九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
鈴木 譲(すずき ゆずる) データ更新日:2018.05.11

教授 /  人間環境学研究院 人間科学部門 共生社会学講座


大学院(学府)担当

学部担当



就職実績-他大学
就職実績有, 四国学院大学社会学部応用社会学科助教授、1996年4月から1998年3月まで。
就職実績-民間機関等
就職実績有, 日本アイビーエム、1977年4月から1986年8月まで。
取得学位
組織行動学博士(ハーバード大学)、経営学修士(ハーバード大学)
学位取得区分(国外)
あり
専門分野
社会学
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
1.産業社会学:

日本と米国における経済団体の発生と変遷について、歴史・比較社会学的観点からの分析を行う。方法論としては、計量・非計量的分析の両方を用いる。また、独占禁止法と反トラスト法との比較、司法権と行政権との権力バランスなどについても分析する。

2.計量社会学:

社会学における計量分析の手法を数学的に厳密に吟味する。たとえば、多重回帰分析における複数の回帰係数のF検定を、位相空間における距離関数の概念として定式化する。

3.数理社会学:

哲学・論理学の分野で議論されているニューコーム問題を、数学基礎論の観点からメタ論理の問題として定式化し、実証研究への方向付けを行う。

4.その他:

精神分析学の組織論への応用について。社会心理学的視点からの1960年代の産業政策の分析。逆因果律の社会学への応用について。

九大関連コンテンツ