九州大学 研究者情報
論文一覧
石田 修(いしだ おさむ) データ更新日:2019.05.30

教授 /  経済学研究院 国際経済経営部門 国際企業分析


原著論文
1. 石田修, 国際経済学の視点, 25, 50-53, 2019.04.
2. 石田 修, 企業組織の解体とイノベーションの階層化:グローバル生産システムの視点, 経済学研究 別冊 23号
, 別冊, 23, 53-54, 2017.05.
3. 石田 修, 制度・政策転換と資産システム:反ケインズ政策と組織間フィールドの変容, Graduate School of Economics Kyushu University Discussion Paper No.2016-2, 2006, 2, 1-40, 2016.03.
4. 石田 修, グローバル経済における企業の異質性と資源の異質性, 経済学研究 別冊 21号, 64-67, 2015.03.
5. 石田 修, 書評 G・イエットギリエス著 井上博監訳 多国籍企業と国際生産, 世界経済評論, 57, 3/4, 63-63, 2013.04.
6. 石田修, グローバル・インバランスと生産システム, 世界経済評論, 56, 3, 35−41, 2012.05.
7. 石田修, グローバル生産システムと金融・経済危機, 国際経済, 60, 5-12, 2010.10.
8. 石田修, グローバル競争と生産システムの変容 (特集 グローバル競争の新展開と日本企企業), 世界経済評論, 54, 4, 36-45, 2010.07.
9. 石田修, 生産システムの変容と経済危機, 経済学研究, 76, 4, 83-118, 2010.01.
10. 石田修, グローバル経済の貿易構造, 北海道大学 経済学研究, 58(3): 61-72, 2008.12, [URL].
11. 石田修, グローバル生産システムの一考察, 経済学研究, 第75巻,第4号,pp.75-79, 2008.10.
12. 石田修, グローバル生産システムと貿易構造, 経済学研究, 2007.12.
13. 石田修, 貿易構造の変化と市場の階層化, 経済学研究, 2006.03.
14. 石田修, 国際貿易論のベンチマーク再考, 『経済学研究』(九州大学), 第71巻、1号、pp., 2004.11.
15. 石田修, 経済のグローバル化と貿易の垂直構造, 『経済学研究』(九州大学), 70, 4-5, 371-406, 第70巻、4〜5号,pp.371−406, 2004.04.
16. 石田修, 貿易・成長と国際分業の効果, 『経済学研究』(九州大学), 69, 5-6, 129-144, 第69巻、5〜6号、pp.129−144, 2003.01.
17. 石田修, 日本の産業内貿易の構造, 経済学研究』(九州大学), 69, 1-2, 103-149, 第69巻、第1〜2号, pp.103-149., 2003.01.
18. 石田修, 日本とアジア諸国のハイテク貿易の構造, 国際経済, 53, 122-124, 第53号、pp.122−124, 2002.06.
19. 石田 修, 「ハイテク製品貿易と中間財貿易」,pp.209-233
 『経済学研究』(九州大学)第67巻第4/5号,2001年4・5号、2001。
, 2001.10.
20. 石田修, 韓国のハイテク貿易の動向と構造, 韓国経済研究, Vol.1.No.1、pp.61−92, 2001.04.
21. 石田修, 日本とアジア諸国のハイテク製品貿易の構造, 産業学会研究年報, 第16号、pp-41-55, 2001.03.
22. 石田 修, 国際貿易と資本財, 『経済学研究』(九州大学), 第67巻 第3号、pp87-108、2000年, 2000.06.
23. 石田 修, 「国際市場の構造」,pp.185-210
,  『経済学研究』(九州大学)第66巻第4号,1999年。, 185-210, 1999.09.
24. 石田 修, 「比較生産費の定義とその政策的含意(1)」,pp.27-42


, 『経済学研究』(九州大学)第65巻第4号,1998年。, 65, 4, 27-42, 1998.10.
25. 石田 修, 「構造変化と国際競争力」,pp.109-111
, 『国際経済』第48巻第2号,1997年。, 48, 2, 1997.06, [URL].
26. 石田 修, 「構造変化と国際競争力-日本の産業構造と制度構造の変化によせて-」,pp.213-240

, 『経済学研究』(九州大学)第62巻第1/6合併号,1996年。, 62, 213-240, 1996.10.
27. 石田 修, 国際的サ-ビス取引の構造:国際分業体制の変化の視点から,  『経済学論集』(鹿児島大学)鹿児島大学『経済学論集』31号1989年。
, 31, 1989.10.
28. 石田 修, 「国際価値論と貨幣:価値体系比較における貨幣の役割」,pp.39-64
, 『経済学論集』(鹿児島大学)鹿児島大学『経済学論集』29号,1988年。 , 29, 1988.10.
29. 石田 修, 国際間における所得格差の評価と経済のサ-ビス化現象:非貿易商品との関連のな
かで」,pp.147-159
, 『経済学論集』(鹿児島大学)鹿児島大学『経済学論集』28号,1988年。, 28, 1988.06.
30. 石田 修, 経済成長と産業の空洞化現象:長期的視点にもとづく国際分業の変化によせて, 鹿児島大学, 27, 47-78, 1987.10.
31. 石田 修, 経済のサ-ビス化とサ-ビスの国際化」,pp.26-36
, 『九州経済学会年報』,1987年。
, 1987.09.
32. 石田 修, 景気上昇局面と外国貿易, 九州大学, 61, 1985.06.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」