九州大学 研究者情報
発表一覧
高田 仁(たかた めぐみ) データ更新日:2018.05.22

教授 /  経済学研究院 産業マネジメント部門 経済学研究院産業マネジメント部門


学会発表等
1. 高田 仁, koichi Hasegawa, Akiya Nagata, Potential for Utilization of Stokes’ Quadrant as a Policy Analysis Tool, ISPIM Innovation Forum, 2017.03, Regarding researchers affiliated with Kyushu University, data on the obtainment of grants/funds, and data on research publications published in Japanese, research publications published in English and patent applications were connected from 2005 to 2013. Departments with distinguished academic achievements and highly motivated university-industry collaboration activities were selected. Among the professors and associate professors enrolled during the above period, 26 persons who could be connected with research publications and patent data were targeted for this analysis. An attempt was made to understand researchers' means for obtaining grants/funds in chronological order and conduct analysis by using Stokes' quadrant. From the viewpoint of secular change, it was found that some researchers do not stay in one quadrant but move around, shifting back and forth between multiple quadrants. Stokes' quadrant is useful as a framework for analyzing the change in the portfolio of research grants/funds..
2. 高田 仁, 中川功一, 加藤浩介, 松行輝昌, 松橋俊彦, University-Industry collaborative entrepreneurship education program as a trading zone: Case of Osaka University, ISPIM Innovation Forum, 2017.03, University-industry collaborative education is a potential solution for entrepreneurship training. It can give participants both sophisticated theory from university and experiential know-hows from industry, and both contribute to successful entrepreneur activities. This paper proposes the concept of trading zone can be considered as potential framework for capturing this education method. That’s to say, the exchange of knowledge between students and practitioners is the essential learning experience of university-industry collaborative education. Furthermore, this study proposes heterogeneity between students and practitioners makes that exchange more meaningful, shared language provided by program staffs make exchange efficient, and the temporality and the extraordinariness of the program accelerate that exchange. While external validity should be checked in the future study, this study gives one evidence for those our propositions, from the qualitative and quantitative analysis of Osaka University case..
3. koichi Hasegawa, Megumi Takata, Akiya Nagata, Database Construction forMeasuring Effects ofIndustry-University Cooperation Policy onAcademic Research Performance, SciREX International Symposium 2015, 2016.02, In order to accurately grasp the effects of the university-industry collaboration activities on researchers, the database has been developed and got initial findings on dynamic transfer of researcher types among "Bohr", "Edison", and "Pasteur"..
4. 松橋俊彦, 高田 仁, 加藤浩介, 松行輝昌, 科学技術商業化の教育モデル(その2)受講者インタビューにみる日米教育効果の比較考察, 日本知財学会 第13回年次学術研究発表会, 2015.12, アメリカにおいて、前報告に記載のG-TECと同様のプログラムを受講した学生にインタビューを行った結果をもとに、プログラムがどのような行動変容に結びついたかを明らかにした。さらに、実践的な教育プログラムが起業に果たす役割に関して、日米の教育効果の比較分析と考察を行った。.
5. 高田 仁, 加藤浩介, 松橋俊彦, 松行輝昌, 科学技術商業化の教育モデル(その1) プロジェクト進展のプロセスにみる商業化促進メカニズムの考察, 日本知財学会 第13回年次学術研究発表会, 2015.12, 技術商業化教育プログラムである大阪大学G-TECのプロジェクトを対象に、G-TECにおける商業化アセスメント活動を起点に、発明者や産学連携本部の案件担当者などの学内関係者、ベンチャーキャピタリストや各種専門家、民間企業、学内外のギャップファンド等、商業化を取り巻くエコシステムの全体像を明らかにし、エコシステムの構成要素を含めた商業化促進のメカニズム、特に、商業化に必要なステークホルダーの共感を獲得するプロセスの特徴について、分析と考察を行った。.
6. Megumi Takata, Study on the correlation between research budget and UIC output, Eurasian workshop “University-Industry Connections and Cooperation, 2014.09, Case analysis of two labs in Kyushu University for studying the process and incentives of university-industry collaboration..
7. (大阪大)松橋俊彦、加藤浩介、(九州大)高田 仁, 「科学技術の商業化を題材とする『教育モデル』の有効性に関する研究(その2)」, 日本知財学会 第12回年次学術研究発表会, 2014.11, 科学技術商業化に関する実践的プログラムを設計し実行するためには、当該プログラムの教育効果を明らかにする必要がある。筆者らは、米国においてこの種の教育プログラムに複数参与観察を行った結果、科学技術商業化の「教育モデル」を提唱可能であることを明らかにした。
.
8. (九州大)高田 仁、(大阪大) 松橋俊彦、加藤浩介, 「科学技術の商業化を題材とする『教育モデル』の有効性に関する研究(その1)」, 日本知財学会 第12回年次学術研究発表会, 2014.11, 科学技術商業化に関する実践的プログラムを設計し実行するためには、当該プログラムの教育効果を明らかにする必要がある。筆者らは、米国においてこの種の教育プログラムに複数参与観察を行った結果、科学技術商業化の「教育モデル」を提唱可能であることを明らかにした。
.
9. Megumi Takata, University-Industry Jointly Owned Patent ~Case Analysis of Kyushu University's lab, International Workshop of University-Industry Research Collaboration Patterns and Impacts Among Asian Universities, 2013.12, Case analysis of two labs in Kyushu University for studying the process and incentives of university-industry collaboration..
10. Megumi Takata, University-industry Jointly Owned Patent ~Pros and Cons as UIC Index, International Workshop of University-Industry Research Collaboration Patterns and Impacts Among Asian Universities, 2013.06, Extract unique points of university-industry jointly owned patent in Japan, and showed framework to further analysis..
11. (大阪大) 加藤浩介、松橋俊彦、(九州大)高田 仁, 科学技術商業化の教育プログラムのあり方に関する考察(その2 商業化促進効果について), 日本知財学会 第11回年次学術研究発表会, 2013.12, 近年注目を集めている科学技術商業化に関する実践的プログラムを設計し実行するためには、当該プログラムの教育効果を明らかにする必要がある。筆者らは、米国においてこの種の教育プログラムに複数参与観察を行い、その一つをひな形として、2102年夏に日本でG-TEC2012を企画・開講した。本研究では、G-TEC2012が受講者に与える商業化促進効果を、受講者アンケートの調査・分析により検証・考察する。
.
12. (九州大)高田 仁、(大阪大) 加藤浩介、松橋俊彦, 科学技術商業化の教育プログラムのあり方に関する考察(その1 教育効果について), 日本知財学会 第11回年次学術研究発表会, 2013.12, 近年注目を集めている科学技術商業化に関する実践的プログラムを設計し実行するためには、当該プログラムの教育効果を明らかにする必要がある。筆者らは、米国においてこの種の教育プログラムに複数参与観察を行い、その一つをひな形として、2102年夏に日本でG-TEC2012を企画・開講した。本研究では、G-TEC2012が受講者に与える教育効果を、受講者アンケートの調査・分析により検証・考察する。
.
13. (大阪大) 加藤浩介、松橋俊彦、(九州大)高田 仁, 科学技術商業化の教育プログラムのあり方に関する考察(その2), 日本知財学会 第10回年次学術研究発表会, 2012.12, 近年注目を集めている科学技術商業化に関する実践的プログラムを設計し実行するためには、当該プログラムの教育効果を明らかにする必要がある。筆者らは、米国においてこの種の教育プログラムに複数参与観察を行い、その一つをひな形として、2011年夏に日本でG-TEC2011を企画・開講した。本研究では、G-TEC2011が受講者に与える教育効果を、受講者アンケートの調査・分析により検証・考察する。
.
14. (九州大)高田 仁・(大阪大) 加藤浩介、松橋俊彦, 科学技術商業化の教育プログラムのあり方に関する考察(その1), 日本知財学会 第10回年次学術研究発表会, 2012.12, 近年注目を集めている科学技術商業化に関する実践的プログラムを設計し実行するためには、当該プログラムの教育効果を明らかにする必要がある。筆者らは、米国においてこの種の教育プログラムに複数参与観察を行い、その一つをひな形として、2011年夏に日本でG-TEC2011を企画・開講した。本研究では、G-TEC2011が受講者に与える教育効果を、受講者アンケートの調査・分析により検証・考察する。
.
15. Megumi Takata, Study of the Process of University Technology Commercialization: The Roles and Effects of Educational Courses, The 8th International Conference on Innovation & Management (ICIM) 2011, 2011.11, [URL], This study seeks to clarify the features and the effects of educational courses on the commercialization of university developed technologies. In a process of commercialization, a gap exists between the Imagining stage and the Incubating stage. This gap arises because of the lack of Dual Insight and stakeholders’ interest, which are suggested in Jolly’s model. To bridge this gap, some universities have developed educational courses. From detailed case analysis, it is clear that these educational courses are suitable for mobilizing from the Imagining stage to the Incubating stage of the commercialization process. From this result, the author proposes an ‘Education Model’ as a model of university technology commercialization. .
16. 安達明久(富士常葉大)、高田 仁(九州大)、松田美幸(福岡地域戦略推進協議会)、小湊卓夫、田中 岳(九州大), BSC(バランスト・スコア・カード)を活用した大学運営とFDへの適用に関する研究(2), 研究・技術計画学会, 2011.10, 「大学全体としての組織活力の強化」を推進する手段としてBSCの基本的な特性に着目し、国内外の大学におけるBSC導入についての調査結果を踏まえて、導入プロセスにおける工夫やBSC活用上の課題など、大学運営への適用可能性について明らかにする。.
17. 高田 仁(九州大)、安達明久(富士常葉大)、松田美幸(福岡地域戦略推進協議会)、小湊卓夫、田中 岳(九州大) , BSC(バランスト・スコア・カード)を活用した大学運営とFDへの適用に関する研究(1), 研究・技術計画学会, 2011.10, 「大学全体としての組織活力の強化」を推進する手段としてBSCの基本的な特性に着目し、国内外の大学におけるBSC導入についての調査結果を踏まえて、導入プロセスにおける工夫やBSC活用上の課題など、大学運営への適用可能性について明らかにする。.
18. 高田 仁, 技術の商業化を担う人材育成手法に関する考察, 日本知財学会第8回年次学術研究発表会, 2010.06.
19. 高田 仁, 「契約」型産学連携の落とし穴, 日本知財学会第7回年次学術研究発表会, 2009.06.
20. Megumi Takata, University-industry Collaboration from University Perspective, CNSI – Kyushu University Global COE Joint Symposium on Molecular NanoSystems, 2008.01.
21. 高田 仁, 産学連携プロジェクトのテーマ設定とプロセス管理に関する一考察, 研究技術計画学会 第23回年次学術大会, 2008.10, [URL].
22. 高田 仁, プラットフォーム構築と活用のためのリサーチツールの在り方 〜オープンイノベーションと今後の展望〜
(ライフサイエンス分科会 「プラットフォーム構築と活用のためのリサーチツールの在り方」), 日本知財学会 第6回年次学術研究発表会, 2008.06, [URL].
23. Megumi Takata, A case analysis ~KFS of start-up from Japanese university in biotech & pharmaceutical industry~, DUT International Academic Exchanges Week, 2008.06.
24. Megumi TAKATA, Hardy KAGIMOTO, A case analysis, KFS of university start-up in pharmaceutical area, 3rd AEARU Science and Technology Park Workshop, 2007.10.
25. 高田 仁, 医薬品承認審査プロセスに関する一考察, 日本知財学会 第5回年次学術研究発表会, 2007.07.
26. 高田 仁, 地域におけるバイオ産業振興システムの分析(米国ペンシルベニア州サイエンスセンターを事例として), 研究・技術計画学会 第21回年次学術大会, 2006.10, [URL].
27. Megumi Takata, Knowledge Exchange through Tech-transfer, LES INTERNATIONAL SEOUL CONFERENCE 2006, 2006.04, [URL].
28. 高田 仁, 九大における知財人材育成への取り組みについて, 産学連携学会 第4回大会, 2006.06, [URL].

九大関連コンテンツ