines, 2008.09~2008.09.
ニューヨーク大学, UnitedStatesofAmerica, 2008.03~2008.03.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2008.02~2008.02.
JICA, Malaysia, 2008.01~2008.02.
CMA2007及びNCMM2007, India, 2007.12~2007.12.
第50回日本歯科材料会議2007及び国際歯科材料会議2007, Thailand, 2007.11~2007.11.
7TH PACIFIC RIM CONFERNENCE ON CERAMIC AND GLASS TECHNOLOGY, China, 2007.11~2007.11.
JICA, ラオス, 2007.11~2007.11.
BIOCERAMICS20 20th International Symposium of Ceramics in Medicine, Composites at Lake Louise, France, Canada, 2007.10~2007.11.
ASBMR 2007, UnitedStatesofAmerica, 2007.09~2007.09.
INTERNATIONAL HEALTH & MEDICAL CONGRESS 2007, Malaysia, 2007.05~2007.05.
International Health & Medical Congress 2007, Malaysia, 2007.03~2007.03.
85th General Session & Exhibition of the IADR, UnitedStatesofAmerica, 2007.03~2007.03.
AIIMS大学, India, 2007.03~2007.03.
チュラロンコン大学, Thailand, 2007.02~2007.02.
Hong Kong University of Science and Technology, China, 2007.02~2007.02.
Radbound大学, Holland, 2007.02~2007.02.
JICA研究発表会, Vietnam, 2007.01~2007.01.
University of Technology, Sydney, Australia, 2007.01~2007.01.
ニューヨーク大学, UnitedStatesofAmerica, 2006.12~2006.12.
Korean Institute of Machine and aterials, Korea, 2006.12~2006.12.
The Sofitel Central Plaza Bangkok, Thailand, 2006.11~2006.11.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2006.10~2006.10.
バイオセラミックス2006, China, 2006.10~2006.10.
釜山大学, Korea, 2006.09~2006.09.
Brisbane Convention & Exhibition Centre, Brisbane, Australia, Australia, 2006.06~2006.07.
ニューヨーク大学, ソフィア大学、バルナ大学, ミュンヘン大学, UnitedStatesofAmerica, Bulgaria, Deutschland, 2006.06~2006.06.
マーレーシア科学大学, Malaysia, 2006.05~2006.05.
インドネシア大学, フィリピン大学, シンガポール大学, Indonesia, Philippines, Singapore, 2006.03~2006.03.
DuPey,Johnson & Johnson, University of Nijmegen, Sydony Insititutes of Technology, UnitedStatesofAmerica, Holland, Australia, 2006.02~2006.02.
北京大学, China, 2006.02~2006.02.
ソウル大学, Korea, 2006.02~2006.02.
Chulalongkorn University, MTEC(National Metal and Materials Technology Center:国立金属&材料技術センター), Thailand, Thailand, 2006.01~2006.01.
四川大学, China, 2006.01~2006.01.
Loma Linda University, University of Albama at Birmingham, New York University, University of Toronto, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, 2005.12~2005.12.
漢陽大学校, 韓国セラミックス工学技術研究所(KICET), 延世大学校, Korea, Korea, Korea, 2005.11~2005.11.
Birmingham大学, Leeds大学, UnitedKingdom, UnitedKingdom, 2005.11~2005.11.
AO-Aisf Reseach Insitute, Porto大学・Minho大学, Cambridge大学, Switzerland, Portugal, UnitedKingdom, 2005.10~2005.10.
パナマ大学 , Malaysia, 2005.10~2005.11.
University of Pennsylvania, National Insitutes of Health, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, 1990.07~1992.08.
外国人研究者等の受入れ状況
2018.03, 1ヶ月以上, 口腔機能修復学講座 生体材料工学分野, China.
2016.09~2018.04, 1ヶ月以上, 口腔機能修復学講座 生体材料工学分野, Philippines, 学内資金.
2016.09~2018.09, 1ヶ月以上, マラヤ大学, Malaysia, 日本学術振興会.
2016.04~2018.03, 1ヶ月以上, 口腔機能修復学講座 生体材料工学分野, India, 学内資金.
2016.04~2016.07, 1ヶ月以上, 口腔機能修復学講座 生体材料工学分野, China, 学内資金.
2007.11, 1ヶ月以上, 口腔機能修復学講座 生体材料工学分野, Philippines, 日本学術振興会.
2007.04, 1ヶ月以上, 口腔機能修復学講座 生体材料工学分野, China, 学内資金.
2006.04, 1ヶ月以上, 口腔機能修復学講座 生体材料工学分野, China, 日本学術振興会.
2005.05, 1ヶ月以上, Korea, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
受賞
ISCM Excellence Award, International Society for Ceramics in Medicine, 2016.10.
応用鉱物科学賞, 日本鉱物科学会, 2015.10.
Society for Rumanian Biomaterials名誉会員, 2015.09.
Raquel LeGerous Senior Award, 2013.06.
Special Award of Romanian Society for Biomaterials(ルーマニアバイオマテリアル学会 特別賞 2012), 2012.06.
The Award of Japanese Society for Biomaterials(日本バイオマテリアル学会 学会賞), 日本バイオマテリアル学会, 2012.06.
日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞, 2010.04.
ABC Award (Asian BioCeramics 2009 best presentation award), 2009.12.
ABC Award (Asian BioCeramics 2008 best presentation award), 2008.12.
IUMRS奨励賞(International Union of Materials Research Society), 2008.12.
日本歯科理工学会奨励賞, 2004.12.
日本口腔インプラント学会デンツプライ賞, 2004.09.
ABCaward , 2004.09.
日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞, 2004.04.
日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞, 2004.04.
日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞, 2004.04.
日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞, 2004.04.
バイオマテリアル科学奨励賞, 日本バイオマテリアル学会, 1999.11.
ABC Award (Asian BioCeramics best presentation award), Asian BioCeramics Symposium 2003, November 18, 2003, Fukuoka, Japan., 2003.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 硫酸カルシウムから作製した多孔質炭酸アパタイトと骨髄幹細胞による骨再生医療の開発.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 分担, 自己硬化型β型リン酸三カルシウム骨補填材の創製とその病理組織学的検索.
2013年度~2014年度, 新学術領域研究, 代表, PLGA階層化炭酸アパタイトフォームの界面制御.
2012年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, リン酸三カルシウムフォームセメント.
2011年度~2012年度, 新学術領域研究, 代表, PLGA階層化炭酸アパタイトフォームの創製.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, 炭酸アパタイト骨置換材の多孔性制御による骨置換材速度の飛躍的増進.
2010年度~2011年度, 萌芽研究, 代表, 多孔性リン酸カルシウムセメントへのアプローチ.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 分担, 骨置換性炭酸アパタイトの既成スペーサーを用いた骨移植を必要としないサイナスリフト.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 代表, 海綿骨型骨置換材の創製.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, ドラッグデリバリーシステムを用いた新規骨再生法の開発とその細胞内メカニズムの解明.
2006年度~2007年度, 基盤研究(C), 分担, 直接覆髄による肝細胞変性の評価と安全性・組織再生を両立した高次覆髄材の開発.
2005年度~2005年度, 萌芽研究, 代表, 海綿骨の形態と組成を模倣した完全連通型骨置換材の創製.
2001年度~2003年度, 基盤研究(B), 代表, 組織再生を目的とした自己硬化型細胞制御膜に関する研究.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2012年度~2015年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 薬剤徐放型炭酸アパタイト.
2006年度~2008年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, ナノ微粒子の体内動態可視化手法の開発.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2017年度~2018年度, 二国間交流, 代表, 炭酸アパタイト被覆チタンインプラントの創製.
2015年度~2017年度, 二国間交流, 代表, 高骨伝導性を示す低結晶性リン酸カルシウムの創製とその骨伝導性評価.
2005年度~2007年度, 二国間交流, 代表, 相変換を利用した石膏を原料とする炭酸アパタイト骨置換材の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2018年度, 医療分野研究成果展開事業 産学連携医療イノベーション創出プログラム(ACT-MS), 代表, 組織再生自己硬化型細胞遮断膜の創製.
2012年度~2018年度, 研究成果展開事業 戦略的イノベーション創出推進プログラム, 代表, 革新的硬組織再生・再建システム創製.
2012年度~2012年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 薬剤徐放型炭酸アパタイト.
2012年度~2012年度, 公益財団鈴木謙三記念医科学応用研究財団, 代表, 溶解-析出型組成変換反応による多孔体炭酸アパタイト骨置換材の創製.
2012年度~2012年度, 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム シーズ顕在化タイプ, 代表, 蟻の巣型炭酸アパタイト連通多孔体の創製.
2011年度~2011年度, 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム フィージビリティスタディ【FS】ステージ, 代表, チタンの水熱アパタイトコーティング.
2011年度~2013年度, 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム ハイリスク挑戦タイプ, 代表, 高骨伝導性チタンインプラントの創製.
2006年度~2008年度, 科学技術振興機構 実用化のための育成研究課題, 代表, 生体に学ぶ:骨置換材の創製.
2005年度~2005年度, 新エネルギー・産業技術総合開発機構 平成17年度国際共同研究先導調査事業, 代表, 硬組織関連医用材料の次世代海外拠点研究者動向調査.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.04~2019.03, 代表, 医療用セメントに関する研究.
2009.07~2010.03, 代表, 地域イノベーション創出総合支援事業 シーズ発掘試験研究 「水酸基を利用したチタン表面のカルシウム修飾」.
2005.06~2008.02, 代表, 相変換を利用した石膏を原料とする炭酸アパタイト骨置換材の開発.
2006.04~2009.03, 代表, 地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 実用化のための育成研究「生体に学ぶ:骨置換材の創製」/.
学内資金・基金等への採択状況
2016年度~2016年度, 橋渡し研究加速ネットワークプログラム, 代表, 高強度型炭酸アパタイトブロック人工骨置換材.
2017年度~2017年度, 橋渡し研究加速ネットワークプログラム, 代表, 連通多孔性炭酸アパタイト人工骨置換材.
2013年度~2013年度, 橋渡し研究加速ネットワークプログラム研究開発, 代表, 骨伝導性に優れる骨補填材.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」