九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
藤田 敏之(ふじた としゆき) データ更新日:2019.09.06

教授 /  経済学研究院 経済工学部門 経済システム解析


教育活動概要
大学院経済学府において「環境経済学特研I,II」「経済モデル解析特研I,II」(修士課程)を隔年開講している.年度によって進め方を変えている.論文や専門書を読んでいくゼミ形式で行ったこともあれば,1年間講義形式で行い期末試験を実施したこともある.2013年7月時点で主指導教員として指導している経済学府大学院生は博士後期課程6名,修士課程4名である.2013年度前期「環境経済学特研I」は排出権取引に関する専門書の内容について詳細に解説した.後期の「環境経済学特研II」はゼミ形式で行われ,環境問題の数理モデル分析というテーマのさまざまな論文を受講者に報告してもらう予定である.その他国際コースのいくつかの英語講義を担当している.

さらに2009年度に開設された統合新領域学府オートモーティブサイエンス専攻の専任担当教員として,講義「エコロジーの経済」,大学院生(2013年7月時点で博士後期課程2名,修士課程1名)の指導を行っている.

学部においては「経済モデル解析」「ミクロ経済学I,II」「ミクロ経済学入門」「統計解析概論」などさまざまな講義を担当してきた.専門科目「環境経済学」においてはミクロ経済学をベースとした環境政策分析の基本的内容を講義している.またこれまで経済学部の1年生を対象に全学教育科目の「微分積分入門」「線形代数概要」「微分積分学・同演習」「線形代数・同演習」「微分積分続論」といった数学の講義を担当している.

ゼミ「経済工学演習」では基本的に受講者の発表とディスカッションに時間が費やされる.環境経済学の教科書の輪読を行い,環境問題の経済学的分析が具対的にどういうものであるかを学ぶ.これまで使用したテキストは植田和弘『環境経済学』,コルスタッド著,細江守紀・藤田敏之監訳『環境経済学入門』,ターナー他著,大沼あゆみ訳『環境経済学入門』,時政勗他編『環境と資源の経済学』,細田衛士・横山彰『環境経済学』,栗山浩一・馬奈木俊介『環境経済学をつかむ』である.2013年度の時点で,ゼミに在籍した学生(他学部学生などを含む)の総人数は62名である.

現在までに私の指導のもとで書かれた修士論文のテーマは,「電力自由化における企業行動と環境問題」,「地球環境問題における国際協力に関するモデル解析」「国際環境協定におけるクリーン開発メカニズムの有効性」などとなっている.
担当授業科目
2019年度・前期, 環境経済学特研Ⅰ.

2019年度・前期, Economic Theory Ⅱ.

2019年度・前期, 微分積分学・同演習A.

2019年度・前期, 統合新領域最先端セミナー.

2019年度・前期, オートモーティブ社会科学概論.

2018年度・前期, オートモーティブ社会科学概論.

2018年度・後期, アジア環境学.

2018年度・後期, Environmental Economics.

2018年度・後期, Automotive Social Science.

2018年度・前期, 環境経済学特研Ⅰ.

2018年度・後期, 環境経済学.

2018年度・通年, 経済工学演習.

2018年度・前期, 微分積分学・同演習A.

2018年度・前期, Economic Theory Ⅱ.

2017年度・前期, 環境経済学特研I.

2017年度・前期, 微分積分学・同演習A.

2017年度・前期, Economic Theory II.

2017年度・通年, 経済工学演習.

2017年度・後期, 上級ミクロ経済学.

2017年度・前期, オートモーティブ社会科学概論.

2017年度・後期, アジア環境学.

2017年度・前期, 環境・エネルギー政策I.

2016年度・前期, Microeconomic Theory II.

2016年度・後期, 経済モデル解析特研II.

2016年度・前期, エコロジーの経済.

2016年度・通年, 経済工学演習.

2016年度・前期, 微分積分学・同演習A.

2016年度・後期, 環境経済学.

2015年度・通年, 経済工学演習.

2015年度・前期, 微分積分学・同演習A.

2015年度・前期, 環境経済学特研I.

2015年度・後期, 環境経済学特研II.

2015年度・後期, ミクロ経済学II.

2015年度・前期, エコロジーの経済.

2014年度・前期, 経済モデル解析特研I.

2014年度・後期, 経済モデル解析特研II.

2014年度・後期, ミクロ経済学II.

2014年度・後期, Microeconomic Theory II.

2014年度・前期, 環境経済学.

2014年度・前期, 微分積分続論.

2014年度・通年, 経済工学演習.

2013年度・通年, 経済工学演習.

2013年度・後期, 環境の社会経済分析.

2013年度・前期, エコロジーの経済.

2013年度・後期, 上級ミクロ経済学.

2013年度・後期, 環境経済学特研II.

2013年度・前期, 環境経済学特研I.

2013年度・前期, 微分積分続論.

2013年度・後期, Environmental Economics.

2012年度・通年, 経済工学演習.

2012年度・後期, 環境の社会経済分析.

2012年度・後期, 環境経済学.

2012年度・前期, 微分積分続論.

2012年度・後期, 経済モデル解析特研II.

2012年度・前期, 経済モデル解析特研I.

2012年度・前期, Microeconomic Theory II.

2012年度・後期, Environmental Economics.

2012年度・前期, 上級ミクロ経済学.

2011年度・後期, 環境の社会経済分析.

2011年度・前期, エコロジーの経済.

2011年度・前期, 微分積分続論.

2011年度・通年, 経済工学演習.

2011年度・後期, Environmental Economics.

2011年度・後期, ミクロ経済学.

2011年度・後期, 環境経済学特研II.

2011年度・前期, 環境経済学特研I.

2010年度・後期, 環境の社会経済分析.

2010年度・前期, ミクロ経済学I.

2010年度・前期, 微分積分続論.

2010年度・前期, 経済モデル解析特研I.

2010年度・後期, 環境経済学.

2010年度・後期, 応用ミクロ経済学.

2010年度・後期, 経済モデル解析特研II.

2010年度・後期, 環境の社会経済分析.

2010年度・前期, エコロジーの経済.

2009年度・前期, ミクロ経済学I.

2009年度・前期, 環境経済学特研I.

2009年度・通年, 経済工学演習.

2009年度・後期, ミクロ経済学.

2009年度・後期, 環境経済学特研II.

2009年度・後期, 線形代数・同演習B.

2009年度・後期, 環境の社会経済分析.

2008年度・前期, 環境経済学.

2008年度・前期, 経済モデル解析特研I.

2008年度・通年, 経済工学演習.

2008年度・後期, 経済工学基本演習.

2008年度・後期, ミクロ経済学II.

2008年度・後期, 線形代数・同演習B.

2008年度・後期, 経済モデル解析特研II.

2007年度・通年, 経済工学演習.

2007年度・前期, コアセミナー.

2007年度・前期, 環境経済学特研I.

2007年度・後期, ミクロ経済学.

2007年度・後期, 線形代数・同演習B.

2007年度・後期, 環境経済学特研II.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2008.01, 全学, 参加, 第3回全学FD委員会.

学生のクラス指導等
2007年度, 全学, 文系1年13組(経済学部経済工学科).

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2019年度, 福岡大学留学生別科, 前期・後期「数理基礎I」, 非常勤講師, 国内.

2018年度, 福岡大学留学生別科, 前期・後期「数理基礎I」, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 福岡大学留学生別科, 前期・後期「数理基礎I」, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 福岡大学留学生別科, 前期・後期「数理基礎I」, 非常勤講師, 国内.

2015年度, 福岡大学留学生別科, 前期・後期「数理基礎I」, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 福岡大学留学生別科, 前期・後期「数理基礎I」, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 福岡大学経済学部, 後期「オペレーションズ・リサーチIB」, 非常勤講師, 国内.

2013年度, 福岡大学経済学部, 前期「オペレーションズ・リサーチIA」, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 福岡大学経済学部, 後期「モデル解析論B」, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 福岡大学経済学部, 前期「モデル解析論A」, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 福岡大学経済学部, 後期 「最適システム論B」, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 福岡大学経済学部, 前期 「最適システム論A」, 非常勤講師, 国内.

その他の特筆すべき教育実績
2012.09, 大学院総合理工学府臨時開講科目「炭素資源学I」の講義を一部担当(120分).

2012.08, G-COE「新炭素資源学」人材育成コースにて修士課程学生に「環境特論I」の講義(45分).

2009.10, 石炭等化石資源中核人材育成事業平成21年度実証講義「環境・資源経済学」を担当.

2009.01, G-COE「新炭素資源学」人材育成コースにて博士後期課程学生に「新炭素資源学研究II」の講義.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」