九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
三好 勉信(みよし やすのぶ) データ更新日:2018.06.19

准教授 /  理学研究院 地球惑星科学部門 流体圏・宇宙圏科学大講座


主な研究テーマ
太陽活動度が中層大気大循環に及ぼす影響に関する研究
キーワード:大気大循環変動,太陽活動,中層大気
2001.11.
自由振動ロスビー波の励起機構に関する研究
キーワード:自由振動ロスビー波,ロスビー波,励起機構
1995.04.
低緯度中層大気における長周期振動の励起機構に関する研究
キーワード:長周期振動,中層大気,低緯度域
2000.04.
成層圏・中間圏・熱圏における大気波動と大気大循環に関する研究
キーワード:大気波動,大気大循環,数値モデル
1990.04.
従事しているプロジェクト研究
オゾン化学輸送モデルの開発と数値実験
1993.04, 代表者:廣岡俊彦, 九州大学, 東京大学気候システム研究センター
成層圏オゾン減少のメカニズムを明らかにするために,オゾンの光化学反応および力学による輸送過程を組み込んだ大気大循環モデルを開発する。さらに,開発した大気大循環モデルを用いた数値実験により,成層圏オゾンの年々変動について調べる。特に,惑星波の活動度の年々変動とオゾン変動との関連性について研究する。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Yasunobu Miyoshi, Hitoshi Fujiwara, Hidekatsu Jin, Hiroyuki Shinagawa, A global view of gravity waves in the thermosphere simulated by a general circulation model, J. Geophys. Res., doi:10.1002/2014JA019848, 119, 2014.06.
2. Jin, H., Y. Miyoshi, H. Fujiwara, H. Shinagawa, K. Terada, N. Terada, M. Ishii, Y. Otsuka, and A. Saito, Vertical connection from the tropospheric activities to the ionospheric longitudinal structure simulated by a new Earth's whole atmosphere-ionosphere coupled model, Journal of Geophysical Research, 10.1029/2010JA015925, 116, A01, A01316, 2011.01.
3. Y. Miyoshi, and H. Fujiwara, J. M. Forbes and S. Bruinsma, Solar terminator wave and its relation to the atmospheric tide, Journal of Geophysical Research, doi:10.1029/2009JA014110, 114, A07303, A07303, 2009.07.
4. Yasunobu Miyoshi and Hitoshi Fujiwara, Gravity waves in the thermosphere simulated by a general circulation model, Journal of Geophysical Research, Vol. 113, D01101, doi:10.1029/2007JD008874, 2008.01.
5. Yasunobu Miyoshi, Hitoshi Fujiwara, Excitation mechanism of intraseasonal oscillation in the mesosphere and lower thermosphere, Journal of Geopgysical Research, Vol. 111, D14108, doi:10.1029/2005JD006993, 2006.07.
6. Yasunobu Miyoshi and Hitoshi Fujiwara, Day-to-day variations of migrating diurnal tide simulated by a GCM from the ground surface to the exobase, Geophysical Research Letters, 10.1029/2003GL017695, 30, 15, Vol. 30, 1789, doi:10.1029/2003GL017695., 2003.08.
7. Yasunobu Miyoshi, Numerical simulation of the 5-day and 16-day waves in the mesopause region, Earth, Planets and Space, 51, 7-8, 763-772, Vol. 51, Page 763-772., 1999.07.
8. Yasunobu Miyoshi and Toshihiko Hirooka, A numerical experiment of excitation of the 5-day wave by a GCM, Journal of Atmospheric Sciences, 10.1175/1520-0469(1999)056<1698:ANEOEO>2.0.CO;2, 56, 11, 1698-1707, Vol. 56, Page 1698-1707., 1999.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Y. Miyoshi, H. Fujiwara, Upward Propagation of Atmospheric Waves from the troposphere to the thermosphere and its Impact on the General Circulation in the Thermosphere, COSPAR, 2008.07.
2. Yasunobu Miyoshi, Hitoshi Fujiwara, Upward propagation of atmospheric waves and its impact on the general circulation in the thermosphere, International CAWSES symposium, 2007.10.
学会活動
所属学会名
American Geophysical Union
COSPAR(Committe on Space Research) Associate
地球電磁気・地球惑星圏学会
日本気象学会
学協会役員等への就任
1996.04~2018.03, 日本気象学会, 九州支部会計監査委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.11~2016.11, 第140回地球電磁気・地球惑星圏学会総会・講演会, 大会実行委員LOC.
2017.10~2017.10.01, 第142回地球電磁気・地球惑星圏学会総会・講演会, 学生発表賞審査委員.
2012.05.26~2012.05.29, 日本気象学会春季大会, 座長(Chairmanship).
2008.05, 日本地球惑星科学連合, 座長(Chairmanship).
2007.10, International CAWSES symposium, 座長(Chairmanship).
2006.11, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 座長(Chairmanship).
2005.09, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 座長(Chairmanship).
2014.10.21~2014.10.23, 2014年度日本気象学会秋季大会, 大会実行委員.
2012.05.26~2012.05.29, 日本気象学会春季大会, 専門分科会コンビナー.
2009.09~2009.09, 第126回地球電磁気・地球惑星圏学会総会・講演会, 学生賞審査委員.
2009.11~2009.11, 2009年度日本気象学会秋季大会, 大会実行委員.
2008.10~2008.10, 第124回地球電磁気・地球惑星圏学会総会・講演会, 学生賞審査委員.
2004.10, 2004年度日本気象学会秋季大会, 大会実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度      
2006年度
2004年度
2003年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
AGU, UnitedStatesofAmerica, 2017.12~2017.12.
AGU, UnitedStatesofAmerica, 2016.12~2016.12.
IUGG general assembly, CzechRepublic, 2015.06~2015.07.
AGU, UnitedStatesofAmerica, 2014.12~2014.12.
Hyatt Regency Merida Hotel, Mexico, 2013.08~2013.08.
National Central University, Taiwan, 2013.07~2013.07.
INPE, Brazil, Brazil, 2013.05~2013.05.
AGU, UnitedStatesofAmerica, 2013.12~2013.12.
AGU, UnitedStatesofAmerica, 2012.12~2012.12.
AGU, UnitedStatesofAmerica, 2011.12~2011.12.
IUGG2011, Australia, 2011.07~2011.07.
COSPAR, Germany, 2010.07~2010.07.
AGU, UnitedStatesofAmerica, 2009.12~2009.12.
AOGS, Singapore, 2009.08~2009.08.
COSPAR, Canada, 2008.07~2008.07.
IAGA, France, 2005.07~2005.07.
University College London, UnitedKingdom, 2003.03~2003.03.
外国人研究者等の受入れ状況
2016.07~2017.06, 1ヶ月以上, National Central University, Taiwan, 民間・財団.
受賞
田中舘賞, 地球電磁気・地球惑星圏学会, 2018.05.
堀内賞, 日本気象学会, 2010.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2019年度, 新学術領域研究, 代表, 大気大循環モデルによる中間圏・熱圏下部H2O・HOX変動の研究.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, エルニーニョ気候変動に対する超高層大気の応答とそのメカニズムの解明.
2015年度~2018年度, 基盤研究(A), 分担, 南半球での超高層大気下部の大気重力波マッピング:ANGWIN網による空白域の調査.
2015年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 高分解能版大気圏・電離圏モデルによる熱圏重力波の研究.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 分担, 電離圏嵐の数値予報:北極・赤道域観測と連携したシミュレーション手法開発と実証.
2008年度~2010年度, 新学術領域研究, 分担, 大気圏-電離圏統合モデルによる超高層大気の変動機構の解明と数値予測システムの構築.
2007年度~2009年度, 基盤研究(C), 代表, 中間圏・下部熱圏における物質循環に関する研究.
2003年度~2005年度, 基盤研究(C), 代表, 中間圏・熱圏下部における長周期振動と下層大気変動との関連.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2003年度~2003年度, 受託研究費 (独)国立環境研究所, 分担, 平成15年度オゾン層破壊の長周期変動要因の解析と将来予測に関する研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2017.04~2020.03, 代表, 衛星データを用いた超高層大気の密度推定の研究.
2005.03~2004.04, 代表, 大気大循環モデルによる中間圏・熱圏大気大循環の数値実験.
2005.04~2006.03, 代表, 大気大循環モデルによる中間圏・熱圏大気大循環の数値実験.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」