九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
上原 誠一郎(うえはら せいいちろう) データ更新日:2019.06.09

助教 /  理学研究院 地球惑星科学部門 太陽惑星系物質科学


主な研究テーマ
蛇紋石鉱物の産状と結晶化学
キーワード:アンチゴライト, クリソタイル, リザーダイト
1985.04.
アスベスト鉱物のの産状と結晶化学
キーワード:アスベスト, クリソタイル, トレモライト
1985.04.
アルカリ玄武岩中の希土類鉱物の産状と結晶化学
キーワード:希土類鉱物,アルカリ玄武岩,イットリュウム,ランタン,ネオジム炭酸塩,燐酸塩
2002.04.
電子分光型ナノプローブ電子顕微鏡を用いた鉱物のエネルギーフィルター像観察法の確立
キーワード:電子分光型ナノプローブ電子顕微鏡、エネルギーフィルター像、鉱物
1998.01.
福岡県長垂Li-ペグマタイトに産するNb-Ta鉱物
キーワード:Nb-Ta鉱物,長垂Li-ペグマタイト, tantalite,columbite,microlite
2002.04.
福岡県長垂Li-ペグマタイトに産するlepidolite
キーワード:lepidolite, polylithionite, trilithionite, zinnwaldite
1999.04.
従事しているプロジェクト研究
【ナノテクノロジー・ネットワーク】 九州地区ナノテクノロジー拠点ネットワーク
2007.07, 代表者:梶山 千里, 九州大学.
ナノテク支援事業採択プロジェクト ナノマテリアル開発のための超顕微解析支援
2002.07~2007.03, 代表者:木下 智見, 九州大学超高圧電子顕微鏡室室長, 九州大学超高圧電子顕微鏡室(日本)
本支援事業は、ナノマテリアルの開発、評価および構造・状態解析を目標にし、以下の3つの柱に基づいて研究支援を行うものです。
(1) 温度などの環境変化に伴う物質の動的挙動 
(2) 電子線照射に対して弱く観察が難しい物質の解析
(3) ナノスケールの微小・局所領域の構造・状態解析
私は上記の(2)についての支援を行っている。
 九州大学超高圧電子顕微鏡室では、現有する超高圧電子顕微鏡を始めとする5台の電子顕微鏡と試料作製装置を産学官の外部研究者に提供し、最先端のナノテクノロジー研究を、研究計画の立案から実験および解析まで、総合的に支援している。.
革新的実用原子力技術開発提案公募事業 フィージビリティスタディ 人工バリア材の変質界面分析手法の開発 
2002.02, 代表者:三倉 通孝, 東芝, 経済産業省 エネ総研(日本)
セメントとベントナイトの接触界面での微小な領域での変質挙動の分析がもしも可能になれば、TRU廃棄物やL1廃棄物処分場における長期的な性能変化の評価の道が拓かれ、処分施設の合理的な設計が可能になる。
そのため、本研究ではセメント−ベントナイト界面における微小領域での変質挙動の分析手法を開発し、セメントとベントナイトの長期的な変質モデルの開発を可能にすることを目的とする。.
研究業績
主要著書
1. 粘土ハンドブック(第三版), 粘土ハンドブック, 技報堂出版, 2009.04.
2. 藤巻 宏和・榊原 正幸・上原 誠一郎・松原聰, アスベスト−ミクロンサイズの静かな時限爆弾−, 東北大学出版会, pp123, 2006.10.
主要原著論文
1. 中武 俊郎、延寿 里美、白勢 洋平, 上原 誠一郎, 山口県美祢市美東町喜多平鉱山産オースティン石, 地学研究, 65, 2, 81-89, 2019.02.
2. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, Microtexture investigation of amblygonite–montebrasite series with lacroixite: Characteristics and formation process in pegmatites., American Mineralogist, 103, 1, 75-84, 2018.01.
3. 延寿 里美, 上原 誠一郎, Abuite, CaAl2(PO4)2F2, a new mineral from the Hinomaru–Nago mine, Yamaguchi Prefecture, Japan, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 10.2465/jmps.170131, 112, 3, 109-115, 2017.06, [URL].
4. Y. Miyoshi, K. Shimada, H. Sato, S. Uehara and J. Ishibashi, Convenient analysis of chemical composition of clay fraction of sediment by electron probe microanalyzer, Geochemical Journal, 10.2343/geochemj.2.0479, 51, 6, 583-588, 2017.12.
5. Nagaya, Takayoshi, Wallis, Simon R., Seto, Yusuke, Miyake, Akira, 上原 誠一郎, Minimizing and quantifying mis-indexing in electron backscatter diffraction (EBSD) determinations of antigorite crystal directions, Journal of Structural Geology, 10.1016/j.jsg.2016.12.006, 95, 127-141, 2017.02.
6. 延寿 里美, 上原 誠一郎, Yukonite and wallkilldellite-(Fe) from Kiura mine, Oita Prefecture, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, http://dx.doi.org/10.2465/jmps.141022d, 110, 2, 150-155, 2015.06, [URL].
7. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, Secondary phosphates in montebrasite and amblygonite from Nagatare, Fukuoka Prefecture, Japan
, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences
, http://dx.doi.org/10.2465/jmps.131022d, 109, 2, 103-108, 2014.04, [URL], Montebrasite and amblygonite in an Li–Cs–Ta enriched (LCT) pegmatite from Nagatare, Fukuoka Prefecture, Japan, contain various alteration minerals: fluorapatite, crandallite, goyazite, waylandite, wardite, viitaniemiite, morinite, muscovite, lepidolite, and cookeite. They are associated with lacroixite, quartz, and topaz. Among these minerals, wardite, viitaniemiite, morinite, and lacroixite are newly discovered in Japan. The secondary phosphates and fine–grained mica form fine veins along cleavages and composition planes of polysynthetic twins in the montebrasite and amblygonite. Lacroixite has a different texture from other phosphates, which suggests a possibility of exsolution within montebrasite–amblygonite series. Various secondary phosphates show Ca–, Na– and Sr–metasomatism with leaching of Li, and the formation of low–F montebrasite from montebrasite–amblygonite series indicates an F–OH exchange. However, fluorapatite, morinite, and viitaniemiite crystallized in an F–rich environment. Montebrasite–amblygonite series minerals undergo an acidic alteration to muscovite in the last stage, which is the same process that other Li minerals undergo, such as tourmaline and spodumene..
8. Miyoshi, Youko; Ishibashi, Jun-ichiro; Faure, Kevin; Maeto, Kotaro; Matsukura, Seiya; Omura, Akiko; Shimada, Kazuhiko; Sato, Hiroshi; Sakamoto, Takeaki; Uehara, Seiichiro; Chiba, Hitoshi; Yamanaka, Toshiro, Mg-rich clay mineral formation associated with marine shallow-water hydrothermal activity in an arc volcanic caldera setting, CHEMICAL GEOLOGY
, 10.1016/j.chemgeo.2013.05.033, 355, 28-44, 2013.09, [URL].
9. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, Li tourmaline from Nagatare, Fukuoka Prefecture, Japan

, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences
, http://dx.doi.org/10.2465/jmps.121022e, 108, 4, 238-243 , 2013.09, [URL], Tourmaline in a complex type granitic pegmatite of an Li-Cs-Ta enriched (LCT) family from Nagatare pegmatite, Fukuoka Prefecture, Japan, were classified into five types: type-A (black), type-B (indigo), type-C (light blue-pink), type-D (pink), and type-E (pink-light blue), on the basis of localities, associated minerals, color, and texture. Type-C shows color zoning textures of a light blue core and a pink rim. In contrast, type-E has a pink core and a light blue rim. A total of 29 samples were analyzed by an electron microprobe analyzer (EPMA) and an X-ray diffractometer (XRD). Significant substitution of (Li + Al) for Fe is observed at the Y sites. The minor cations at the Y site, such as Mg, Mn, Zn and Ti, were also characteristic on each type. Large amounts of Na were detected at the X site in type-B; the Na contents decreased with increasing (Li + Al) in types-C, D, and E. F contents were well correlated with X-site charge except in type-A. The mineral species from the Nagatare pegmatite were schorl, fluor-schorl, elbaite, fluor-elbaite, and rossmanite. The unit-cell parameters were in the range of rossmanite, elbaite, and schorl. The tourmaline from the Nagatare pegmatite has similar major chemical components but different minor elements such as Zn and Mn as compared to the tourmaline from other LCT pegmatites. The intermediate fractionated tourmaline containing Zn (0.00-0.20 apfu) and Mn (0.11-0.38 apfu) is characteristic of the Nagatare pegmatite. In type-E, the rim showed greater Fe and Mn contents than the core, differing from the trend of the melt development on types-B and C. Furthermore, the parts rich in Al, Li, and OH with considerable site vacancy were selectively replaced by muscovite. These features indicate that several stages of alterations occurred during the late stages of the pegmatite formation.

.
10. 高井 康宏, 上原 誠一郎, Hizenite-(Y), Ca2Y6(CO3)11·14H2O, a new mineral in alkali olivine basalt from Mitsukoshi, Karatsu, Saga Prefecture, Japan
Yasuhiro TAKAI, Seiichiro UEHARA

, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences
, http://dx.doi.org/10.2465/jmps.12095, 108, 3, 161-165, 2013.07, [URL], Hizenite-(Y), ideal formula Ca2Y6(CO3)11·14H2O, occurs in druse of alkali olivine basalt at Mitsukoshi, Karatsu, Saga Prefecture, Japan. It occurs as a platy crystal and forms spherical aggregates. Hizenite-(Y) closely associates with lokkaite-(Y), tengerite-(Y), and kimuraite-(Y). It is orthorhombic, a = 6.295(1) Å, b = 9.089(2) Å, c = 63.49(1) Å, V = 3632(1) Å3, Z = 4. Hizenite-(Y) is white in color with vitreous to silky luster. The density is 2.98 g/cm3 (calc), and there is a perfect cleavage on {001}. The strongest lines in the X-ray powder diffraction pattern are [d (I/I0hkl] 10.63 (100) 006, 6.384 (77) 0·0·10, 3.962 (51) 0·0·16, 3.821 (27) 029, 1·0·13, 2.060 (23) 306, 0·4·13, 15.57 (20) 004.

.
11. 上原 誠一郎, 白勢 洋平, Namibite and hechtsbergite from the Nagatare mine, Fukuoka Prefecture, Japan
Seiichiro UEHARA, Yohei SHIROSE, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences
, http://dx.doi.org/10.2465/jmps.121022d, 108, 2, 105-119, 2013.05, [URL], Namibite [Cu(BiO)2VO4(OH)] and hechtsbergite [Bi2O(VO4)(OH)] were found with clinobisvanite, waylandite, eulytite, beyerite and bismutite at the Nagatare mine, Fukuoka Prefecture, Japan. This assemblage occurs as secondary minerals and forms crusts and euhedral crystals associated with lepidolite, quartz, albite and cookeite. Namibite forms a dark green powder with pearly luster. Hechtsbergite is yellow, and is found as fine isolated crystals or aggregates. The compositions of namibite and hechtsbergite, determined by electron microprobe, are Cu0.98Bi1.92Al0.04O2 (V0.96Si0.07P0.02)O4 (OH) and Bi1.94Al0.01O(V1.00Si0.04)O4 (OH), respectively. The unit-cell parameters are a = 6.216(4), b = 7.384(6), c = 7.467(6) Å, α = 90.19(8), β = 108.65(7), γ = 107.36(8)°, V = 308.1(3) Å3 for namibite, and a = 6.954(5), b = 7.539(8), c = 10.870(9) Å, β = 106.87(5)°, V = 545.4(6) Å3 for hechtsbergite.

.
12. Yasuhiro TAKAI and Seiichiro UEHARA, Rhabdophane-(Y), YPO4·H2O, a new mineral in alkali olivine basalt from Hinodematsu, Genkai-cho, Saga Prefecture, Japan


, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences
, http://dx.doi.org/10.2465/jmps.111020j, 107, 2, 110-113, 2012.05, [URL], Rhabdophane-(Y), ideal formulaYPO4·H2O, occurs in a druse of the Higashimatsuura basalt at Hinodematsu, Genkai-cho, Saga Prefecture, Japan. It occurs as short rod-like crystals and forms radial aggregates. Rhabdophane-(Y) is hexagonal, P6222, a = 6.959(2) Å, c = 6.384(2) Å, V = 267.7(1) Å3, Z = 3. It is yellowish white to yellowish brown in color with a silky to dull luster. The density is 4.54 g/cm3 (calc.). The strongest lines in the X-ray powder diffraction pattern are [d (I/I0) hkl] 2.821 (100) 102, 3.013 (77) 200, 6.026 (76) 100, 4.385 (47) 101, 3.480 (44) 110, 2.127 (28) 003, and 1.854 (26) 212.
.
13. Seiichiro UEHARA, Yasuhiro TAKAI, Yohei SHIROSE and Yuki FUJII , TES microcalorimeter SEM-EDS system for rare-earth elements analyses

, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences
, http://dx.doi.org/10.2465/jmps.111020d, 107, 2, 105-109, 2012.05, [URL].
14. 高井 康宏 上原誠一郎 猪尾晃生, ロシア コラ半島 Khibinyの鉱物, 地学研究, 60, 1, 41-46, 2011.09.
15. Yohei SHIROSE and Seiichiro UEHARA , Philipsburgite from the Yamato mine, Yamaguchi Prefecture, Japan
, Journal of Mineralogical and Petrological Sciences
, 106, 3, 153-157 , 2011.06, [URL].
16. Ken-ichi Hirauchi, Ikuo Katayama, Seiichiro Uehara, Masaaki Miyahara, Yasuhiro Takai , Inhibition of subduction thrust earthquakes by low-temperature plastic flow in serpentine , Earth and Planetary Science Letters , 295, 349–357, 2010.05.
17. Yoshihiro Kuwahara and Seiichiro Uehara , AFM Study on Surface Microtopography, Morphology and Crystal Growth of Hydrothermal Illite in Izumiyama Pottery Stone from Arita, Saga Prefecture, Japan , The Open Mineralogy Journal, Vol 2, pp.34-47 , 2008.05.
18. 上原誠一郎, 蛇紋石の鉱物学的研究動向, 粘土科学, 46, 1, 6-15, 2007.01.
19. Miyahara M. and Uehara S, Two-dimensional high-resolution elemental mapping of phyllosilicates - Application of ADF-STEM with EDS analysis, The 16th International Microscopy Congress, Proceedings Vol. 3, p1885, 2006.09.
20. Uehara, S. and Wicks, F. J, Structure and Microchemistry of 15-sectored Polygonal Serpentine from TEM and STEM-EDS analysis, The 16th International Microscopy Congress, Vol. 3, p1886, 2006.09.
21. Uehara, S. and Wicks, F. J., Detailed Structure and Microchemistry of 15-sectored Polygonal Serpentine. , 19th General Meeting of the International Mineralogical Association (IMA2006-Kobe), Abstracts p150., 2006.07.
22. Miyamoto S., Uehara S., Sasoh M., Sato M., Toyahara M., Idemitsu, K. and Matsumura S, Characterization of Cement Alteration Process by Transmission Electron Microscopy with high spatial resolution. Journal of Nuclear Science and Technology, Journal of Nuclear Science and Technology,, 43, 1370-1378., 2006.03.
23. Kuwahara, Y., Uehara, S. and Aoki, Y., Atomic Force Microscopy of Hydrothermail illite in Izumiyama Pottery stone from Arita, Saga Prefecture, Japan, Clays and Clay Minerals, Vol. 49, No. 4, pp. 300-309., 2001.06.
24. Hirasa, K. and Uehara, S., Hydrothermal Histry of the Izumiyama Pottery Stone Deposite Inferred from Microtexture and Microstructure Analysis of Illite by SEM and TEM., Resource Geology, Special Issue, 113-121, 20, 113-122., 1999.09.
25. Uehara, S., TEM and XRD study of antigorite superstructures., Canadian Mineralogist, 36, 1595-1605, 36, 1179-1189., 1998.12.
26. Uehara, S. and ., Antigorite with large supercell from Saganoseki, Oita Prefecture, Japan., Can. Mineral., 32, 93-103, 32, 93-103., 1994.01.
27. Uehara, S. and Shirozu, H., Variations in chemical composition and structural properties of antigorites., Mineral. Jour.,, (1985) 12, 299-318., 1985.12.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 上原誠一郎, アスベストの鉱物学, 環境管理, vol.35, 13-24., 2006.05.
2. 榊原 正幸・上原 誠一郎, アスベストとは何か, 岩石鉱物科学, 35巻 3-10., 2006.01.
主要学会発表等
1. 延寿里美, 上原 誠一郎, 熊本県八代市泉町下岳に産する蛇紋石脈中の繊維状蛇紋石の産状について, 日本鉱物科学会, 2018.09.
2. 白勢洋平, 上原 誠一郎, 繊維状電気石の特徴とナノ繊維状電気石の発見, 日本鉱物科学会, 2018.09.
3. 岩崎夕季、安東純一、Das Kaushik、Sarka Dyuti、 上原 誠一郎、大藤弘明, 福岡県篠栗地域に露出するアンチゴライト蛇紋岩の変形特性, 日本鉱物科学会, 2018.09.
4. 延寿里美, 上原 誠一郎, 熊本県八代市泉町下岳に産する片状蛇紋岩の微細構造について, 日本粘土学会, 2018.09.
5. Yohei Shirose, Seiichiro Uehara, Chemical variations of tourmaline in Li pegmatite from Sakihama, Myokenzan, Nagatare, and Okueyama, Japan, IMA2018, 2018.08.
6. Satomi Enju, Seiichiro Uehara, Polygonal serpentine and chrysotile in serpentine veins from Shimodake serpentinite body, Izumi,
Yatsushiro, Kumamoto Prefecture, Japan, IMA2018, 2018.08.
7. 上原 亮、桑原 義博、島田 和彦、中牟田 義博、上原 誠一郎、足立 達朗, 改良型 Lindsley輝石温度計を用いた Hコンドライト隕石の変成温度解析, 日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018.05.
8. 吉村 拓哉、上原 誠一郎、黒川 恭平、五味 篤, 鹿児島県南九州市赤石鉱山に産する粘土鉱物, 日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018.05.
9. 平川 真実, 上原 誠一郎, 熊本県宇城市松橋町に産する”竹葉石”中の蛇紋石の微細組織, 日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018.05.
10. 白勢洋平, 上原 誠一郎, 繊維状電気石の産状と鉱物学的特徴, 日本地球惑星科学連合2018年大会, 2018.05.
11. 永冶 方敬, ウォリス サイモン, 岡本 敦、上原 誠一郎、道林 克禎、西井 彩 , 浅部ウェッジマントルにおけるアンチゴライトCPO形成メカニズム〜四国中央部三波川変成帯 別子・白髪山地域の例〜
, 日本地質学会, 2017.09.
12. 延寿里美, 上原 誠一郎, Ortho-type polygonal serpentineの微細組織と結晶構造, 日本粘土学会, 2017.09.
13. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 山口県喜多平鉱山酸化帯中の亜鉛蛇紋石について, 日本粘土学会, 2017.09.
14. 平川 真実, 上原 誠一郎, 熊本県宇城市松橋町の“竹葉石”中の蛇紋石, 日本鉱物科学会, 2017.09.
15. 延寿 里美, 上原 誠一郎, 熊本県八代市泉町下岳に産するオルソ多角柱状蛇紋石, 日本鉱物科学会, 2017.09.
16. 野上貴弘, 上原 誠一郎, 福岡県長垂産Li-mica の鉱物学的研究, 日本鉱物科学会, 2017.09.
17. 井上晴貴, 上原 誠一郎, 熊本県八代市泉町下岳産ひすい輝石・オンファス輝石, 日本鉱物科学会, 2017.09.
18. 白勢洋平, 上原 誠一郎, 山口県喜多平鉱山産フライポント石,アロフェン,ハロイサイトからなる粘土について
, 日本鉱物科学会, 2017.09.
19. 延寿 里美, 上原 誠一郎, TEM OBSERVATION OF ORTHO-TYPE POLYGONAL SERPENTINE AND ORTHOCHRYSOTILE
, ICC, 2017.07.
20. 延寿 里美, 上原 誠一郎, 九州黒瀬川帯に産するPolygonal SerpentineのTEM観察 , 日本顕微鏡学会第73回学術講演会, 2017.05.
21. 永冶 方敬, ウォリス サイモン, 瀬戸 雄介, 三宅 亮, 曽田 祐介, 上原 誠一郎, 松本 恵, Mis-indexing of antigorite crystallographic orientations in EBSD measurements, JpGU-AGU Joint Meeting 2017 , 2017.05, 永冶 方敬(,2、2、瀬戸 雄介3、三宅 亮4、曽田 祐介2,5、上原 誠一郎6、松本 恵7.
22. 白勢洋平, 上原 誠一郎, 岩手県崎浜、茨城県妙見山、福岡県長垂、宮崎県大崩山のLiペグマタイトから産する電気石の化学組成, JpGU-AGU Joint Meeting 2017 , 2017.05.
23. 井上晴貴, 上原 誠一郎, 九州黒瀬川構造帯中の含ひすい輝石岩についての鉱物学的研究, JpGU-AGU Joint Meeting 2017 , 2017.05.
24. 野上貴弘, 上原 誠一郎, 福岡県長垂lepidoliteについての鉱物学的研究, JpGU-AGU Joint Meeting 2017 , 2017.05.
25. 延寿 里美, 上原 誠一郎, Mineralogy of polygonal serpentine and chrysotile from Kyushu Kurosegawa Belt, JpGU-AGU Joint Meeting 2017 , 2017.05.
26. 延寿 里美, 上原 誠一郎, Chrysotile and polygonal serpentine in serpentinites from kurosegawa belt Kyushu Japan, Serpentine days 2016, 2016.09.
27. 上原 誠一郎, 橋本 真法, HYDROTALCITE GROUP MINERALS IN SERPENTINITE FROM FURUYASHIKI, FUKUOKA PREFECTURE, KYUSHU, JAPAN
, Serpentine days 2016, 2016.09.
28. 伊東 信, 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 福岡県長垂産ケララ石, 日本鉱物科学会, 2016.09.
29. 岡田 敏朗 , 今井 裕之, 上原 誠一郎, 長瀬 敏郎, 大分県尾平鉱山産水晶にみられる櫻構造について, 日本鉱物科学会, 2016.09.
30. 白勢 洋平, 延寿 里美, 上原 誠一郎, 中武俊郎, 山口県喜多平鉱山産オースティン石, 日本鉱物科学会, 2016.09.
31. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 岩手県崎浜ペグマタイト産電気石について, 日本鉱物科学会, 2016.09.
32. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 福岡県長垂ペグマタイト産ロバーツ石
, 日本鉱物科学会, 2016.09.
33. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 福岡県長垂産リシオフォライトの産状及び微細構造観察, 日本鉱物科学会, 2016.09.
34. 岡田敏朗, 今井裕之, 上原 誠一郎, 長瀬敏郎, 大分県尾平鉱山産水晶にみられる櫻構造について, 日本鉱物科学会, 2016.09.
35. 永冶方敬, ウォリス=サイモン, 瀬戸雄介, 三宅亮, 曽田祐介, 上原 誠一郎, 松本恵, SEM-EBSD測定におけるmis-indexingがantigoriteのCPOパターンに与える影響, 日本鉱物科学会, 2016.09.
36. 久保 友明, 岩里拓弥, 肥後 祐司, 吉田雄祐, 今村 公裕, 加藤 工, 上原 誠一郎, 丹下 慶範, 高圧下におけるアンチゴライトの強度と剪断不安定化, 日本鉱物科学会, 2016.09.
37. 延寿 里美, 猪尾晃生, 上原 誠一郎, 九州黒瀬川帯の蛇紋岩中のchrysotile 及びpolygonal serpentine の産状と分布, 日本粘土学会, 2016.09.
38. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 福岡県長垂産リシオフォライト, 日本粘土学会, 2016.09.
39. 延寿 里美, 上原 誠一郎, 大分県入蔵の蛇紋石の鉱物学的研究 , 地惑連合大会2016, 2016.05.
40. 久保 友明, 岩里拓弥, 肥後 祐司, 中田 大城, 阿辺山 健太, 今村 公裕, 加藤 工, 金嶋 聰, 上原 誠一郎, 丹下 慶範, 高圧下における反応裕紀の剪断不安定化に関する実験的研究 , 日本鉱物科学会, 2015.09.
41. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 福岡県長垂ペグマタイトにおける交代変質作用, 日本鉱物科学会, 2015.09.
42. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 福岡県長垂ペグマタイト産粘土鉱物鉱物の鉱物学的特徴, 日本鉱物科学会, 2015.09.
43. 橋本 真法, 上原 誠一郎, 福岡県飯塚市古屋敷産スティヒタイト, 日本鉱物科学会, 2015.09.
44. 延寿 里美, 上原 誠一郎, 山口県日の丸奈古鉱山産阿武石, 日本鉱物科学会, 2015.09.
45. 山口 海, 上原 誠一郎, 千葉県房総半島嶺岡帯の蛇紋岩組織観察, 日本鉱物科学会, 2015.09.
46. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, Liペグマイトにおける熱水変質作用, 日本粘土学会, 2015.09.
47. 延寿 里美, 上原 誠一郎, 熊本県八代市赤松に産する蛇紋石-緑泥石鉱物, 日本粘土学会, 2015.09.
48. 白勢洋平, 上原 誠一郎, Alteration of Li-tourmaline from Nagatare pegmatite, Fukuoka Prefecture, Japan, 7th International Symposium on Granitic Pegmatites, 2015.06.
49. 白勢洋平, 上原 誠一郎, Fine texture of montebrasite-amblygonite series and lacroixite, 7th International Symposium on Granitic Pegmatites, 2015.06.
50. 河野 真利, 久保 友明, 加藤 工, 上原 誠一郎, 近藤 忠, 亀卦川 卓実, 肥後 祐司, 丹下 慶範, 準安定なlinguniteの生成 , 日本地球惑星科学連合大会, 2015.05.
51. 堤 彩紀, 石橋 純一郎, 上原 誠一郎, 島田 和彦, 三好 陽子, 野崎 達生, 高谷 雄太郎, 沖縄トラフ海底熱水域の堆積物中に見られる熱水性カオリン鉱物 , 日本地球惑星科学連合大会, 2015.05.
52. 岩里拓弥, 久保 友明, 肥後 祐司, 加藤 工, 金嶋 聰, 上原 誠一郎, 丹下 慶範, 高圧下の純粋剪断変形場におけるアンチゴライトの脱水反応とAE挙動 , 日本地球惑星科学連合大会, 2015.05.
53. 上原 誠一郎, 菖蒲  彩香, 高井 康宏, 白勢 洋平, 東松浦玄武岩中のラブドフェン族鉱物(含水希土類リン酸塩鉱物)の新しい産状とその鉱物学的性質, 日本地球惑星科学連合大会2015年大会, 2015.05.
54. 延寿 里美, 上原 誠一郎, 中部地方の御荷鉾帯の蛇紋岩及びロジン岩 , 日本地球惑星科学連合大会2015年大会, 2015.05.
55. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 福岡県長垂ペグマタイト岩体における希元素の濃集とH2O,F,B,Pの振る舞い, 日本地球惑星科学連合2015年大会, 2015.05.
56. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, Liペグマタイト鉱床から産するLi-Na-Al燐酸塩鉱物の微細組織観察, 日本顕微鏡学会第71回学術講演会, 2015.05.
57. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, Li電気石仮晶を構成する雲母及び緑泥石族鉱物, 粘土科学討論会, 2014.09.
58. 市村 康治, 村上 隆, 上原 誠一郎, 熱水変質実験による古土壌中の希土類リン酸塩鉱物の復元, 日本鉱物科学会, 2014.09.
59. 藤 昇一, 上原 誠一郎, リートベルト解析とTEMに基づくコーディエライトの結晶系の検討, 日本鉱物科学会, 2014.09.
60. 延寿 里美, 上原 誠一郎, 長野県御荷鉾帯のかんらん岩と蛇紋岩に伴うロジン岩, 日本鉱物科学会, 2014.09.
61. 菖蒲 彩香, 上原 誠一郎, ラブドフェンの加熱変化, 日本鉱物科学会, 2014.09.
62. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 福岡県長垂ペグマタイト産Li電気石の交代変質, 日本鉱物科学会, 2014.09.
63. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, モンブラ石-アンブリゴ石系列とラクロワ石の微細組織, 日本鉱物科学会, 2014.09.
64. 延寿 里美, 上原 誠一郎, 大分県木浦鉱山産鉄ワルキルデル石及びユーコン石, 日本鉱物科学会, 2014.09.
65. 上原 誠一郎, 白勢 洋平, 山口 海, TESマイクロカロリメータEDS-SEMによる珪酸塩鉱物分析, 日本鉱物科学会, 2014.09.
66. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, Montebrasite and amblygonite from Nagatare, Fukuoka Prefecture, Japan, IMA2014, 2014.09.
67. 上原 誠一郎, 白勢 洋平, 山口 海, A TES microcalorimeter EDS-SEMsystem for silicate and other minerals, IMA2014, 2014.09.
68. 山口 海, 上原 誠一郎, 福井県大島半島に産する蛇紋岩微細組織の顕微鏡観察
, 日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会, 2014.05.
69. 上原 誠一郎, 白勢 洋平, 山口 海, TESマイクロカロリメータEDS-SEMによる珪酸塩および希土類鉱物分析
, 日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会, 2014.05.
70. 藤 昇一, 鬼塚 永一, 手島 嘉広, 上原 誠一郎, 武末 尚久, コーディエライトの結晶系の決定について, 日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会, 2014.05.
71. 岩城 靖代, 延寿 里美, 上原 誠一郎, Mineralogical study of serpentinite from Akamatsu, Yatsushiro, Kumamoto prefecture., 日本地球惑星科学連合大会, 2014.05.
72. 山口 海, 上原 誠一郎, Awaruite in serpentinites from Oshima Peninsula, Fukui Prefecture, Japan, 日本地球惑星科学連合大会, 2014.04.
73. 岩里拓弥, 久保 友明, 肥後 祐司, 加藤 工, 金嶋 聰, 上原 誠一郎, 今村公裕, 放射光単色X線とAE6-6システムを用いた高圧下におけるantigoriteの脱水反応の変形挙動のその場同時観察, 日本地球惑星科学連合大会, 2014.04.
74. 島田 和彦, 三好 陽子, 上原 誠一郎, 石橋 純一郎, 佐藤 暢, 楊守 業, EPMAを用いた粘土鉱物の化学定量分析の検討, 日本地球化学会, 2013.09.
75. 藤昇一, 服部 研作, 上原 誠一郎, 菅原 潤, 超低熱膨張セラミックスの熱特性と構造的特徴, 日本鉱物科学会, 2013.09.
76. 上原 誠一郎, 延寿 里美, 岩野 庄市朗, 福岡県糸島市御床産“ベタフォ石―パイロクロア石”の再検討 , 日本鉱物科学会, 2013.09.
77. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 福岡県長垂産montebrasiteとその変質組織, 日本鉱物科学会, 2013.09.
78. 櫻田 麻帆, 上原 誠一郎, 宮崎県大崩山花崗岩ペグマタイト中の非メタミクトフェルグソン石, 日本鉱物科学会, 2013.09.
79. 山口 海, 上原 誠一郎, 福井県大島半島の蛇紋岩の微細組織観察 , 日本鉱物科学会, 2013.09.
80. 菖蒲 彩香 , 上原 誠一郎, 佐賀県玄海町日の出松産玄武岩中の希土類リン酸塩鉱物
, 日本鉱物科学会, 2013.09.
81. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 福岡県長垂産montebrasiteに伴う二次燐酸塩鉱物, 日本鉱物科学会, 2013.09.
82. 延寿 里美, 上原 誠一郎, 山口県日の丸奈古鉱山のアルミニウム燐酸塩鉱物, 日本鉱物科学会, 2013.09.
83. 山口 海, 上原 誠一郎, 福井県大島半島の蛇紋岩の鉱物学的研究 , 日本粘土学会, 2013.09.
84. 上原 誠一郎, 白勢洋平, Chemical Variation of Li Tourmaline from Nagatare Pegmatite, Fukuoka Prefecture, Japan, 6th International Symposium on Granitic Pegmatites, 2013.05.
85. 上原 誠一郎, 白勢洋平, Namibite and hechtsbergite from the Nagatare mine, Fukuoka Prefecture, Japan, 6th International Symposium on Granitic Pegmatites, 2013.05.
86. 白勢洋平, 上原 誠一郎, Compositional variation and paragenesis of Li tourmaline from Nagatare Pegmatite, Fukuoka Prefecture, Japan, the Joint Annual Meeting of the Geological Association of Canada and the Mineralogical Association of Canada, 2013.05.
87. 上原誠一郎・白勢洋平, 福岡県長垂Liペグマタイト産namibiteとhechtsbergite, 日本鉱物科学会, 2012.09.
88. 白勢洋平・上原誠一郎, 福岡県長垂産Li-tourmaline及びmicaの化学組成, 日本鉱物科学会, 2012.09.
89. 服部研作・藤昇一・上原誠一郎・海野 裕人・菅原潤・松村 晶, 超低熱膨張セラミックスの結晶構造の特徴, 日本鉱物科学会, 2012.09.
90. 田中 和也・上原 誠一郎, 九州黒瀬川帯における蛇紋石鉱物の化学組成と微細組織, 日本鉱物科学会, 2012.09.
91. 白勢洋平・上原誠一郎, 福岡県長垂,茨城県妙見山,宮崎県大崩山に産するLi-tourmalineの化学組成の比較, 日本鉱物科学会, 2012.09.
92. Youko Miyoshi, Jun-ichiro Ishibashi, Seiichiro Uehara, IODP Exp. 331 Onboard Scientists, Formation process of clay minerals correlated with vertical structure of a seafloor hydrothermal system, Asian Clay (The 2nd Asian Clay Conference, Abstract Book, p90), 2012.09.
93. Kazuya TANAKA, Teruo INO and Seiichiro UEHARA, Microtexture and chemical composition of serpentine minerals from Kurosegawa belt, Kyushu, Japan, Asian Clay (The 2nd Asian Clay Conference, Abstract Book, p98), 2012.09.
94. 山口 海・上原 誠一郎, 英国リザード半島の蛇紋岩の鉱物学的研究
, 粘土科学討論会, 2011.09.
95. 田中和也・猪尾晃生・上原誠一郎, 九州黒瀬川構造帯の蛇紋岩の電子顕微鏡観察
, 粘土科学討論会, 2011.09.
96. 上原誠一郎・土岐あゆみ・高井康宏, クリソタイル加熱生成物の電子顕微鏡観察
, 粘土科学討論会, 2011.09.
97. 三好陽子・石橋純一郎・上原誠一郎・Expedition 331 乗船研究者(統合国際深海掘削計画(IODP)), 沖縄トラフ海底の現世黒鉱鉱床に伴う熱水変質鉱物の産状と分布, 粘土科学討論会, 2011.09.
98. 藤 昇一・上原 誠一郎・松村 晶・海野 裕人・菅原 潤・服部 研作 , 超低熱膨張セラミックスの微細構造, 日本鉱物科学会, 2011.09.
99. 藤井勇樹・上原誠一郎, 宮崎県大崩花崗岩ペグマタイト中に産するレアアース鉱物, 日本鉱物科学会, 2011.09.
100. 上原誠一郎・今井裕之・岡田敏朗, 宮崎県大崩花崗岩中のLiペグマタイト産hambergiteとelbaite, 日本鉱物科学会, 2011.09.
101. 高井康宏・上原誠一郎, 東松浦玄武岩産新鉱物,肥前石とイットリウムラブドフェン, 日本鉱物科学会, 2011.09.
102. 白勢洋平・上原誠一郎, 福岡県長垂ペグマタイト中のLi-tourmaline, 日本鉱物科学会, 2011.09.
103. 上原誠一郎・高井康宏・白勢洋平, TESマイクロカロリメータEDS-SEMによる希土類元素分析
, 日本鉱物科学会, 2011.09.
104. 武内浩一・上原誠一郎, 電子分光型TEM によるプラズモン共鳴しているCu ナノ粒子像の観察―辰砂釉を例として, 日本セラミックス協会 秋季シンポジウム , 2011.09.
105. 鐘ケ江賢二,根岸 洋,棟上俊二,上原誠一郎, パプアニューギニアにおける資源利用と土器文化形成, 日本文化財科学会, 2011.06.
106. 三好陽子,石橋純一郎,上原誠一郎,川口慎介,山中寿朗, 日本周辺海域(鹿児島湾,沖縄トラフ)の海底温泉でみられる熱水変質鉱物, 日本顕微鏡学会, 2011.05.
107. 藤 昇一,海野 裕人,菅原 潤,服部 研作, 松村 晶,上原誠一郎, 超低膨張セラミックスの微細構造, 日本顕微鏡学会, 2011.05.
108. Takai,Y. and Uehara,S. , A mineralogical study of REE minerals from the Higashimatsuura basalt, Kyushu, Japan. , 20th General Meeting of the International Mineralogical Association, 2010.08.
109. Uehara, S.,Takai, Y., Mashima, H. , Thermal transformation of chrysotile asbestos. , 20th General Meeting of the International Mineralogical Association, 2010.08.
110. 三好陽子・石橋純一郎・上原誠一郎・桑原義博・坂本丈明・前藤晃太郎・千葉仁・山中寿朗 , 鹿児島湾若尊火口の海底温泉で見られる熱水変質鉱物, 日本顕微鏡学会九州支部, 2010.12.
111. 土岐あゆみ・高井康宏・上原誠一郎, クリソタイルアスベストの加熱変化と電子顕微鏡観察, 日本顕微鏡学会九州支部, 2010.12.
112. 白勢 洋平, 上原 誠一郎, 山口県大和鉱山産フィリップスバーグ石, 日本鉱物科学会, 2010.09.
113. 上原 誠一郎, , 岩野 庄一朗, 大分県木浦鉱山産含水カルシウム砒酸塩鉱物-phaunouxite, guerinite, ferrarisite, phamacolite, unknown mineral, 日本鉱物科学会, 2010.09.
114. 上原 誠一郎, 高井 康宏, 土岐 あゆみ, クリソタイルアスベストの加熱変化, 日本鉱物科学会, 2010.09.
115. 上原誠一郎,森 康,河野弘道, 福岡県長垂Liペグマタイト産triplite., 日本鉱物科学会, 2010.09.
116. 高井 康宏, 上原 誠一郎, 東松浦玄武岩の希土類鉱物の化学組成, 日本鉱物科学会, 2010.09.
117. 高井 康宏, 上原 誠一郎, 東松浦玄武岩の希土類鉱物の晶出過程 , 日本鉱物科学会, 2010.09.
118. 三好陽子,石橋純一郎,上原誠一郎,桑原義博,坂本丈明,前藤晃太郎,千葉仁,山中寿朗 , 鹿児島湾若尊火口浅海熱水系におけるMg 質熱水性粘土鉱物(サポナイト、ケロライト)の形成過程, 日本粘土学会, 2010.09.
119. 高井 康宏, 上原 誠一郎, 東松浦玄武岩の希土類鉱物, 日本地球惑星科学連合大会, 2010.05.
120. 高井 康宏, 上原 誠一郎, 佐賀県東松浦玄武岩の希土類鉱物 , 日本顕微鏡学会九州支部, 2009.12.
121. 市村 康治, 村上 隆, 高井 康宏, 上原 誠一郎, 宮脇 律郎, 古土壌中のrhabdophaneと他の希土類リン酸塩鉱物との関係究, 日本鉱物科学会, 2009.09.
122. 高井 康宏, 上原 誠一郎, 東松浦玄武岩の希土類鉱物 (3) 満越に産するkozoiteとcalcio-ancyliteの化学組成, 日本鉱物科学会, 2009.09.
123. 猪尾 晃生, 上原 誠一郎, 九州黒瀬川帯の蛇紋岩に含まれるpolygonal serpentine, 日本鉱物科学会, 2009.09.
124. INOO and UEHARA, SERPENTINE MINERALS AND MICROSTRUCTURE OF ASBESTOS IN SERPENTINITES FROM CENTRAL KYUSHU, JAPAN. , XIV International Clay Conference , 2009.06.
125. TAKAI, Y. and UEHARA, S., MICROTEXTURE OF GARNIERITE FROM THE WAKAYAMA MINE, OITA PREFECTURE, JAPAN. , XIV International Clay Conference , 2009.06.
126. Y Takai and S. Uehara , A mineralogical study of REE minerals in Higashimatsuura basalt, Saga Prefecture, Kyushu, Japan, International Geological Congress. August 6-14th , Oslo, 2008.08.
127. T. Inoo and S. Uehara , The Characterization of Serpentine Minerals and Microstructure of Asbestos in Serpentinites. , International Geological Congress. August 6-14th , Oslo, 2008.08.
128. 武内浩一・日高昌則・上原誠一郎 , 辰砂釉中の銅ナノ粒子の結晶状態-シンクロトロン放射光によるEXAFS解析- , 日本セラミックス協会, 2008.09.
129. 上原誠一郎, 九州の鉱物と九州大学の鉱物標本 , 宝石学会(日本) , 2008.06.
130. 上原誠一郎,高井康宏,宮原正明, 珪ニッケル鉱の電子顕微鏡による微細組織観察, 日本顕微鏡学会, 2008.05.
131. 高井康宏、上原誠一郎, 東松浦玄武岩中の希土類鉱物の電子顕微鏡観察, 日本顕微鏡学会, 2007.12.
132. M. Miyahara , S. Uehara , E. Ohtani , T. Nagase , M. Nishijima , Z. Vashaei , R. Kitagawa , The Anatomy of Altered Chondrules and FGRs Covering them in a CM Chondrite by FIB-TEM/STEM. , Lunar and Planetary Science Conference, 2008.02.
133. 高井康宏、上原誠一郎, 東松浦玄武岩中の希土類リン酸塩鉱物の電子顕微鏡観察(日本顕微鏡学会九州支部学術講演会 九州大学 平成19年12月1日)

, 日本顕微鏡学会, 2007.12.
134. 猪尾晃生、上原誠一郎, 蛇紋岩に含まれるアスベストの微細組織, 日本顕微鏡学会, 2007.12.
135. 高井康宏・上原誠一郎・宮原正明, 大分県若山鉱山の“garnierite”の微細組織, 日本鉱物科学会, 2007.09.
136. 猪尾晃生・川野  宏 ・上原誠一郎 , 電子顕微鏡による蛇紋石の微細構造観察, 日本鉱物科学会, 2007.09.
137. 高井康宏・上原誠一郎, 東松浦玄武岩中の希土類鉱物について (2) 広域的に産する希土類リン酸塩鉱物, 日本鉱物科学会, 2007.09.
138. M. Miyahara, T. Sakai, E. Ohtani, S. Uehara, A. El Goresy, K. Seiji, K. Tadashi, T. Nagase, M. Nishijima, Z. Vashaei, J. Ho Yoo and R. Kitagawa, The application of a FIB-TEM/STEM work to the Earth and Planetary Science , EASTEC symposium 2007: Dynamic Earth - its origin and future, 2007.09.
139. M. Miyahara, S. Uehara, E. Ohtani, T. Nagase and R. Kitagawa, The study of fine-grained interstice filling materials in chondrule and the fine grained rim within Cold Bokkeveld Chondrite by FIB/STEM , 70th Annual Meteoritical Society Meeting, 2007.08.
140. A. Mukunoki, T. Chiba, Y. Suzuki, S. Uehara, H. Asano and T. Nishimura, Development of an Iodine immobilization technique by low temperature vitrification with BiPbO2I. , the 11th International Conference on Environmental Remediation and Radioactive Waste Management ICEM2007 , 2007.09.
141. M. Miyahara and S. Uehara, Two-dimensional high-resolution elemental mapping of phyllosilicates - Application of ADF-STEM with EDS analysis -, The 16th International Microscopy Congress., 2006.09.
142. S. Uehara and F. J. Wicks, Structure and Microchemistry of 15-sectored Polygonal Serpentine from TEM and STEM-EDS analysis., The 16th International Microscopy Congress., 2006.09.
143. Y. Takai and S. Uehara, Rare Earth Carbonates and an Unknown Ca-Y Carbonate Mineral in the Higashimatsuura basalts., 19th General Meeting of the International Mineralogical Association (IMA2006-Kobe), 2006.07.
144. S. Uehara and F. J. Wicks, Detailed Structure and Microchemistry of 15-sectored Polygonal Serpentine., 19th General Meeting of the International Mineralogical Association (IMA2006-Kobe), 2006.07.
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 上原誠一郎, 吉村標本, 2009.04
吉村標本は総数3000点を越えるマンガン鉱物を中心とする標本です。ここでは整理の終わった約半数の標本について公開します。この標本は日本のみならず世界最大級のマンガン鉱物のコレクションです。, [URL].
2. 上原誠一郎, 高標本, 2008.04
高標本は九州帝国大学工学部の高壮吉教授により収集研究された鉱物標本である。1890-1930年にかけて収集された標本が多い。昭和14年に理学部地質学教室が設立された時に譲渡された標本。
, [URL].
3. 上原誠一郎, 白水標本, 2008.04
白水標本は九州大学理学部地質学教室の白水晴雄教授により研究され、論文に記載報告された標本である。
, [URL].
4. 本村慶信・島田和彦・上原誠一郎, 鉱石標本, 2007.07
鉱石標本は九州大学理学研究院希元素地球科学分野(旧理学部地質学教室非金属鉱床地質学講座および鉱物学講座他)の学生・教員により収集、研究された鉱石標本である。
, [URL].
5. 上原誠一郎, 岡本標本, 2007.07
岡本標本は九州大学理学部地質学教室の岡本要八郎先生により収集研究された鉱物標本である。主に昭和8年から19年にかけて収集された標本が多い。
, [URL].
6. 上原誠一郎, 鉱物標本(箱崎), 2006.07
鉱物標本(箱崎)は理学部地質学教室鉱物学講座(現在の地球惑星科学教室物質科学分野)の関係者により収集され,研究・整理・保管されてきた標本です。現在なお,整理中ですが,その一部を公開しています., [URL].
7. 上原誠一郎, 岩本鉱物標本, 2004.10
これは理学部地質学教室時代に、実験用・教育用として岩本鉱産物商会より購入した220点の分類された標本である。昭和20〜30年代の購入品と推測される標本で、日本産の古典的産地の標本が多い。, [URL].
8. 上原誠一郎・青木義和, 青木標本, 2003.10
箱崎キャンパス(理学部地球惑星科学部門)の物質科学分野にある鉱物標本の目録データ。, [URL].
学会活動
所属学会名
日本鉱物学会
日本粘土学会
日本顕微鏡学会
アメリカ粘土学会
カナダ鉱物学会
アメリカ鉱物学会
日本結晶学会
学協会役員等への就任
2014.09~2016.09, 日本粘土学会, 評議員.
2014.09~2016.09, 日本鉱物科学会, 評議員.
2006.09, 日本粘土学会, 評議員.
2001.06~2004.06, 日本鉱物学会, 評議員.
2005.09~2008.09, 日本鉱物科学会, 評議員.
1999.10, 日本電子顕微鏡学会九州支部, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.05.29~2018.05.31, 日本顕微鏡学会第74回学術講演会, プログラム委員.
2016.09.15~2016.09.17, 第60回粘土科学討論会, 実行委員.
2012.09.19~2012.09.21, 日本鉱物科学会, 座長(Chairmanship).
2011.09.14~2011.09.16, 粘土科学討論会, 座長(Chairmanship).
2009.09.01, 日本鉱物科学会, 座長(Chairmanship).
2005.08, International Clay Conference, 座長(Chairmanship).
2002.09, 日本鉱物物学会, 座長(Chairmanship).
2013.09.11~2009.09.14, 日本鉱物科学会年会, 座長.
2011.09.14~2009.09.16, 粘土科学討論会, 座長.
2009.09.08~2009.09.10, 日本鉱物科学会年会, 座長.
2006.07, 19th General Meeting of the International Mineralogical Association, Leader:Field Excursion FE2 Aso volcano and alkalibasalt including REE-carbonates and zeolites in northern Kyushu.
2005.08, ICC Ineternatinal Clay Conference, コンビーナー.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2010.09~2012.09, Clay Science, 国際, 編集委員長.
2008.09, 粘土科学, 国内, 編集委員.
1999.10, 岩石鉱物科学, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2016年度    
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度    
2011年度    
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
2005年度      
2004年度 10    14 
2003年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Melbourne Convention and Exhibition Centre, Australia, 2018.08~2018.08.
Sete, France, 2016.09~2016.09.
Ksiaz Castle (PEG2015), Poland, 2015.06~2015.06.
Sandton Convention centre, SouthAfrica, 2014.08~2014.09.
アメリカ マウントマイカ, UnitedStatesofAmerica, 2013.05~2013.06.
アメリカ バートレット, UnitedStatesofAmerica, 2013.05~2013.05.
カナダ ウィニペグコンベンションセンター, Canada, 2013.05~2013.05.
韓国 梨花大学, SouthKorea, 2012.09~2012.09.
チェコ ブルノ, CzechRepublic, 2010.08~2010.09.
ハンガリー エトヴァス大学, Hungary, 2010.08~2010.08.
ポーランド シュクラスルカポレンバ, Poland, 2010.08~2010.08.
イタリア, Italy, 2009.06~2009.06.
イギリス リザード半島, ICG, UnitedKingdom, 2008.08~2008.08.
オスロ, Norway, 2008.08~2008.08.
ロシア コラ半島, Russia, 2008.07~2008.08.
ロイヤルオンタリオ博物館, Canada, 2001.08~2001.12.
イリノイ大学, UnitedStatesofAmerica, 2001.03~2001.07.
外国人研究者等の受入れ状況
2005.03~2005.03, 2週間未満, Miami University, UnitedStatesofAmerica.
1998.07~1998.07, 2週間未満, Royal Ontariob Museum, Canada, .
受賞
西日本文化賞, 西日本新聞社, 2002.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, 温度可変AFM法による減・昇温条件での環境変動指標鉱物の結晶成長ナノスケール解析.
2013年度~2015年度, 基盤研究(A), 分担, 高圧下における反応誘起の剪断不安定化に関する実験的研究.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 分担, 気候・環境変動指標鉱物の溶解・成長機構:温度可変AFM法によるナノスケール解析.
2005年度~2007年度, 基盤研究(C), 分担, 原子間力顕微鏡による粘土鉱物の溶解その場観察-その溶解速度・機構の解明
.
1997年度~1998年度, 一般研究(C), 代表, 電子分光型電子顕微鏡による鉱物の状態分析および微細組織の解明.
1995年度~1996年度, 一般研究(C), 代表, 超高分解能電子顕微鏡および原子間力顕微鏡による鉱物結晶粒界・表面の解明.
1993年度~1994年度, 一般研究(C), 代表, 超高分解能電子顕微鏡による鉱物の微細組織と超構造.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2002年度~2003年度, 経済産業省 エネ総研 革新的実用原子力技術開発提案公募事業 フィージビリティスタディ, 分担, 人工バリア材の変質界面分析手法の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2003年度~2003年度, 日本原子力研究所 黎明研究, 分担, ガラス固化体からの核種長期浸出は非晶質シリカ添加により制御可能か.
2002年度~2006年度, 文部科学省 ナノテク支援事業採択プロジェクト, 分担, ナノマテリアル開発のための超顕微解析支援.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2019.04~2020.03, 代表, 粘土鉱物の鉱物学的研究 特にスメクタイト鉱物について.
2018.04~2019.03, 代表, 粘土鉱物の鉱物学的研究 特にスメクタイト鉱物について.
2017.04~2018.03, 代表, 粘土鉱物の鉱物学的研究 特にスメクタイト鉱物について.
2016.04~2017.03, 代表, 粘土鉱物の鉱物学的研究 特にスメクタイト鉱物について.
2015.04~2016.03, 代表, 粘土鉱物の鉱物学的研究 特にスメクタイト鉱物について.
2014.04~2015.03, 代表, 粘土鉱物の鉱物学的研究 特にスメクタイト鉱物について.
2013.04~2013.03, 代表, 粘土鉱物の鉱物学的研究 特にスメクタイト鉱物について.
2012.04~2013.02, 分担, 低熱膨張セラミクスに関する研究.
2011.04~2012.02, 分担, 低熱膨張セラミクスに関する研究.
2011.09~2012.02, 分担, セラミクスに関する研究.
2009.11~2010.02, 分担, 人工バリア長期性能確証試験(その3)
−人工バリア相互影響確証試験−.
2008.11~2009.02, 分担, 人工バリア長期性能確証試験(その3)
−人工バリア相互影響確証試験−.
2007.02~2007.03, 分担, 人工バリア長期性能確証試験(その3)
−人工バリア相互影響確証試験−.
2006.02~2006.03, 分担, 人工バリア長期性能確証試験(その3)
−人工バリア相互影響確証試験−.
2005.02~2005.03, 分担, 人工バリア長期性能確証試験(その3)
−人工バリア相互影響確証試験−.
2004.02~2004.03, 分担, 人工バリア長期性能確証試験(その2) 人工バリア相互影響確証試験.
2003.02~2003.03, 分担, 人工バリア長期性能確証試験(その2) 人工バリア相互影響確証試験.
寄附金の受入状況
2003年度, 応用地質(株), 粘土鉱物研究資金.
2003年度, 青木義和, 粘土鉱物研究資金.
学内資金・基金等への採択状況
2013年度~2013年度, 九州大学超高圧電子顕微鏡室プロジェクト, 代表, 超伝導マイクロカロリーメーターX線検出器の定量化学分析.
2011年度~2011年度, 九州大学超高圧電子顕微鏡室プロジェクト, 代表, 超伝導マイクロカロリーメーターX線検出器の定量化学分析.
2010年度~2010年度, 九州大学超高圧電子顕微鏡室プロジェクト, 代表, 超伝導マイクロカロリーメーターX線検出器の定量化学分析.
2009年度~2009年度, 九州大学超高圧電子顕微鏡室 プロジェクト, 代表, TEM-EDSを用いた定量化学分析.
2008年度~2008年度, 九州大学超高圧電子顕微鏡室プロジェクト, 代表, 電子線損傷を受けやすい含水鉱物のTEM試料作成法.
1997年度~1998年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト Bタイプ, 分担, ナノプローブ電子分光顕微鏡法の新展開.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」