九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
安立 清史(あだち きよし) データ更新日:2019.06.24

教授 /  人間環境学研究院 人間科学部門 共生社会学


教育活動概要
大学院
福祉社会学講究
福祉社会学
ボランティア・NPO論

学部教育
社会学概論
地域福祉社会学講義
地域福祉社会学演習
地域福祉社会学研究法
社会調査実習
社会学演習
社会学研究法

基幹コア教育科目(社会学入門)

課外教育
社会福祉士通信教育
全国社会福祉協議会
九州福祉医療専門学校

教科書
安立清史・杉岡直人編著,2001,『社会福祉士養成テキストブック14 社会学』,ミネルヴァ書房等
担当授業科目
2015年度・後期, 社会学入門.

2014年度・後期, 社会学入門.

2014年度・前期, 地域福祉社会学講Ⅳ.

2014年度・前期, 地域福祉社会学研究法演習Ⅰ.

2014年度・前期, 地域福祉社会学演習Ⅱ.

2014年度・通年, 社会福祉学講究.

2014年度・前期, 福祉社会学.

2015年度・前期, 福祉社会学.

2015年度・通年, 社会福祉学講究.

2015年度・前期, 社会福祉学講究.

2015年度・前期, 地域福祉社会学演習Ⅰ.

2015年度・前期, 地域福祉社会学研究法演習Ⅰ.

2015年度・前期, 地域福祉社会学講義Ⅲ.

2015年度・前期, 社会学入門.

2013年度・後期, JTW ISP研究指導.

2014年度・前期, JTW ISP研究指導.

2013年度・前期, 社会調査実習.

2013年度・前期, 地域福祉社会学演習.

2013年度・前期, ボランティア・NPO論.

2013年度・通年, 福祉社会学講究.

2012年度・後期, 社会調査法講義.

2012年度・後期, JTW ISP研究指導.

2012年度・前期, JTW ISP研究指導.

2012年度・通年, 福祉社会学講究.

2012年度・前期, ボランティア・NPO論.

2012年度・前期, 地域福祉社会学演習.

2012年度・前期, 社会調査実習.

2011年度・前期, JTW ISP研究指導.

2011年度・前期, 地域福祉社会学研究法演習Ⅰ.

2011年度・通年, 福祉社会学講究.

2011年度・後期, 社会調査法講義.

2011年度・後期, 社会学演習Ⅴ.

2011年度・前期, 地域福祉社会学演習Ⅳ.

2011年度・前期, 社会学演習Ⅳ.

2011年度・後期, ボランティア・NPO論.

2011年度・前期, 福祉社会学.

2010年度・前期, 福祉NPOの社会学.

2010年度・通年, 福祉社会学講究.

2010年度・前期, コア セミナー.

2010年度・前期, 社会学演習.

2010年度・前期, 地域福祉社会学講義.

2009年度・前期, 人文学入門.

2009年度・通年, 福祉社会学講究.

2009年度・前期, 福祉NPOの社会学.

2009年度・前期, 地域福祉社会学研究法演習Ⅰ.

2009年度・前期, 地域福祉社会学演習Ⅰ.

2009年度・前期, 社会学概論.

2009年度・前期, 人文学入門.

2008年度・前期, 人間科学基礎.

2008年度・通年, 福祉社会学講究.

2008年度・前期, ボランティア・NPO論.

2008年度・前期, 地域福祉社会学研究法演習.

2008年度・前期, 社会学演習.

2008年度・前期, 社会学概論.

2007年度・前期, 福祉社会学.

2007年度・通年, 福祉社会学講究.

2007年度・後期, 地域福祉社会学演習Ⅷ.

2007年度・後期, 地域福祉社会学講義.

2007年度・前期, 地域福祉社会学演習Ⅴ.

2007年度・前期, 社会調査実習.

2006年度・後期, 地域福祉社会学講義.

2006年度・前期, 社会調査法入門.

2006年度・通年, 福祉社会学講究.

2006年度・前期, 福祉社会学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2009.03, 部局, 参加, 人間環境学府学生の進路.

2008.03, 部局, 参加, 大学院人間環境学府fd.

2004.12, 全学, 参加, 全学FD会議.

学生のクラス指導等
2002年度, 学部, 文学部の六本松クラス担当.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2014年度, 静岡県立大学, 集中講義, 国内.

2014年度, 東京工業大学, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 東京工業大学, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 東京工業大学, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 静岡県立大学, 集中講義, 国内.

2014年度, 東京工業大学, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 静岡県立大学, 集中講義, 国内.

2012年度, 静岡県立大学, 集中講義, 国内.

2011年度, 東京工業大学, 集中講義, 国内.

2011年度, 静岡県立大学, 集中講義, 国内.

2010年度, 東京工業大学, 集中講義, 国内.

2009年度, 東京工業大学, 集中講義, 国内.

2010年度, 静岡県立大学, 集中講義, 国内.

2008年度, 静岡県立大学, 集中講義, 国内.

2008年度, 東京工業大学, 集中講義, 国内.

2007年度, 静岡県立大学, 集中講義, 国内.

2007年度, 東京工業大学, 集中講義, 国内.

2006年度, 静岡県立大学, 集中講義, 国内.

2006年度, 東京工業大学, 集中講義, 国内.

2006年度, 長崎ウェスレヤン大学, 集中講義, 国内.

2003年度, 東京工業大学, 集中講義, 国内.

2003年度, 静岡県立大学, 集中講義, 国内.

2003年度, 下関市立大学, 集中講義, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2011.10, アジア太平洋のアクティブ・エイジング会議, インドネシア・バリ島, インドネシア老年社会科学会、アジア・エイジングビジネス・センターなど, 300.

2010.10, 環太平洋のアクティブ・エイジング, 福岡, 福岡市およびAABC, 300.

2008.09, ハワイ老年社会科学会, アメリカ・ホノルル, ハワイ老年社会科学会, 1000.

2008.01, 東アジアの高齢化会議, アメリカ・ホノルル, AARP, 200.

2007.08, 中国社会学会, 中国・長沙, 中国社会学会, 1000.

2007.05, 環太平洋のアクティブエイジング, 韓国・ナムヘ, 韓国老年学会, 200.

2006.10, 環太平洋におけるアクティブエイジング, 韓国・プサンおよび中国・上海, 国際交流基金日米センター, 200.

2006.09, 東アジア社会学会, 韓国・ソウル, 韓国社会学会, 100.

2006.11, ARNOVA(全米NPO学会), アメリカ シカゴ, 全米NPO学界, 1000.

2004.11, ARNOVA, アメリカ・ロスアンゼルス, ARNOVA, 1000.

2005.11, 全米老年学会, アメリカ・オーランド, The Gerontological Society of America(GSA), 1200.

2006.09, 「全米病院ボランティア・ディレクター協会」年次大会, アメリカ・フィラデルフィア, ASDVS(American Society of Directors of Volunteer Services), 800.

2002.11, ARNOVA(全米NPO学会), カナダ・モントリオール, 全米NPO学界, 1000.

2001.11, ARNOVA(全米NPO学会), アメリカ・ニューオリンズ, 全米NPO学界, 1000.

2001.09, 世界NPO学会, アイルランド・ダブリン, 世界NPO学会, 1000.

その他の特筆すべき教育実績
2005.04, 米国の大学、ボストン・カレッジ(Graduate School of Social Work)にて、4月から9月にかけて、日本の高齢化、地域福祉の変化、介護保険制度などに関する講義・演習授業を行う。.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」