九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
川崎 英文(かわさき ひでふみ) データ更新日:2019.04.29



主な研究テーマ
Spernerの補題の離散不動点定理としての側面
キーワード:Spernerの補題,離散不動点定理,方向保存条件
2018.10~2019.10.
局所縮小写像の離散不動点定理と展開形ゲームへのその応用
キーワード:離散不動点定理,展開形ゲーム
2016.10~2018.03.
ねじり折りの平坦可折性
キーワード:折り紙の数学,ねじり折り,平坦可折性
2015.10~2017.12.
L凸集合の離散分離定理
キーワード:離散最適化,離散分離定理
2015.04~2015.12.
L凸関数の凸性に関する研究
キーワード:L凸関数,凸関数
2014.04~2015.03.
Spernerの補題とその周辺
キーワード:Spernerの補題,離散不動点定理,Hex
2013.04~2014.06.
縮小写像に対する離散不動点定理と、展開形ゲームへのその応用
キーワード:離散不動点定理,展開形ゲーム,Nash均衡
2010.10~2011.10.
単調写像に対する離散不動点定理と、ゲーム理論へのその応用
キーワード:離散不動点定理、Nash均衡、ゲーム理論
2006.04~2011.03.
1次元折り紙の平坦折りたたみ
キーワード:折り紙の数理,平坦折りたたみ,1次元折り紙
2009.04~2011.03.
三凸集合の分離三角形に基づく双対定理
キーワード:双対定理、分離定理
2005.05~2009.03.
折鶴変形理論
キーワード:Orizuru, deformation theory
2005.04~2006.01.
最適化における共役点理論
キーワード:共役点,最適化,協力ゲーム,極値問題,シャプレー値
1999.12.
従事しているプロジェクト研究
GCOEプログラム「マス・フォア・インダストリ」
2008.10~2013.03, 代表者:若山正人, 九州大学, 九州大学
インターンシップのコーディネートを担当.
21世紀COEプログラム「機能数理学の構築と展開」
2003.10~2008.03, 代表者:中尾充弘, 九州大学.
最適化における連続と離散構造の研究
2006.04~2010.03, 代表者:川崎英文, 九州大学, 九州大学.
研究業績
主要著書
1. 川崎英文・谷口説男, 現代技術への数学入門 「最適化法」, 講談社, 2008.04.
2. 川崎英文, 極値問題, 横浜図書, 2004.01.
主要原著論文
1. H. Kawasaki, Duality theorem for a three-phase partition problem, J. of Optimization theory and its applications, 137, 1--10, 2008.04.
2. H. Kawasaki, A conjugate points theory for a nonlinear programming problem, SIAM J. Control Optim., 10.1137/S0363012900368831, 40, 1, 54-63, 40, No. 1, pp. 54--63, 2001.12.
3. H. Kawasaki, Conjugate points for a nonlinear programming
problem with constraints, J. Nonlinear Convex Anal., 1, No. 3, pp. 287--293, 2000.01.
4. H. Kawasaki and V. Zeidan, Conjugate points for variational problems with equality and inequality state constraints
SIAM J. Control Optim. 39, No. 2, pp. 433--456 (2000)., SIAM J. Control Optim., 10.1137/S0363012998345925, 39, 2, 433-456, 39, No. 2, pp. 433--456, 2000.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. H. Kawasaki, T. Shibuta, and T. Kinoshita, A report on the internship for doctoral course students, COE Conference on the Development of Dynamic Mathematics with High Functionality, 2007.10.
2. H. Kawasaki and J. Sato, Discrete fixed point theorems and their application to the game theory, Workshop on nonlinear analysis and convex analysis, 2007.09.
3. H. Kawasaki and T. Kawasaki, Orizuru deformation theory for unbounded quadrilaterals , The fourth international conference on origami science, mathematics, and education, 2006.09.
4. H. Kawasaki, Conjugacy and duality for a three-phase partition problem, The fourth international conference on nonlinear analysis and convex analysis, 2005.06.
学会活動
所属学会名
情報・統計科学研究会
日本オペレーションズ・リサーチ学会
日本応用数理学会
日本数学会
学協会役員等への就任
2016.04~2018.03, 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 九州支部長.
1996.01, 情報・統計科学研究会, Associate Editor.
1997.01, 日本オペレーションズ・リサーチ学会, フェロー.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.12.08~2017.12.08, 第22回情報・統計科学シンポジウム , 実行委員長.
2003.09, 日本オペレーションズ・リサーチ学会第50回シンポジウム, 司会(Moderator).
2015.09.09~2015.09.10, 日本オペレーションズ・リサーチ学会,秋季研究発表会, プログラム委員.
2009.12.04~2009.12.04, 第14回情報・統計科学シンポジウム, 実行委員長.
2009.03.27~2009.03.31, The sixth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex, International Program Committee.
2009.03.06~2009.03.07, The 4th Pukyong University - Kyushu University Joint Symposium on Sciences and Mathematics, 数学セッションのオーガナイザー.
2005.11.17~2005.11.18, Symposium on Physics and Mathematical Sciences, 数学セッションのオーガナイザー.
2005.06, The fourth International Conference on Nonlinear Analysis and Convex, International Program Committee.
2003.08, The third International Conference on Nonlinear Analysis and Convex, International Program Committee.
2003.09, 日本OR学会第50回シンポジウム, 実行委員長.
2002.07, The First Korea-Japan Joint Symposium on Nonlinear Functional Analysis and Convex Analysis, Organizing Committee.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2002.01, J. of Nonlinear and Convex Analysis, 国際, 編集委員.
1996.01, Bulletin of Informatics and Cybernetics, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2006年度      
2005年度      
2004年度      
2003年度      
2002年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Michigan State University, UnitedStatesofAmerica, 1997.03~1998.08.
受賞
日本オペレーションズ・リサーチ学会文献賞, 日本オペレーションズ・リサーチ学会, 1992.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
1999年度~2001年度, 基盤研究(B), 代表, 連続最適化問題とその離散化の研究.
2002年度~2005年度, 基盤研究(B), 代表, 最適化における連続と離散構造の研究.
2004年度~2006年度, 萌芽研究, 代表, 折り紙工学支援のための折り紙の数理的研究.
2006年度~2009年度, 基盤研究(B), 代表, 最適化とゲーム理論における連続と離散構造の研究.
2011年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, 離散凸解析の拡張と離散不動点定理の研究.
2016年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 離散非線形計画法の構築.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」