九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
西山 猛(にしやま たけし) データ更新日:2018.06.08

教授 /  言語文化研究院 言語環境学部門 言語情報学


主な研究テーマ
古代漢語文法研究、近世漢語文法研究、日中対照言語学
キーワード:古代漢語、近世漢語、指示詞、人称詞,人称代名詞
1983.10~2010.03.
従事しているプロジェクト研究
ストーリーマンガを含む大衆文化を素材とする異文化教育教材と教師用リソース開発
2008.04~2010.03, 代表者:因京子, 日本赤十字九州国際漢語大学, 日本.
研究業績
主要著書
1. 西山 猛, 漢語史における指示詞と人称詞, 好文出版, 2014.02.
2. 西山 猛, 古代漢語における指示人称表現研究, 九州大学人文科学府, 2023.03.
3. 岩佐昌暲 荀春生 日下翠 西山猛, 『実力中国語』, 福岡中国書店, 総95頁, 1999.03.
主要原著論文
1. 西山猛, 敦煌変文における近称指示詞の諸相, 中国文学論集(九州大学中国文学会), 40, 192~198, 2011.12.
2. 西山猛, 『大唐三蔵取経詩話』における主人公の呼称, 言語文化論究(九州大学言語文化研究院), 26, 59~71, 2011.02.
3. 西山猛, 『遊仙窟』における主人公の呼称, 比較社会文化(九州大学比較社会文化学府), 16, 45~50, 2010.03.
4. 西山猛, 古代漢語における場所を表す疑問代名詞の歴史的変遷, 『中国文学論集』(九州大学中国文学会), 第34号、119−130頁, 2005.12.
5. 西山猛, 「古代漢語文法研究における時期区分の再設定」, 『「呉語読本」音声データの作成と公開』, (平成14-15年科学研究費補助金 [基盤研究C-2]研究成果報告書、論文・翻訳編(第一冊)、課題番号14510491、研究代表者石汝杰[九州大学高等教育総合開発研究センター助教授])、25-29頁, 2004.03.
6. 西山猛, 中国口語文成立における言語資料選別の基準, 『言語文化研究叢書Ⅸ−社会開発学をめぐって』(九州大学大学院言語文化研究院), 115−120頁, 2004.02.
7. 西山猛, 「崔致遠『桂苑筆耕集』における唐代に現れた詩語について」, 『崔致遠撰「桂苑筆耕集」に関する総合的研究』, 平成13-14年九州大学教育研究プログラム・研究拠点プロジェクトB-2研究成果報告書、課題番号13042、研究代表者濱田耕策[九州大学大学院人文科学研究院教授]、101-111頁, 2003.03.
8. 西山猛, 唐代における動詞『話』の成立, 『言語文化論究』(九州大学大学院言語文化研究院), 第16号、117−123頁, 2002.07.
9. 西山猛, 「古代漢語『是』字中的繋詞的産生與指示代詞的發展」, 『言語科学』(九州大学大学院言語文化研究院), 第36号、113-119頁, 2001.02.
10. 西山猛, 「広東語の選択疑問と中古漢語の『定』」, 『言語文化論究』(九州大学大学院言語文化研究院), 第12号、137-144頁, 2000.08.
11. 西山猛, 「広東語の同類指示と古代漢語の『其』」, 『言語文化論究』(九州大学言語文化部), 言語情報特集号、43-52頁, 1999.10.
12. 西山猛, 「竹簡帛書的語言、文学資料価値」, 『言語科学』(九州大学言語文化部), 第33号、59-67頁, 1998.02.
13. 西山猛, 「上古漢語“其”的特殊用法」, 『言語科学』(九州大学言語文化部), 第32号、97-103頁, 1997.02.
14. 西山猛, 「上古漢語における指示詞『彼』の他称詞としての用法」, 『九州中国学会報』, 第34巻、76-86頁, 1996.05.
15. 西山猛, 「『經傳釋詞札記』における古代漢語の日本語との対照研究の妥当性」, 『大分県立芸術文化短期大学研究紀要』, 第31巻、35-44頁, 1993.12.
16. 西山猛, 「上古漢語第一人稱代詞『予』的出現條件問題」, 『中国文学論集』(九州大学中国文学会), 第21号、106-117頁, 1992.12.
17. 西山猛, 「『孟子』近指指示詞的特殊用法」, 『文学研究』(九州大学文学部), 第89輯、219-234頁, 1992.03.
18. 西山猛, 「クリストフ・ハルプスマイヤー著『古代漢語統語論の諸相』」, 『中国文学論集』(九州大学中国文学会), 第18号、 113-144頁, 1989.12.
19. 西山猛, 「上古漢語における指示詞の認識構造」, 『中国語学』(日本中国語学会), 第236号、42-52頁, 1989.10.
20. 西山猛, 「『馬氏文通』における傳統小學の繼承のしかた」, 『中国文学論集』(九州大学中国文学会), 第16号、97-129頁, 1987.12.
主要学会発表等
1. 西山 猛, 唐宋小説称呼方式的歴史演変, 中国文体学国際学術検討会, 2013.10.
2. 西山猛, 古代漢語的疑問代詞『何處』之産出與發展(中国語), 第五屆國際古漢語語法研討會, 2004.08.
3. 西山猛, 古代漢語語法体系中的幾個問題, 中山大学中国語言文学系学術交流会, 2003.09.
4. 西山猛, 上古漢語から中古漢語にかけての場所を表す疑問形式の変遷, 中国語東アジア諸語研究会, 2003.05.
5. 西山猛, 古代漢語『是』字中的繋詞的産生與指示代詞的發展, 記念王力先生誕辰一百周年語言学国際学術研討会, 2000.08.
6. 西山猛, 上古漢語“其”字的特殊用法, 漢語史研究会, 1996.11.
7. 西山猛, On the Differences of the Usages of First-Person pronouns between the Chuci and Other Texts in Classical Chinese
, 第一屆国際先秦語法検討會, 1994.02.
8. 西山猛, 「『孟子』指示詞の近称所有格における語用の特殊性」, 九州中国学会, 1990.04.
9. 西山猛, 「上古漢語における指示詞の認識形態について」, 日本中国語学会, 1988.09.
その他の優れた研究業績
2003.09, 中国中山大学中国語言文学系学術交流会において「古代漢語語法体系中的幾個問題」として学部生・大学院生に対して講演を行い、好評を得た。.
学会活動
所属学会名
九州大学中国文学会
九州中国学会
出土資料学会
東方学会
日本中国学会
日本中国語学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2013.05.11~2013.05.12, 九州中国学会, 司会(Moderator).
2009.05.17~2009.05.17, 九州中国学会, 司会(Moderator).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
中山大学, China, 2013.10~2013.10.
韓国ソウル大学, Korea, 2000.07~2000.07.
中国北京大学, China, 2000.08~2000.08.
中国中山大学, China, 2003.09~2003.09.
台湾中央研究院語言学研究所, Taiwan, 2004.08~2004.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 分担, ストーリーマンガを含む大衆文化を素材とする異文化教育教材と教師用リソース開発、分担(代表者・因京子).
2002年度~2003年度, 基盤研究(C), 分担, 『呉語読本』音声データの作成と公開、分担(代表者・石汝杰).
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2006年度~2007年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 分担, IT技術を活用したアジア言語教育環境の構築、分担(代表者・曺美庚).
2001年度~2002年度, 九州大学教育研究プログラム・教育拠点形成プロジェクトB-2, 分担, 崔致遠撰『桂苑筆耕集』に関する総合的研究、分担(代表者・濱田耕策).

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」