九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
市川 香(いちかわ かおる) データ更新日:2017.12.05

准教授 /  応用力学研究所 地球環境力学部門 総合理工学府大気海洋環境システム学専攻環境計測学


主な研究テーマ
GNSS反射波を用いた海洋観測
キーワード:GNSS反射波,海面高度,海面波浪,超小型衛星,常時観測
2015.01~2017.03.
沿岸域での海面力学高度の実測と,地衡流の成立度
キーワード:沿岸域,GPS,海面高度計,地衡流,吹送流,潮流
2010.04.
衛星海面高度計の最適データ処理法
キーワード:海面高度計,最適内挿,客観解析,人工衛星海洋学
1988.04~2002.03.
中規模渦と黒潮の相互作用
キーワード:黒潮続流,中規模渦,海面高度計,切離リング
1993.04.
沿岸水位に対する概要擾乱の影響評価
キーワード:沿岸水位,中規模渦,西岸境界流,海面高度計
2002.04.
従事しているプロジェクト研究
Development of calibration/validation and assimilation methods of wide-swath sea surface height measurements in the western North Pacific and surrounding marginal seas
2015.12~2017.12, 代表者:Norimasa Ito, CNES (France)
SWOT is expected to observe two-dimensional small-scale SSH features that have not been observed so far by conventional altimeters. Such observation by a wide swath altimeter is new for oceanography and we have not yet had calibration and validation methods for such small-scale observation. It is necessary to establish other observations of similar features before the SWOT launch , such as HF radar and in-situ observation methods to capture . The use of data from other sources would provide additional information that cannot be obtained with SWOT alone, such as duration of phenomena, vertical structure, current velocities including ageostrophic components and relations with biogeochemical phenomina. Because the small-scale SSH features will be different from those of geostrophic SSH in terms of spacio-temporal scale, the same data assimilation algorithms for conventional altimeter data may not be adaptable to the SWOT data.
In this proposal, based on our experience in observations and assimilation mainly in the western North Pacific and surrounding marginal seas, we will develop new observations for small scale features, calibration and validation methods for SWOT, and SWOT data assimilation methods. .
Collaborative GNSS-R research utilizing the NASA CYGNSS Mission for Ocean Waves, Tides and Height near Japan
2015.12~2017.12, 代表者:Kaoru Ichikawa, NASA (U.S.A)
This unsolicited proposal to NASA provides a general overview of proposed collaborative researches to
advance marine science applications, between the CYGNSS science team and a Japanese research consortium
called “GNSS Reflectometry for Ocean Waves, Tides and Height (GROWTH)”, composed of Kyushu
University, Kobe University, Nagoya University, Kyoto University, Wakayama University, Japan Agency for
Marine-Earth Science and Technology (JAMSTEC), the Remote Sensing Technology Center of Japan
(RESTEC), the University of Tokyo, Chubu University, and IHI Corporation group including Meisei
Corporation. This proposal will explain the motivation for our interest in being added as members to the
CYGNSS science team and the objectives of the proposed collaboration. We will provide a summary of tasks
intended to achieve our objectives and a schedule for their completion. We will also detail the expected
interactions between our GROWTH research consortium and the CYGNSS science team. Additionally, we will
summarize how we believe this collaboration will benefit the CYGNSS mission. Especially, we plan to upgrade
an existing ground station located at Wakayama University in Japan to be capable of downloading additional
CYGNSS data for both the existing CYGNSS science team and the research of the Japanese GROWTH
consortium. Notably, the in-situ and meta data used during research by Japanese GROWTH team members will
be made available to the extended CYGNSS science team..
GNSS反射信号を用いた全地球常時観測が拓く新しい宇宙海洋科学
2015.01~2017.03, 代表者:市川 香, 文部科学省(日本)
海面高度、海上風速、海氷等の海洋・海象データは、全地球の環境変動を把握する上で重要であり、気象予測、海運、漁業、海底資源探索など多くの分野でニーズがある。これまでの衛星を用いた海洋観測では、船舶に匹敵する高精度な観測を広域で繰り返し行うべく、海上風や海面高度などを計測する専門衛星が活用されてきた。これにより、船舶観測では数年~数十年に一度しか観測されていなかった海域が繰り返し観測できるようになる等、多大な成果をあげている。しかし、大型の専門衛星による高精度観測は多大な費用を要するために衛星の台数に限界があり、観測頻度は数日に一度程度に留まっている。このため,台風や爆弾低気圧のように短時間で変化する現象や、津波のように移動速度が速い現象は観測対象外となっていた。
一方、全地球を常時カバーする測位衛星(GNSS)の反射信号を用いる新たなリモートセンシング(GNSS-R)では、適切な軌道に配した小型衛星群を利用すると、観測精度は専門衛星より下がるものの常時観測が保証される。即ち、「船舶観測の拡張」という発想とは全く独立したGNSS-R手法を用いることで、これまでの衛星海洋学が手付かずで残してきた高頻度観測が実現し、短時間変化や高速移動する現象を解明することができる可能性がある。
本事業は、新しい宇宙工学分野であるGNSS-R観測データの取得・配信システムの整備、データ解析手法の開発と検証・確立を通じて、海洋科学と宇宙工学を跨ぐ科学コミュニティの「拠点」を形成し、これまでの海洋・海象研究で欠落していた「全地球常時観測」という視点を獲得して、それによって新たに得られる海洋現象を明確にする。.
Detection of Coastal Velocity Variations in the Tsushima Strait
2010.04~2015.03, 代表者:Kaoru Ichikawa, ISRO (India), CNES (France)
This proposal consists of two major targets. The first and fundamental one is to evaluate performances of the Ka-band altimeter in the coastal region and to establish proper data processing methods for estimation of coastal surface geostrophic velocity anomaly, by comparisons with the high-resolution surface velocity data obtained by the High-Frequency (HF) radar system located in the Tsushima Strait between Japan and Korea. The other and advanced target is to study causes and effects of the velocity variations in the Tsushima Strait by extending the spatially limited observation area of the HF radar system using multiple AltiKa sub-satellite tracks..
Variations of flow fields in the western North Pacific and surrounding marginal seas
2013.01~2016.12, 代表者:Kaoru Ichikawa, EUMETSAT (EU), CNES (France)
The primary aim of this proposal is to understand variations of flow fields in the western North Pacific and surrounding marginal seas. Heat and volume transport of the Kuroshio and Oyashio current systems will be investigated by combining altimetry data with in situ observations and numerical models. At the same time, variations of the flow fields in the East China Sea and the Sea of Okhotsk will be also investigated. Those variations would be expected to have a possible relationship between the Kuroshio and Oyashio current systems, but they have not been described well due to their small-scale nature in marginal seas. Use of HF radar data with high spatio-temporal resolutions and improved accuracy of the altimetry data in marginal seas together with dense coverage by multi-satellite use would provide better insights of such variations.
In this proposal, we shall continue in situ observations. They include hydrographic and mooring field observations, HF radars, and drifters. They are used for basic oceanographic studies, and may be eventually used as calibration/validation data for Jason-2/OSTM by any other OST-ST groups. Similarly, we shall maintain operational real-time Japan-GODAE data products produced by operating an ocean data assimilation system of JMA. Meanwhile, assimilated results from a more com-prehensive model will be used for basic studies.In addition, gravity changes due to huge oceanic motions such as a large Kuroshio meander will be examined by use of a dense network of accurate gravity field measurements in Japan. We intend to obtain new understandings of circulations in the western North Pacific through those aspiring studies..
地球温暖化と急激な経済発展が東アジア域の海洋・大気環境に及ぼす影響の解明
2010.04~2015.04, 代表者:松野 健, 九州大学応用力学研究所.
協調の海の構築に向けた東シナ海の環境研究
2007.07~2010.03, 代表者:松野 健, 九州大学応用力学研究所(日本)
東シナ海の生物環境に対する理解を周辺国の間で共有するため、栄養塩の循環に注目する。様々な経路から陸棚域に流入する栄養塩が生物基礎生産に寄与する過程を解明するため、物理・化学・生物学的手法による観測を周辺国と共同で実施し、得られた結果の解析に基づいて、近い将来想定される様々な環境変化によって起こりうる海洋環境の変化を予測する。それを科学的根拠として、必要な社会経済的施策が取られることを提言する。.
東アジア海洋・大気環境激変の監視と予測システムの開発
2005.04~2010.03, 代表者:柳 哲雄, 文部科学省特別教育研究経費
地球規模の気候変動と中国大陸での水環境変化が東シナ海と日本海の海洋・大気環境に与えるインパクトの解明、および将来予測システムの構築を目指した学際的研究を国際・国内共同研究として推進し、それにより、この分野での世界的研究拠点を形成する。.
精密衛星測位による地球環境監視技術の開発
2002.10~2005.03, 代表者:津田 敏隆, 京都大学
精密衛星測位による地球監視技術の開発・評価を行う。GPS掩蔽による大気観測と,精密重力観測による水資源移動など。.
研究業績
主要著書
1. 及川 正行・柏木 正・伊賀 啓太・市川 香・柳 哲雄, 地球環境を学ぶための流体力学, 成山堂書店, ISBN 4-425-71301-X
第7章「回転流体の力学」224-265, 2001.03.
主要原著論文
1. XiFeng Wang, Kaoru Ichikawa, Coastal Waveform Retracking for Jason-2 Altimeter Data Based on Along-Track Echograms around the Tsushima Islands in Japan
, Remote Sensing, 9, 7, 2017.07.
2. XiFeng Wang, Kaoru Ichikawa, Effect of High-Frequency sea waves on wave period retrieval from radar altimeter and buoy data, Remote Sensing, 8, 764, 2016.09.
3. Akira Nagano, Kaoru Ichikawa, Hiroshio Ichikawa, Masanori Konda, Kiyoshi Murakami, Volume transports proceeding to the Kuroshio Extension region and recirculating in the Shikoku Basin, Journal of Oceanography, 69, 3, 285-293, 2013.05, [URL].
4. Ichikawa Kaoru, Wen Chang Yang, Akihiko Morimoto, Yoshikawa Yutaka, Shigeo Sugitani, Wen-Shan Chiang, Jian-Wu Lai, En Yu Liang, Cho-Teng Liu, Chang-Wei Lee, Kei Yufu, Moeto Kyushima, Satoshi Fujii, Senjyu Tomoharu, Yoshihiko Ide, Preliminary results of the Japan-Taiwan joint survey on combining ocean radar data in the Kuroshio upstream region, Ocean Science Journal, 48, 1, 141-148, 2013.03, [URL].
5. Akira Nagano, Kaoru Ichikawa, Hiroshio Ichikawa, H Tomita, H Tokinaga, Masanori Konda, Stable volume and heat transports of the North Pacific subtropical gyre revealed by identifying the Kuroshio in synoptic hydrography south of Japan, Journal of Geophysical Research, 115, C09002, 14pp, 115, C09002, doi:10.1029/2009JC005747, 2010.09.
6. Kaoru Ichikawa, Synoptic flow structures in the confluence region of the Kuroshio and Ryukyu current, Journal of Geophysical Research, Vol. 114, C06007, doi:10.1029/2008JC005213, 2009.06.
7. Kaoru Ichikawa, Kuroshio variations in the upstream region as seen by HF radar and satellite altimetry data, International Journal of Remote Sensing, 29(21), 6317-6326, doi:10.1080/01431160802175454, 2008.11.
8. Tokeshi, R., K. Ichikawa, S. Fujii, K. Sato and S. Kojima, Estimating the geostrophic velocity obtained by HF radar observations in the upstream area of the Kuroshio, Journal of Oceanography, Vol 63(4), 711-720, 2007.06.
9. Kaoru Ichikawa, Flow of abyssal water into Wake Island Passage: Properties and transports from hydrographic surveys, Journal of Geophysical Research, Vol. 112, C04008, doi:10.1029/2006JC004000, 2007.04.
10. Kaoru Ichikawa, Influence of the Kuroshio fluctuations on sea level variations along the south coast of Japan, Journal of Oceanography, 61, 5, 979-985, 61, 979-985, 2005.09, [URL].
11. K. Ichikawa, N. Gohda, M. Arai and A. Kaneko, Variations of the Subtropical Counter-Current as seen by repeated ADCP and satellite altimetry data, Proceedings of The Indonesia Ocean Forum 2005 and the 13th PAMS/JECSS Workshop, 161-164, 2005.07.
12. R. Tokeshi, K. Ichikawa, S. Fujii, K. Sato, S. Kojima, Monitoring velocity field in the upstream of the Kuroshio; Comparisons between HF radar and satellite altimetry observations, Proceedings of The Indonesia Ocean Forum 2005 and the 13th PAMS/JECSS Workshop, 170-173, 2005.07.
13. Kaoru Ichikawa, Estimating the Kuroshio axis south of Japan using combination of satellite altimetry and drifting buoys, Journal of Oceanography, 60, 2, 375-382, Vol. 60, 375-382, 2004.03, [URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. K. Ichikawa, D. Ambe and R. Tokeshi, Frequency of the Kuroshio overflow on the continental shelf northeast of Taiwan as seen by along-track altimetry and HF radar data, International Union of Geodesy and Geophysics XXIV 2007, 2007.07, [URL].
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 久保田 雅久・轡田 邦夫・木津 昭一・岩坂 直人・根田 昌典・市川 香, Japanese Ocean Flux data sets with Use of Remote sensing Observations (J-OFURO)データセット, 2003.05
人工衛星データを用いた,海面のフラックスデータセット。短波放射,長波放射,潜熱,顕熱,運動量の各種フラックス量と,それに関連した海上水温と海面高度・海面流速のデータをインターネット上(http://dtsv.scc.u-tokai.ac.jp/j-ofuro/)で公開している。.
学会活動
所属学会名
日本海洋学会
日仏海洋学会
American Geophysical Union
学協会役員等への就任
2014.12~2016.03, 日仏海洋学会, 第16回日仏海洋学シンポジウム実行委員.
2014.04~2016.03, 日本海洋学会, 三賞選考委員.
2012.06~2016.03, 日仏海洋学会, 幹事.
2012.02~2013.03, 日本海洋学会, 運営委員.
2010.04~2012.03, 日仏海洋学会, 運営委員.
2010.04~2016.03, 日仏海洋学会, 評議員.
2005.04~2017.03, 日本海洋学会, 評議員.
2002.02~2008.03, 日仏海洋学会, 評議員.
学会・研究会における座長等
2017.10.26~2017.10.26, WESTPAC Workshop on "A framework for cooperative studies in the Western Pacific Marginal Seas: Energy and materials exchange between land and open ocean", 座長.
2017.02.21~2017.02.23, 10th Coastal Altimetry Workshop, 座長.
2017.06.01~2017.06.02, RIAM フォーラム 2017, 座長.
2017.06.29~2017.06.30, 宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム, 座長.
2016.12.14~2016.12.15, 海洋レーダを用いた海況監視システムの開発と応用, 座長.
2016.08.29~2016.08.31, 8th Ocean Science Workshop Program of the East Asian Cooperative Experiments, 座長.
2016.08.25~2016.08.26, 小型飛翔体による海象観測 ―データの即時性はどこまで保証できるか―, 座長.
2016.06.30~2016.07.01, 宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム, 座長.
2015.10.18~2015.10.19, 9th Coastal Altimetry Workshop, 座長.
2015.09.27~2015.09.29, 日本海洋学会2015年度秋季大会, 司会.
2015.09.10~2015.09.11, 海洋観測における航空宇宙技術を考えるサマーセミナー「海と宙の間から」~小型無人飛翔体で海を観・診・視る~, 座長.
2015.07.09~2015.07.10, 宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム, 座長.
2015.04.21~2015.04.23, 18th Pacific-Asian Marginal Seas Meeting, 座長.
2014.10.23~2014.10.24, 8th Coastal Altimetry Workshop, 座長.
2014.07.08~2014.07.09, 宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム, 座長.
2014.04.02~2014.04.04, 2nd Ocean Radar Conference for Asia-Pacific, 座長.
2013.10.07~2013.10.08, 7th Coastal Altimetry Workshop, 座長.
2013.07.04~2013.07.05, 宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム, 座長.
2012.09.20~2012.09.21, 6th Coastal Altimetry Workshop, 座長.
2012.08.02~2012.08.03, アルゴ時代の海洋物理船舶観測, 座長.
2012.07.05~2012.07.06, 宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム, 座長.
2012.01.30~2012.01.31, The 10th Japan-Korea Joint Seminar on Physical Oceanography , 座長.
2011.11.09~2011.11.09, 宗谷暖流を始めとした対馬暖流系の変動メカニズム, 座長.
2011.10.17~2011.10.19, 5th Coastal Altimetry Workshop, 座長.
2010.10.14~2010.10.18, 4th Coastal Altimetry Workshop, 座長.
2009.09.17~2009.09.18, 3rd Coastal Altimetry Workshop, 座長.
2008.09.17~2008.09.19, The 4th PEACE Ocean Science Workshop, 座長.
2008.03, 2008年度日本海洋学会春季大会, 座長.
2007.11, International Workshops on "Monitoring and Forecasting of the Rapid Change in Ocean-Atmosphere Environment in the East Asia" and "Establishment of Cooperative Sea under common understanding on the marine environment of the East China Sea", 座長.
2007.09, 2007年度日本海洋学会秋季大会, 座長.
2007.09, 東シナ海における海洋観測のこれからについて, 座長.
2006.09, 「海学問」白鳳丸・淡青丸研究成果発表会, コンビーナー.
2005.07, The Indonesia Ocean Forum 2005 and the 13th PAMS/JECSS Workshop, 座長.
2005.07, IGARSS 2005, 座長.
2005.03, 2005年度日本海洋学会春季大会, 座長.
2004.03, 2004年度日本海洋学会春季大会, 座長.
2004.09, 2004年度日本海洋学会秋季大会, 座長.
2002.12, 九州沖縄地区シンポジウム九州沖縄地区シンポジウム, 座長.
2002.03, 2002年度日本海洋学会春季大会, 座長.
2002.01, 東京大学地震研究所・地球科学技術フォーラム合同シンポジウム, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.10.18~2015.10.19, 9th Coastal Altimetry Workshop, Scientific Commitee.
2015.09.29~2015.09.29, 日本海洋学会秋季大会ナイトセッション「海洋学は小型衛星をどう使う?」, コンビーナー.
2015.09.10~2015.09.11, 海洋観測における航空宇宙技術を考えるサマーセミナー「海と宙の間から」~小型無人飛翔体で海を観・診・視る~, 主催.
2015.04.21~2015.04.23, 18th Pacific-Asian Marginal Seas Meeting, Local Organizing Comittee.
2014.12.10~2014.12.11, 海洋レーダを用いた海況監視システムの開発と応用, 世話人.
2014.10.23~2014.10.24, 8th Coastal Altimetry Workshop, Scientific Commitee.
2014.04.02~2014.04.04, The 2nd Ocean Radar Conference for Asia-Pacific, Advisory Comittee.
2013.12.18~2013.12.19, 海洋レーダを用いた海況監視システムの開発と応用, 世話人.
2013.10.07~2013.10.08, 7th Coastal Altimetry Workshop, Scientific Commitee.
2013.03.25~2013.03.25, シンポジウム「ポスト「京」に向けた計算科学としての海洋学の展望」 , コンビーナー.
2012.09.20~2012.09.21, 6th Coastal Altimetry Workshop, Scientific Commitee.
2011.10.17~2011.10.19, 5th Coastal Altimetry Workshop, Scientific Commitee.
2011.09.26~2011.09.30, 日本海洋学会2011年度秋季大会, 実行委員.
2010.10.14~2010.10.15, 4th Coastal Altimetry Workshop, Scientific Commitee.
2009.09.17~2009.09.18, 3rd Coastal Altimetry Workshop, Scientific Commitee.
2006.09, 「海学問」白鳳丸・淡青丸研究成果発表会, セッションコンビーナー.
2005.07, International Geoscience and Remote Sensing Symposium 2005, invited chairman/session manager.
2002.06, UNEP/GIWA/CMC scaling/scoping and causal chain analysis workshop for subregion 32 (Kuroshio Current), expert researcher from Japan.
2002.12, 九州沖縄地区シンポジウム「沿岸における外洋擾乱の影響 」, コンビーナー.
2002.01, シンポジウム「新時代の衛星アルティメトリーおよび衛星重力ミッションについての研究集会 」, コンビーナー.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2007.04~2011.03, Journal of Oceanography, 編集委員.
1994.06~1999.03, 沿岸海洋研究, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度 10        10 
2016年度 10    19 
2015年度 10      17 
2014年度 10      17 
2013年度 21    29 
2012年度   14 
2011年度     14 
2010年度     10 
2009年度 19        19 
2008年度 12        12 
2007年度 15        15 
2006年度    
2005年度 11  14 
2004年度    
2003年度    
2002年度    
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, 小笠原漁協に対し,父島周辺の深海流速場の情報を提示し,漁業活動に役立ててもらう
, 2016.03.
ホームページ, 自分の研究内容の紹介
プロジェクト「戦略黒潮」に関連した研究
作成したデータセットへのリンク, 1998.06.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
National Cheng Kung University, Taiwan Ocean Research Institute, Taiwan, 2017.02~2017.02.
Espace Encan, La Rochelle, France, 2016.10~2016.11.
V.I.Il’ichev Pacific Oceanological Institute, Far Eastern Branch, Russia, 2016.08~2016.08.
Westin hotel, Pasadena, United States of America, 2016.06~2016.06.
The Condado Plaza Hilton, United States of America, 2016.04~2016.04.
Hyatt Regency Reston, United States of America, 2015.10~2015.10.
National Cheng Kung University, Taiwan, 2015.08~2015.10.
Prague Congress Centre, Czech Republic, 2015.06~2015.07.
University of Michigan, United States of America, 2015.02~2015.02.
中信造船所, Taiwan, 2015.01~2015.01.
Konzil Konstanz, Steigenberger Inselhotel, Germany, 2014.10~2014.11.
Grand Hi-Lai Hotel, Taiwan, 2014.04~2014.04.
Hawaii Converence Center, United States of America, 2014.02~2014.03.
National Taiwan University, Taiwan, 2014.02~2014.02.
University of Colorado, United States of America, 2013.10~2013.10.
SGS Veckobostader, Sweden, 2013.07~2013.07.
CNES, France, 2013.05~2013.06.
IMA House, India, 2012.11~2012.11.
Taiwan Ocean Research Insititute, Taiwan, 2012.10~2012.10.
Palazzo dei Congressi, Riva del Garda, Venice Convention Centre Palazo del Casino, Lido, Italy, 2012.09~2012.09.
Resorts World Convention Centre, Singapore, 2012.08~2012.08.
Mayfield Hotel, Korea, 2012.05~2012.05.
National Taiwan University, Jade Yachts ShipYard, Taiwan, 2011.12~2011.12.
Manchester Grand Hyatt Hotel, San Diego, United States of America, 2011.10~2011.10.
Melbourne Convention and Exhibition Centre, Australia, 2011.06~2011.07.
Taiwan Ocean Research Insititute, Taiwan, 2011.06~2011.06.
National Taiwan University, National Taiwan Ocean University, Taiwan Ocean Research Institute, Taiwan, 2011.03~2011.03.
University of Porto, FIL Meeting Center of Feira International de Lisboa, Portugal, 2010.10~2010.10.
Taipei International Convention Center, Taiwan, 2010.06~2010.06.
National Taiwan University, National Taiwan Ocean University, Taiwan, 2010.06~2010.06.
National Taiwan University, National Taiwan Ocean University, Taiwan, 2010.02~2010.03.
National Taiwan University, Taiwan, 2009.12~2009.12.
ESA/ESRIN, Venice Convention Centre, Italy, 2009.09~2009.09.
National Taiwan University, Taiwan, 2009.07~2009.07.
Crowne Hotel, Seattle, United States of America, 2009.06~2009.06.
National Taiwan University, Taiwan, 2009.06~2009.06.
National Taiwan University, Taiwan, 2009.02~2009.02.
Sant'Anna School for Advanced Studies, Palais des Congrès Acropolis, Italy, France, 2008.11~2008.11.
Yu-Chen Shipyard Cooperation, Taiwan, 2008.10~2008.10.
V.I. Il’ichev Pacific Oceanological Institute, Russia, 2008.09~2008.09.
Cairns Convention Centre, Austria, 2008.07~2008.08.
National Taiwan University, Taiwan, 2008.06~2008.07.
National Taiwan University, Taiwan, 2008.05~2008.05.
National Taiwan University, Taiwan, 2008.02~2008.02.
Hotel Krone Assmannshausen, Germany, 2008.01~2008.02.
National Taiwan University, Taiwan, 2007.09~2007.09.
National Taiwan University, National Taiwan Ocean University, Taiwan, 2007.08~2007.08.
University of Perugia , Italy, 2007.07~2007.07.
Hotel Le Meridien, Mexico, 2007.05~2007.06.
Wrest Point, Australia, 2007.03~2007.03.
BEXCO, Korea, 2006.11~2006.11.
Beijin Institute of Technology, China, 2006.07~2006.07.
Sanur Beach Hotel, Indonesia, 2005.07~2005.07.
COEX, Korea, 2005.07~2005.07.
Huajiashan Resort Hotel, China, 2003.11~2003.11.
Grand Bali Beach Hotel, Indonesia, 2002.09~2002.09.
Coastal Management Center, Philippines, 2002.06~2002.06.
Seogwipo KAL Hotel, Korea, 2001.04~2001.04.
University College of North Wales, United Kingdom, 1999.08~2000.12.
外国人研究者等の受入れ状況
2004.05~2005.03, コーチン科学技術大学海洋学部, India, 日本学術振興会.
受賞
岡田賞, 日本海洋学会, 2001.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2019年度, 新学術領域研究, 分担, 黒潮とその源流域における混合過程・栄養塩輸送と生態系の基礎構造の解明.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 小笠原諸島東方沖の「深海のオアシス」の出現条件.
2013年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, 遠距離海洋レーダを用いた対馬暖流の流路観測と流路分岐メカニズムの解明.
1995年度~1995年度, 奨励研究, 代表, 複数の海面高度計データの同時解析による高分解能の海面力学高度場の推定.
1996年度~1996年度, 重点領域研究, 代表, 位相速度による鉛直モード分解に基づく、高度計データからの3次元流速場の推定.
1997年度~1997年度, 重点領域研究, 代表, 熱膨張による海水位変動成分の推算による,熱フラックス量の推定.
1997年度~1998年度, 奨励研究, 代表, 太平洋の中規模擾乱に起因する日本南岸の沿岸域の海況変動に関する研究.
1998年度~1999年度, 国際学術研究, 分担, 人工衛星海面高度計による海洋と固体力学の研究.
2002年度~2004年度, 若手研究(B), 代表, 沿岸水位が受ける外洋擾乱の影響.
2003年度~2005年度, 基盤研究(B), 分担, IESによる黒潮の傾圧場の変動に関する基礎的研究.
2005年度~2005年度, 基盤研究(C), 分担, 衛星重力の地球科学への応用に関する研究調査.
2006年度~2007年度, 基盤研究(B), 分担, 日本南岸の黒潮の流量と流路の経年変動特性に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2014年度~2016年度, 宇宙科学研究拠点形成プログラム, 代表, GNSS反射信号を用いた全地球常時観測が拓く新しい宇宙海洋科学.
2005年度~2009年度, 特別教育研究経費(拠点形成), 分担, 東アジア海洋・大気環境激変の監視と予測システムの開発.
2002年度~2004年度, 科学技術振興調整費 (文部科学省), 分担, 精密衛星測位による地球環境監視技術の開発.
2007年度~2009年度, 科学技術振興調整費 (文部科学省), 分担, 協調の海の構築に向けた東シナ海の環境研究.
2010年度~2015年度, 特別教育研究経費(拠点形成), 分担, 地球温暖化と急激な経済発展が東アジア域の海洋・大気環境に及ぼす影響の解明.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2014.06~2015.03, 共同研究, 株式会社IHI航空宇宙事業本部, 代表, GNSS反射波(GNSS-R)計測技術の海洋/海象現象への適用可能性検討.
2014.05~2019.03, 共同研究, 防衛省技術研究本部電子装備研究所, 代表, 海洋レーダを用いた海洋観測に関する研究.
2014.04~2015.03, 共同研究, 名古屋大学地球水循環研究センター, 分担, 台湾北東沖黒潮観測による北太平洋広域大気循環場の日本南岸黒潮への影響評価.
2014.04~2015.03, 共同研究, 名古屋大学水循環研究センター, 代表, RTK GPSを用いて計測した沿岸海面力学高度の評価.
1998.04~1999.03, 共同研究, 東北大学 江淵 直人, 分担, 人工衛星データを用いた日本海表層海況・海上気象データベース作成手法の研究.
1999.04~2000.03, 共同研究, 京都大学 根田 昌典 , 分担, 人工衛星データを用いた日本海表層海況・海上気象データベース作成手法の研究.
2000.04~2005.03, 共同研究, 愛媛大学 兼田 淳史, 分担, 豊後水道における黒潮の変動に対する応答.
2000.04~2002.03, 共同研究, 愛媛大学 森本 昭彦, 分担, 複数衛星高度計データを用いた日本海の潮汐調和定数推定方法の研究.
2000.04~2002.03, 共同研究, 国立極地研究所 青木 茂, 分担, 高緯度寒冷域における衛星海面高度計データの利用可能性の検討.
2002.04~2004.03, 共同研究, 国立極地研究所, 代表, 海洋の順圧過程と重力変化.
2002.04~2004.03, 共同研究, 国立極地研究所 青木 茂, 分担, オホーツク海におけるリモートセンシング観測の複合利用に関する研究.
2002.04~2003.03, 共同研究, 独立行政法人 水産大学校 森本 昭彦, 分担, 海面高度計データおよび水位データを用いた対馬暖流の変動に関する研究.
2003.05~2003.05, 共同研究, 海洋科学技術センター, 分担, みらいMR03-K02次航海
海洋大循環による熱・物質輸送とその変動にかかる観測研究.
2004.03~2006.03, 共同研究, 情報通信研究機構, 代表, 遠距離海洋レーダと衛星海面高度計による黒潮上流域の流況変動に関する研究.
2004.07~2004.07, 共同研究, 東京大学海洋研究所, 分担, 淡青丸KT-04-13次航海
四国南方黒潮流域における流動構造・流量とその変動機構.
2004.10~2004.10, 共同研究, 東京大学海洋研究所, 分担, 白鳳丸KH-04-4次航海
西部北太平洋亜熱帯域の深層循環に関する海洋物理的研究および西太平洋海底の地球物理学的研究の実施.
2005.09~2005.09, 共同研究, 東京大学海洋研究所, 代表, 淡青丸KT-05-23次航海
足摺沖のASUKA測線での黒潮・黒潮反流の観測.
2005.10~2005.10, 共同研究, 東京大学海洋研究所, 代表, 淡青丸KT-05-25次航海
黒潮上流域における密度・流速の鉛直構造の観測.
2006.06~2007.03, 共同研究, 名古屋大学地球水循環研究センター, 代表, 遠距離海洋レーダと衛星海面高度計による黒潮上流域の流況変動観測.
2006.09~2006.09, 共同研究, 東京大学海洋研究所, 代表, 淡青丸KT-06-22次航海 足摺沖黒潮共同観測(ASUKA)測線の空間代表性の観測.
2007.02~2007.03, 共同研究, 東京大学海洋研究所, 代表, 淡青丸KT-07-2次航海 黒潮上流域におけるEnvisat衛星直下の絶対流速の観測.
2007.04~2008.03, 共同研究, 名古屋大学地球水循環研究センター, 代表, 台湾北東方の黒潮変動の詳細モニタリング.
2007.10~2007.10, 共同研究, 東京大学海洋研究所, 代表, 淡青丸KT-07-26次航海; 膠州海山と土佐碆周辺の精細な海面力学高度の面的な把握.
2008.04~2011.03, 共同研究, 名古屋大学地球水循環研究センター, 代表, 台湾北東沖から東シナ海陸棚域に侵入する黒潮の詳細モニタリング.
2008.12~2008.12, 共同研究, 東京大学海洋研究所, 代表, 淡青丸KT-08-32次航海; 黒潮上流域での中規模渦と黒潮の相互作用の観測的研究.
2009.04~2013.03, 共同研究, 名古屋大学地球水循環研究センター, 分担, 台湾北東の東シナ海陸棚域上の流況モニタリング.
2011.04~2012.03, 共同研究, 名古屋大学地球水循環研究センター, 分担, 沖縄西方海域における吹送流およびその変動の検出.
2011.04~2014.03, 共同研究, 名古屋大学地球水循環研究センター, 代表, RTK GPSを用いた沿岸域の海面力学高度の実測.
2012.06~2012.06, 共同研究, 東京大学大気海洋研究所, 代表, 淡青丸KT-12-14次航海; 日台共同海洋レーダ観測による黒潮上流域モニタリングにむけた,表面流速と電波海上伝搬特性の現場観測.
2013.04~2014.03, 共同研究, 名古屋大学地球水循環研究センター, 分担, 台湾北東沖黒潮流速を介した北太平洋の風速場による日本南岸黒潮域への影響.
2013.04~2014.03, 共同研究, 名古屋大学 森本 昭彦, 分担, 黄海・東シナ海の高精度海面高度計データセットの作成.

九大関連コンテンツ