九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
井上 奈良彦(いのうえ ならひこ) データ更新日:2019.12.27

教授 /  言語文化研究院 言語環境学部門 言語教育学講座


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
学会活動ではコミュニケーションおよび英語教育関係の学会に所属し役員や学術雑誌の編集や論文の査読などを行っている。 英語教育関係では中高の教員研修の講師などを務め、コミュニケーション技能の養成やディベートの講座を受け持っている。 ディベート関係では、学生・社会人を対象とした日本語および英語のディベート大会の運営や審査員を努めている。 ほぼ毎年、海外のディベートチーム、ディベートコーチを招聘し国際ディベート試合やセミナーを実施している。
2005年度からは台湾における大学生日本語ディベート大会の運営について助言し、2008年4月と2014年以降定期的に九州大学ディベートクラブの学生チームを派遣し交流試合を行っている。
2008年と2009年の3月には九州大学において国際生命倫理ディベート大会を開催した。
ほぼ毎年九州大学において国際日本語ディベート講座・大会・シンポジウム・研究会を開催している。参加者出身国は、台湾、韓国、日本、中国。
ほぼ毎年九州大学において英語政策ディベート集中講義、大会、FDを開催している。参加者出身国はアメリカ、中国、フィリピン、タイ、イギリス、日本、など。
2015年3月、ディベート教育国際研究会を設立し、研究会、査読誌の発行を行なっている。
2019年3月からはフルブライト招聘米国人講師を受け入れ、大学院や学部の授業計画を共同で行っている。
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2018.08~2019.03, 日本語ディベート国際大会開催のための組織運営やクラウドファンディングについて助言を行った。, 日本語ディベート選手権国際大会2019台湾実行委員会 .

2014.03, 日本、台湾、韓国等のディベート教育関係者と協議し、ディベート教育国際研究会の設立を行い、研究大会の開催、研究誌の発行などを主導している。
2017年に「ディベート教育国際研究会」のオンラインジャーナル『ディベートと議論教育』第1巻(ISSN:2433-3514)を発行した。今後も年1回の継続的な刊行を目指している。
「ディベート教育国際研究会」は毎年開催している年1回の大会に加え、2018年度には即興型ディベートに関する研究成果を共有する場として、「第1回パーラメンタリーディベート教育国際研究大会」を開催する。, ディベート教育国際研究会.

1987.03, 理事・副会長・会長・九州支部長など, 日本ディベート協会.

2003.01, 九州支部紀要編集員, 日本コミュニケーション学会.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2016.07, Biz Fukuoka, ディベートによる意思決定の手法について、ビジネスリーダー向けの解説をインタビューに答える形で行った。.

2009.07, 『アヴァンティ』第16巻第7号、p. 15, 福岡の働く女性向け情報誌の「知らないことを知ってみる 研究室訪問」欄の取材を受け、「ディベートって仕事に使える!論理的にものごとを見る視点をやしなう!」として紹介された。また、同題目で一般向けゼミを担当した。.

2005.07, 朝日新聞(西日本版), 「21世紀版学問ノススメ」への記事「議論文化育む『議論学』」を寄稿.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2019.11, 公開講座「ことば研究における多面的アプローチ」第1回「ことばとコミュニケーション」, 言語文化研究院, 九州大学(福岡市).

2019.08, 国際的な拠点として国内外でディベート教育・研究の普及活動行った。主な国際的活動は次のものである。
(1) 日米交歓ディベート 6/14, 15(九州大学、福岡県立城南高校)
(2)国際日本語ディベート合宿講座・大会 8/28-9/1
(3) Kyushu Debate Open 2019(即興型英語ディベートのオープン大会)8/10-11
(4) The Second International Conference on Parliamentary Debate Education(即興型ディベート教育の研究発表会)8/12
(5) Kyushu-Ewha Debate Workshop + Tournament(韓国梨花女子大との合同授業とオープン参加ディベート大会)2020年1/17-19
(6) 日本語ディベート選手権国際大会2020台湾 2020年2/28-3/1
(7) 第5回ディベート教育国際研究会大会 2020年3/14-15
(8) 第6回 議論学国際学術会議The 6th Tokyo Conference on Argumentationの実行委員、活動関連パネルの設置予定, 言語文化研究院
ディベート教育国際研究会
QDO2018実行委員会
JDA日本ディベート協会、同九州支部
NCA-CIDD(全米コミュニケーション学会国際ディスカッション・ディベート委員会), 九州大学、台湾・国立交通大学、韓国・梨花女子大、立教大学、福岡県立城南高校.

2018.08, 国際的な拠点として国内外でディベート教育・研究の普及活動行った。主な国際的活動は次のものである。
(1) 国際日本語ディベート合宿講座・大会 8/15-19
(2) Kyushu Debate Open 2018(即興型英語ディベートのオープン大会)8/18-19
(3) The First International Conference on Parliamentary Debate Education(即興型ディベート教育の研究発表会)8/20
(4) 日本語ディベート選手権国際大会2019台湾 2019年2/28-3/3
(5) 第5回ディベート教育国際研究会大会 2019年3/16-17, 言語文化研究院
ディベート教育国際研究会
QDO2018実行委員会
, 九州大学、台湾・国立交通大学.

2018.03, 高大連携英語ディベート講座, 九州大学言語文化研究院, 福岡市 九州大学伊都キャンパス.

2017.03, Debate Judge Workshop for Prospective Teachers and Coaches, 言語文化研究院, 九州大学.

2015.08, Kyushu Cup 2015 / International debate tournament in Parliamentary style, Kyushu University Faculty of Languages & Cultures, and local debate organizations, Kyushu University, Japan.

2015.08, Policy Debate in English Workshop/Tournament, 九州大学言語文化研究院, 九州大学(福岡市).

2015.07, 2014 International Friendship Debate, 九州大学言語文化研究院, 九州大学(福岡市).

2015.12, JDA九州ディベート大会, JDA九州支部、九州大学言語文化研究院, 九州大学伊都キャンパス.

2014.12, JDA九州ディベート大会, JDA九州支部、九州大学言語文化研究院, 九州大学伊都キャンパス.

2014.06, 2014 International Friendship Debate, 九州大学言語文化研究院, 九州大学(福岡市).

2013.05, 2013 International Friendship Debate, 九州大学言語文化研究院, 九州大学(福岡市).

2014.11, 九州大学学園祭に合わせ伊都キャンパス(比文言文棟)でディベート活動の紹介と公開ディベートを行った。, 九州大学ディベートクラブ, 福岡市、九州大学伊都キャンパス.

2013.03, Policy Debate in English Workshop/Tournament, 九州大学言語文化研究院, 九州大学(福岡市).

2012.05, 2012 International Friendship Debate, 九州大学言語文化研究院, 九州大学(福岡市).

2013.12, JDA九州ディベート大会, JDA九州支部、九州大学言語文化研究院, 九州大学伊都キャンパス.

2010.12, JDA九州ディベート大会, JDA九州支部、九州大学言語文化研究院, 九州大学伊都キャンパス.

2011.03, 英語ディベート講座・大会(講師 Mr. Phra Chainarong Sangsranoi (Teacher, Patumwan Demonstration School))
, 九州大学言語文化研究院, 九州大学箱崎キャンパス.

2010.09, 英語ディベート講座(講師 Peter Kipp 韓国梨花女子大准教授), 九州大学言語文化研究院, 九州大学伊都キャンパス.

2010.09, Hakata Ramen Cup English Debate Tournament, Kyushu University Faculty of Languages & Cultures, 九州大学伊都キャンパス.

2009.10, 「台湾の小学校英語教育」について講義(10月24日), 九州大学言語文化研究院, 九州大学箱崎地区.

2009.07, ディベート講習会, アヴァンティ編集部, 福岡市.

2010.01, Lecture: “Debate Education in Europe and the USA” by Dr. Alfred Snider (Professor, University of Vermont) and Ms. Bojana Skrt (Director, Institute for Culture in Dialogue, Slovenia)
, 九州大学言語文化研究院, 九州大学伊都キャンパス.

2009.10, Debate Education in Asia (Oct. 2-4, 2009. Open Lecture by Mr. Loke, SAID), 九州大学言語文化研究院, 九州大学伊都キャンパス.

2009.08, ディベートセミナー, 日本ディベート協会九州支部
九州大学言語文化研究院, 九州大学箱崎地区.

2009.06, 日米交歓ディベート, JDA
九州大学言語文化研究院, 九州大学伊都地区.

2009.12, 第7回JDA九州ディベート大会/日本語ディベート大会, 日本ディベート協会九州支部
九州大学言語文化研究院, 九州大学箱崎地区.

2009.10, 英語パーラメンタリーディベート講座
, 九州大学言語文化研究院
九州大学ESS, 九州大学伊都地区.

2008.10, パーラメンタリーディベート
セミナー in 九州2008, ESUJ
九州大学言語文化研究院
九州大学ESS, 福岡市.

2008.12, 第6回JDA九州ディベート大会/日本語ディベート大会, 日本ディベート協会九州支部
九州大学言語文化研究院, 九州大学六本松地区.

2007.12, 第5回JDA九州ディベート大会/日本語ディベート大会, 日本ディベート協会九州支部
九州大学言語文化研究院, 九州大学六本松地区.

2006.12, 第4回JDA九州ディベート大会/日本語ディベート大会, 日本ディベート協会九州支部
九州大学言語文化研究院, 九州大学六本松地区.

2007.06, 日米交歓ディベート, JDA
九州大学言語文化研究院, 九州大学六本松地区.

2008.09, ディベートセミナー, 日本ディベート協会九州支部
九州大学言語文化研究院, 九州大学六本松地区.

2007.10, パーラメンタリーディベート
セミナー in 九州2007, ESUJ
九州大学言語文化研究院
九州大学ESS, 福岡市.

2006.10, JDA設立20周年記念ディベート大会, 日本ディベート協会, 東京・中央大学.

2006.10, パーラメンタリーディベート
セミナー in 九州2006, ESUJ
九州大学言語文化研究院
九州大学ESS, 九州大学箱崎地区.

2006.07, ディベートセミナー, 日本ディベート協会九州支部
九州大学言語文化研究院, 九州大学六本松地区.

2005.12, 第3回JDA九州ディベート大会/日本語ディベート大会, 日本ディベート協会九州支部
九州大学言語文化研究院, 九州大学六本松地区.

2004.12, 第2回JDA九州ディベート大会/日本語ディベート大会, 日本ディベート協会九州支部
九州大学言語文化研究院, 九州大学六本松地区.

2004.09, ディベートセミナー, 日本ディベート協会九州支部
九州大学言語文化研究院, 九州大学六本松地区.

2003.12, 第1回JDA九州ディベート大会/日本語ディベート大会, 日本ディベート協会九州支部
九州大学言語文化研究院, 九州大学六本松地区.

諸外国を対象とした高度専門職業人教育活動
2018.03~2018.03, 日本語ディベート指導者向けセミナー, Taiwan.

2013.08~2013.08, 国際日本語ディベート講座・大会・研究会, Taiwan.

2009.03~2009.03, International Bioethics Debate Workshop, Japan.

2006.09~2006.09, 第11 回日本語教育実践講座「ディベートの指導と評価」, Taiwan.

初等・中等教育への貢献状況
2019.10, 「Introduction to Debating」「総合的な学習(探究)の時間」. 2019年10⽉5⽇(出張講義), 福岡県⽴宗像⾼等学校.

2017.11, 大学院科目「言語コミュニケーション論A(ディベート学)」の授業内容の一部を中学生向きに修正して実施した。具体的には、事前学習(ディベートの簡単な教科書を読む)に基づき井上がディベートと証拠資料に関する簡単な説明を行い、院生が「日本語ディベートにおける証拠資料の証拠能力と証明力」と題して発表を行った。, 唐津東中学校.

2017.06, 高3国際科のディベート(即興ディベート)の授業を参観し、英語科の教師に助言。, 長崎東中学校・高等学校.

2017.02, 英語ディベートについての講義及び試合審査, 太宰府高校.

2017.02, スーパーグローバルハイスクールにおける英語ディベートについての講義及び試合審査, 中村学園女子高校.

2015.03, スーパーグローバルハイスクールにおける英語ディベート教育導入方法への助言, 中村学園女子高校.

2015.11, 英語ディベートによる大学生と高校生の交流, 福岡県立修猷館高校、香住丘高校.

2015.02, 英語ディベートについて指導と講演を行った。, 福岡県立太宰府高校.

2014.04, ディベート研修実施のための助言およびディベートクラブの協力打ち合わせ, 糸島市ジュニア・リーダーズクラブ 「どんぐり」.

2013.06, 日米交歓ディベートにおける講評, 福岡県立修猷館高校.

2012.06, 日米交歓ディベートにおける講評, 福岡県立修猷館高校.

2011.08, "Introduction to Debate"
"ALL ENGLISH" Leader Seminar 2011, 愛媛県教育委員会.

2008.12, 第2回九州地区高等学校英語ディベート大会審査委員長, 九州地区高等学校英語教育研究会団体連合会.

2007.08, 英語ディベート指導法, 長崎県教育センター.

2006.06, 九州地区高校英語ディベート大会指導者を対象とする講演, 九州地区高等学校英語教育連盟.

2005.07, 第1回スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール国際文化講演会/高校生英語ディベートの指導方法への助言と講演, 福岡県立香住丘高等学校.

その他の優れた社会貢献活動
2019年度, Kyushu Debate Open 2019 国際英語ディベート大会実行委員会顧問として、日本国内唯一の国際ディベート大会形式によるオープン大会、関連する学会、講習会を開催を指導した。.

2018年度, Kyushu Debate Open 2018 国際英語ディベート大会実行委員会顧問として、日本国内唯一の国際ディベート大会形式によるオープン大会開催を指導した。.

2017年度, Kyushu Debate Open 2017 国際英語ディベート大会実行委員会顧問として、日本国内唯一の国際ディベート大会形式によるオープン大会開催を指導した。.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2019.12~2020.03, 共創学部エリア責任者.

2018.04~2019.03, 共創学部教務委員会.

2017.04~2019.03, 共創学部入試委員会.

2018.04~2020.03, 総務委員(言語教育学講座代表).

2016.04~2017.03, 言語・メディア・コミュニケーションコース世話人.

2014.10~2017.09, 教育改革企画支援室.

2014.04~2018.03, 学士課程国際コース実施調整会議.

2013.04~2018.03, 基幹教育科目実施班英語班.

2014.04~2015.03, 学士課程国際コース実施調整会議.

2010.11~2014.03, 学士課程国際コース委員会.

2010.04~2011.03, 言語文化研究院英語科世話人.

2009.04~2010.03, 言語文化研究院広報委員会委員長.

2009.04~2011.03, 比較社会文化学府広報・情報化委員会委員.

2008.04~2009.03, 言語文化研究院広報委員会委員長.

2008.04~2009.03, 比較社会文化学府教務学生委員会委員.

2007.04~2012.03, 言語文化研究院言語教育学講座主任.

2007.04~2008.04, 比較社会文化学府将来構想委員会委員.

2007.04~2008.04, 言語文化研究院自己点検評価委員会委員.

2007.04~2013.03, 九州大学学務部キャリアサポート課主催「英語コミュにケーソン能力育成プログラム」コーディネーター.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」